さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/11/5

ここで、早速なんですが、うちの、このワッツのディレクターのくりりんの腹立たしい話していいですか??(おーー、相当怒ってるねぇ~)先日、僕、個人のために、東宝さんが開いてくれた、僕個人の0号試写会に、くりりんを誘って、一緒に観たっていう、話をこのワッツで、したじゃないですか??ワッツ、長年やってきてるし??ヤマト世代だし、まあー、ヤマトできたし、完成品を観て貰おうかな??っていう事で、観て貰ったんですけど、なんとねぇ、もう3回観たらしいんですよねっ【ゴーン】(え??そんなに??)いやっ、何???グーーって・・・親指突き出してる場合じゃないですよ。なんですか、その3回っていう、回数。12月1日公開なんですよ。公開前に、なんで3回観てんですか??いやいやいや、グーじゃないですよ。僕、個人の0号試写会が、1回目で??その後に??マスコミ試写会に潜り込んで1回と、そして、この間の完成披露試写会で、また1回。(え??この前の披露試写会で観てたの??)グーじゃねえっつっうの。だから・・・あんた出演もしてないのに、ちょっと、観過ぎだよっ。ホントに・・・ふふふふ。ほんでねっ、なぜ、これほどまでに、ヤマトを観てんのか、聴いたらですねぇ、その理由が、ますますもって、腹立たしいんですよ。アナライザーがかっこいいから・・・(え???そんな理由なの??確かに、あれはかっこよかったけど・・(笑))ふざけんなよっ【ゴーン】僕ともう、16年も一緒にラジオをやっていて、今度年を越せば、17年目に突入する付き合いなわけなんですけども、まあー、普通だったら、気つかってねぇ、古代進のできとかさあー、ない??会話の中で・・・(ふふふふ)山崎監督とも、0号試写会で会ってるわけだからさあー、話もしてるわけだから、しかも、ワッツ超―――聴いてんのよっ。あれ以来・・・そういう間柄もあんのにさあー、そういう事に、対してのコメント一切なしで、それがなんですか??めちゃくちゃ素直な瞳をしやがって、「アナライザーかっこいい」しかも一番泣けたsceneが、ふふ、エンドロールに出てくる、アナライザーの敬礼って言いやがるんですよ。(ふふふふ)【ゴーン】僕が今こうやって、マイクの前で喋ってて、ねっ「アナライザーの敬礼」って言った瞬間に、俺のヘッドフォンに向って、「あれねぇ、本編には出てこねえんだよっ」って言う、こんなディレクターをねぇ、みなさんどう思いますか??アナライザーが好きって言うのは、100歩譲って、いいかな??とは思うんですよ。ヤマトっていう作品の中に、アナライザーは欠かせませんし、凄い重要じゃないですか??そのアナライザーに対して、愛を持ってくれたっていうのは、まあー、100歩譲っていいんですけど、でもねっ、ビックリしたのがねぇ、くりりんってねぇ、コスモクリーナーの今回でいう、放射能除去装置ですよ。放射能除去装置の(ふふふふふ。言いにくそう(笑))正体に3回目で、やっと気付いたらしいです。【ゴーン】普通は1回でわかるし、1回目でわかんなくても、2回観れば、なるほどねと・・・だから、なんとしても、地球にこの人だけは、送り届けないといけないんだっていう、それ3回目ですからねっ。(え??すっごい重要なとこじゃん)いやっ、難しかったねっ、じゃなくて、あのー、今回の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の一番大切なところだからねっ。それ・・・(うんうんうんうんうん)アナライザーの敬礼じゃないから・・・大切なのねぇ、ふふふ、それねぇ、13番目ぐらい。ふふふ、アナライザーの敬礼は・・・そろそろワッツメンバーチェンジした方がいいんすかねぇ??まあー、16年間、メンバーチェンジなしに、ここまできた、このワッツなんですけど、そろそろ代え時かな??っていう、まあー、代えるべきかいなか、みなさんの意見を、是非、掲示板まで、送ってください。

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、ズバリ地球を救うお話っていう事で、まず1曲。1981年のデュラン・デュランのデビュー曲です。


PLANET EARTH / デュラン・デュラン


って言うかねぇ、俺、古代進をやらせてもらってる俺自身も、まだ、2回しか観てないんですけど、いやっ、俺3回とかいう、そういうツッコミはいらないの。わかる??俺は、2回しか観てないんだよっていう、こう・・・それでも、プチ自慢しようかな??と思ったら、ヘッドフォンに言うの辞めてくれる??俺、3回って・・・1回目は、五反田のイマジカの第一試写室で、観させて頂いて、2回目は、これねぇ、そう、報告したいなぁ~と思ったんでけど、僕らがヤマトを撮影していた東宝スタジオってあるじゃないですか??僕らがヤマトを撮影していた時に、ずーーっと、工事をしていた建物があったんですよ。スタジオの目の前に・・・それ、これ何造るんだろう??と思ってたら、それがなんと、試写室なんですよ。まさに、そのヤマトを撮影していた、スタジオの目の前の、つい最近できたらしくて、音、めちゃくちゃいいんですよ。そこ・・・ヤマトがこう、被弾した時も、音が、ガキンガキンって、痛い感じがするんですよねっ。俺、今回、割りと観ると思う。ふふふふははは。ヤマト・・・


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


なんか、ヤマトをいろんな人に観て貰って、その場で、直にその人のリアクションを感じたいっていうのが、凄くありますねぇ。今回・・・


ついに、先日、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」をみなさんに観て頂く事ができました(テンション高い(笑))あーーー、いやーーーー、ちょっと、今、喜びのあまり、つい、皆さんにって言ってしまったんですけども、正確には、完成披露試写会に当選した方たちだけに、観て貰えました。ですねっ。凄い倍率だったらしいですねぇ。応募が10万通以上、その中の、3800名が、参加してくれたと、期待してくれていた人達が、こんなにいたんだぁ~って、あのー、ホント、ありがたく、感じましたねぇ。(だって、めっちゃ待ってたも~ん)そのみなさんの期待に、応えられたのかどうかっていう、部分が、観終わったみなさんの表情を目の当たりにして、観させて頂いて、温度を感じましたねっ。(うんうん。めっちゃよかったよぉ~)試写の後に、ステージに登場させて貰ったんですよ。舞台挨拶付きの試写会ってあのー、本編上映の前に登場するっていうパターンが、結構多いと思うんですが、(そうかな????)今回、ちょっと僕、観た後の、ステージに上がってみたいなぁ~っていう、気持ちが起こったんですよ。自分が観た時に・・・正直、そのー、山崎監督とも、舞台裏で、「どうします??俺ら、出てく時に、客席の表情と、温度が、超―――、ドッチラケで、俺らが出てっても、『とりあえず、目そらしとこうぜ』みたいな、そういう、ふふふふ空気だったら、かなりウケますねぇ~」って話をしてたんですよ。すぐ、扉1枚のところに、僕、スタンバってまして、ホント、あのー、ちょっと、前に食べた、弁当が、『あれ??これ、あがってくんじゃねえかな??』っていうぐらいの、ふふふふ(そんなに??確かに、相当緊張してたけど・・・)緊張しましたねぇ~。まあー、でもー、今回、僕が古代進を担当させて貰ったわけですから、どんな事からも、逃げたり、隠れたりしないと、言う事で、その会場にも・・・ホントにねぇ、僕あのー、スタッフに言いましたからねぇ。その扉を行く時に・・・「発進します」って言って、一言言って、ふふふふふ、出てきましたからねっ。(テンション高――い)映画でも、ドラマでも、物を造るっていう作業は、造り上げるまでが、完成ではないと、いつも思ってんですよ。その完成品を、みんなに届けて、そのリアクションを、貰うまでが、物造りの過程じゃないかな??と、オ○ニーじゃないですからねっ。物造りっていうのは・・・オ○ニーじゃ駄目なんですよ。S○Xしないとダメなんですよ。ちゃんと、相手を気持ちよくした上で、自分のDNAを世に残すそこまでが、物造りじゃないかな??と・・・え???これは、子作りですか???【ゴーン】ふふふふふふふ。ふざけた話をしてるフリをしつつも、ヤマトの深い部分を、今ここで、ちょっと、お伝えしたわけなんですよ。(ふふふふ。確かにそうだけど・・・(笑))深――い部分ですよ。これヤマトの・・・ふはははははは。観た人しか、まあー、わからないと思うんですけどねぇ、まあー、今、3800人の方達は、あー、言ってるよって思ってると思う。(うんうん)ふふ、当日はですねぇ、午後一かな???(え???)あっ、違うよ、午前中から、国際ファーラムの方に、入らせて頂きまして、そこから、上映後の舞台挨拶まで、結構ブッ通しで、もう、ご飯を食べる時間が、だから、着替えの15分ぐらいしかないので、(そんなに忙しかったんだぁ~)着替えを5分で終わらせて、5分で飯喰って、で、5分、次の??取材のいろんなものをチェックして進む、みたいな、結構かっこいいでしょ5分で着替えて、5分で飯っていう、ふふふはははは。その上映中もだから、あのー、インタビュー撮影とか、裏でやってまして、作品自体は観られなかったんですけども、(やっぱり、一緒には観られなかったんだぁ~)なんだけど、うちのくりりんは、だから、呑気に3回目をそん時、観てたんですよねっ。しかもいい席で・・・嫌ですねぇ。(ふふふふ)楽屋に、着替えに戻ったりとか、ねっ、さっきの着替え5分、食事5分の時間に、戻るんですよ。そうすると、あの、国際ファーラムって、アーティストの方が、コンサートもできるぐらいの会場なので、楽屋に、会場モニターが設置されてるわけですよ。(映し出されてるんだぁ~会場の模様が・・・音は流れないけど・・・)ヤマトのsceneが、まあー、音声は出てないですけど、モニターにちっちゃく出るわけですよ。「あーー、ここのsceneだぁ~」みたいな感じで、言ってると、僕のスタッフで参加してくれた、スタイリストの大久保さんと、ヘアメイクの、まあー、ワッツではお馴染みの、キンちゃんがですねぇ、一同に、そのモニターから、視線を、フッてこう、はずして、ふふふふ、「ふふふふ、ヤバいヤバいヤバい。観えちゃう、観えちゃう、観えちゃう観えちゃう。まだ観ねえぞ」っていう。音も聴こえてないのに、観たくないみたいな感じで、変な楽屋になってましたねっ。僕以外、誰もモニターを見ないっていう・・・そのモニターが鏡に向って、置いてあるので、(鏡も映っちゃうじゃん)鏡の方を向いても、鏡の映り込みで、若干、流れてるわけですよ。そうすると、みんなねぇ、何をするかって言うと、下を向くんですねっ。ふふふ。楽屋でずっと、僕のスタッフが下向いてて、(ふふふふ。仕事になんないじゃん(笑))携帯をいじるフリしちゃって、「大久保さんモバゲーですか???」って聴きたくなっちゃったんですけど、モバゲーではなく、モニターを観ないために、携帯をいじくってましたねっ。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、地球を救うお話っていう事で、ここでまた、こんな曲です。earth繋がりですねっ。1987年のヒット。


HEAVEN IS A PLACE ON EARTH / ベリンダ・カーライル


そうそうそうさっきもちらーっと言ったんですけども、このワッツでお話したとおり、今回の完成披露試写会での、ヘアメイクも僕が、いつもお世話になってる、キンちゃんだったんです。でもです。やっぱり、今回も、本編は観られなかったんですねぇ~。もう、前々から、「観たいですぅ~」って凄い言ってくれてるんですけども、元をたどれば、僕のあのー、個人的0号試写に、誘ったんだけど、ゴローの現場が入ってて来れなくて、で、2回目の、僕が東宝試写室で観る事が出来るっていう時も、一応誘ったんですよ。(いいなぁ~)「俺、見に行くけど、どうする??」みたいな感じで・・・(私なら、行く行く行く)そしたら、その日ですねぇ、キンちゃんが働いてる、ヘアサロン、結婚披露宴のお客さんが物凄い数の予約が入っていて、「それはちょっと、ブッち切れません」っていう話になって、(え????)また観れないっていう。ふふふはははは。


この間の月曜日11月の1日に映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の完成披露試写会を、無事に終える事ができましたぁ~()ありがとうございました。会場の方は、東京駅と有楽町駅の間ぐらいにあります、国際ファーラム。その上映中、11月27日頃にTBSで放送されると言う、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開直前の、特別番組用の、山崎監督との、対談をその間にやったりとかも、してましたねぇ。(そんな事もしてたんだねぇ~)そん時に、キンちゃんも、僕の現場だから、来てくれるわけですよ。そしたら、ふふふ、このワッツをめちゃくちゃ聴いてくれてると言う、山崎監督が、「ひょっとして、キンちゃんですか??」って・・・ふふふ。キンちゃんに聴いて(ふふふふ)ははは、そしたら、キンちゃんが「は、はい。」って答えたら、監督が「うわーーー、すげぇ~、生キンちゃん観ちゃったぁ~」(ふふふふ。生キンちゃんって・・・(笑))生キンちゃんって、ちょっとやらしい響きなんですけど、ふふふ、監督が言ってましたねぇ。他のキャストのみなさんも、大勢、集まっていたじゃないですか??だからねぇ、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のメイクを総括していた、あのー、みちよさんの姿も現場にあって、「うわーー、元気???」みたいな感じで、僕、再開したんですけど、そしたら、あのーふふふ、あのー、みちよさんからも、「ラジオであのー、お話して頂いたみたいで、あのー、うちの両親から、電話がかかってきました」っていう風に、ふふふはは、言ってました。このワッツ、いろんなところに、ハピネスを、産んでます。(うんうん(笑))ここで、一つメッセージをご紹介したいと思います。


東京都 ○○ 19歳大学生「キャプテン、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」最高でした。完成披露試写会に、参加させてもらって、よかったと心から思いました。(ありがとうございます。)日本の映画もここまでできるんだぁ~って感動しました。ストーリーも映像も、観なければ絶対に、損って、人に言いたくなるぐらいの、クオリティーでした。(おーー、すげぇ~)舞台挨拶の時の事です。キャプテンは、凄く緊張してたように観えましたけど、真相はどうですか??あと、舞台から、去る時に、誰かに向って、ガッツポーズをしてましたけど、あれは誰にしたんですか??(え??誰にしたの???ドキドキ)


まっ、さっきから、何度も言ってますが、今回の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」完成披露試写会は、上映後にステージで、挨拶をさせて頂きました。みんなが観終わるぐらいのタイミングで、それぞれキャストはですねぇ、登場口に、スタンバイしまして、で、僕だけ一人、違う扉に連れてかれまして、『おー、俺、一人かよぉ~』と思って、すっげぇ~、うわー、どうしよう、どうしようどうしようって思ってたんですよ。ステージ袖からではなくて、会場を歩かせてもらって、ステージに上がるっていうstyleをとらせて貰ったんですよ。バーーンと客席横のドアから、登場させて貰って、(これが観えなかったんだよねぇ~)客席の中を歩いたんですけども、うわーってビックリした事があったんですよ。ふふははは。客席に、オレンジ色のネクタイをした、ものすごい大きい男性が、凄い顔をして、僕に拍手をおくってくれてるわけですよ。『あーーー』と思ったら、(誰誰??)タマホームのタマちゃんでし。(え??タマちゃん来てたのぉ~??)ふはははは。ジュニアなんですけどねっ。奥さんと一緒に・・・って言うか、奥さんめちゃくちゃお腹おっきいんですよ。波動砲で出ちゃうぞっていうぐらいのタイミングなんですけど、観に来てくれてて、このメッセージにもねっ、「凄く緊張してたように観えました」って書いてありますけども、若干、そのステージまでの、動線が、ブルーのカーペットをひいてくれたんですけど、割りと急で、斜面が・・・完成披露試写会で、滑るわけにはいかねえなと思って、縁起悪過ぎて、ふふふははは、それだけはやめようと思って、(え??それだけ??)だから、かなり緊張してたように、観えたんじゃないですかねぇ??力んで歩いてましたねっ。ふふははは。中には、かなりコアなファンの方達もいらっしゃって、あのー、ふふ、ヤマトのあのー、制服のような、カラーリングをしたTシャツを着た人達も、中にはいたり(キャーーー、古代君Tシャツの話してくれたぁ~ありがとう♪別にコアだから、着てる訳じゃないよっ(笑))結構、男性が多いのに、ビックリしましたねぇ~(うんうん。ホント多かったよねぇ~)ヤマトの実写版だから、俺、来たんだぞっキムタクだからじゃねえぞっっ感じが伝わって来て、(そうそう、凄いヤマトのファンって感じの人が多かったのにはビックリしたぁ~)逆に、それが嬉しかったですねぇ。舞台挨拶っさあー、実際映画が終わっちゃったりとかすると、そこ、別に求めてねえよっていう人も、実際、正直、いらっしゃる時、あるんですよ。ホントに、あのー、舞台挨拶出てって、その映画が、『いやっ、面白かったねぇ~』っていう、後だったらいいんですけど、そうではなく、『割りと、なんか難しかったなぁ~この映画・・・』みたない、リアクションを、凄いあからさまにして下さるお客さんもいたりもするし(え??そんなお客さんいたりするの??拓哉の舞台挨拶で??)空気ガラッと変わるんですよ。上映中と、舞台挨拶の瞬間って・・・だから、「あっ、これどうなのかな??」と思ったんですけど、舞台挨拶中も、割りとなんかこう、椅子に浅――く座ってる人いませんでしたねっ。あんまり・・・(え??浅く座ったらよくないの??結構、浅めに座ってしまうんですけど・・)そういう気分じゃない時って、大体ねぇ、みんなねぇ、こうやって座るんですよ。こうやって・・・(実際にやってる風)浅く・・・「何喋んの??」って感じで、ふふふふふ(浅く座って、背もたれにもたれるって感じなのかな??私みたいに前のめりじゃなく・・・)座ってらっしゃる時が多いんですけど、今回、あんまなかったような気はしましたし、みなさんから頂いた拍手っていうものに、リアリティの温度を感じましたねっ。と言う事で、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の主題歌で、11月24日発売。


Love Lives / スティーヴン・タイラー


会場を去る時にしていたガッツポーズは、いったい誰に向けてしたものだったのか???(うんうん。気になるぅ~)あれはですねぇ、会場を後に、舞台を後にする時に、もう一回、客席のお客さんたちから物凄い拍手を頂いたんですよ。(うんうん)それに、対して、何か、応えたいなぁ~って気持ちもあったんですけど、手を振り返すっていう事でもないし、うわー、どうしようかな??って思いながらも、引っ込もうとしていた時に、客席に、全然知ってる方ではないんですけど、ある男性の方が、僕に向って、拳をガーーーって高く、突き上げてくれたわけですよ。(どこにいたんだろう??こっち側だもんねぇ~)その表現があったかって思って、やっちまいましたねっ。(ブー・ブー)(ん??私の携帯が鳴ってる??ん??違う拓哉の???)だから、あのー、誰にむけてしていたっていう事ではなく、(ブー・ブー)ガッツポーズってヒントを頂いて、客席全体に・・・はい。ガッツポーズをさせて頂きました。・・・・・・ふふふ。さんまさんからメールが入って、(拓哉の携帯だったんだぁ~(笑))「ヤマト面白いらしいなぁ~」っていう、ふふふふメールが来ましたよ。今・・・はははははなんのタイミングだか、わからないんですけど・・・(笑)


何ですかねぇ??今、いきなり、さんまさんからのメールで「ヤマト面白いらしいなぁ~」っていう。これはなぜか、ワンピースのデコメが添付されてますねぇ。ふふふふふはははは。そうですねぇ。是非、さんまさんにも観て貰いたいですねぇ~。ヤマト・・・まだ誘ってないって言うよりも、あの人一番忙しい人だからねっ。「明日、暇っすか??時間ありません??」みたいな感じで、メール送らせて貰う事が多いんですけど、「あのなぁ~、俺、結構、売れてんねやっ」っていう、ふふふ、あのー、はははは、メールが返ってきます。はははは。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開までに、プロモーションは・・・・(どうなの??どうなの??来てくれる??)TVゲストで、かなり出ると思います。(おーー、TVねっ。)この間、もうすでに、収録させて頂いたのが、「世界で一番受けたい授業」その日のうちに、あの学校閉めました。その収録中、番長って呼ばれてました。ふふははははは。あと、そうですねぇ、あれ、「世界ふしぎ発見」(おーー、世界ふしぎ発見にも出るの??)なんと、明日収録します。俺、スーパー仁君使っちゃうよぉ~。あとあのー、TV朝日系列、「お試しか」帰れまTENに参加します。(なんの帰れまTENだろう??めっちゃ食べたりする??)「世界ふしぎ発見」も「お試しか」も、俺、ホントとりに行くかんねっ。(頑張ってねぇ~)ふはははは。空気は読みませんとりに行きます。ふはははは。楽しみにみなさん、してて欲しいと思います。あっ、あのー、ごめんねっ。完成披露試写会に来てくれた人からのメッセージ、すげぇ~あんじゃん今日、全然読めなかったから、来週、連打で行く。連打。






よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●NO TITLE

お疲れ様です★
っとゆうか!!!さっちんさん、試写会行かれたんですね??♪
かなり羨ましいです(@_@)いいないいな~★

拓哉、これからテレビの露出増えそうですね★
わーい!!楽しみです(●^o^●)

●shiiさんへ

はい。行ってきましたぁ~
詳しくは、「海賊団の隠れ家」の方に書いてますので、どうぞ・・・

露出かなりですよねぇ~!?ついていけるか、大変です

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。