さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2009/3/27

ちょっとぉ~スタッフぅ~。このメッセージびっくりなんだけどぉ~。


埼玉県 ○○ 17歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。キャプテンがワッツとスマスマで映画「トップガン」の話をしたので、レンタルで、借りて見てみました。飛行機が飛ぶシーンが、凄い迫力でした。(そうそう。若い子は「トップガン」見たことないよねっ。)ビックリするぐらい格好良かったです。キャプテンが映画の中の服を、欲しくなった気持ちがわかりましたよぉ。トップガンは私が、生まれる前の映画で(ふふふ)自分が生まれる前の映画っていうのを初めて見ました。昔の映画ってこれまで全然見てこなかったけど、「トップガン」が面白かったので、他のキャプテンお勧めの、昔の映画を教えてくだパイ。」


どう???これ・・・「トップガン」っていう、あの映画をですよ、自分が生まれる前の、映画って言っちゃう人が、今、高校生に、なってるわけですよ。どうですか??これ・・・まっ、確かにねっ、「トップガン」は1986年の、作品ですから、20年以上前の、映画なんですけども、って事は、高校生だけじゃねえよ。20歳の人にとっても「トップガン」って自分が生まれる前の映画の、分野に入っちゃうんだよねぇ。うわーーーー、そういう時代かぁ・・・そりゃあー不景気にもなるわけだっ。別に不景気は関係ねえか。ちょっと待ってぇ~、でも、今、ふと気づいたんですけど、「トップガン」が公開になった1986年生まれの人って、23歳になる人たち??今年・・・っていう事は、もう、社会人じゃんこりゃあー、不景気にもなるわけだよ。だから、ふふふふ景気は関係ないですねっ。因みに、1986年生まれの人って誰がいるんですかねぇ??俺が知ってる人だと??亀梨って??えっカツーンの亀梨「トップガン」とおない年なの??え??俺があの、「トップガン」のラブシーンを見て、亀の頭が大きくなってた頃に、あのかめが生まれたわけだ。こりゃあー、不景気にもなるわけだよふふふふ。全然関係ないけどねぇ・・・不景気とはねぇ・・・そうなんだっ。あっちゃあー


今日も先週に引き続き、「トップガン」のナンバーから、スタートです。「トップガン」のサントラはねぇ、ホントに名曲揃いなんですよ。「トップガン」はねぇ、デンジャーゾーンだけじゃないんです。これ最高ですよぉ~。


Lead Me On / ティーナ・マリー


よく言われるとよぉ(ん??なんて言ったか分からない)80年代って、凄い時代だったよねぇ。エンターティメントが充実してたっていうか、「トップガン」なんて、コンピューターグラフィック??CGが発達する前の、映画ですからねぇ、あの戦闘機のドックファイトのシーンは、本物の戦闘機を実際に飛ばしてますからねっ。メッセージにさあー「飛行機が飛ぶシーンが凄く迫力でしたあ~」って書いてありますけど、あれ、全部、F14トムキャットを飛ばしてるんですよ。アメリカ空軍の、全面協力の元、撮ってるんですよ。あはははは。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


映画の企画を考える時にも、本物のさあー、戦闘機をバーーンと飛ばしちゃって、それを、撮影したら、みんな見たくなるじゃん??っとか、そういう会議をしてたわけですよ。きっと・・・戦闘機の、テクニック??それ、そのまま映画にしちゃわねぇ??っていう。これ、盛り上がりますよぉ~。絶対・・・企画会議。Hな写真、撮る時とか、80年代は、モザイクなんて使ってませんでしたからねっ。大事なところは、こうーー、あっ、リンゴ置きゃあー、いいじゃんっていう。頭を使って考えてたんですよ。ねっ80年代っていうのは・・・っていう事で、今日は、そんな夢のあった時代、80年代の事を、ちょっと語ってみます。因みに80年代の名監督と言ったら、村西とおるですよねぇ。(ん??誰??)ナイスですねぇ~。っていうねっ。なんつっても、だって、駅弁の産みの親ですからねっ。(は??)この駅弁が産まれた瞬間は、ある意味、「歴史が動いた」っていう瞬間だったと思うんですけども、NHKがねぇ、是非特集して欲しかったですねぇ。この間の最終回は、「駅弁が産まれた瞬間。その時歴史は動いた」っていう。村西監督なんて知らないよぉ~っていう方はですねぇ、お父さんに聞いてください。で、もしお父さんが、「知らねえよ」って言ったら、たぶん嘘ついてます【ゴーン】あははは。そう言えば、長嶋監督も、「ナイスですねぇ~」って言ってますよねぇ。だから、村西監督も長嶋監督も、どっちも監督だけど、「ナイスですねぇ~」って使ったのは、どっちが先なんだろう??真実を知ってる方、メッセージを送ってください。歴史の謎は解明していかないとねっ。未来の為に・・・


トムクルーズに話は戻っちゃいますけど、彼は、あの、撮影をするために、F14トムキャットに同乗して、実際にあのトレーニングを受けてるので、彼自身、普通に飛行機2機持ってるっつってました【ゴーン】あ~れ~おもしろいよ。っつってました。ふふふふはははは。さっき、紹介したメッセージに、私の知らない昔の映画のお勧め教えてくださいってあったんで、今日はこんな企画から、いきます。「その時、木村が動いた。80年代お勧め映画スペシャルこの間ねぇ、惜しくも最終回を迎えてしまった「その時、歴史は動いた。」に、敬意を表しつつ、の、パクリ企画です。ふふふははは。まあー、僕、ふふふ木村拓哉がですねぇ、映画を見て、思わず動いてしまった、アクションをしてしまった、そんな名作80年代映画を紹介していこうという企画なんですけども、まあー、こんなおふざけをしながら、若い子達に見てほしい80年代映画をご紹介していこうっていうわけですねぇ。80年代の映画って、ホントにヤバいですからねぇ。CGが使われてなかった分だけ、人間の凄みを感じられるものが多いですよ。Hなビデオもさあー、だって、80年代の頭の方ってさあー、洗濯屋ケンちゃんとかさあー、あえて洗濯屋じゃなくていいじゃん(あははは。まあー、確かにねっ。)なんで洗濯屋なの??っていうところが、ちょっとクリエイティブだよねぇただ単に、こうやってりゃあいいみたいなそういう作品とは一味違うっていうねぇ、そんな想像力の行き過ぎがもしかしたら、バブルなんてものを生み出して、結果はじけてしまったのかもしれませんけども、まあー、自称アナグロじゃなくて、あああすいません(あははは。これから、口が滑って言っちゃいそうじゃん)アナログ人間の僕はですねぇ、あの80年代の勢いを伝えていけるもの、そんな物造りがしたいなぁ~とは、思うんですが、CGを使った作品ってある意味ちょっと、あのーー道具を使ったオ○ニーみたいな(ふふふふふ)感じしません??CGって・・・(どんな例えだよぉ~)それに対してさあー、80年代の映画って言うのは、ちゃんと自分の手で、やっるオ○ニー。まあー、どっちも気持ちいいんですよ。(ふふふふふ)結果どっちも気持ちいいんだけど、知恵だよ。道具じゃなくて、知恵を使うんだよ。コンピューターグラフィックは悪いとは言いませんよ。でも、僕は、この部分CGでいきます。って言われるよりも、この部分作ります。(ふふふふふ)144分の1で作ります。っていう方が、えっマジっていう、こう、ちょっと、ノルよねっ。まあー、あのー、僕自身、ちょっと前にやらして貰った作品で、「華麗なる一族」っていうねぇ、(おーーー、華麗なるが出てきたよぉ~)中でも、パンパンと手を叩くと出てくる池の鯉「将軍」あれCGでも、全然いいのに、あえて実物大の、あれ、荒川で釣れた鯉です。(ふふふふ)ははは、荒川でふふふふスタッフが、荒川で釣ってきた、鯉を模ってですねぇ、それを広島の研究グループに渡して、制作したロボットなんですよ。あれ・・・そういうもの造をしようと思ってるスタッフとは、2度3度とご一緒させて頂きたいと、(おーーー、宣言しちゃったよぉ~)そして、まあー、近々【ゴーン】(あはははは。言っちゃったぁ~ポロリだぁ~)あっ、ちょっと口が滑った「その時、木村が動いた80年代お勧め映画スペシャル」その一。「ハスラー2」(おーー、ハスラーねぇ~)これ、トムクルーズ繋がりなんですけども、トップガンと同じ、1986年の作品です。ポールニューマンと共演して、最後のあの一言ですよ。「come backバカーン」っていう、あの一言を言わせてるわけですよ。あのビリヤードもそうですよ。球筋もCGなんて使ってませんからねぇ。今だったら、手玉だけは、実際に打ってもらいますけど、後のは、あのー的玉は、全部あのCGで、書きますんで、手玉をこっちに飛ばしてください。っていう、たぶん現場の、進み、進行状況になると思うんですけど、僕がどう動いちゃったかと言うと、この映画を見て、もう、かなり行きましたねぇ。ビリヤード場・・・ふははははは。っていうかぁ、町にビリヤード場だらけんなりましたよ。俺が動いたんじゃなくて、町が動いてた。だって渋谷だけで、ビリヤード場いくつあったぁ??あれ・・・信号3つ4つ行ったら、またビリヤード場みたいな・・いやっ、だから、初めましてっていう人とも、じゃあちょっとやりましょうか??っつって、玉突き、やって、ホントにやってました。ビリヤード場に置いてある、ハウスキューって言うんですけど、これ、どれ使ってもいいっすよ。っていうキューを、最初は使ってんだけど、ハスラー2見た後の自分としては、マイキューが持ちたくなるんですよねっ。マイキュー持ったからねっ。俺・・・それで・・・車にふふふ積んでました。自分ちにビリヤード台があったら、どんなに嬉しいだろう??ってその頃凄い思ってましたねぇ。ほんで、芸能界というところに知り合いができて、で、その知り合いの家に行ったら、あったんですよ。ホントにやってるやつがいるって思って(ふはははははは)羨ましいんだけど、・・・・・・・ドン引きしたの覚えてます。(ふははははは)

80年代と言えば、音楽も凄かったんですよ。音楽史上最も売れた、アルバムってマイケルジャクソンのスリラーなんですけども、これは、これまでに、一億枚以上をも、売れてるんです。1982年に発売になったそのアルバムからここで1曲いきたいと思うんですが、この曲のギター、これですねっ、これは、TOTOの、スティーブルカサーが弾いてます。そして、ギターソロは、あのバンヘーレンです。


今夜もビート・イット / マイケル・ジャクソン


今日はこんな企画でお送りしてるワッツです。春休み記念、そして、「その時、歴史は動いた」が、終わっちゃって、残念だねスペシャル「その時木村が動いた。80年代お勧め映画特集」僕がかつて見てきた、80年代映画の中で、思わず動いちゃった作品を紹介してます。あっ、これ今、ギターソロ、流れてますけど、これ、バンヘーレンが弾いてます。凄くないっすか??スタジオで普通に、マイケルの曲のレコーディングのオケとして、バンヘーレンが、これ、ほら、ウエーーーーーンってやってるんですよ。まあー、今、春休み中なので、春休み中の学生さん達がもしよかったら、暇つぶしの参考にでもしてくれたら、幸いです。なんてったって、木村が思わず動いちゃった作品ですからねぇ、見て間違いなしです。


「その時、木村が動いた。80年代お勧め映画スペシャル」その二。「アウトサイダー」フランシスフォードコッポラ監督、名作です。1983年ですかぁ。自分で見つけたんじゃないんですよ。これは、それこそ、僕の写真を、履歴書で、勝手に事務所に送った親戚の人が、とにかくって言って、何がいいんだろう??と思って、わけわかんない状態で見たんですけど、主役がねぇ、マットデュロンっていう、役者さんなんですけど、山の手のお坊ちゃんなんだけど、遊んじゃってるやつらと、ホントに、貧しくて、替えのTシャツもそんなにないんだよっていうところで、生活している少年たちとの対立の話なんですけど、そん中に出てくるメッセージで、このワッツで、何度もかけてますけど、主題歌が、スティーヴィーワンダーの「Stay GOLD」って言うねぇ、黄金のままで俺ら居続けようぜ輝き続けようぜっていうボロボロになった、貧困な生活を送っている少年たちが言うワンシーンがあるんですけど、あーれーは、やられましたねぇ~。おんなじような事してました。これ、僕が動いた瞬間ですねっ。トムクルーズも出演してるんですけど、トムクルーズ、若しくは、チャーリーシーンのお兄ちゃんなんだっけ??なんて言うんだっけ??わかるでしょあの人か、どっちか。ミッキーマウスのTシャツ着てんですよ。超―――欲しくなって、そんで、ふふふふ、(え??そこ???)もう「アウトサイダー」見た後は、デニム、コンバース履いて、ミッキーマウスのTシャツ着て、だから、ペップポムとか持ってましたからねっ。(ペップポムって何???)ペップポムって知らない??整髪料。超―――落ちねえの。着けたら・・・そう。グリースっぽいやつ。そういうの持ってましたねぇ。それが高校ん時ですねぇ。自分がやる、ドラマの挿入歌でホントお願いだから、これ使ってくれって言って、「若者のすべて」っていう作品の中で、このスティーヴィーワンダーの「Stay GOLD」を亀Pが流してくれたんですよ。僕自身が動いちゃって、フジテレビも動かしちゃったっていう感じの、作品ですねっ。「その時、木村が動いた80年代お勧め映画」その三として、「アウトサイダー」を見てしまった後は、もうマットデュロンにロックオンしたんですよ。ほんで、「アウトサイダー」見た後に見たのが「ランブルフィッシュ」っていうねぇ、作品なんですけど、これも、「アウトサイダー」と同じ1983年の作品らしいんですけど、衝撃を受けたんですけど、全編モノクロ映画なんですよ。で、何故かと言うと、マットデュロン演じる、主人公のお兄ちゃん、ミッキーロークがやってる役なんですけど、色盲の役なんですよ。いろんな色を感じて、生活できてない、お兄ちゃん主観の映画として、コッポラーが撮ってて、なんだけど、その白黒映画ん中で、唯一カラーになる存在があるんですよ。ランブルフィッシュって言いまして、熱帯魚屋さんとかに行くと、お手頃な価格で売られている、タイの闘魚なんですけど、ベタって言うんですけどねっ、それ、今でも、家にいます。(ふふふふふ)3日に一回水替えてますからねっ。俺・・・昔飼ったやつが、今まで生き続けてるんではないんですけど、悲しくも・・・3代目ですねぇ。3代目のランブルフィッツュが、我が家にいます。この間話してた、レッドウィングの長老たちと、同じぐらいのラインで存在してますねぇ。で、僕あのー、持ちいいですねぇ、(ん??なんて言った??)マットデュロンが、トラッズスターカウボウイかなんかの、映画のキャンペーンで日本に来た時に、絶対これはやりたいって言って、対談さして貰いました。マットデュロンは確か、クールっていうタバコを吸っているって噂をなんか、昔聞いて、一時期僕は、クールっていうのを吸ってたんですけど、マットデュロンとその、フォトセッションと対談があった時に、クール、さりげなーく、気づかれなくてもいいぐらいの、感じで吸ってたら、「タバコは体に悪いぞ。」ってふふふふ言われて、はははははは(ふふふふ)「葉巻にしろ」って言われたんですよ。そん時・・・ふふふふ。凄いそれは、ちょっと、ショックだったんですけど、他にもいっぱいあるけどねぇ~、あっこれ動いた。これ動いた。超――――動いた。「フラッシュダンス」(おーーー、いい映画だったよねぇ~)これは、あっ、ごめんね。タイトルほったらかしんなっちゃった「その時、木村が動いた80年代お勧め映画スペシャル」その四。これ「フラッシュダンス」です。ジャニーズっていうねっ、場所にも入ってない、状態で僕見てるんです。だ、踊りなんて、僕、全然興味ないです。っていうのに、「フラッシュダンス」を見たんですよ。中坊ん時かな??何に一番影響されたかと言うと、ドロップハンドルの(ドロップハンドル??)の自転車。(ふはははははは)これねぇ、あっ、ははは、ダンスの映画なんだけど、ダンスじゃないよ。だって、俺、ジャニーズ入ってねぇもんこの時・・・(あははははは)そうじゃなくて、主人公の女の子が移動手段として使っている、ドロップハンドルの自転車があったんですよ。これを見て、ずーーーっと欲しいなっ、欲しいなっ、欲しいなっ、欲しいなっ、欲しいなって思ってて、俺らがさあー、まだ中坊ん時ってさあー、団地とかにさあー、粗大ゴミ置き場ってなかった??あったよねぇ粗大ゴミ置き場に、ドロップハンドルの自転車が置いてあったの(ふふふふふ)だ、捨ててあったんですよ。パンクはしてるけど・・・自転車屋さんまで、担いで行って、ピッカピカにして、磨き上げて、ドロップハンドルに乗った時の、あのー、スピード感はもう、忘れませんねぇ。これ、絶対自転車乗りたくなりますよ。(え??そこ???)(ふふふふふ)あっ、はははは、ダ、ははは、ダンスの映画かぁ・・・(笑)これ・・・踊りたくなる映画に、しとかないといけないのか??俺ん中では、ドロップハンドルの自転車に乗りたくなる映画なんですよ。これ・・・間違いない。絶対乗りたくなる

もうすぐ4月ですねぇ~新学期だったり、新入社員だったり、まっ、そんな新しいステージに向かうみんなにこの曲を贈ります。SMAPの2003年のアルバム「MIJ」からススメえっ??僕ですかぁ??もちろん僕も、進んでます。(ふふふふふ。言っちゃったぁ~(笑))


ススメ! / SMAP


今日のワッツ80年代って感じで、トークしてみましたが、別に僕はあのー、80年代は良かったっていうねっ、懐かしむ為に、こんな話をしたわけじゃないですよ。ある意味、今よりも、不自由だったあの時代が、決して今よりも楽しくなかったわけじゃないって言うか、逆に、不便な部分もあったからこそ、楽しかったっていう、チャレンジっていう精神が、80年代には、あったんじゃないかな??っていう風に、そんな事を、今こうやって、ラジオを聞いてくれてるみんなに、知って欲しかったなぁ~っていう気持ちはありますねっ。不自由な事の方が、大抵ねぇ、エコですねっ。エコもそうだし、エロもねぇ、不自由な方が、ちょっと興奮します。(ふふふふ)ちょっとだけねっ。


どうでしたかねぇ~。今日はちょっと青春映画な感じで、セレクトしてみたんで、今、春休み中の学生のみんなには、ピッタリだと思うんですけども、見てみて、よかったら、そんな感想も僕に、フィードバックください。あー後ですねぇ、80年代って、こんな映画もあったねぇ~。これもお勧めしておこうかな??「バックしてぇなティーチャー」ってやつねっ。(え??おいおい)(バックトゥザーフューチューの主題歌)これ、ちょっと内容は思い出せないんですけど、確か、スリーぐらいまで、なかったっ???(ふふふふ) 「バックしてぇなティーチャー」って、ありましたよねっ。これも、お勧めなんで、是非レンタル屋さんで、店員さんに聞いてみてください。「バックしてぇ~なティーチャーありますか???」ってねっ。もし、ありますよっていうお店があったらそのお店は、危険なので、(ふふふふ)二度と行かない方がいいと思います。(うん)


さて、今日も「パイレーツオブカリビアン」で、お馴染みのこの曲にのってエンディングです。この「パイレーツオブカリビアン」のプロデューサーってですねぇ、ジェリーブラッカイマーって人なんですけど、なんと、「トップガン」のプロデューサーでもあります。この人の作る映画って音楽よくないっすか??「トップガン」って映画もいいけど、サントラもかなりいいですよねぇ~。このプロデューサーなかなかナイスですよ。


っていう事で木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


あのー、メールで告白するのもいいんですけど、メールでフラれるよりも、面と向かってフラれた方が、絶対にいいですよ。マジで・・・こうメンタルな部分の筋肉が鍛えられるというか、まあー、僕はあのー、一発目でそれくらってますからねっ。経験者ふふふふ談。という感じなんですけども、メールの告白って、遠―――くで、ミサイルを打ち合う戦争みたいな感じしません???昔の戦いってさあー、実際に、面と向かってさあー、刀で戦ってたわけじゃないですか??間合いをねっ、みなさんにも、経験して欲しいなぁ~と思いますねっ。


拍手お礼
3月23日 09:49  Mさんへ はじめまして。コメントありがとうございます。海外だとホント、辛いですよねぇ~。お察しします。なるべく拓哉の話してる雰囲気が伝われば・・・と思っています。UP遅い時もありますので、すいませんm(__)mまたいらしてくださいね。

3月29日 17:13 Mさんへ 拍手コメントありがとうございます。いえいえまた遊びにいらしてくださいね。

3月30日 23:58 Kさんへ ありがとうございます。そんな風に言って貰えると、嬉しくて、頑張れます。また遊びにいらしてくださいね。

3月31日 14:16 Hさんへ 病院へ行ってだいぶ元気になってきました。ありがとうございます。ぼちぼち行きますねぇ~



感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。





テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。