さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2011/1/21

受験生のみんな、センター試験は、どうだった~~???この間の、土曜、日曜と、センター試験。地方によっては、天気が大変なねぇ、大雪になったりとかして、受験生のみんなが、足止めをくらって、会場になかなか行けないみたいな、そんなニュースも飛び込んできたりとか??しましたねぇ~。でも、このワッツのリスナー的には、なんか、ちょっと、面白かったらしいですねっ。英語の問題が・・・(何々??この前言ってたのが出たの?)っていう事で、まずは、こんなメッセージから行きたいと思います。


東京都 ○○ 18歳高校生「キャプテンこんばんワッツ。そして、ありがとうございました。この間のセンター試験の、英語の長文に、なんと、キャプテンが、Christmasにワッツでしていた、エロ挨拶、メリー、マロン、バード、&、スクワールのスクワールが、出たんです。(え???すげえ~~)その単語を観た瞬間に、ワッツの事を思い出して、一気にワクワクしました。苦手な英語の長文問題を、産まれて初めて、楽しめました。ワッツが本当に、受験の役に立つなんて、思ってもみませんでした。ワッツ最高です。第一志望に合格するまで、毎週ワッツを聴きながら、頑張ります。」


こんな事もねぇ、あろうかと思って、一応、僕、あのー、去年のクリスマスの挨拶に、実は言ってたんですけどねっ。(嘘ばっかりぃ~(笑)でも、凄いねぇ~(笑))メリー、マロン、バード、&、スクワールねっ。これ、日本語にすると、メリー、栗と鳥とリスですよ。【ゴーン】アナウンサーの、みなさんは、大丈夫だと思うんですけども、僕、よく噛むじゃないですか??これ、噛んじゃうとねぇ、ドキっとする言葉に、なっちゃいますからねっ。栗と鳥とリス(早口で・・)って、結構、あのー、ドキッとしますよ。早く言う・・・ふふふふ(ふふふふ)まあー、スクワールが、リスっていう事を、覚えそびれている受験生がいるんじゃないかな??という風に、思いまして、一応、僕、去年のクリスマスには、メリー、栗と鳥とリス【ゴーン】あぶねぇ~またぁ~スラッと言えてよかった。っていう風に、言わして貰ったんです。あれ??なんですか?? メリー、栗と鳥とリスっていう話ではなく、南極の話をしろ??っていう、事ですか??そんな、焦っても、しょうがないでしょちゃんとその話もします。今日、この後に・・・急いては事を我慢ジルっていうじゃないですか??(え????)【ゴーン】焦ると、返って失敗するよっていう、ことわざあるでしょ言わない??急いては事を我慢ジルって・・・・あー、これ、あれか?我慢ジルじゃねえか??仕損じるか???「急いては事を仕損じる」受験生のみなさんは、ちゃんと覚えといた方がいいですねっ。これ、間違いやすいですからねっ。仕損じるだから・・・我慢ジルじゃないから・・・でも、俺、いいと思うんだけどなぁ~あっても・・・急いては事を我慢ジルっていうことわざ。ちょっと、珍しいことわざとして、珍しいことわざ、すなわち、チンことわざ【ゴーン】(ははははは)ハイ我慢ジルから、チンこに、綺麗につながったところで、曲にいっちゃおう


受験の後には、こんな楽しい事が待ってるかもよぉ~~~~。1976年のナンバーです。


Makin' Love / KISS


今年の冬、寒いよねぇ~~。まあー、こんなに寒いと、南に逃げたくなりますよねぇ~。でもねぇ、僕、ちょっとあのー、最近気付いたんですけど、話していいですか??今さあー、こんなに寒いと、南に逃げたくなるって、チラッと言ったんですけど、これって、北半球だけの常識なんですよねっ。地球全体が、南は暖かいわけじゃないんですよ。よーーく考えてください。地球で一番暖かいのは、赤道の部分でしょちょうど真ん中の・・・だから、北半球の人達からすると、南方向が、暖かいイメージなんですが、南半球の人達からすると、北が暖かい方向になるんですよ。だって、北の方角に、赤道が走ってるわけですから・・・これだって、ホントの話ですよねっ。事実ですから・・・つまり、南半球の人達は、お天気お姉さんとかが、「明日は、南風が強く吹き、大変寒くなります」とか言う、会話をしてるんですよ。だから、北風と太陽っていうお話は、あれねぇ、北半球だけでしか、通用しないですよねっ。イソップ童話も、北半球限定っていう、事でねっ。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


「北風と太陽」ってあるじゃんあれを、南半球でそのまま、話すと、なんで、暖かい北風さんと、暖かい太陽さんが戦わなきゃいけないわけ??みたいな、え???この話しって、暖かさ対決??みたいな、事んなっちゃうわけですよ。おもしろいでしょ地球って・・・まあー、そんな地球を、まあー、僕―――、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」って言うねぇ、船で救っちゃったりしたんですけど、今度ねぇ、あのー、ヤマトっていう船じゃなくて、違う船に乗る事になります。ヤマトの次はですねぇ、宗谷です。


日本とか、北半球の国では、南向きの部屋がこうねぇ、人気がありますけど、南半球では、これも、逆なんですよねっ。だって、太陽が北側にあるわけだから、太陽は赤道の上を通ってるんでしょだから、南半球から見たら、太陽は北側にあるんですよ。だから、南半球では、北向きの部屋が人気なの。オーストラリアとかに留学する人で、太陽が、好きだっていう人は、北向きの部屋を選んでくださいねっ。そんな南半球の、果ての果て。地球の最南端ですねっ。南極っていうねぇ、場所にまつわるドラマにですねぇ、わたくし、木村拓哉がねぇ、参加させて頂く事になりました。はい。ありがとうございます。えーーー、おとといかな??水曜日に発表させて頂きました。TBS開局60周年記念って事で、やらせて頂きます。タイトルは今のところ仮りなんですが「南極大陸~神の領域に挑んだ男と犬の物語~」放送は、10月からの予定なので、タイトルの方も、どういう風になるのか、まだ、僕も全然わかんないですけど、2月からもう、撮影に入るので、このタイミングで、お伝えさせて頂きました。一つお話させてもらっていいですか??いろいろ、こう、裏話をする前に、まず、新しいドラマが発表なりました。嬉しいです。みたいなメッセージをたくさん頂いて、ホントありがたいんですけども、今回は、南極物語の、リメークですねっ!?って書いてくれてる人が、多いんですよ。多いんですけど、リメークではないですねっ。1983年に、公開されました、僕も劇場に見に行ったんですけども、高倉健さんの主演の映画で「南極物語」と言うねぇ、もう、超―――特大ヒットしたものがありまして、このお話ってねぇ、実話なんですよ。まずは・・・1959年の、実際にあった、ニュースというか、出来事なんですよ。南極越冬隊が、南極に連れて行った、犬ぞりを引かせるための犬??15頭が、ちょっと訳ありまして、南極の基地に置き去りになったと、今みたいにねぇ、南極、その当時のねぇ、南極って言うのは、あのーー、旅行とかで行けるような場所ではなくて、危ねえぞっていう、人が近づく事すら、できない場所だったんですよ。訳ありまして、犬を置き去りにしたまま、その越冬隊員達は、南極を後にしたわけですよ。で、1年ぐらいたって、今だったら、南極近づけるぞっていう機会が訪れて、再び越冬隊のみなさんが、基地を、見に行くと、なんと、その、タロとジロという、犬、二匹の犬が、生き残っていたと・・・それが、1959年の、ニュースとして、伝えられて、そのニュースを元に、1983年に作られた映画が「南極物語」という作品、で、なんて言うんだろうなぁ~、「南極物語」というお話が、オリジナルという事ではなく、オリジナルっていうのは、その1959年に、こんな事があったという、出来事なんですよ。だから、あのー、今回、僕らが、綴るストーリーはですねぇ、「南極物語」と、同じその、1959年のニュースを題材にして、は、いるんですが、新たなお話です。今の人達だったり、まあー、その当時の人達も、知らないんではないかな??っていう、いろいろなそのー、エピソードもお届けします。新たなオリジナルストーリーに、なってると思います。先程ねぇ、「宗谷に乗らして頂きます」って言わせて貰ったんですけども、その宗谷っていう船はですねぇ、南極への、行き帰りに、越冬隊員が、乗った船ですねっ。決定稿ではないんですが、台本がもう、手元に届いてまして、5話ぐらいまで読みました。嬉しかったのは、毎回、毎回、ググッとくる、瞬間があって、今、読んだだけの時点で、それは思ってますねぇ。このニュースが流れた、1950年代、その時の、日本ってねぇ、戦後っていう、雰囲気がすごくあったんですよ。戦争時代は、1945年に終戦してるんですけども、その戦後っていうねぇ、ものから、抜け出せなくて、なかなか・・・敗戦国のイメージというものが、まだ、強くて、諸外国からは、「南極お前、行けんの??」んの??」まあー、こんなカジュアルじゃないですけど、その、ふふふ世界の、会議の場では、「自分たちもそれに参加させてください」みたいな感じで、日本が言っても、諸外国の人達からすると、「お前、敗戦国でしょだって・・・そもそも・・・大丈夫???」みたいな感じだったんですよ。前作で関わらして頂いた、そのヤマトの監督の、山崎さんが、「なんで、ヤマトをこのタイミングで作ったんだ??」っていう事を聴かれた時に、「いやぁ~、今の、世の中、割りとこう、何かやる前から、やってもねえのに、いやっ、無理でしょとか、すぐに、こう、そういうマインドで物を考える、傾向があって、まあー、それがちょっと、僕は、あまり好きじゃない」みたいな感じで、言ってたのを凄く思い出して、そん時のねぇ、行こうぜって言いだした、日本人の人達ってねぇ、「あー、そうかぁ~、無理なのかぁ~」じゃなくて、「じゃあ、どうやったら、行けっかなん??」っていう、諦めなかったっていう、今回のドラマの、プロデューサーの、石丸さんも言ってますけども、「その諦めなかった日本の象徴とも言うべき、物語を、今こそ、やるべきと思い、企画した」っていう、何か凄いそこが、だから、ヤマトも、今回の南極も、通じるものがあって、これは、やり甲斐あるなぁ~っていう、感じはしましたねぇ~。まあー、僕が、参加させて貰った、一番最近のTBSのドラマと言うと、2009年の「MR.BRAIN」なんですけども、実はですねぇ、ワッツだから、ちょっと、ぶっちゃけますけど、「MR.BRAIN」やってる時から、ジャイさんには言われてましたねっ。ふふふふ。「MR.BRAIN」の時から、ラブコールを受けてまして、まあー、今回の、この「南極大陸のお話」監督を務めてくれるのは、ワッツではお馴染みの、ジャイさん、ジャイこと福澤監督なんですが、この人ねぇ、まず、諦めません

まあー、そんな、「MR.BRAIN」の時は、主題歌がヴァン・ヘイレンの「Jump」でしたねぇ。今回は、どんな主題歌になるんですかねぇ??もちろん、まだ、聴いてないので、わかんないんですけども、夢がいっぱい詰まったお話だとは思うんですよ。なので、「Jump」と同じ、ヴァン・ヘイレンの、「Jump」の直後1986年の、ナンバーをですねえ、ここで、届けたいと思います。

ある意味ちょっと、このキーボードの、透明感とか、マッチするんじゃないかな??と思うんですけど、でも、「MR.BRAIN」と、今度の南極が、2作ともヴァン・ヘイレンって言うのもねぇ、でも、あれだなぁ・・・ふふふふ。


Dreams / ヴァン・ヘイレン


TBS開局60周年記念ドラマ、仮ですが、「南極大陸~神の領域に挑んだ男と犬の物語~」先日の発表では、主だったキャストの名前も、あげられてましたが、僕以外に、柴田恭兵さん、香川照之さん、寺島進さん、堺真人さん、緒方直人さん、あと、山本裕典さん、ねっ。実際、僕、あのー、緒方さん、堺さん、香川さん以外は、初めてご一緒する方達ばっかりなので、ドキドキしますねぇ。どんな、人達なんだろう???っていう。柴田恭兵さんですよっ。共演はないんですけど、一回、ゴルフの打ちっぱなしで、凄い弾道を放つ、人が、近くの打席にいまして、『すっげぇ~なぁ~。あの人・・・』って思ってたら、それが、柴田恭兵さんで、実際、生で、柴田恭兵さんを観てしまった自分にも、「うおーーー」っていう、感じはあったんだけど、柴田恭兵さんが、打ち放つ弾道にも、『うわっ、すげぇ~』と思い、しばらく時間を過ごしてたら、なんとですねぇ、柴田恭兵さんが、僕の打席のところに来てくれまして、「見るに見かねて・・・」って言って、ふふふふふ、まあー、僕がうまくないので、「見るに見かねて・・・」という感じで、教えて頂きまして、あのねぇ、今、今思い返しても、ちょっと、信じられないもん。だってさあー、柴田恭兵さんに、ゴルフ教わった事あんだよ。俺・・・思い返すだけで、ちょっと、ドキドキするよねぇ。これねぇ。しかも、偶然ですよ。アポとかなしで・・・ふふふふ、ノンアポで・・・いきなり。だから、あのー、まず会った時には、「あの時は、どうもありがとうございました」っていう事を、ちゃんと、もう一度??言わせて頂こうかなぁ~と、今から思ってるんですよ。


共演者については、こんなメッセージも来てますので、こちらもご紹介しましょうか??


鳥取県 ○○ 19歳大学生「拓哉キャプテン、次のドラマが発表になりましたねぇ。待ってました。今回の「南極大陸」では、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」で、とても仲良くなった、緒方直人さんと、またまた一緒ですねぇその話を知って、とても、楽しみです。キャプテンは、早速、緒方さんと、このドラマについて、何か、話しとかしましたか??ワッツで、裏話、お願いします。」


うーん、直人さんとも、また、ねぇ、引き続き、連チャンで??一緒にお仕事できるんなんて、凄い嬉しいですねっ。わかった時は、正直、ガッツポーズでしたねぇ。ほんでねっ、なんとなーーーーーーく、TBSの方から、お話は伺ってたんですけど、直人さんから、直に、「次もよろしくねぇ~」みたいな感じで、聴いてなかったから、俺、遠まわしに聴いたんですよ。去年、年末かなんかに・・・会って話した時に、結構、会うんで、ちょくちょく・・・「あのー、直人さん・・・2011年なんですけど・・・・ふふふふふ、2月ぐらいから、撮――影って、入ってます??」みたいな感じで、ふふふははははふふ、すっげぇ~、遠まわしに聴いたの。そしたら、直人さんが「あーーーー、南極ちゃん???」って言ってくれたんですよ。(そんなに軽く??そう言われて、吹っ切れたんじゃない??)その「南極ちゃん」って言うねぇ、その表現???その表現が、僕ねぇ、そのジャイさんから、「MR.BRAIN」の時から、ラブコールを受けていた、その南極のお話、ねっで、実際、やる事になりました。自分が、その世界観に、入ってしまって、いいんだろうか??とか、何か、いろいろ思ったんですけど、直人さんの口から放たれた、その「南極ちゃん??」っていう、そのフレーズがねぇ、それまで、なんか、一人で、いろんな事を構えていた自分の、構えを、すべてほどいてくれたと言うか、「そうそう南極ちゃん」っていう感じの、ホントに気分になれて、(ホントよかったねぇ~。直人さんが一緒なら、安心だよっ。)そういう意味でも、直人さんには、感謝してるし、自分にとっては、とてもありがたい存在な、人なので、また、同じ現場で、同じ話しに、対して、いろんな事を思ったりとか、作業を一緒にできるっていうのは、すごい、嬉しかったですねぇ。その、普段ねぇ、会ってる時に、「寒さとか、きっと、ヤバいっすよねぇ~」って話して「ねぇ~~」とかっつって、直人さんって、「ねぇ~」って言うのが、ピッタリなんですよ。「ねぇ~~」って言うんでよ。ホントに・・・「ねぇ~~~」って・・・ほんで、あのーーー、まあ、一緒に、東京湾とか、出る時もあるので、その時の、防寒対策とか、いろいろ、各々考えて、やって来るんですけど、今回の、そのー、南極大陸の衣装合わせというか、そのー、越冬隊の、隊員が統一して着る、防寒着の、フィッテングなんかも、それだけは、もう、終わらしてるんですけど、凄いんですよ。やっぱ、場所が場所なだけに、着る服がねぇ、もちろん、ダウン着るんですけど、ダウンのインナーの物がダウンなんですよ。(え???そんなに???すげぇ~)ふふふふはははは。信じられる???これ、ホントなんだよ。それをフィッテングした時に、直人さんから、直人さんの方がねぇ、順序的には、ちょっと先で、「今日、俺、フィッテングして来たんだけど、暑くて死にそうだった」っていう、メールが来てたんですよ。「マジっすか?、俺、明日っす」みたいな、メールを、しあってて、で、次の日、俺、ホントに、TBS行って、それのフィッテングしたんですけど、あれ、都内でフィッテングしちゃダメだねっ。ふふふははは、ホントに・・・ヤバかった。TBSのねぇ、11階の、会議室でやっちゃダメ。(そんなに暑いの???)ビックリした。このまま、冷凍庫入ってきていいですか??っていうぐらい、暑かったですよ。二人とも、そのフィッテングが終わって、また、その後日、会ったんですけど、「あれ、半端ないっすよねぇ~。あの格好、海に出る時、完璧っすよねぇ~」って話したら「ねぇ~~~。あー、じゃあー、今回、ワンクール、あの衣装、ちょっと綺麗に保って、買い取ろうか??」とかいう話を、今からしてるんですよ。まあー、今回、自分は、越冬隊が、あるんですけど、その越冬隊の、副隊長と言うねぇ、役をやらして頂けるんですけども、それに対して、直人さんが、越冬隊に同行していく、記者。一緒のsceneとか、多い少ないではなくて、越冬隊、向こう行っちゃったら、ずっと一緒にいるんで、一緒のsceneが多い少ないとかじゃないんですよねっ。ずーーーっといるんです。一緒に・・・ふふふふふ。

今回のドラマは、南極のお話ですからねぇ~、一体、どんなロケになるのか、楽しみでもあり、怖くもある。って感じですかねぇ~。という事で、ここで、SMAP、1992年のナンバーです。今回のロケはねぇ、降ってきたとか言うねぇ、レベルじゃないと思うよ。たぶんちょっと、危機感を感じると、ふふふ、思うよ。


雪が降ってきた / SMAP


あとーー、香川照之さん。「MR.BRAIN」ねぇ、ご一緒させて貰ったんですけども、メールの方も頂きまして、「朝のスポーツ誌を、観て、ついに始まるんだなぁ~っていう感じが、しています。」わかるでしょ香川さんのメール。「ついに始まるんだぁ~っていう感じしてます。命がけでやりましょう」みたいな感じで、書いてあったんで、『相変わらずだなぁ~。香川さん・・・』っていう、ふふふふ、感じはしましたねぇ~。また、久々に香川さんに現場で会えるっていうのは、すっごい嬉しいっすねぇ。あとあのー、「MR.BRAIN」の打ち上げで、僕が出した景品あったじゃないですか??香川さんが当てたっていう話を、このワッツでも、したでしょ旅行なんですけど・・・ニューヨークの何日間の旅を、ペアーで・・・そう、九十九が最終回でニューヨークに行くっていう風になってたんで、九十九を探して来てくださいっていう、感じで、ニューヨーク旅行出したんですけど、香川さんが、ホントに旅行しに行ってくれて、(へえーー、ホントにご本人が行っちゃったの??すごい)「ホントに、僕、来てます」っていう、写メとか送られて来て、「お土産も買ってあるから、次、現場で会う時に、渡します」っていうメールをくれてたんですよ。以前・・・やっとだからねぇ、今度、初顔合わせの時に、たぶん、そのお土産を頂けるんじゃないかな??と・・・思ってます。


最後にこんなメッセージいきまーす。いかにも、ワッツらしいのが、最後に来ましたねぇ。

兵庫県 ○○ 22歳大学生「キャプテンこんばんワッツ。この間の、ワッツで、キャプテンは緒方直人さんの事を、歳は3こ上って、言ってましたよねぇ緒方さんは5こ上じゃないですか??ちゃんと確認してください。あと、ヤマトのブログに書いてあった、緒方直人さんとの光合成って一体なんですか??光合成の意味がわからないんですけど・・・ヒントだけでもお願いします。」


え??直人さんは、1967年??生まれなんだぁ~。俺、1972年だから、1972引く1967は・・・え???3でしょ【ゴーン】(ふふふふふ)ふふふふふ。あれ??俺、計算間違えた??もう一回やってみるねっ。1972引く1967は・・・・3だ【ゴーン】ふははははは。


1972引く1967の答えは送ってこなくていいです。もうわかってます。
木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


光合成??僕ねぇ、陽にあたるの好きなんですよ。葉緑素は身体の中に、ないんですけど、ちょっと、なんか、陽に当たった後ってなんか、こうーー、パワーがみなぎるというか、そういう感じが自分の中ではするので、光合成っていう表現をしたんですけども、直人さんとの光合成って一体なんですか??って事ですよねぇ太陽の光を浴びていたって事ですよ。(釣りだったり??バーベキューだったり??ゴルフ??)この寒い時期に、日光浴を、ただ二人でしてるっていう事ではないですからねっ。なんでも、言えるじゃないですか??だって・・・釣り行ってもそれが言えるし、ゴルフ行ってもそれが言えるし、今後ちょっと、計画してるのが、こんな寒い時期でも、バーベキューって、どうだろう??みたいなねぇ、話もちょっと、この間、盛り上がったんで、これまた、光合成しようかな??っていう、風には思ってますねぇ。





よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

こんにちわ★♪

10月からのドラマ楽しみですね~(^人^)
久々に拓哉を毎週見れる(^з^)-☆笑

また更新楽しみにしています(^人^)

●shiiさんへ

こんにちわ

はい。楽しみですねっ。
まだまだそれまで、いろいろあるといいなっ

●すみません(汗)

こんにちは。いつもレポありがとうございます。
はじめてメッセージさせて頂くのにこんな内容ですみません(汗)

柴田恭兵さんのお名前が間違っていたもので・・・(「平」ではなく「兵」です)
どうしようか迷いましたが、やっぱり固有名詞は間違ったままだと失礼なのでコメントさせて頂きました。訂正よろしくお願いします。

●拍手お礼

01/28 02:02 Kさんへ ありがとうございます。結構、TVとは違って、テンション高く、楽しくお話してくれますよっ。
【ゴーン】は効果音です。(おいおい。みたいなツッコミの時に入るかな???)

そうです。結構、サラーーッとラジオでは言っちゃってましたが、相当なものがあると思います。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。