さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/10/8

「レーサー心、アナウンサー知らずってか」なんてなっ。ふふふふふふ。今日は、こんなメッセージからいきましょうか。


東京都 ○○ 17歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。この間、後輩の亀梨君がBestジーニストで、5年連続受賞して、殿堂入りしましたねっ。そのインタビューで、亀梨君が、「この後、憧れの先輩、木村拓哉さんに報告のメールしまーす。」って言ったんです。そのメールは来ましたか??ワッツで教えてぇ~」


この間の、月曜ですよねっ。まあー、日本語で言うと、BESTジーニストですけど、(え??日本語??英語じゃないの??)まあー、英語で言うと、BEST オ○ニストって、まあー、毎年恒例のやつですよねっ。発表になりましたねぇ。自慢じゃないですけどねぇ、僕も、あのーーー、電動こ○し入り(なんで、こ○しだよぉ~)させて貰ってるんですよ。BESTジーニストってねぇ、英語にすると、BEST オ○ニストなんですけど、え??違うんですか?これ・・・あれ??あっ、BESTジーニストのジーの部分は、あれ??これ、漢字じゃなかったっけ??カタカナだっけ??あー、カタカナかっ。あーーー、もうすっかり忘れちゃってるわっ。結構、ずいぶん前の話だったんで、あっ 電動こ○し入りも間違ってんですねっ。(おいおい(笑))殿堂入りなんですねっ。ただの・・・そうだっけ??ふはははは。あっ、そういう話はどうでもいいんですねっ。早く亀の話に行けと・・・まあー、流れ的には、いいんじゃないですか??(もう、亀、っていうだけで、エロく聴こえるんだけど・・)こけしと亀って、だって、兄弟みたいなもんでしょ(兄弟って・・(笑))ふはははは。違うんですか?はい。わかりました。普通にじゃあ、亀の話、しますか??KAT-TUNの亀梨君が、BESTジーニストで、殿堂入り。僕が見た、芸能ニュースでは、そのーー、木村さんにメールをする。っていう風に、亀が言ってくれてた部分は、確か、流れてなかったような気がするんですけど・・・(え??流れてたよぉ~)だから、僕は、これが事実かどうかは、わかりませんけど、まあー、結論から言うと、亀からのメールはですねぇ、・・・・・・来てません【ゴーン】(え????来てないの???)ふははははは。たぶん、亀梨君の、リップサービスと言うか、気を使ってくれたんじゃないですかねぇ??ひょっとしたらあのー、草なぎの方には、連絡いってるかもしれませんけども、(え??そんな事はないでしょう)僕のところには、報告のメールも来てないと言う事で、曲に行きたいと思うんですが、要は亀って言うねっ、キーワードが何度か出てきたんで、オープニングは、タートルズなんてバンドの曲、セレクトしてみました。1967年の大ヒット。


Happy Together / タートルズ


千葉県 ○○ 26歳会社員「キャプテンこんばんワッツ。先週のワッツでしてくれた、ギャッツビーの新しいCMの話、おもしろかったです。あの、キャプテンのエロい表情と、最後のヤバ過ぎる、カメラ目線を引き出したのは、小暮徹さんなんですねっ。超―――有名なカメラマンですよねぇ。私は、ついこの間、奥様の小暮ひでこさんの本を読んだばかりだったので、ワッツで小暮徹っていう名前が出て来て、その偶然が嬉しかったです。小暮さんの家って、撮影のスタジオがあるんですよねぇキャプテンはそこにも行った事があるんですか??もっと、小暮さんの裏話が聴きたいです。」


まあー、ギャッツビーの、あの、コマーシャルの監督の黒田さんって言う方は、まあー、ロン毛で、ホント、デトロイトメタルシティーに出てきそうな、見るからに、ちょっと、あっヤベえんじゃねえかな??っていう感じの、人なんですけども、この小暮さんに関しては、見た目は意外とねぇ、紳士と言うか、髭は生えてんですけど、こざっぱりとした、かっこいい感じの、60歳半ばぐらいの、超――ベテランで、でもねぇ、あのー、ファッションは、意外とブッ飛んでるところがありまして、ロングスパッツにシャップス履いて、エンジニア履いてたりとか、おしゃれは、おしゃれなんだけど、同じ恰好はできねえなっ、小暮さんしかできねえんじゃねえか??っていうおしゃれを、楽しまれてる人で、そして何よりも・・・・(変態??(笑))変態です【ゴーン】ふふふ。


はい。という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


ホント、撮ってくれる写真とかは、凄くありがたい事に、いいものが、最終的には、残ってるんですけど、撮影中なんですよ。問題は・・・問題は、撮影中なんですよ。ホントに・・・


先週、このワッツで、今、テレビで放送されている、ギャッツビーのCM裏話を、させて貰いましたねぇ。僕が、外国人の女性モデルさんと、絡んでいて、最後にカメラ目線で、キッと、睨むみたいな感じのやつの・・・まあー、今、流れてるこの曲が、使われているWATER WAX編っていうやつの。これがですねぇ、大変、みなさんに、喜んで頂いているらしくて、僕、自信がちょっと驚いているんですよ。先週、紹介したメッセージには、あのCMの映像は良すぎるので、あのスタッフで、映画を、撮ってくださいみたいな事が書いてありましたねぇ。最後のカメラ目線、あれ、ヤバいみたいに、みんな言ってくれてるんですねっ。僕、あのー、カメラを見てはいるんですが、実はですねぇ、小暮さんの事を睨んだっていう、ふははは。撮影中ですよ。本番中です。撮影中に、僕に向って、「拓哉、拓哉。かんじゃえ、かんじゃえ。かんじゃえ。かんじゃえ」みたいな。僕、女性と絡んでて、もう、何言ってんだよみたいな感じで、うっせぇ~なぁ~と思いながら、あまりにもうっさいんで、ちょっと、こう、首筋をガーーーって、(おーー、首筋だったのねぇ~いやぁ~ん)要は、バンパイアーのように、こう、ちょっと、いこうとすると、「うーー、うーーー」とか言ってんですよ。(ふふふふふ。自分で言っといて??(笑))そもそも、あんたがやれって言った事を、僕が、やっただけで、ちょとねぇ、大変だったんですよ。小暮徹さん、もともとは、スチールのカメラマンなんですよねっ。でも、ムービーも撮影する方で、僕の、ギャッツビーのコマーシャルに関して言えば、すべてのCMの映像は、スチールも撮影してくれてますねっ。ムービー撮影の方は、セットとかもありますんで、それ専用のスタジオで、やらして頂く事が多いんですけど、スチールに関しては、小暮さんのスタジオで撮ってますねっ。小暮さんの自宅兼スタジオに行かして貰ってますねっ。最初、初めて行った時は、凄い怪しいところに入って行くので、『マジかよ??』って思ったんですけど、入ってみたら、すっごい外光が差し込んでて、流石カメラマンさんの家って、かっこいいなぁ~って言う。もう一階部分は、すべて、スタジオになっていて、ほんで、上にと、生活スペースが広がってんですよ。緑もいっぱいあって、日本じゃないみたいな、めちゃくちゃかっこいい。小暮さんの話をねっ、もっと、してくれっていうメッセージを、この○○ちゃんがくれたので、言っちゃいますけど、コマーシャルフォトじゃないですか??そうすると、クライアントの方とか、広告代理店の方とかが、いるんですよ。すっごくいっぱいいるんです。(そんな中で撮るの??恥ずかしくないのかな??)狭いところに、たくさんの大人が、来てくれる、てるんですよ。ちゃんと。普通さあー、やっぱ、そういう関係者の方が、何人もねっ、ネクタイ絞めて、わざわざ来てくれてる人達が、すぐそばにいたら、「いんだよ。こんなもんは・・・ちゃちゃっとやっちゃおうか」とか、そういう言葉って、あんま言わない方がいいじゃないですか??だって、本人が、当人がいるんだから・・・発注してくれた。言わないですよねっ。あんまり・・・あのー、広告のスチールに関しては、よく、あのーー、まあー、デジタルカメラで撮影して、すぐにそれを、コンピューターのモニターにパーンって、モニタリングするっていうのが、割りと多いんですねっ。代理店の人達が、「うわーーー、いいですねぇ~」とか、こう、言ってくれるんですよ。盛り上げてくれる感じで・・・なんですが、小暮さんは、「あいつら、これで喜んでんだろっ。いんだよ。あいつらが、喜ぶやつちゃちゃっと残せばいいから、じゃあ、そんな感じで、いくぞ」みたいな感じで、クライアントとか、代理店の人、なんだと思ってんだろう??ふははははは。まあー、これも、言わねえだろう??って、僕は、思うんですけど、代理店の方が、関西の方で、(おーーー、関西の大手の代理店と言えば??うちの息子にも、代理店に入ってよぉ~って言ってんだけどなぁ~)小暮さんが、「じゃあ、次、拓哉さぁー、関西の連中が、盛り上がるような、わかりやすいやついこうぜ」『おいおい。待てよ』とか思うんですけど、(ふふふふ。わかりやすいって・・・(笑))小暮さんが、「OKじゃあ、撮れたねっ」って、言う風にならないと、撮影も終わらないし、僕もいろいろ考えて、やるんですよ。そうすると、また、みなさんが「あーーー、いいっすねぇ~」とかっつって、言ってくれるんですけど、それを聴くと、「なっ、あいつら、これで喜んでんだろ??やっぱ、あの関西は関西の何かあのー、好きなパターンがあんだよ」とか言いながら、ふっ、ふっ、まあー、普通の人がやったら、たぶん、クビです。ふはははは。二度と仕事来ないと思うんですけど、小暮さんはねぇ、あのー、逆に、それじゃないと小暮さんじゃないっていう。クライアントも、代理店の人達も、あいつら呼ばわりですし、裏表がない感じがいいのかな??全部表ですからねっ。そんな小暮さんなんですけども、日本にパンクを紹介した人としても有名ならしいですよ。聴いたところによると・・・パンクロックってあるじゃないですか??そのパンクが、海外で流行りかけてるのに、いち早く気づいて、日本に紹介した男、それが、小暮徹らしいです。

つまりは、このバンドの存在が日本で広まったのは、小暮さんのお陰って事ですよ。1977年のナンバーです。


God Save The Queen / セックス・ピストルズ


東京都 ○○ 22歳大学生「拓哉キャプテン、映画「REDLINE」一足先に、見させて頂きました。試写会に当たって、ラッキーにも見る事ができたんです。キャプテンの声優っぷりは最高でした。主人公のJPの声は、はまってましたよぉ~。叫び声っぽい感じの部分が多くて、予想外でした。よかったです。アフレコの裏話あったら、ワッツで聴かせてください。映像も凄いですねぇ~。あれが、全部、手描きのアニメだなんて、信じられません。私的には、かなりはまりました。」


いや~~~素敵なメッセージをありがとうございます。今、メッセージでもご紹介にあずかりました、「REDLINE」の主人公、JPという男の声を、担当させて頂きました、わたくし木村拓哉と申します。自分が言った事に、自分で拍手をするって言うねっ、寂しいラジオなんです。ふはははは。この「REDLINE」という、作品はですねぇ、舞台は、未来です。で、簡単に言うとですねぇ、レースの話です。まあー、REDLINEと呼ばれる、最高峰の危険なカーレースの話なんです。ストーリーの話は、もうこれぐらいでいいです。もう、充分です。充分。はっきり言って、ストーリーがシンプルですから・・・レースの話、この一言で、充分です。(え??それだけなの???)ふはははは。

ついに、明日です。アニメ映画「REDLINE」が公開されます。レースの話、ふははははは、でも、ありえないぐらいちょっとねぇ、この作品、凄くてですねぇ、この時代ですよ。今のこのご時世で、一切、CGを使ってない、手描きのアニメ。それこそ、僕なんか、もう、イスカンダルとか行っちゃってる時代なのに、ふははははは、一切、CGを使わずに、手描きのアニメで、100分程度の映画にしてると・・・その100分ほどの、映像をですよ、大の大人が、7年かけて作ってんですよ。作画枚数がですねぇ、なんと、10万。ふふふふ、凄くないですか??これ・・・(凄いよねぇ~)今、軽く10万って言いましたけど、しびれますよ。10万枚絵を描くって・・・手で描くんですよ。アニメの絵を描くって、想像つきますよねっ。ちょっとずつ動いてる絵を描くんですよ。ふふふ。要は、パラパラ漫画の延長なので、一コマずつちょっとずつ、こう、車が、すっ飛んでる絵を描くわけですよ。10万枚描くんですよ。いろんな楽しみ方って、映画あると思うんですけど、そこをまず、楽しんで欲しいですねっ。こいつら、ずっと、描いてたんだ。これ・・・って、いう風に、思いながら、観て貰えると、観てる間、口がねぇ、ずっと開くと思います。あんぐりな感じで・・・もう、執念すら感じる7年という月日で描き上げた、10万枚の中に、描かれてるその世界観が、なんかねぇ、POPアートがだから、動いてる感じですねっ。ずーーっと、POPアートが100分間、動きまくってるっていう。話の説明は、レースの話で、充分なんですが、ふはははは、僕は、その、映像部分だけが完成したものを、コマーシャルの撮影とかで、お世話になっている、石井克人さんに、見せて頂いて、これ、結構、前の話ですねっ。トレーラーみたいなやつを、コマーシャルの撮影の現場で、「ちょっと、ちょっと、ちょっと、観て貰いたいものがあるんです。ちょっとなんですけど・・・ちょっと、観て貰っていいですか??」って言われて、『なんだろう??』と思ったら、すげぇ~ノリノリの音楽に、ブーン、ブーーンって、音が入って、『え??何これ??』って思ったら、「あーー、こいつです。こいつ。今映った、この、リーゼントの・・あーー、こいつです。こいつです。すいません。声やって貰っていいですか??」って、ふふふふ、言われて、ふふふ、そういう風に、自分の大好きな監督に、あー、あの、ちょっと、説明しておきますけど、ちょっと解りにくいんで・・・石井さんって、あのー、コマーシャルとかでは、監督をやってらっしゃるんですけども、今回のこの「REDLINE」に関しては、原作脚本なんですよ。「REDLINE」の監督ではないんです。そんな原作者の、石井さんに、「声やって貰いたいんですけど・・・」っていう風な、言葉を頂いたのが、2~3年前じゃないですかねぇ??いやぁ~、だから、その後も、全然、描いてるって言ってましたねっ。で、その絵。今回のその監督、をしてくれてるのは、小池さんという方で、アニメ界では有名な、あのー、マッドハウスっていう会社の、人なんですけども、たまたま、あのー、そのー、僕は、石井さんと面識があったんで、石井さんを通じて、参加させて貰ったんですけども、監督は、その小池さんという方で、映画「マトリックス」っていうのが、ヒットした後に、作られた「アニマトリックス」っていう、アニメの制作とかに、関わってた人ですねっ。自分の手だけで、これだけの物を、ホントに、作る人達が、この日本にいるんだっていう、事を知るだけでも、ちょっと、あのー、価値がある作品じゃないかな??と思いますねっ。手だけでできんのは、オ○ニーだけじゃないって事がねぇ、わかる、それぐらい、一押しです。どれ、ふふふふ、どれぐらいっていう事ですよねっ。アフレコ、ノリノリでした。見て頂ければ、凄くわかると思うんですけど、ものすごく僕、叫ぶんですよ。想像はしてたんですけど、僕の想像を超える、映像が、目の前に広がるじゃないですか??モニターに、映されて、まあー、それに合わせて、声を出すんですけど、『あっ、想像してた叫びじゃねえなっ』っていう風に思って、絵を見たら・・・これ、もっと叫ばないとダメだなぁ~と思って、叫びはですねぇ、まあー、裏話になっちゃうんですけど、叫びは、すべて、後回しにしました。ふふふふ、通常のセリフと言うか、テンションのところを、先に録らして頂いて、ほんでレースsceneを、まとめて一気にいきました。何かが口から出ちゃうんじゃないか??っていう、釣り上げられた深海魚みたいになっちゃうんじゃないか??って、いうぐらい、声出しましたねっ。なんか、今、ふと思ったんですけど、これさあー、僕が、口でどうこう言うよりもさあー、ラジオ聴いてるみんなに、ダイレクトに届けちゃった方がいいんじゃないの??あるんですよ。実は、ここに、(え??あるの??DVDが???)「REDLINE」のDVDが・・・これ、俺のDVDなんですけどねっ。もう、明日公開だからさあー、今、ここで再生してさあー、それがみんなにこう、スピーカーから、聴こえちゃうぐらい、大丈夫なんじゃない?(キャー、拓哉優しい)ダメかな??まあー、ダメって言っても、あれでしょちょっと、クリリンが怒られるぐらいでしょだったら、チャレンジした方がいいんじゃない??怒られて済むんだったら、やるだけやってみて、どれぐらい怒られるのかを、検証しよう。試すっていう。それ、いいでしょこのパソコンで・・・♪~~~~~♪あーー、流れちゃってる??ごめん。ごめん。今回、ねぇ、脚本の、石井さんは、言葉の選び方と言うか、独特のセンスで、僕が声をやらして貰ってるJPの登場sceneも他にはあんまない感じの、セリフでしたねっ。今日、言ったでしょいきなりラジオ始まって、意味わかんない事・・・あんな感じの事を言ってんですよ。っていうか、だから、口で説明する前に、そこの部分をちょっと、ここでみんなに聴いて貰おうか??ねったまたま、持ってるっていうところも、流してくれぇ~って言ってんじゃないかな??このDVDが・・・「流してくれよ。再生してくれ」って事なんじゃないですかねぇ??♪~~~~♪~~~♪あーー、あーーー、これ、全部手描きですよ。これ・・・まあ、みんな見えてないんですけど、今、僕の前で再生されてるこの「REDLINE」これ、手描きですよ。うわーー、この光の加減とか、ヤバくないですか??あー、JPだっ。来ました。ここです。ここ。ここが、僕がやらせて貰った、JPの登場sceneです。♪~~ケレンミたっぷり~~~♪なーんて、おーー、これ、ここ、結構上がるところなんですよ。ここねぇ、結構、もう、おーーー、って、これJPの登場scene、凄く好きです。僕・・・あーー、あーー、ねぇ、ちょっと、聴いて貰ったんですけど、いかがですかねぇこういうセリフ・・・「ケレンミたっぷりになるように気使ってんだよ。」って言ってましたけど、ケレンミって、わかる??わからないと、映画の内容が把握できないかもしれないので、ここでちょっとねぇ、これねぇ、はったりかましてる。って感じの意味です。(へえ―――そうなんだぁ~)普通ねぇ、はったりかましてるっていう、その雰囲気を出すのに、ケレンミっていう、言葉を、ちょいすあんましないと思うんですけど、石井さんらしいなぁ~っていう、風に思いますねぇ~。まあー、今、このDVDの音を聴いて、気付いた人も多いかもしれないですけども、かなり音もヤバいという事で、そんな中から、ここで一つ聴いてもらいましょうか??「REDLINE」のオリジナルサウンドトラックから、その名も、「REDLINE DAY」そんな「REDLINE」明日、公開です。


REDLINE DAY / 『REDLINE』サントラより


今日はすっかり、明日公開のアニメ映画「REDLINE」の話に、熱くなって、僕ですねぇ、大事な事を、話忘れてました。わたくし木村拓哉はですねぇ、先日、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てきました。しかも、なんとですねぇ、俺、一人用試写会で・・・凄くないですか??俺、一人用です。実際はですねぇ、俺一人用の試写会っていう風に、ホント、言われて、ちょっと、ドキドキしちゃって、ふふ、マジで・・・今までそういう事、経験した事ないから、ヤベェ、ヤベェ、一人で見るのちょっと、ヤベぇ、って思って、数人誘っちゃいました。ふふふふ(え??誰誘ったの??ゴローちゃんとか??(笑))まあー、そんな話はですねぇ、来週のこの時間に、たっぷりお届けしたいと思います。


最後に、ヤマトの感想を一言だけ言いますねっ。あのねぇ、破動砲ねぇ、出てた。(ふふふふ。出てたって・・・やっぱり、3Dなんだぁ~)ふふふふふ。出てた。


はい。という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!

あれ、ビビった。俺ねぇ、破動砲撃ってた。ふふふふふふ。





よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●こんばんわ★

読ませていただきました♪
拓哉ってラジオの時下ネタ多いんですね?笑
今までラジオ聴けてなかったんで
新しい拓哉発見です★笑

また更新楽しみにしています(●^o^●)

●shiiさんへ

コメントありがとうございます。

ふふふふ。そうですよっ。
エロトーク満載です(笑)最近、これでもちょっと減った気がします(笑)

よく話すし、TVの拓哉と全く別人みたいな感じがしますよねっ。

●NO TITLE

あの~
私は韓国に住んでいるアキと申します
最近木村拓哉さんにはまっています
それで日本語の勉強もなると思ってwhat'sの翻訳をやってみたいですが
さっちんさんのレポをbaseに使ってもいいですか?
聞きながらすぐ訳するのはまだ私には難しいんで。。
失礼なことわがままに頼んで申し訳ございませんが
なんとかお願いします

●アキさんへ

コメントありがとうございます。

ブログ拝見させて頂きました。
翻訳、大変ですよねぇ~。
baseに使ってもらっても構いませんが、ブログのどこかに、
「さっちんのワッツレポの部屋 http://takumin1113repo.blog31.fc2.com/
を参考にさせて貰ってます。みたいな事を書いて頂けますか??
(韓国語でも日本語でもかまいません)

すみませんが、よろしくお願いします。

●10/8 00:08 Kさんへ

ありがとうございます。
またいらしてくださいねっ。

●ありがとうございます~

今私のブログの韓国語のレポはさっちんさんのをbaseで書いたものじゃありませんが
お許しくださったんでこれからはさっちんさんのをbaseで書きたいとおもっています。
もちろん、
「さっちんのワッツレポの部屋 http://takumin1113repo.blog31.fc2.com/
を参考にさせて貰ってます。
とも書いておきます。
まだまだ下手な日本語ですからたくさんの時間かかりますができたら
すぐ報告しますので楽しみにしてくださいね~

●アキさんへ

ありがとうございます。

報告楽しみに待っています。
大変でしょうが頑張ってくださいねっ。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。