さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/3/5

今、僕の目の前に、3月2日付けのスポーツ新聞のコピーがあるんですけどぉ~、本題に入る前にさぁ、一つ素朴な疑問いっていいですか??これ、なんで全部”キムタク”って表記されてるんでしょうねぇいやっ、別にねっ、”キムタク”って書かれるのが、嫌だとかそうじゃないんですけどぉ、キ・ム・タ・クと、さあー、木村拓哉っていうのは、同じ、四文字じゃない「キムタク”月9”社長やる」って目の前の、この新聞のコピーには、大きく載ってますけど、あー、これー、もしかして、不景気のせいなのかなぁ??(ふふふふ。不景気のせい??)カタカナで”キムタク”って表記ばかりなのは・・・(ホント、全部”キムタク”って書かれてたねぇ~。木村拓哉って書いてくれればいいのにぃ・・・)今、新聞業界も不振で大変なんでしょうだから、いろんなところをこう、節約していかないといけないっていう事で、”キムタク”って書いちゃったほうが、微妙にインクの量が、(え??インクの量??)少なくて済むから、”キムタク”でいっとけみたいな、まあー、偉い人が、そういうジャッジを、下してるんじゃないですかねぇ??インク代が2/3ぐらいで済みそうだもんねぇ~。相手がねぇ、不景気じゃねぇ、しょうがないよねぇ~。会社がつぶれちゃったら、まあー、それこそ一大事ですからねぇ、え??なんでそんなところまで心配してるんだ。お前が・・・って??いやいやいや、今度、僕、社長役なんで、経営者の視点から、”キムタク”って表記を、分析してみたんですけども、まあー、ふふふふ、ちょっと、経営者のあのー、観点、視点から考えてみたんですけど、そうするとねぇ、納得できた。ちょっとだけ・・・

春からの新ドラマ、本格的ラブストーリーっていうことで、まず曲行きましょうかソフト・セル、1981年のヒット。


汚れなき愛 / ソフト・セル


改めて、僕の口から正式に言わせていただきます。今度のフジテレビ系列の、月曜9時のドラマ、通称「月9」を、またまた、やらせていただくことになりました。ありがとうございます。()まあー、今、拍手していて、思い出したんですけど、前に、このワッツに、あのー「月曜9時のドラマって、略して”ゲツク”ですか??”ゲック”ですか??」この読み方への質問あったんですよねっ。僕自身は、”ゲツク”って言ってますねぇ。(うんうん。私もゲツクだなぁ~)TV誌のライターさんとかで、「2年振りですか??木村さん的には、”ゲック”に戻っていただきまして・・・」みたいな、事を言われたんですけど、声には出さず、頭の中で『いやっ、ゲツクだろ??』って、小っちゃく思ってました。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


でも、まぁー、こんなのどうでもいいんじゃないですか??ねぇ、皆さんの、思うままに呼んでいただけたら・・・なんならねぇ、ハーフの人とかは、半分英語にして、(うん??英語??なんか、ヤバくなってきた??(笑))月曜っていう部分を、英語にすると、マンデーでしょうマンデーの9時で略して”マンク↑”【ゴーン】あーー、マンク↑ってなんかこう、違うねっ。イントネーションも、変えてった方がいいねっ。マ↑ンクのほうがいいねっ。【ゴーン】だから、ルー大柴さんとかはねぇ、是非「見てるよ。見てるよ。キムタクのマンク」【ゴーン】(あはははは。マンクって・・・(笑))どうですか??今回の、春の僕のドラマから、マンクって呼んでみるのは、どうですかねぇ??みんなも、思い切って、あー、そんな話はどうでもいいんですねっその、新しいドラマの話をしろと・・・社長役なんですよ。ほんで、なんか、ラブストーリーらしいですねっ。「らしい」って言うところがまた、俺らしいでしょう(あははは。ホントだよぉ~。まだ??って感じで・・・(笑))毎度なんだけど、ふふふふ、俺らしくねぇ第一歩ってねぇ、大体そうなんだよねっ。俺・・・みんなに伝える時に、何々らしいって言う。俺、あのー、ふふふふ、超―――出る予定なんだけど、らしいんですよ。

社長とラブストーリーって、この、二つ単語をねっ、並べて眺めてみたりとかすると、ドロドロした、愛人がいっぱいいそうな、ふはははは、社長っていうキーワードと、ラブストーリーっていうのをこう、並べると、いくらでも、想像できたりするんだけど、(ホント、だよお~この二つのキーワードだと、エロそう~(笑))これどうなんだろうねっ。(どうなんだろうねっ??って・・・(笑))ドロドロしてるストーリーなのか、それとも、さわやかラブストーリーなのか、この部分は、乞うご期待ですねっ。っていう事で、メッセージに逃げちゃおうかな??

埼玉県 ○○ 22歳大学生「拓哉キャプテン、新ドラマ決定おめでとうございます。(ありがとうございます。)今度のは、10年ぶりの本格的な、ラブストーリーなんですねっ。そう考えると、キャプテンって、意外とラブストーリーをやってないんですねっ。初めてラブストーリーにチャレンジしたのって、「ロング・バケーション」ですか??初めてラブストーリーに参加することになった時は、どんな気分でしたか??キャプテンのことだから、ちょっと、照れくさかったりしたんじゃないかな???と思って、メッセージしました。」

まあー、どの作品にもねっ、恋愛っていう要素は、大抵、入っていたりするものだけども、恋愛っていう部分が、太い域の作品っていうのは、ロンバケなのかな??「ロング・バケーション」が、最初って事になるかも知れませんねっ。まあー、それ以前にも、それっぽい作品って言うのは、あったとは思うんですけども、ワンクールの連続ドラマって言うことでは、「ロング・バケーション」が最初ですかねぇ照れくさかったのは、正直、照れくさかったと思いますけど、そん時、23だから、見るのはいいけどやるの??っていう。フジテレビの、その当時、あのー、プロデューサーだった、亀山さんが「拓哉さあー、今度さあー、バチッとさあー、ラブな感じで、ピアニストなわけよ。」みたいな感じで、ふふふははは、「わけよ」って言われたって、『弾けねぇよ。』って思ったんだけど、「大丈夫だよ。もう、拓哉だったら、ちゃちゃっと練習したら、もう、パパッとさあー、できちゃうわけよ。」みたいな、ふふふふ感じで、ふはははは、ちゃちゃっとパパッと、バシっと、みたいな、すごい擬音が多いっすねぇ、みたいな感じなんですけど、でねぇ、「ロング・バケーション」っていう風にねぇ、タイトルを聞いた時に、「夏休みの話ですか??」みたいな、それぐらいの、チープな感情しかなかったですねぇ。でー、いろいろ、僕の、相手として、山口智子さんっていうのを聞いた時に、ウワーーと思って、そん時、23歳でさあー、山口智子さんと共演できるなんつったらもう、打てないボールも打ちに行く。みたいな、感じですよねぇ。(あははは。バシッと打っちゃってぇ~(笑))とりあえず、振らないとダメだろう??っていう。ラブストーリってなると、必需品と言ってもいい、キスシーン僕のキスシーンの初体験って、ちょっと考えたんですけど、「少女以上少年未満」(あーーー、あれかぁ~。なんか、キスッぽくなかったよぉ~あれ・・(笑)慣れてないっていうか・・・(笑))って言うねぇ、1992年の、それこそ、あれですよ。こないだ婚約を発表した、戸田菜穂さんが、僕のあのー、相手役をやってくれて、あー、「おめでとうございます。戸田さん。婚約、おめでとう。」ほんで、そうそうそう、初キスシーンの時ねぇ、今でもねぇ、明確に出てきますねっ。駒沢通りのねぇ、駒沢公園のねぇ、歩道橋です。覚えてますねぇ~。なんせ、初体験だからねぇ。緊張しましたよっ。あんな、人目が気になるっていう。歩道橋だからさあー、下車が、行き交うわけさっ。カメラクルーだったり、照明さんだったり、音声さんだったり、いっぱい、たくさんの人が、歩道橋に乗ってるだけで、車で行き交う人達は、「なんかやってんの??」って感じで、上見るじゃないですかそうすっと、カメラの前に立ってる、男と女がですよっ、チュウしてんですよ。(あはははは。そうだねぇ~。人の面前で・・・(笑))「あー、あいつらチュウしてるぅ~。」みたいな感じで、車が行き交ってたのも、覚えてますねぇ。それぐらい、鮮明に出てきますねっ。(そりゃあー、初キスシーンだもんねぇ~)何が??キスシーン??台本に発見した時??しばらく、そのシーンを眺めてましたねっ。台本を・・・何回、目を通しても、内容は、変わらないんですけど、『あーーー、(テレテレ)キスシーンなのかぁ~』っていう、今回どうなんですかねぇ??まだ、教えませんって、ちょっと上から目線で、言いたいんですが、僕も知らないんですよ。(ふふふふ。マジで知らないんだぁ~(笑))ガキじゃねえからさあー、本格ラブストーリーってもう、こんな新聞まで言っちゃっといて、手、つなぐだけで、ドキドキしちゃうみたいな、恋愛ドラマだったら、ふふふ、寒いっすよねぇ。(うんうん。めっちゃ寒い。どんなおくてだよぉ~みたいな・・・(笑)濃厚なラブストーリーをお願いします(笑))そんな社長嫌でしょう手をつなぐだけで、ちょっとドキドキしちゃう社長。付いて行きたくないよねっこれ、相手、男性だったらどうするんですかねっ。ふふふはははは。今回は、まだ聞いてないからねぇ~。それこそ、あのー、香港の僕の知り合いと言うか、すごい大好きな、トニーレオンっていう役者さんがいるんですけどぉ、彼が、ウォン・カーウァイ監督に、「ちょっ、恋愛ものの映画撮るから、ヴエノスアイレスまで来いよ。」って言われて、行ったら、「お前の恋愛相手は彼だ」って言われて、ふふふははは、「彼っすか??彼女じゃないんっすか??」みたいな、僕の、恋愛相手は彼ですか??って事で、映画を一本、ふふふ、撮ったっていう、事実もありますからねっ。俺も、そうではないとは限らないけど、でも、後藤さんがそう来たらねぇ、いやー、やるなぁ~と思いますけどねっ。プロデューサーの後藤さんとか・・・まあー、後藤さんには、あのー、僕が総理をやらせて頂きました、「CHANGE」で、お世話になった方なんですけど、だから、後藤さんとは2度目ですかねっふふふははは。彼だったら怖いねっ(鼻をすする音)まあー、そんな春からのドラマ、僕がなんか、社長役らしいんですけど、そして、ラブストーリーらしいんですけども、タイトルの方はですねぇ、(え??もう、タイトル決まってんの??)こちら・・・・「Mr.president」(え?????)こうだったらどうする??【ゴーン】ふふふふ、まあー、今度のドラマタイトルはですねぇ「Mr.president」じゃないです。って言うかねぇ、俺がねぇ、タイトル知りたいっていう状態なんですねっ。実は・・・

ってことで、ここでMR.プレジデントっていうグループの曲、行きます。96年のヒットですねっ。ココ・ジャンボ。これ、別に主題歌じゃないですよ。今度の・・・


ココ・ジャンボ / MR.プレジデント


まだ、キスシーンがあるかどうかも聞いていないのに、早くも、全国ネットのラジオで心配している、わたくし木村拓哉がお送りしているWHAT’S UP SMAP!今宵も、東京FMをキーステーションにお届け中です。続いては、こんなメッセージいきましょうか

宮城県 ○○ 21歳大学生「キャプテン、新ドラマの発表嬉しいです。キャプテンがラブストーリーやってくれるの、ずっと待ってました。実は、私は「CHANGE」のときに、ファンになったので、これまで、リアルタイムで、キャプテンのラブストーリーを見てないんです。でも、ほとんどのドラマは、DVDで見させていただきました。キャプテンのドラマには、恋愛における、名シーンが多いですよねっ。私が好きなのは、「ロングバケーション」の時の、瀬名が、「キスしよっか??」っていうシーン。(うんうん。私も好き)「ビューティフルライフ」の時の、死んでしまった杏子に、死に化粧を、してあげるシーン。そして映画「HERO」の時の、久利生と雨宮のキスシーンです。どれも、歴史に残る名シーンだと思います。(テレテレ。ありがとうございます。)ああいうシーンって、どういう風に生まれたんですか??キャプテンのドラマの名シーンの、裏側を語ってください。」


っていう、ふふふ、わーーー、裏側は、語りたくないなっ【ゴーン】ふふふふ。語りたくないなぁ~。だって、割りと、普通なんだもん(笑)

もう、嬉しいですねぇ。こういう風に、言っていただけると・・・わざわざ送ってくれたんで、今日はですねぇ、この○○が、取り上げてくれた、印象に残ったぞと言ってくれた、シーンをですねぇ、振り返って、一つ一つお話してみましょうかじゃあ、まず、その一ねっ。「ロング・バケーション」の「キスしよっか??」「いいよぉ~」のシーン。「キスしよっか??」って、凄くない??でも・・・(凄いよねぇ~)こういうのって、なんか、あのー、お話の後半に出てきそうな感じがしますが「ロング・バケーション」で言うと、真ん中ら辺だったんじゃないですかねぇ??僕が、やらせて頂いた、瀬名という、キャラクターがですねぇ「キスしよっか??」って言うんですよ。ほんで、山口智子さん演じるミナミが「いいよぉ~」って、なんか、軽く、答えてくれて、ねぇ、今、口で説明しても、なんかこうー、ほかにない、独特なシーンだと思いますよ。いい意味で・・・台本で、表記されてるのを見た時に、あー、ついに、この二人は、こうなるんだぁ~、みたいな、この二人は、こうなるんだぁ~っていうのと、俺らこうなるんだっていうのが、ハーフ&ハーフっていう感じなんですよねっ。瀬名秀俊なんですけど、瀬名秀俊だけの話ではない。瀬名拓俊とか、そんな感じですかねぇまあー、あとあのー、「ロング・バケーション」っていう作品の中で、印象的なシーンと言えばあのー、最終回。僕が、演じる瀬名がですねぇ、山口智子さん演じるミナミに、「一緒にボストンに行こう」と・・・「はい。って言わなかったら、チュウするよ。」っていうねぇ、これ、どういう関係??っていう。これはねぇ、またねぇ、山口さんと、一緒に考えさせてもらったシーンで、(へえーー、そうなんだぁ~)台本は、なんか、色々、説明がすごい長い説明があったんですけど、ロケ先の、控室で、山口さんと、「今から撮る、あのシーンなんだけどぉ、どうですか??」みたいな、話をふふふ、させて貰って、確かねぇ、これ、昼休憩の、ロケ弁喰ってる間に、考えたんですよ。ふふふ。たぶん、これ弁当も、美味しかったんじゃないかなぁ??と思いますけど・・・では、次のドラマに行きましょうか「Beautiful life」。これもう、10年前のドラマになるんですねぇ~。今回の新ドラマが発表された時に、「キムタク「Beautiful life」以来の、10年ぶりのラブストーリ」ってなんか、出てたらしいですけどねぇ、(Beautiful lifeになんの??プライドはラブストーリーじゃないの??)この作品の中の、亡くなってしまった杏子ちゃんに、死に化粧をしてあげるシーン、を、この○○は、うーん、印象に残ったシーンとして、挙げてくれてはいるんですけど、凄い嬉しいんですけど、いやー、あそこはねぇ、悲しくなりましたねっ。やってる時は・・・来てたよ。あれはもう、最初から台本に、記されていたんですけども、その時、ヤマトでねぇ、今回、ご一緒してます、池内も、一緒にそのシーンの撮影に、参加してくれてはいたんですけども、みんななんか、涙こらえてましたねぇ。(あれは泣くよねぇ~)メイクのねぇ、チーフのスタッフが、トコトコトコーって僕のところに、ティッシュを二枚だけ、スッとこう、渡してくれて「はい。」って感じで・・・すごい思い出しますねぇ。では、次の作品ですねっ。これは、テレビドラマではなくて、映画になるんですけども、「HERO」。久利生と松たか子さん演じる雨宮のキスシーン。これは、まあー、映画の本当のラストシーンですねっ。このキスシーンで、映画がバシッと終わりますからねっ。まあー、台本で、久利生と雨宮が、キスするっていうのを知った時はですねぇ、素直にならない二人が『あー、最終的には、こうなるんだぁ~』みたいなねぇ、感じはありましたけど、まあー、後ろから、撮影したキスシーンって言うのは、ないんじゃないですかほかには・・・たぶん・・・これは、鈴木監督のふふ、センスだと思いますし、きっかけってあると思うんですけど、キスシーンって・・・その、きっかけがねぇ、全くないんですよ。台本読んでても・・・何をきっかけに、二人はキスをするのか??っていう、「これ監督、きっかけないですけど、どうしますかねぇ??」って言ったら、「もう、二人にきっかけいらねぇよ。キスすることにきっかけなんて、いらねぇよ」っつって言って、で、監督が「もう、全然いらねぇいいらねぇ」っつって撮影に入りましたねっ。で、やってみたらねぇ、すんなりいきましたねっ。なんでですかねぇ??ふふふふふふ。「華麗なる一族」とかでですねぇ、チーフADをやってくれた、中前さんって言うねぇ、スタッフがいるんですけど、デートで、彼女と、「HERO」を見に行ったらしいですよ。ふふふ。ほんで、あのキスシーンを見て、俺は、こいつにプロポーズしようと思って、プロポーズしちゃったらしいです。ふふふふふ。この間、結婚式も済ませたらしくてですねぇ、いやー、なんか、自分がねぇ、ふふふふふ、撮影して、みなさんの手元に届けたものが、みんなの人生を、チョコっとこう、関わってるってなると、嬉しいですよねっ。だ、本当にねぇ、あのー、自分が何かをやった時に??、あっ、俺、美容師になってみようかな??とか、飛行機関係の仕事やってみてぇな??とか、そういう声が、すっごい遠くからなんですけど、聞こえてくる時、あるんですよ。ホントに・・・そん時は、一番、嬉しいですねっ。で、今回なんですよ。今回・・・今回、社長でしょう俺も、社長になりてぇなって言う奴が、ふふはははは、出てくれたら、もう、これ、最高ですよねぇ~。ふふふふはは。この今の、ご時世。企業に入るんじゃなくて、俺、社長になりてぇなってやつが、増えてくれたら、最高ですよねっ。今度のドラマは、どんなシーンが、生まれるんでしょうかねぇまた、宮城県の○○にねぇ、送っていただけるような、そんなシーンを、作りたいなぁ~と、思いますけどねっ。

では、ここでこんな曲を・・・・あれ??なんでここで、この曲かけんの??まあー、特に、意味はありませんが、勘ぐりたい人は、ご自由に勘ぐってください。ご自由に・・・SMAP去年のリリースのナンバーですぇ~。PVよかったっすねぇ~。ふふふ。


そっと きゅっと / SMAP


春の新ドラマ、正直まだ、撮影の方は、始まってないんですけども、スタッフとかですねぇ、結構、「おーー、お久しぶりで~~す」って言う、再開が多そうですねっ。今回・・・またまた・・・監督、プロデューサーもそうなんですけども、メイクに関しては、久々、ここで来ました、ウッチーです。(おーー、ウッチーさんなんだあ~よかったねえ~って、私も実は、ウッチーなんだよなぁ~(笑)ってそんなのはどうでもいいって??すいません)ウッチーがいてくれるとねぇ、本当に、助かるんです。ホントに・・・これ冗談抜きでねぇ、助かるんですよ。この人ヘアメイクなんですが、心もメイクしてくれる人です。そんなメイクさんです。楽しみですねぇ~。欲張って楽しんでこようと思ってます。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


ここで一つ、新ドラマにまつわる噂

神奈川県 ○○ 18歳高校生「私が聞いた、新ドラマの噂があるので、真相をお願いします。平泉成さんが出るって本当ですか?「華麗なる一族」の時に、「専務~」って言っていた成さんが、今回のドラマでは「社長~」って、言うって聞きました。これホントですか??「社長~」」(あははは。「社長~」笑えるぅ~)

これないんじゃないかな??たぶん・・・今回は、ないんじゃないかな??まあー、でもねぇ、僕が聞いてないだけで、裏では、そういう動きも、あるのかもしれませんねっ。平泉成さんは、今、あれで忙しいんじゃないの??「毒トマト殺人事件」成さん主役なんでねぇ、たぶん、友寄と、撮ってんじゃないですかねっ「撮ってんの??」ふふふ、ホント、知らないんだけど…俺。俺だって、この間、スマスマのデグに相談しちゃったもん。「あれ、本当になんのかなぁ??」っつって・・・そしたらデグが、友寄さんと話したんですけど、「「やろうと思ったら、できますよ。」って話を、こないだ言ってましたねぇ~。」(やろうと思ったらできるってどういう事??やらないの??)っていう。なんで、デグが、そこまで知ってんだろう??俺、知らないんだよ。何も・・・





拍手お礼
3月1日 20:43 Nさんへ レポってると、ついつい、相槌をいれたくなってしまって・・・一次会では、相変わらず、頑張っちゃったみたいですねっ。あの最終回の涙の事なんでしょうか??そうなのかな??役者さんどおしって、すごいコアな話とかしてそうですよねっ。共演者、どうなんでしょうねぇ??相手役も含めて、気になりますねっ。こういうワクワクしてる間が楽しいのかも・・・ですがねっ。



感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。