さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/11/26

大変遅くなりましたm(__)mすいませーんm(__)m




いよいよです来週、水曜日、12月の1日に映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開になります(おめでとう公開直前という事で、まずは、こんなメッセージから、ご紹介しましょう。


東京都 ○○ 42歳主婦「映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」試写会で、一足お先に楽しませて頂きました。ヤマトに夢中だった頃の、私と同い歳の、12歳の息子を連れて行きました。どうしても、観せたかったんです。CGで、表現されたヤマトは、まるで本物のように見えました。波動砲を観て、そして、キャプテンが演じる古代君を観て、鳥肌が立ちました。それだけで涙が出ました。懐かしいsceneがありました。全く新しいsceneもありました。でも、ヤマトファンの私には、そのすべてが抵抗なく、入ってきました。感動しました。息子にも、命の大切さという映画からのメッセージが、伝わったようです。拓哉君。古代君をやってくれて、ありがとう♪ただ、息子の感想、第一声は、「アナライザー、超―――かっこいい。ヤマトのヒーローって、アナライザーじゃん(あはははははは)(ふははははははは)でした。」

くりりんさあー、オープニングにこのメッセージ読めよ。って、感じでさあー、番組始まる前に、俺にこのメッセージ、手渡ししたけどさあー、このメッセージのどこの部分を、膨らませて欲しいっていう風に、これ期待しんての??(そりゃぁ~くりりん的には、アナライザーでしょうまあー、前半は、キャプテンがねぇ、演じる古代君を観て、鳥肌が立ったとかさあー、素敵なメッセージなんですけども、膨らませて欲しいところは、そこじゃないの??アナライザーなの??(ふふふ。ホラぁ~(笑))それで、くりりん以外にも、アナライザーがかっこいいっていう感想の人が、この世に存在するって事を、この全国38局ネットに、載せて、知らしめたいわけ自分の番組、かもしれないけどさあー、なんで、こういう電波を、私物化すんの??まあーねぇ~、うちの、ディレクターくりりんと言えば、まだ、公開前のヤマトをすでに、4回も、試写で観ているにも関わらず、その毎回の感想がですよっ、そのすべて、アナライザーがかっこいいですからねっ。一応ですよ、古代進を僕、やらせて貰ったんですよ。そんな僕を目の前にして、とても気持ちいい笑顔で、「アナライザーやばくねぇ~」って言う、「いやぁ~ヤマト泣いたよ」っていうから、流石の、くりりんも、ヤマト観て、泣いてくれたんだぁ~と思って、「えっどの辺??」って言ったら、ふふ、エンドロールに出てくる、アナライザーの敬礼って言いやがるんですよ。(ふふふふふ)このメッセージで読んだ、アナライザー超――かっこいいって感想を言った、○○さんの息子さんは、12歳って書いてあるから、たぶん、小学生だと思うんですよ。だから、あんたが毎回、俺に向って言ってる感想は、小学生なみって事ですよ。だって、今現在、小学生の子供いるでしょねぇそういう人はさあー、もうちょっと深いところまで観た方がいいんじゃないもうちょっと深いと思うんだ。ヤマトって・・・かっこいいけど、確かに、ヤマ、あのー、アナライザーは・・・ でも、4回も観てんだから、ねっ、もうちょっと、深いところいかねぇ分かりやすく言えば、愛とかさあーなんかそういうのふふふ、えっ???なんっつった??今。5回観に行ったの???なんで、5回目行ったの???やってないんだよ。まだ・・・公開してないんだよ。あー、5回目行ったんだけど、入れて貰えなかったんだっ。ふふふふははははは。

ヤマトを試写で、何度観ても、その深――い部分、愛については、全く、感想を語れない男、それがこの番組のディレクターくりりん。そんな男と一緒にやってる番組だから、このワッツはこんななんです。っていう事で、今日のオープニングは、これ。愛については語れないっていう内容を歌ってるナンバーですねっ。1978年、ヴァン・ヘイレンのデビューアルバムから・・・


AIN'T TALKIN' 'BOUT LOVE / ヴァン・ヘイレン


このワッツにではねぇ、「ディレクターのくりりんさんの事も紹介してください。」なんてメッセージが、たまーーーーーーーーーーに届いたりするんでよ。ごく、たまーーーーーーになんですけどねっ。うるせぇたまーーーによりかは来てるけどねっ。って俺のヘッドフォンに返すんじゃねえよ言葉を・・・たまーーーーーーーにでしょ(ふふふふ)来てる事は、事実なんで、あんまり気が進まないんですけど、ここで、軽―く、触れます。一応ねぇ、いい中学と、いい高校、それでいい大学??出たらしいです。大学は、早稲田??いい大学でねすぇ。確かに・・・そんな学歴をへてるのに、結果、こんな番組の、ディレクターです。しかも、打ち合わせと言うものを、しませんほとんど・・・大体あのー、ラジオ番組をやるぞと、これから、本番だぞ。という時は、「拓哉も仕事はこういう事あったし、で、メッセージは、こういうの来てるから、一回、ちょっと、目通してぇ~」とかさあー、そういう事あるんだけど、ワッツに限っては、僕がスタジオに来ると、「今日もよろしくぅ~~」って言って、あのー、すごいゆっくり片手上げるんですよ。こうやって・・・ゆっくり。そのゆっくり上げた片手を、下ろしたと思ったら、ペラッペラの進行台本を俺に、ペトッて渡すだけなんですよねっ。まあー、たまーーーーにある、打ち合わせと言えば、「あのー、ち○この部分っていうのは、元気よく言った方が、おもしろいんで、拓哉、ちょっと、ち○この部分は、もうちょっと声はって言ってくれる??」とか、その程度のディレクションしかしない男なんですねっ。ふふふははははは。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


え??黒木さんがいる??黒きん??黒きん??スマスマの??あー、黒木さんも早稲田なんだぁ~。あー、早稲田って言っても、ホント、ピンきりなんだねぇ~。すべてねぇ、卒業生が立派な人ってわけでもないんだねっ。(ふふふふ。自分の周りは、キリの方だと・・・(笑))俺の回りには、運悪く、そのー、ピンきりのきりの方が集まっちゃったんだねっ。くりりんでしょ黒木さんでしょキリばっかりですよ。(ふふふふ)きりきり舞いですよっ【ゴーン】キリな人にばかり囲まれてるから、きりきり舞いねっ【ゴーン】なんですか??おめぇも小学生なみのダジャレだって??あー、だから、俺達、気が合うんだねぇ~。ちょっと、納得。ふふふふふはははは。


そんなうちの番組、くりりん、なんと、先日5回目のヤマト試写会に、チャレンジしたらしいです。まだ、公開もされてないのに・・・いよいよ、来週公開っていう、今。ねえ、なんで、なんで行ったの??その、5回目は、ちょっとごめん、普通に、聴くけど、なんか、来てたの??ハガキみたいなのが・・・あっ、その試写会の、追加日程のお知らせが、手元に届いたんだぁ~。で、そのハガキが、通知が来てるという事は、これ、持ってきゃぁ~入れんだろうなぁ~と思って、5回目に行ったの??あのさー、嬉しいんだけど、5回も行ってくれるって・・・ふふふははは、嬉しいんだけどさあー、(手を叩く音)公開してから行ってくんねぇ劇場に・・・なんなの、そのハガキ持ってきゃあ入れんだろうなぁ~っていう感覚・・・でも、その5回目は、入れなかったらしいですねぇ。東宝さんに、顔を覚えられて、入れて貰えなかった。こういう内容だったら、面白かったんですけども、(え??違うの??ふふふふ)そうではなく、マスコミ試写会なのに、満員で、入れなかったの??(そうそう。書いてたねぇ~ツイッターに・・・)あのさあー、こう気分が上がる情報を、いつも俺に与えてくれないかな??これ、上がるでしょうだって・・・嬉しい情報じゃないですか??あっ、超満員だったの??くりりん情報によると、めちゃくちゃ長蛇の列ができていて、東宝さんも、「こんな事、今までなかったんっすけど、申し訳てありません」と言って、入れなかった人には、帰って貰ったという。だ、その帰った人の中に、いたわけでしょくりりんは・・・(だって、もう4回も観てんでしょ)よかったよ。ふふふふ、どうせ、アナライザーしか観てねえしっ。まあー、でも、これは、ホント、入れなかった人には、申し訳ないですけど、僕にとっては、すごい、この情報は嬉しいですねぇ~。まあー、何はともあれねぇ、一応、観ておこうっていう風に、マスコミの方達も、思ってくれた結果、これ以上入れません。みたいな事だったわけでしょこれは、ありがたい限りですねぇ~。そんな皆様の、バックアップもありつつ、いよいよ、来週、公開というところまでこぎつけました。ありがとうございます。でもねぇ、このねぇ~、栗原っつっうんですけど、本名、くりりんってもう言わないです。この栗原って言うのねぇ、今ねぇ、俺に向って、言いましたよ。「入れて貰えなかったから、アナライザーが観られなくって、残念だった」ってねぇ。刺青入れれば??アナライザーの・・・もう・・ふふふ、本気で「いいねぇ、それ・・・」って言うのは、やめてくれる??マジで・・・ふふふ。あまり、ちょっとあのー、憎らしいので、ここでくりりんの、悪事を一つ、ばらしてみましょうかこのワッツが始まる前、先程、超―――楽しそうに、僕に、話してやがったんですけど、この間ねぇ、くりりんねぇ、産まれて初めて、ラジオ番組にメッセージを送ったらしいです。しかも、東京FMでも、系列の局でもない、全くの他局に、(え?????他局に送ったの??)「俺が送ったら、採用されんのかな??」と思って、その番組のテーマにそって、メッセージをこしらえて、送ったら、なんとねぇ、それが読まれてらしいんですよ。(すげぇ~、流石ディレクターさんだねぇ~)しかも、送ってすぐに、次のメッセージコーナーで、紹介されたらしいんですよ。まあー、その番組が生放送だったらしくて、すぐに読まれたんだって、別にねっ、作り話を送ったわけでもないし、これ自体は悪い事ではないと思うんですけども、このねぇ、栗原の、恐ろしいところは、ここからなんですよ。業務時間中に送ってんですよ。インターネットでラジオ聴きながら・・・(え???しかも、他局??)他局に・・・まあー、これもねっ、あまりいい事ではないんですけど、100歩譲って、いいかなぁ~とは思うんですよ。凄いのは、ここではないんです。なんと、この男、他局のラジオにメッセージを送るのに、東京FMのメールアドレスで送ったらしいです。(え??だから、採用されたんじゃないの??)東京FMのアドレスでさあー、送っちゃだめでしょまあー、以前に、放送事故を起こして、減給になった事があるって聞いた事があるけど、こういう事やってたらねぇ、そろそろホント、首になるよ。なんで、東京FMのメールアドレス使って、違う局に投稿してんだろうねぇ~。いやっ、よく読んだなぁ~じゃなくて、え??笑いとってた??そんなの、どうだっていいよ。もう・・・いやっ、正直にって、確かにねっ、正直ではありますよねっ。こうやって、ねぇ、俺の前に座って、サブで喋ってるのを聴いてる時も、面白くないと思ってたら、全く笑いませんからねぇ。あの、マジでねぇ、これ、凄いっすよ。別に面白くねえけどなぁ~ってい時は、ホントにねぇ、下向いてねぇ、ペン回してんですよ。ずーっと・・・手で・・・クルックルックルッ、クルックルックルッつって・・・ふはははは。っていうか、くりりんのさあー、くだらなーーい、話してたらさあー、時間がきたっていう、ホント、これだねぇ~、時間の無駄使いって・・・まさにこの事だねっ。すいませんm(__)mあー、もう、ヤマトの話しようと思ったのに・・・・

マイケルジャクソンの新曲というか、未発表曲。お送りしましょう。12月15日に、アルバムが出るんですよねぇ~。その中にも、収録されてるナンバーです。


HOLD MY HAND / マイケル・ジャクソン


ごめんなさいm(__)mあのー、こんなねぇ、無駄話を、つらつらと話してしまいましたが、リスナーのみなさん、今聴いた事は、ここだけの話にしてくださいねっ。一応、うちのスタッフなんで、いなくなると、こんな男でも、マジで困るんですよ。2人しかいないんで、俺と栗原のこの、二人しか、だって、サブの卓の前には、くりりんが一人いて、その斜め後ろに、小川君が携帯いじりながら、俺が喋ってんのを聴いて、あのねぇー小川も、正直なんだけど、面白くない話をしてると、ずーっと、携帯いじってんですよ。(あははははは。)そんで、ふははは、僕もそん時、その現場いましたよぉ~みたいな、話をスタジオでし出すと、「あーー、そうそうそうそう」みたいな、顔で聴いてるんですけど、何なの??この正直もん二人・・・携帯いじくったり、ペン回したりさあー、もうちょっと、なんかラジオっぽい仕事してくんねえかな??ふふははは。ホント、東京FMにばれると、ヤバいかもしれないので、くれぐれもあまり、ペラペラ周りに言わないように、って言っても、これ全国ネットだけどねっ。この番組・・・ふふははははは。


今日、何度か言わせて貰ってますが、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」が、ついに、来週、12月の1日に公開されます。すでに、試写で4回観ている、うちのディレクターくりりん曰く、「アナライザーがかっこいい」まあー、そんな、素晴らしい、ふふ、作品に仕上がってまーす。「くりりん以外の、キャプテンに届いている、ヤマトの感想って、どんなのがありますか??」っていう、メッセージも結構あるので、ここでは、そんな、お話をしましょうか??僕のところには、まあー、様々な方からの、ヤマトの感想が届いてますねっ。スマスマのスタッフだったりとか、TBSの方とか・・・その中で、印象的だったのが、嬉しくもあり、恥ずかしい話でもあったんですけど、うちの、稲垣がですねぇ、ゴローちゃんが、試写室に足を運んでくれたらしく、あの~ふふふ、夜、僕の携帯に着信がー、稲垣吾郎っていうのが出たからー、『え??なん??どうしたんだろう??』と思って、(ゴローちゃんの電話番号はちゃんと入ってんだねっ。当たり前かっ)まあー、メールじゃなくて、電話がかかってきて、「もしもし・・・」って出たら、街の交差点、の近くで話してるみたいな音が聞こえてきて、「え??今、どこ??」って言ったら、「いや~、銀座、銀座観たよ~。ヤマト・・・いや~~~、良かったねぇ~~~」って言って、長々と、20分ぐらい話してましたねぇ。吾郎は・・・。俺の合いの手とか、そういうの、あんま、入れることなく、「うん」、「あ~」ぐらいしか、喋んないんですけど、ゴローが、20分ぐらい喋ってて、ふふふふははは、正直、ゴロー的にも、宇宙戦争的な??戦闘シーンばっかりで、そういうので、ゴリ押しで、くんじゃねえかな??って感じで、観たらしいんですけど、「そうじゃなくて~、ちゃんとした内容があって、リアルに怖かった。」っつってましたねっ。そのゴローの一言、すごい、自分の中では、割りとパキーンときて、「セリフの中にも、あったじゃん1945年」実際に、そういうねっ、命を懸けて、家族を守ろうとした人たちが戦地に赴いて、命を散らしたって言う、なんか、そう言う事実も、なんとなく、こう、垣間見えてきて、そう言う人たちがいて、そう言う過去があって、今の世の中があるんだなぁ~、そういう事まで考えちゃったよ」とかっつって、ふふふふはは、ゴローがすげえ~、ふふふ、とにかく喋るんですよ。スマスマん時、そこまで喋んないのに、すげえ喋ったから、ゴローとそんな長電話したの、携帯電話っていうものが生まれたからは、初めてだったかもしれませんねぇ。(え??そうなの??)20分、しかも、喋りっぱなしですからねっ。向こうが・・・いやぁ~、でも、嬉しかったですねぇ。ちなみに、鈴木おさむ??ってやつも、一応、送ってきたんですけども、メールでねっ、送ってきたんですけど、でもねぇ~、映画自体は観ないで、いろいろー、僕があのー、今回、映画誌のインタビューとか、さして貰ってるじゃないですか??取材をして頂いて・・・それに応えてる、インタビュー記事を読んで、たぶん、送ったんだろなぁ~っていう、匂いが、プンプンしてくるねぇ、内容だったんで、「お前、観てねえだろう」っていう、メール送ったんですよ。返信したら、お怒りのメールが返ってきまして、ふふはははは、「観たよぉ~」みたいな感じで、おさむはねぇ、どんな事言ってたっけなぁ??(紙をめくる音)あんま覚えてない。携帯、実際、観ないと、ちょっと、待って。しかも、それがとってあるかどうかすら、わかんない。今・・・(え??そんなすぐに削除しちゃうの??)消したかもしんない。ふふふ。ちょっと待って、おさむ、おさむ・・・・おさむ・・・あっ、これかな??これだぁ~。「ヤマトが改めて、戦争の話なんだって事を、実感」っていう風に、まあー、戦争の話ですからねぇ、(もう、キンちゃんは観たのかな??)これは、映画誌とか読んでも、書けるかな??と思うんですけどねぇ。ふふはははは。(え??らいおんハート???)


この曲、ある意味、今回の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の世界観に、あってると思うので、今日、ここで皆さんに、お届けしまーす。我々SMAPで、


らいおんハート / SMAP


そうそうそうこの間ねぇ、僕、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を、小学生に観て貰いまして、小学校6年生50人に・・・とある小学校で、試写会を開いてくれまして、実はこれ、TBSの番組、「お茶の水博士」の企画だったんですよ。観てる小学生の、姿も番組のスタッフが、撮影しててくれて、その模様も僕、あのー、教室の横の廊下のモニターで、憲さん達と一緒に観てたんですよ。憲さんとさまーずのお二人と・・・あの、ふふふ、何人かの小学生が、目、真っ赤にして、涙ぬぐいながら、観てたりとか、ふふふ、してくれてて、観てる最中の、みなさんの表情が観る事ができるってないでしょなかなか・・・試写会場も真っ暗だし、で、それが小学校っていう事だったんで、観る事ができたんですけども、もう嬉しかったですねっ。映画がエンディングを迎えて、イェーイっつって、どんな感じだった??みたいな、どうだった??みたいな感じで出てったんですよ。そしたら、普通に、ダイレクトに質問されて、(ふふふ)「黒木メイサさんとは、・・・したんですか??」とか、ふふふふ、流石、小学生、素直だなぁ~と思ったんですけど、今日のオープニングで紹介したメッセージに、「12歳の息子と一緒に観ました。」ってねぇ、綴られていましたけど、今回のヤマトなんですけど、是非是非、小学生だったりとか、にも観て欲しいですねぇ。僕が、自分で、アニメの宇宙戦艦ヤマトを観たのは、幼稚園の時ですからねっ。ダダこねて、渋谷の映画館に連れてって貰いましたかからねっ。ダダこねましたよ。ふふふははは。「行きたい」っつって、ほんで、なんかを感じとったのか、「なんでもいいから書きな」って言われた時に、ヤマトの絵を描きましたからねぇ。だから、今回のストーリーも、きっと伝わると思いますよ。子供にも・・・


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!



今回、日本人初めて、世界に挑むSFエンターティメントなんて、なんかこう、大げさなコピーを、打ち出しているので、一見、大人向け??みたいな、思われがちかもしれませんけども、そんな事はないです。僕が幼稚園の時に、宇宙戦艦ヤマトを観て、手に入れた気持ちと同じようなものは、必ず届くと思いますねぇ。このラジオを聴いてくれている、お父さんお母さんは、もし、可能であれば、チビッ子にも体験させてあげて欲しいと思います。親子でたぶん楽しめると思うんですけどねぇ~。映画、観終わった後の、車ん中の会話とか、「お前、どこ一番きた??」みたいな、ふふふふははは、そこでヤバいっすよねぇ。また、チビッ子が、「アナライザーが・・・」って、ははは、言われたら、はははははは、どういう風に返せばいいんだろう??って思いますけども、もちろんあのー、ラジオを聴いてくれている、中学生もいると思いますし、高校生、大学生、みなさんにも観て欲しいですねぇ~。若いみんなからの感想っていうのが、届くと嬉しいかな??思った事を、堂々と書いて、僕に届けて欲しいと思います。文章がうまく書けないとか、いい感想が思いつかないとか、そういう事で、ペンを置かなくてもいいです。この番組のディレクターのくりりんっていうのがですねぇ、もう、あのー、一番の、碌な感想が言えない大人なんで、気にしないで送ってきてください。みんなの感想の方が、くりりんの感想よりかは、全然、立派だと思うし、思ったままを、ふふ、正直に、届けてくれたら、もうーーー、僕はそれを読んで、ひょっとしたら、・・・・ワッツ中に、泣くかもしれませんねぇ。それぐらいの準備して、待ちたいと思いますねっ。





よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。