さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/10/15

いやぁ~~~、今のCGって、凄いっすねぇ~。今更なんの話してんだっ??って感じですか??確かに、今更かもしれませんが、僕ほら、これまでに、それほど、こう、CGバリバリの作品に出演してこなかったじゃないですか??そんな僕がですねぇ、いきなり?? 「SPACE BATTLESHIPヤマト」に出させて貰ったもんだから、もう、そりゃあ~ビックリですよ。観たんですよ。ついに、「SPACE BATTLESHIPヤマト」・・・(おーー、やっと観れたんだねぇ~)そしたらねぇ、撮影の時は、ガラーーーンとした、なんもなーーい、セットの中で、トラックの荷台の上に、乗って、戦闘しているていでやったsceneがですねぇ、完成品の中ではねぇ、もう、すっげぇ~事んなってますねぇ。撮影の時は、床も、壁も、すべてブルースクリーン。あるのは、トラックの荷台みたいなやつだけだったんですけど、完成品観たらですねぇ、見渡す限りのもう、無数の敵がいましたねぇ。ふふふふふ。ビッチリいました。倒しても、倒しても、倒しきれないぐらいの敵が、出て来て、戦ってましたねぇ~。逆に、あれが観えてしまっていたら、戦意喪失しますねぇ。ふふふ、あんだけ敵がいたら、普通だったら、これ、もう、無理無理無理って、思うんだけど、そこは観えてなかったのが、幸いしたなって思いましたねっ。そして、あの星から、自分がヤマトに戻るまでの間、よく2つだけのセットで、撮りきったなって、ホントに完成品を見ると、全くそういう事を感じさせないんですよ。でも、僕たちはあのー、現場で撮影してるから、毎日、同じセットの中で、違う方向から、走ってみたり、銃を撃ってみたり、叫んでみたりしたので、よく、ホントにあの星を表現したなぁ~って思いましたねっ。マジで・・・VFXってすげえよ。白組ヤベェ。ホント凄い、完成度に仕上げてくれた、監督そしてスタッフに、心からの感謝の気持ちが、ずーーっと、沸き上がってましたねぇ。見てる間中、ホントに、ありがたやぁ~、あーー、ここも、ここも、ありがたやぁ~っていう、っていう事で、今日のワッツは、「ようやく、「SPACE BATTLESHIPヤマト」を観る事ができて、ありがたやスペシャル」


今回の「SPACE BATTLESHIPヤマト」のCGと言うか、VFXは、監督の山崎貴さん自身が、所属している、白組っていう会社が担当してくれたんですねぇ~。っていう事で、今日は、こんなナンバーから行きましょう。若き日のエリッククラプトンが、参加してたバンド、CREAMの1968年のナンバーです。


WHITE ROOM / CREAM


このCREAMは、若き日のエリッククラプトンが、参加していた、伝説のバンドです。この曲のボーカルは、クラプトンではないんですけど、ロックバンドって、特にハードロックとか、ヘビーメタルだと、ライブをやる時に、スピーカーをもう、山積みにして、爆音で、やるじゃないですか??そのスタイルの元祖が、このCREAMと言われてますねっ。まあー、そういう意味でも、ハードロック、ヘビーメタルのルーツとも言ってもいいんじゃないかな??っていう、バンドなんです。で、その爆音と言えば、この度完成しました映画「SPACE BATTLESHIPヤマト」はですねぇ、これ、絶対に、爆音で見て欲しい作品ですねっ。是非音のいい劇場で、観て欲しいです。今回、僕は、THF仕様の試写室で、観させて貰いまして、映像だけではなくて、この音の迫力にもたっぷり、イカせて貰いましたねぇ。もう。もうイッちゃいましたよ。あまりの迫力に・・・ほんでね、僕もイッちゃったんですけど、僕の斜め後ろに座って観ていた、スマスマの最問、黒木さんがですねぇ、爆発とかのsceneでねぇ、何度もねぇ、ビクッてなってました。ふふふふふふ。



はい。という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


今回、僕が、「SPACE BATTLESHIPヤマト」を観させて頂いた場所は、東京は五反田にあります、イマジカの、第一試写室。なんとですねぇ、ここは、日本で初めて、THX認定されたシアターなんですねぇ。(THXって何??)THXってさっきから言ってるけど、何??っていう風に思う方々に、言っておきますと、なんて言えばいいかな??超――――――音がいい、劇場って事です。(ふふふふ。超――――音がいい劇場ねっ!?(笑))ふふふはははは。


超――――音がいいシアターふふふふ。THXを説明するのに、これが一番わかりやすくないですか??ふはははは。数少ないんですが、そういう風に、認定されてる場所があるんですよ。映画館には・・・日本で初めて、超――――――音がいい劇場だなって、認定されたそんな試写室で、ヤマトを楽しませて貰いました。それだけでも贅沢だって言うのに、今回はだって、僕個人のために、やってくれた試写ですからねぇ。ホントだったら、客席に、俺が一人ぼっちで観るはずの試写だったんですよ。なんでそんな事になってしまったのかと言うと、映画の世界では、初号試写っていうのがあって、監督、スタッフ、出演者が集まって、みんなで一緒に観る、完成後、初の上映会があるんです。初号試写とか、あと、0号試写なんて言う、言い方があるんですけども、今回、ちょっと僕ですねぇ、0号試写と、SMAPのライブがですねぇ、重なっていたので、参加できなかったんですよ。東京ドームとちょっと、かぶっていて・・・一応、あのー、古代進を演じさせて貰った、自分なんですが、すっかり出遅れまして、「東京ドームが終わったら、やりましょうか上映会・・・」っていう風に、言ってくれて、「えっマジで??いいんっすか??」って、いう風に思ってたのねっ。で、ライブが終わって、すぐにやってくれんのかな?って思ったら、割りとなくて、マネージャーの小川君に、移動中、車で二人っきりになった時に、「ねぇ、やってくれるっつってたけど、いつ???」っていう話を、一週間のうち5回ぐらいしたんですよ。(ふふふふ。ほぼ毎日じゃん(笑))ふふふふ、そしたら、やっと、先日スケジュールが出まして、小川君に、「その日誰来んの??」って言ったら、「木村さんだけです。」って、ふふふふははは、すげぇ、嬉しいんだけど、観れる事は・・・ちょっと、ドキドキしちゃって、もう、ふふふ、ねっと、一人で観るのちょっとヤベェって思って、試写室って僕、言っちゃってますけど、超――――デカイんですよ。イマジカの試写室、第一試写室ってねぇ、普通の映画館と、ふふ、変わらないです。それぐらいデカイんですよ。あまりにホントの話で、恥ずかしいんですけど、(ふふふふ。可愛い)自ら仲間を、集めまして、集まったのがですねぇ、なんと、10人弱(ふふふふふふ)ふふふふふ。声をかけたのが、前日だったんで、連絡できた人も、少なかったんですけど、連絡できたのが、スマスマのスタッフとか、TBSのみなさんとか、おさむねっ。あと、まあー、この番組のディレクターのくりりん。全部集まっても、総勢15人くらいにしか、声をかける事ができなかったんですけども、ちょっと、あのー、TBSチームはですねぇ、スケジュールがちょっと合わず、来れなくて、おさむなんですけど、一旦は、「あー、行く行く」って言ったんですけど、当日になってですねぇ、ドタキャン。急に、会議が入ったって、何か、言ってましたけど、きっと、ギャラのいい、お仕事の話でも入ったんでしょうねっ。急にねっ。まあー、来ませんでした。だから、あの日、あのイマジカの第一試写室に集まってくれたのは、ふふふふふ、スマスマの黒木さんと、ディレクターのでぐ、ナベって言って、あのー、渡辺、岡田、あとあのー、ハルナって言うねっ、APが来てくれて、あとあのー、このワッツのくりりん、そんだけでした。ふふはははは。なんで、あんな広い試写室に、あんな、寄り添ってみんな座ったんだろうねっ??(ふふふふ。どうしても、センターに寄って座るよねっ!?)女性一人もいないんだよ。全員、男。でもねぇ、あのー、ふふ、ホローするわけではないんだけど、逆に、めっちゃくちゃ近い人だけ、集まって、観られたから、楽しかったすねっ。珍しく、観る前に、緊張してですねぇ、僕も・・・これから、俺、ちょっと、俺、オーディション受けるみたいなんだけど、何これ??とか言いながら、みんなと話ながら、劇場入ったらですねぇ、どこで観ればいいんだろう??って気持ちになるじゃないですか??こんな人数しかいねえのに、こんな広いスペースで、「これ、どこで観た方がいいんすか??」って、言ったら、イマジカの人が、「この段の、前から3列目の、真中がいいです。音もヤバいです。で、目線も一番気持ちいいです」っていう風に、おっしゃってくれて、で、僕、そこに座ったんですよ。そしたら、1個飛ばしたところに、監督の山崎さんが座ってくれて、「0号試写ん時は、艦長がそこに座ってたよ。」「マジで??俺、山崎さんと同じことで観れんだぁ~」とか思って、すっげえ~嬉しかったんですけど、まあー、一応ねっ、お話の中でも、艦長代理を僕、やっているので、『あっ、艦長座ったところに、俺座っちゃって、いいんだぁ~』とか思いながら、そんな中、始まった、「SPACE BATTLESHIPヤマト」の初体験だったんですけども、エンドロールがすべてなく、もうすべてですよ。監督、VFX山崎貴っていう文字が、消えていくまで、立てなかったっすねぇ。照明がついた瞬間にですねぇ、ちょっと、僕、思わず、立ち上がって、こう叫んで、拍手しちゃいました。「これ、作った山崎ってやつ、すっげぇ~」1個飛ばしの席にいたんですけど、ふふふふふ、その当人が・・・70センチぐらい離れたところにいたんですけど、叫んじゃいました。ホント・・・ふふふ、みなさんもですねぇ、公開された際に、思った事叫んでください。終わった瞬間に・・・何でもいいです。思った事を叫ぶ。ちなみに、艦長役の山崎務さんは、「ブラボー」って叫んだらしいです。ふふふ、間違っても、「ブラジャー」って叫ばないでください。それだけは、お願いします。いやぁ~~もう一回観てえなっ。ふふふははははは。また、一人かな??いいよっ。俺、連絡すっから・・・今度は、あのー、ビクターさんとか、ふふふふ、自分に、普段こう、敬語とか使ってくれる人とかも、巻き込んで、もうちょっと、客席埋めて、女性の反応を僕、観てないし、聴いてないんで、いやぁ~だから、メイクの金ちゃんとか、誘ったんですよ。そしたら、「すっごい、観たいし、行きたいんですけど、今日、ゴローさんの現場に行かなきゃいけなくて・・・」「あー、じゃあ、しょうがないねっ」って言って、だって、ゴローの髪型大事でしょふふふははははは。さて、そんな「SPACE BATTLESHIPヤマト」ですけども、オリジナルのアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が最初に放送されたのが、1974年の事なんですねぇ。その年は、こんな曲が大ヒットしました。


COME AND GET YOUR LOVE / Redbone


「宇宙戦艦ヤマト」のアニメが、最初に放送された1974年の大ヒット、Redboneで「COME AND GET YOUR LOVE」聴いて貰いました。あとねぇ、この1974年のヒットと言えば、みんながよく知ってる、これもそうです。♪~~♪僕らSMAPが、Softbankの携帯のCMで使わせてもらいました、グランド・ファンクの「ロコ・モーション」このグランド・ファンクっていうバンドは、とにかく、ライブの音がデカイという事で、有名でした。なんとですねぇ、雷が鳴ってる日の、野外ライブで、演奏の音がデカ過ぎて、その雷の音が聴こえなかったっていうぐらいの、伝説が残ってるバンドです。当時のギネスには、最も音がデカイバンドって、認定されてたらしいですよ。今日は、なんとなく、デカイ音なんていう、フレーズが何度も出で来てるワッツなので、こんな豆知識を披露してみました。


静岡県 ○○ 15歳高校生「拓哉キャプテンに質問です。私は、まだ、「宇宙戦艦ヤマト」を観た事がなく、ストーリーも、全然知らないんですけど、キャプテンの映画「SPACE BATTLESHIPヤマト」を観る前に、オリジナルの方で予習した方がいいですか??(そうなんだよねぇ~私も、まだ全部見れてないんだよぉ~)それとも、何も知らずに観ても、楽しめますか??」


これは、悩ませるねぇ~。確かに、今回の「SPACE BATTLESHIPヤマト」は、1974年の、TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」がベースにはなってますねぇ。でもねぇ、僕は思うんですが、別に、オリジナルのストーリーを知らなくてもいいと思います。の、方が、むしろ、純粋に楽しめる気がするなっ。なんかほら、オリジナルを知ってて、さらにそのオリジナルにこう思い入れがあったりすると、今回のねぇ、「SPACE BATTLESHIPヤマト」を観て、観ながらさぁー、映画観てる最中に『あれ??ここ何??オリジナルと違うよ』みたいなさあー、かと言って、オリジナルのストーリーを知ってる人は、観ないでください(「SPACE BATTLESHIPヤマト」をねっ。)っていうものでは、もちろんないんですけどねっ。まあー、ここで、あらかじめ言っておこうかな??って思うんですけども、「宇宙戦艦ヤマト」と、今回の「SPACE BATTLESHIPヤマト」全く、同じではないです。敵の戦艦の形とかも、僕がちっちゃい頃観てた「宇宙戦艦ヤマト」??アニメの、ものとは、全然違ってたし、デスラーなんてすねぇ、VFXっていう技術がなかったら、これ、無理だなっていう、デスラーになってます。これ、今しか作れない、デスラーになってましたねっ。アナライザーなんてねぇ、ヤバいくらいかっこいいですからねぇ。ふふふ、だから、あのー、オリジナルを知ってる方はですねえ、その部分に、違和感を感じる可能性は、なくはないと思うんですが、でも、僕は、監督が作り出してくれた、まあー、監督だけじゃないですねぇ、ホントに、あのー、スタッフも含め、その辺りの、こうデティールが、今回の醍醐味じゃないかな?と思いますねぇ。完コピするのが、目的で始めたプロジェクトではないんじゃないかな??と思うんですよ。今回ほら、タイトルも「SPACE BATTLESHIPヤマト」っていう風に、なっていますが、きっとだから、完コピでは、ないという事だと、僕は理解してますねぇ。監督とはそういう話はしてないんですけど、でも、そういう風に、僕は、個人的に理解してますねぇ。音楽で言う、カバーじゃないですかねぇ僕で言うと、ガンズアンドローゼスの、KNOCK IN ON HEAVENS DOORを聴いて、うわーー、かっけぇ~って思ってたら、これ、カバーらしいよっ。「えっカバーなの??え??誰歌ってたの??」ってなって、ボブデュランのオリジナルを聴いて、なるほどねぇ~っていう風に、思うように、今回のこの「SPACE BATTLESHIPヤマト」を観てくれた後に、『え??オリジナルってどんなんなってるわけ??』って、いう感じで、興味を持って頂けたら、超―――嬉しいっすねぇ。もし、そういう人がいてくれたとしたら、自分が小さい頃、楽しませて貰った「宇宙戦艦ヤマト」への、恩返しができるんじゃないかな??っていう気分ですねっ。今の、その中学生とか??高校生のみなさんにとって、「SPACE BATTLESHIPヤマト」っていう作品が、そういうきっかけを作る、作品になってくれたら、もう、超――やった甲斐あるなぁ~っていう風に、思いますねっ。参加できて、ホントによかつたなぁ~って思いましたねぇ。俺が映ってるとかじゃなくて、そういう事ではなくて、あのー、ホント、今回の、この制作過程に、自分が参加できてよかったなぁ~と思いました。いちパーツとして、だけど、観てても集中しちゃって、ストーリーの中に・・・この後、どうなるって、自分では、知ってるはずなんだけど、知らない部分のその、VFX??の、世界観があまりにも、パーフェクトに付け足されているので、興奮させられたし、ビックリしたし、感動しましたねえ~。ありがたやぁ~でした。ホント、正直、あのー、もう1回観たいです。(ふふふふ)ふふふふ、DVD貰ってないんで、もう一回、イマジカ行きたいっす。ふふふふふ。まあー、自分の演技の事とかは、置いておかせてもらって、お話させて貰うと、スタッフ、キャストが、心をこめて、力を入れて、作業しているっていうのが、わかる、仕上がりになってましたねぇ。僕的には、そういうスタッフとか、共演者への、感謝の気持ちを込めて、胸を張れる作品と、呼ばせて頂きます。ふふふふふ。この曲にも、感謝したいですねえ~。この曲のクオリティーが、作品をまたねぇ、しっかり絞めてくれるんですよ。スティーヴン・タイラーが、自ら作って、そして、歌ってくれてます。「SPACE BATTLESHIPヤマト」の主題歌です。11月24日発売。この音に乗って、出てくるちょっと映像があるんですけど、これも泣けて来ましたねぇ~。


Love Lives / スティーヴン・タイラー


あの、超――少人数、ミニマム試写会。あれ、終わった後も、でも、なんか、いい時間でしたねぇ~。第一試写室って言うねぇ、イマジカの3階にあるんですけど、試写終わって、その試写室の前で、割りとあのー、長らくみんなで語りあっていたら、東宝のスタッフの方に、「そろそろあのー、みなさん、イマジカさんに迷惑なんで、移動して貰っていいですか??まっ、1階でしたら、あのー、もう少しお時間大丈夫なので、そちらへお願いします」って言う風に言われて、素直に、移動して、まあー、ちょっと時間の遅い、集いだったもんで、観終わったのが、夜の11時近かったですからねぇ。遅くまで話したねっ。いつもさあー、現場で会ってるスタッフだから、「お疲れぇ~」っつって、もう、すぐに、離れていいのにぃ、なんか、そういう空気になかなかならず、別れるのが惜しい、部活の終わりみたいな。どうせ明日も会うんじゃんお台場で・・・って思ったんですけど、10人弱ぐらいの男が、ホント、なんか、学生気分に戻って、みんなで話してたって言う、感じでしたねぇ~。ほんで、その1階ロビーでも「ちょっと、そろそろ・・・」みたいな感じの空気が流れてきたので、「じゃあ、すいません。お先です。失礼しまーす。」って感じで、車に乗り込んで、帰ってったんですけど、車には、当然然の如く、スティーヴン・タイラーのLove Livesが、積まれているので、最後にひと笑いあるといいなぁ~と思って、車に乗って、窓を開けて、みんなにバイバイする時に、大きめの音で、Love Livesをかけたんですよ。だから、僕が、ウィーンって、窓を開けた瞬間に、その試写を一緒に観てくれたみんなには「Love Lives」のサビがですねぇ、♪~~~♪かなりの音量で届いたと思います。最後は、大爆笑で終わりましたから・・・ホント、非常に楽しい、個人的、試写会でした。


「SPACE BATTLESHIPヤマト」の公開は、12月1日ですが、そのちょうど、1か月前、11月の1日に、プレミア試写会があります。こちらが、みなさんが、最も早く、観られる可能性がある、試写会になりますねっ。もう、ホント、いち早く、体験して、楽しんで欲しいので、そちらの方に、是非、応募して頂いて、いろんなところで、今、募集してますんで、探してみてください。


という事で木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


俺も、もう一回観たいんで、忍び込みます。ふふふふふふふ。(え??一緒に観るの??)だって、観てぇ~もん。





よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●Re:

コメントありがとうございます。
お役に立てて、そんな風に言って貰えてよかったです。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。