さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2009/3/6

東京都 ○○ 21歳大学生「拓哉キャプテンこんビンビン日本映画がアカデミー賞を取っちゃいましたねぇ~。おくりびとのアカデミー賞外国映画賞の受賞は、日本人として、とてもうれしかったです。しかも、主演のモッくんは、元ジャニーズで、キャプテンの大先輩ですよねぇ~。キャプテンは、モッくんとつながりとかあるんですか???(え??なさそう・・・ってか、まさか拓哉の口からシブの話聞くとは思わなかったよぉ~)いつか、キャプテンも、あの大舞台で、活躍できる男んなって下さい。応援してます。」


ありがとうございます。凄いですねぇ~。あれは・・・ほんとに・・・本木雅弘さん主演の映画「おくりびと」が、見事にアカデミー賞外国語映画賞をねぇ、僕は、あのー、アカデミー賞の授賞式は、タイムリーで、LIVEで見てたので、はい、リアルタイムに見てたので、ひょっとしたら、これ、ひょっとして~いっちゃうんじゃねえの??っていう感じの、思ってました。(ほおーーー)あるかもなっ、ってねぇ、正直ホントに思ってたんですよ。ほんでー、あの、アニメーションの映画ありましたよねぇ、あれか、どちらかかな?っていう風に、自分の中では予想してたんですよ。そうしたら、「おくりびと」が選ばれて、凄くねぇ、ここが、ここが俺、ナイスって思ったんですけど、滝田監督が、スピーチをした後に、本木さんもちょっとここで一言いいなよ、いいなよ、みたいな、スピーチしなよ、みたいな感じの空気を、が、一瞬生まれるんですよ。一瞬生まれたんですけど、本木さんは、ずーーっと、監督に対して、その、頂いたオスカー像に対して、こう、拍手を送っていたっていうねぇ、前に出てかないで、ずーーっと拍手を送り続けた、本木さんは、俺、あそこ、すげぇ、ナイスだと思いましたねぇ。あれは、素晴らしいと思いましたねっ。大先輩になりますけども、本木さんとはですねぇ、僕あのー、年に1度ぐらい、共通の知人のお宅で、お会いするんですよ。(へえーーー、初耳そうなの???まさか、拓哉とモッくんが会う事があるなんて・・・意外)だ、そんな人が、あれ???っていう、ところで、しかも、客席に座ってるだけではなく、ステージの上に上がったっていうのは、HAPPYになりましたねっ。僕自身も・・・ホントにおめでとうございました。


シブがき隊と言えば、「寿司くいねぇ~」って曲が有名なんですけども、(あー、そっちの方が有名??今では・・・やっぱZOKKON命でしょう??)他にもいろいろ面白い曲がありました。この曲のこのイントロをまんま使っちゃってた曲もあったんですよ。(うんうん。めちゃくちゃ似てるねぇ~最初そうかと思ったもんこんなそっくりな曲があったんだぁ~知らなかった)って事で、まずこちらの曲を聴いてください。


Don't Tell Me You Love Me / ナイト・レンジャー


さあー、今、ナイト・レンジャーの曲を聴いてもらいましたが、さっきイントロでチラッと言わして貰ったんですけど、シブがき隊の、曲でこのナイト・レンジャーのDon't Tell Me You Love Meの、イントロを、なんと、まんま使ってる曲があるんですよ。ここで、ちょっと聴き比べて貰いましょうか??まずは、ナイト・レンジャーのDon't Tell Me You Love Meもう一回じゃあーイントロ出してみてください。どうぞ・・・これがナイト・レンジャーねっ。(うんうん。凄いよく似てるねぇ~)これがナイト・レンジャー。で、シブがき隊のですねぇ、1983年の、シングルに、ZOKKON命っていうのがあるんですけども、そのイントロがこちらです。さあー、来るよ。来るよ。このLR行った後に、来るよ。ホラッホラッ、どう??これ・・・(うふふ。ホントだねっ。って改めて聴き比べなくてもわかってるよっなんか拓哉からシブの話聞くのめっちゃ恥ずかしい)同じでしょあのLRの部分ブブブブブブブンが、なかったら、あれナイト・レンジャー、キー高くした??っていう感じしません??流石ジャニーズですよねっ。イントロだけ、まんま使っちゃってるっていう・・


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


ちなみにあのー、面白い事つながりで、ここで、じゃあー、ちょっとクイズを出していいですか??モッくんこと、本木雅弘さん、そして、ヤッくん、フッくんの3人組が、シブがき隊なんですけども、そのシブがき隊のバックで、演奏していたバンド、バックバンドの名前は、何だったでしょうか??(あははは。恥ずかしい全然わかるしぃ・・・)このねぇ、バックバンドのネーミングもねぇ、流石ジャニーです。面白い事考えてます。さあー、ラジオの前でみなさん考えて・・・


東京FMをキーステーションに全国38局ネットで、ジャニーズふふふ、クイズを笑っちゃったよ俺・・・(笑)(鼻をすする音)ジャニーズクイズを出してみたりしているのが、わたくし木村拓哉なんですけども、考えました・・みなさん。シブがき隊のバックバンドの名前は??一体何だったんでしょうか??(もう、いいよっシブ楽器隊でしょ??)正解は!!シブ楽器隊【ゴーン】俺、作ってないかんねっ。これ・・・これ、おさむでも、考えられない。これは、流石ジャニーですねぇ~。シブがき隊のバックで演奏する「YOU達弾いちゃいな」って言って、「YOU達の名前は、シブ楽器隊だよ。もうやっちゃいなYOU達」っていう。これ明日とか、ちょっと学校でふふふふ、自慢していいと思いますよ。(え??こんなの学校で自慢できる???)実話ですから・・・(爆)(因みにシブがき隊ってネーミングはファンの投票で決まったんだよねっ。)これ、ジョークじゃないですからねっ。今、シブがきネタ旬でしょ??(え???旬???そう???)さて、現役ジャニーズらしい、一面をビシッと披露したところで、続いてはこんなメッセージ。


岩手県 ○○17歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。私は、演劇部で頑張っている女子高生です(おーー)将来は女優になって、キャプテンと共演するのが夢なんで、待っててください。(へえーーーすげぇーー可愛い子を勝手に想像してるんですけど・・・)キャプテンは舞台を6回も経験したんですねっ。この間のワッツで言ってるのを聞いて驚きました。私も一度でいいから、キャプテンの舞台での演技に触れてみたいです。ぜひまたやって下さい。あと、これまでに経験した部隊の話を聞かせて貰えると嬉しいです。よろしこです。」


っていうねぇ。この○○高校生は、演劇部という事で、きっと、大きな声出して、あいうえおいうえお・・・・とかなんか、やってると思うんですけども、まっ、僕はねぇ、大きな声の女の子は好きですねっ。【ゴーン】はい。(あははは。好きなの??)そういう男子は多いと思うんで、これからも、大きな声で、励んでください。大きめの方がいいよ。(え??そうなの???って反応するとこじゃない??って???)声は・・・あと、こうー、ワードねっ。セリフ大事よ。これ、大事大事。はい。ちょっと話はズレたんだけど、確かに、えー、舞台というものは、僕、この間チラッと伝えたと思うんですけども、今までに、6っつ経験してますねっ。個人としては3っつかな??で、SMAPとして、3っつ。今日はそんな木村拓哉がこれまでにやってきた舞台のお仕事についてを振りかえってみたいと思います。じゃあーまずは、僕、木村拓哉が個人としてやった舞台のお話から、いきましょうか??一つ目は、「盲導犬」かな??これは、1989年に、やらせて貰った舞台ですねぇ。僕の舞台初体験。稽古中に、僕、17歳になったんですよ。そう、だから、16から17になる時に、おしあげっていうところまで電車で、浅草線で行って、地下鉄の・・・稽古場があったんですけど、まあー、物語としては、唐十郎さんの作品なんで、凄い世界観なんですよ。すっごくこの経験が大きい事は大きいんですけど、でもねぇ、初体験で、蜷川幸雄さんっていうのは、なしだよ。わかんなかったですよ。すべてが・・・っていうか、悔しくてトイレで泣いてたとか、共同便所で、男子も女子も1個のトイレなんですよ。ほんで、俺、ちょっとこう、メンタル的に、きちゃってて、これ、チキショーって思ってこう、表に出れないで、時間を過ごしてたら、桃井さんが、(トイレのドアを叩くような音)「ちょっと、ちょっと、ちょっと、早く出てきなさいよぉ~」みたいな感じで、「何やってんのさぁー」みたいな事をねぇ、もうねぇ、ゴンゴンゴンゴンってやってくるんですよねぇ。あれ、凄い印象的だったなぁ~。この盲導犬の後に、僕が個人的にやらして貰いました舞台なんですけども、その2はですねぇ、「花影の花」という。こちらは、1992年の年末に日生劇場でやらして貰いましたねっ。僕がちょうど二十歳の時の事だと思うんですけども、忠臣蔵なんだけど、主人公は大石内蔵助さんの妻。その妻を八千草薫さんが、務めてらっしゃいましたねぇ。だ、僕の役どころは、その大石内蔵助の息子??八千草薫さんの、事をスケッチブックの紙で横顔というか、書いたの僕、覚えますねぇ。八千草さんになんかこう、「こんなの書いてみちゃったりしましたぁ~」っとかって言ったら、「え??頂けるの??」とかって言うから「えっ貰ってくれるんですか??」みたいな、「いやっ、もう是非・・・」って渡したのを覚えてますねぇ。そして、続いて、僕がこれまでにやってたきた舞台のお仕事個人編のその3。「モダンボーイズ」っていうねえ、1994年の舞台。これが最後の舞台になってますねっ。経験した・・・21の時ですねっ。まだ、あのー、バンソンの皮ジャンを着てた小僧の時にやってましたねぇ。これ・・・会場が池袋の東京芸術劇場っていうところで、こういうのっていいなぁ~って思ってたのが、稽古が終わった後とか、本番が終わった後とか、共演者の方たちと、「今日、じゃあー、どこ行く??」っていう感じでふふふふふ、新宿の飲み屋さんだったりとか、ホントにだから、こう、劇団な感じ??「あいつ、わかんねぇ~やっあいつの芝居よぉ~」みたいな事をホントにお酒飲みながら、ふふふ、言うんだぁ~っていう、そこに自分が参加できてるんだぁ~っていう、感じはとてもありましたねぇ。暑かったですねぇ。暑かった。(この暑かったでいいのかな??熱い??)舞台「モダンボーイズ」の話の後なんで、ここでこんな曲に行きましょう。こちら1981年のヒットですねぇ。その名もモダンガール。モダンボーイズの話の後にピッタリですねっ。行きましょう。


Modern Girl / シーナ・イーストン


今、この曲を聴いてて思い出したんですけど、舞台「モダンボーイズ」ってその時にねえ、振り付けで、ラッキィ池田さんがねぇ、やってくれてたんですよ。ちょっとあのー、軽い動き??曲に合わせて、みんなで動いてみようみたいなそういう一節もあって、その振付をラッキィ池田さんにやってもらいましたねぇ。TVではねっ、よくあのー、ゾウのジョウロ頭に乗っけて、お茶目な感じでこう、やられてるじゃないですか??ほんで、ラッキィ池田さんが、振り付け師として、今日来るんだぁ~みたいな感じで稽古場で待ってた時に、僕の記憶がたぶん間違ってなければ、「おはようございます。」って入ってくるときに、ちゃんと、ゾウのジョウロが乗っかってたんですよ。頭に・・・(え??そうなの??)「おはようございます。よろしくお願いします。」っていった時に・・・うわっ本もんだぁ・・・って思ったの、すっげぇ覚えんですよねっ。それで、「あっすいません。ふざけちゃって・・・」とか言って、「よろしくお願いします」って言って、あのーー、僕らに振りをつけてくれたんですよ。


ここまでは、僕個人的に、やらして貰った舞台の話をしてきましたが、後半はですねぇ、SMAPとして、メンバーみんなで経験さして頂いた舞台を振り返ってみたいと思います。SMAPとしてやらして貰った舞台3っつあるんですが、一つ目。こちらが「聖闘士星矢」グフョー(効果音みたいなの)すごくねぇ?? 聖闘士星矢やってんだよ。漫画だよ。これ1991年の夏に、うちらがCDデビューする直前にやった舞台だったんですけども、会場は東京の青山、青山劇場ですよ。内容を話すまでもないぐらい、大ヒットな漫画を実際に舞台の空間に表現するっていう事だったんですけども、僕ねぇ、どれかな??と思ってたんですよ。聖闘士星矢やるってなって・・・俺、誰やんだろう??みたいなズゴウリかな??(すいません名前分からない)って思ってたら、俺、あのー、そっち側じゃなかった一人だけなんか、ポセードンっていうねぇ、なんで俺だけ的なんっすか??っていう、ふふふふふははは、だ、僕的には、初舞台で、蜷川さんの「盲導犬」っていうのをやらせて貰って、その「盲導犬」に次ぐ2度目の舞台だったのかな??舞台っていうよりも、凄いミュージカル的な、でもねぇ、この時も、暑かったですねえ。だってねぇ、この舞台、千秋楽を迎えて、千秋楽迎えれば、もう終わりじゃないでか??青山劇場からちょっと歩いたところに、あるご飯屋さんにみんなでご飯食べに行って、終わったねぇ~ってなったんですけど、そん時に、終わるのが嫌だったっていう・・・お仕事としてやってはいるんだけど、なんか終わりたくないみたいな感じの空気とか凄いありましたよ。この舞台をやってる最中とかって、凄く仲良くなった共演者の人ん家とか、普通に行ってたもん。だ、ホント劇団みたいでしょ??そういうのが凄い盛り上がってましたねぇ。で、その聖闘士星矢これをやって、これまでにやってきた舞台のお仕事SMAP編その2として、こちらも、これ凄いんですけども、ふふふ、聖闘士星矢の後、今度「ドラゴンクエスト」ですか??っていう話ですよ。今度ゲームの世界ですよ。♪テ・テ・テテテテ♪あのドラクエを舞台にするという事で、1992年の夏だったかな??しかもねぇ、場所が凄い渋いんですよ。京都の南座っていうところで、東京やんないで、京都の南座だけでやったんですよ。こん時も確かなんか、役どころが、一人だけ違ったような、なんかライアンとか言う、やつをやらして貰ったんだけど、そう、仲間かと思いきや、なんか本当の姿は、闇の帝王みたいな・・・結局敵???俺???みたいな感じでしたねっ。ほんでねぇ、ふふふふ、このねぇ、南座っていうところのねぇ、楽屋は、テイストがすべて和になるんで、だって、歌舞伎座じゃないですか??普段は・・・南座って・・楽屋から何から、すべて和なんですけど、すっげぇー覚えてんのが、南座のその楽屋で、一人一人ノルマがあって、サインを1000枚書くっていう、(ほおーー、そういう時代もあったんだねぇ~。そのサインどこいったんだろう??)やってましたねっ。こうふふふふふふ。すっげぇー書いた。空き時間使って・・・なっかなか終わんなかったふふふははは。さあー、続いて、僕がこれまでにやってきた舞台のお仕事SMAP編その3なんですけども、これがねぇ、「another」という、舞台で、これねぇ、ちょっとだけ、画期的な舞台ですよ。1992年の夏休みにやったんですけど、会場がなんと、東京のテンノウズアイルっていうねぇ、舞台のその小屋と、今日の南座でやるんですよ。同じ時期に・・・これ凄く意味分からないでしょ???舞台中に、中継をテンノウズアイルと南座で中継を入れるわけですよ。「another」という、舞台なんですけど、「沈黙の島編」っていうのと、「少年の島編」の二つのストーリーを二つの会場に分けて、上演してたっていう。同時に・・・(って事は、出てるメンバーがいる会場に行かないと会えないんだっ)で、途中で、本番中にですよっ、本番中に、途中で衛星を使って、その二つの場所、ストーリーが交わったりとか、離れ離れになった少年たちが、その無線で交信をするとか、これ凄い仕掛けだなぁ~と思いましたねぇ。僕は、その時に、「少年の島編」の方ではなく、「沈黙の島編」っていう方に、慎吾と剛と3人かな??確か・・・しかもねぇ、京都組だったんですよ。東京じゃんくて・・・(へえーーー、そうだったんだぁ~)この二つに別れて、一つのストーリーをやるっていう構成を聞いて、何言ってんだろう??って思いましたけど、最初は・・・説明じゃ意味分かんないんですもん。だから、宮崎駿監督のアニメと一緒です。口で説明されても全く分かんないっていう。でも、これ、実際にやった時は、のめり込んだような気はしますねぇ。また、これはこれで・・・ちょうどこん時に、今V6の森田君とか、が、すんげぇ、ちっちゃい男の子として存在してたりとか、舞台出てたんですよ。そしたら、何年かしたら、なんかこう、♪ミュージックフォーザピーポーダンシン♪ってこう、あれ??あん時の、ふふふあの子じゃんって思ったら、森田君でしたねっ。「another」懐かしいねぇ~。(キャーーーーこの曲かけてくれるの???めちゃくちゃ嬉しい)ワッツの掲示BANG!を見てると、卒業式が終わっちゃいましたぁ~っていうメッセージがたくさん来てますねぇ。っていう事で、今日はこの曲をみんなに贈ります。


旅立ちの日に / SMAP


今日は僕の懐かしい舞台経験についていろいろ話をさせて貰いましたが、最後の舞台が1994年の「モダンボーイズ」だから、もう、10年以上そうですねぇ、舞台っていうのは、やってないですねぇ。是非、機会があれば、触れてみたいっていう風に、思ってくれてる人がいたりするんで、全然ありだなあ~と思いますし、あと、あのー、見に行く事結構あるんですよ。凄い印象的なのが、剛がねぇ、つかこうへいさんの舞台「蒲田行進曲」かな??やった時に、俺、見に行かせて貰ったんだけど、そん時は、凄くよかった。舞台終わって、カーテンコールで、バッて、こう、出演者のみんなが出てきた時に、なんか思わずワーオと思って、今までそんな事なかったんですけど、立っちゃったんですよ。俺・・・うわーーーと思って、そしたら、会場がウワーーーって全員立って、ほんで、うわー、って終ったのを、スタンディングオーベーションの、初体験。あれは、自然に出るもんですよ。で、していいと思う。ふふふははは。自分でやっといて言うのも変ですけど・・


あー、そう、俺さあー、TV誌あるじゃんあれの、後ろのページに、いきなり俺のこう、目が写真に載ってて、『なんだこれ??』と思ったら、「HERO特別編」のDVDが、一昨日ですか??出たらしいですねっ。「人生は上々だ」っていうあのー、ダウンタウンの浜田さんと、共演さして頂いた10年以上前ですよねっ、あれも、なんかDVD来月出るみたいなんですけど、「拓哉君って自分のドラマのDVDとか持ってるんですか??」っていう質問中にはあったんですけど、持ってますけど、開いてません(あはははは。封開けてないの??)【ゴーン】ふふふはははは。保存状態はいいでしょ??ふふふはははは。(良すぎだよっ(笑))

っていう事で木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


「武士の一分」も開けてない。【ゴーン】(え??そうなの??)ふふふはははははは。開けたのねぇ、ハウルぐらい・・【ゴーン】ふふふふふははははは。俺、ふふふふ写ってないんだけど、声だけなんだけど、開けたのハウルぐらいかな??俺・・・







拍手お礼
3月3日 18:24 Kさんへ レポでまた盛り上がれますか??嬉しいです。

3月4日 21:08 mさんへ 何でしょうねぇ??そろそろやっぱドラマでしょうか???

3月6日 13:21 ??さんへ 今週は○をどこに入れようか、悩みましたねぇ~(爆)

3月6日 14:03 Yさんへ 放送されてないんですか?それは悲しいですねっ。少しでもお役に立ててうれしいです。ありがとうございます。




感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

はじめましてm(__)m
木村くんも余裕があれば 剛くんみたいにジックリ舞台やりたいんだろうな。
蒲田行進曲に感動してくれたんだから 杉村春子賞を受賞した菊池寛の舞台や 大竹しのぶさんとの舞台も観てくれたのかな?
木村くんの舞台が観たいなぁ~チケとりは大混乱だろうけど。

●スマ大好きさんへ

はじめましてm(__)m
チケ取りは大変でしょうし、パニックになりそうですが、一度その空気に触れてみたい気もしますねっ。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。