さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2008/11/28

SMAPの2年ぶりのライブツアー、9月の東京ドームから始まったばかりと思ったのに、なんともう、来週で終わりです。(始まってしまえば、あっという間だったねぇ~)昨日の名古屋を終えて、残すところは、ラストの北海道の2日間のみまずは、こんな話からしてみましょうかこの手の話題って、ツアーをやるたびにワッツに届くんですが、今回もねぇ、来ましたねぇ~。ひとつメッセージ読んでみましょうか??


佐賀県 ○○ 「キャプテン、福岡のライブを3日間やった次の日、サーフィンしていたそうですねぇ~!?(えっ??そうなの??な、わけないよねっ。飛び出しだもんねっ!?)佐賀の波は、どうでしたか??私の住んでる近くの海に、来ていたなんて、もうビックリです。また来てくださいねぇ~。まっちょるけんねぇ~。」


っていうねぇ、凄いねぇ~。これってねぇ・・・すぐに見つかっちゃうんだねっ行ってないのに、見つかっちゃうぐらいだからはい、こういうトークは、夢をこう、踏みつぶしてるような感じ(うんうん。そうだよぉ~)ですか??行ってません【ゴーン】僕は正直が心情の男なので、今回もズバリ、ツアー中はですねぇ、千葉の海にしか、入ってません【ゴーン】(千葉は入ってるのかよぉ~(笑))って、結局、東京にいる時は、お前、行ってんのかよ??オイって感じですか?(うんうん)あー、どうもありがとうございます。ラジオの前で、ツッコンで頂いて・・・・


なんで、波乗りの話題の後に、この曲なのか、それはですねぇ、僕のお気に入りの波乗りDVDで、この曲が使われてるからなんです。(へえーー、そうなんだぁ・・)こんな個人的な理由で、選曲して、いいでしょ


ジョビ・ジョバ / ジプシー・キングス(出てる人間が半端じゃない。いやいやいや、ジョエルが、筆頭になってないところが、また、凄いんですよ。)


因みに、来週は北海道でのライブですけども、もちろん、北海道でも、波乗りはしません(うふふふ。寒いだろうねぇ~)当たり前です雪降ってますからねぇ~。でもねぇ、僕の知り合いには、あのー、ホント、こんな人もいるんですよ。「北海道は、波いいからこの時期に、ちょっと、北海道行ってくる」ってゆって、で、行った次の日、めちゃくちゃいい波だったらしくて、「よし、入んべぇ~」って言って、こう、準備しようとしたら、『あれ??ウエット忘れた』って言って、「ウエットを送ってくんねぇ??」っていうねぇ、あのーー、メールを送ってくるようなねっ、(うふふふ。波乗りに行ったのに、ウエット忘れるの??)ここまでくると、波乗り好きを、通り越してますからねぇ。波乗りバカです。っていうかあのー、ウエットスーツを忘れてる時点で、サーファーじゃねえぞっっていう、風にツッコンだんですけども・・・


という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


しかもねぇ、雪降ってる中、グローブしないで、海に入ったらしくて、(ひょえーー、寒いーーー凍りそう・・・)「手がちょんぎれそうでしたわ」っていうメッセージをねぇ、残してるんですけども、そんな中でまで、僕は、海に入る勇気は、ありませんねぇ。千葉だったら、ビーチに霜が降りてて、歩くと、サク、サク、サクって音がするような中で、入るのもありかな??っていう。


これまでも、このワッツでは、ライブがあるタイミングで、ライブスタッフの話は何度かしてきたんですけども、でも、振り返ってみると、舞台監督さんとか、衣装さんとか、あと、ダンサーのみんなとか、まっ、比較的、みんなにも、聞き馴染みのある、職種??の、人の事を話してきた気がするんですけども、今回の舞台監督さんは、これまでねぇ、うちらが、ずーーっと、ライブをやってきた、上での方とは、また、代わって、新しい方に、加わって貰ったんで、こういう風にして下さい。みたいな事を、お願いすると、それに対して、ホント、100パーの、120パーの、対応をしてくれる、一回、一回、その、公演が終わるたんびに、その足で、俺らの楽屋に来てくれて、「今日、何か気になった点ありますか??」ってちゃんと聞いてくれて、「いやぁ~、全然ないっすよ。悪かったのこっちですから・・・」っつって、ふふふふふふ、どう思ってんだろうねぇ??俺らの事を・・・・『クソ、めんどくせぇ奴らだなぁ・・・』と思ってると思いますけど、まあーー、あのー、そういう何て言うのかな?フランクまではいってないっすねぇ。まあー、そうですねぇ。フランクな関係になって、お食事なんかを一緒に、するようなタイミングがあったりした時は、たぶん、いろいろ出てくると思うよぉ~。ちょっとお酒とか入っちゃったひにゃぁ~(うふふふ。本音??(笑))「おめぇ~ら何がやりてぇんだ」とか、いろいろ、ふふふふ、言い出すと思うよ。でもねぇ、SMAPのライブはこういう舞台監督さんとか、衣装さんとか、ヘアメイクさんとか、そういう人たちだけで、成り立ってるわけではありません。いろ~んなねっ、ケアーをしてくれる人たちがホントにたくさんいてくれて、ほんで僕らを支えてくれてるんですねぇ。東京ドームで、集合写真を撮ったんですけど、今回のライブに携わってるスタッフ全員ステージ上に集まって、じゃあー、集合写真撮ろぜって言って、撮ったんですけど、何人ぐらいいたかな??あれ、300人以上はいましたねぇ。(え???そんないんの??凄―い)という事で、今日は、みんなにあまり聞き馴染みのなさそうな、職種のスタッフをあえて、紹介してみたいと思います。ライブの裏側には、どんな人たちがいるのか??その細かーーーーい部分まで、も、を、話してみたいと思います。今日は、「あなたの知らない、SMAPライブの裏側」(怖い風に言う)【ゴーン】あっ、怖くなくてもいいんですか?普通に言う??なんで、裏側ってさあー、あんな風にスジがあるんだろうねぇ?【ゴーン】(ん???スジ???)エロくなくてもいいんですねぇごめんなさい。ここで、まず、こんなメッセージをきっかけに、始めてみたいと思います。


愛知県 ○○ 14歳中学生「キャプテンこんばんワッツ。SMAPのライブの裏側で聞きたい事があります。SMAPのメンバーって、ライブの楽屋みんな一緒なんですか?それとも、5人が、別々に、部屋があるんですか?私は、SMAP5人が同じ部屋で、ワイワイしてるんだと、想像してます。あと、その部屋は、どんな感じなのか、教えて下さい。」


っていうねぇ、まあー、楽屋っていうのは、僕らがライブ会場にいる間、自分の部屋の如く、使わしてもらう、その会場毎の、リビングルームみたいな感じかな?一緒ですよ。(うんうん。ライブDVDとかで出てくるもんねっ!?)広いスペースを、用意してくださってて、毎回・・・あのー、入り口にSMAPって書いてあるんですよ。えへへへへ。『あー、じゃあここかぁ~』みたいな感じで、「楽屋どんな感じなのか教えて下さい。」っていうねぇ、この○○も言ってるから、言うけど、イベンターさんが、俺らを盛り上げようと、してくれてんだと思いますけど、今回、ツアーをやるに当たって、撮影とかしたじゃないですか?パンフレットとか、ポスターとか、そのポスターがですねぇ、うふっ、貼ってあるんですよ。(うふふふ。何故に自分達のポスター??実際ラジオ聴きながら、部屋の拓哉のポスター眺めてるぅ~)俺たちの部屋なのに、俺たちの写真が、まあー、俺たちのポスターが、こう、部屋に貼ってあるんですよ。な、なんで、Tバックの写真じゃないんだろう?とか、俺は思うんですけど、正直ねぇ、「ん??」ってクエスチョンは、頭に出るんだけど、(そうだよねぇ~何故に自分達のポスター??)ちょっと遠まわしな、スイッチは入りますねぇ。そこの会場の?イベンターの方が、「ここで、このドームで、素敵なライブをやって下さい。」みたいな、そういう、声がなんとなく、聞えてきそうな、そういう感じですねぇ。大げさに聞えたら、怖いんだけど、一人につき、一個のソファーがあるんですよ。凄いお金持ちの、家のリビングっぽく、聞こえてると思うんだけど、そう5個ソファーがあって、各々に、時間を過ごしてる感じですねっ。ワイワイはしてないです。そんな楽屋の、すぐ近くに、必ずですねぇ、ケータリングという場所があるんですよ。ケータリングっていうのは、僕らやスタッフのみなさんが、食べ物とか、飲み物とかを、自由に頂ける場所なんですけども、ご飯を作ってくれている、ケータリングさんがいるから、僕らもスタッフさんも、温かいご飯が食べられるんですよ。会場の中で・・・で、自分でこう、好きな分だけついで、「あっ、おかず、これがあるんだったら、じゃあおかずこれぐらい食べようかな?あっ、納豆もあるよ。」とか・・・で、福岡に行ったら「おいーー、きた、明太子ぉ~」とか、自分で喰いたいもんを、そこによそって、飯喰ってますねぇ。すげぇ~よくなったよ。(ん??何が??メニュー??)ケータリングも、楽屋も・・・(あっ、扱いって事??)すっげぇ~よくなった。昔に比べたら・・・だ、ホテルとか、行って、泊まっても、ルームサービスってあるじゃないですか?「あれ、頼んでいいよ」って、言われるんですけど、メニュー見て、『う~わ。うまそう~』とか思いながら、「これと、これと、これ、喰いたいっすぅ~」みたいな感じで、言ったら「いや、あのー、一人、1500円まで・・・」って言われて、「いやっ、じゃあ、カレーしかないじゃないですか?」みたいな・・・じゃあ最初っから、カレーって言ってくれよ。っていう状況でしたからねぇ~。(みんなそういうところからスタートするんだよねぇ・・・)もう、今はもう、天国ですねぇ。ホントに・・・


今回のライブでは、この曲もやってますが、この曲の時にねぇ、舞台装置の方達が、俺らにだけ、アピールをねぇ、してくれる、そんな素敵なスタッフ達がいてくれます。


ありがとう/.SMAP


今回のライブの中でも、このナンバーやらして貰ってるんですけども、この時にねぇ、舞台装置の方達が、メンバー5人に対して、みんな、ねっ、一人に対して一人つく、ワンシーンがあるんですけども、そん時にねぇ、結構やらかしてくれるんですよ。そう、リフトをねぇ、上下、僕らを目視しながら、目で確認しながら、それを動かしてくれる人たちなんですけど、最高っすよ。要は、お客さんには、誰一人、見えないんですよ。僕らメンバーしかわからない場所で、まあー、僕はねぇ、みんなにこの「ありがとう」を歌いながら、「どうもありがとう♪」って言って、手を振ってたら、下の方で、なんか動いてんですよ。なんだろうなぁ??と思って、下を見たら、そのスタッフのみんながねぇ、全員スパイダーマンのマスクをかぶっていたりとか(ふふふふ。面白い。)してるんですよ。バイバイなのかな?と思ったら、スパイダーマンって、糸出す時に、こう、手首こう、キュッてやるじゃないですか?あれを、俺らに向かってやってるんですよ。(うふふふ。笑えるぅ~)ピョッ、ピョッて感じで・・・面白いじゃないですか??だから、俺らが客席のみんなに、ありがとう♪っつって、手を振ってはいたんだけど、あまりにも面白いから、糸を出し返したりも、(え??そんな事したりしてたの??)するんですねっ。時々は・・・だ、客席のみんなは、メンバーあいつら何やってんだろう??っていう、瞬間が、あるかもしれません。銀行強盗がよく、被るような、目指し帽あるじゃないですか?あれ、被って、いきなりいたりするんですよ。(うふふふふ)だから、毎回ネタ考えんの、大変だろうなぁ・・って、思うんですけど、シャレっけが、感じられるじゃないですか?本番中にも、係わらず、何かこう、彼らは、彼らなりに、そのライブに参加してくれてるなぁ~っていう感じが、凄くして、超~嬉しいんですけど、あの瞬間・・・


ライブっていうのは、ホントにたくさんの人が支えてくれてます。まあー、あの見えてるのは、僕らだったり、まあー、一部のねっ、見えてるところにいるスタッフだけですけど、僕らにねっ、ピンライトをあててくれてる、照明さん達っていうのは、実は、あれ、手動ですからねぇ。こう。ピンスポっていうのは・・・だ、バリーライト(バリーライト??)になっちゃうと、コンピューターにこう、インプットして、タイミングで、照明が、ブゥーンっつってこう、ねっ、20個ぐらいの、バリーライトがビューインって一斉にこう、ブワッとシーンを変えてくれるっていのうが、コンピューターですけど、俺らがステージ上にいる時に、照明をあててくれてる、俺らが動くとそれを追っかけながらこう、あててくれてる人たちは、あの塔の高―いところに、(うんうん。始まる前に、タタタタタって上に上ってる人だねっ。)本番中はずーーっと、いるわけですからねっ。SMAPをだから、光で追いかけてる人たちですよ。時々ねぇ、ありますよ。見落としというか、自分は誰を追っかければいいんだろう??みたいな・・・(あれだけ離れてると見失ったり、誰かわからなくなったりするよねぇ~)そう、だから、俺ら勝手に動くじゃないっすか?フリーで・・・振り付けの時は、フォーメーションである程度決まってるんで、分かりやすいんですけど、フリーになると、誰が、どこに、どう動くかって、分かんないじゃないですか?「ちょっと今、俺暗めじゃねえ」っていう、時は、時々ありますねっ。ふふふふ。俺の分のピンスポが、あれ??ゴローに行ってるぅ~。とかねっ、そういう時、ありますねぇ。タイミングよく映像をねっ、出してくれる人とか、映像を出すっていう、もう、収録されてるものを、影像出しっていうのは、タイミングをはかって、コンピューターをポコって押せばいい事だと思うんですけど、ライブ影像を撮影してくれてる人たちって、いるじゃないっすか??あの人たちは、超ーーー大変ですねっ。めちゃくちゃ慌しい感じで、カメラ担いで走ってくれてますよ。(うんうん。めちゃくちゃ走ってるねぇ~)いっつもねぇ、ちょっと僕ジーンとするんですけど、最後、挨拶を僕らした時に、We are S・M・A・Pって言ったら、客席のみんなが「スマップ」って言ってくれて、それに対して、「ありがとう♪」っつって、頭を下げて、バイバイっていう感じで、終わるんですけど、そん時に、いっつもねぇ、ステージのフロントに、こう位置してる、カメラさんがいるんですけど、その人が、毎回なんですけど、We are S・M・A・Pっつって、客席から「スマップ」って声がドーム中に響いて、僕らが、頭を下げて、パッてこう顔を上げた時に、いっつもねぇ、そのカメラマンの人は、ファインダーから、一回目を外して、僕らに向かって拍手してくれるんですよ。あん時、毎回、こう、ちょっときますねぇ。(うんうん。わかるぅ~。でも、ホントよく見てるよねぇ~)やってよかったなぁ~っていうか、あっ、今回も、あの人に拍手貰えた。みたいな、だ、そういう仕事の人もライブにはいるし、ホント床のねぇ、俺ら、床からバーン(大)って飛び出してくる時もあるんですけど、機械が動いてるんじゃなくて、(そうそう、あれって人が持ち上げてるんだよねっ!?)あれ、手動ですからねっ。バネとかじゃないっす。人が俺らをこう、持ち上げてくれて、俺らは飛び出してんですよ。そういう事をホントに、あのー、やってくれてる、ステージの下?の人たちって、すごいたくさんいますからねぇ。まさに、縁の下の力持ちというか、縁の下のスタッフ??あのステージの下、たくさんいますよ。実は・・・あの、ステージの中、めちゃくちゃ人いますよ。空洞じゃないです。直立できないんですよ。ステージって・・・一番高いところで、150しかなくて、その次が120かな??で、その次が80なんですよ。(80ってめちゃくちゃ低いねぇ・・)80センチだと、中腰も無理なんで、みなさん、分かりますかねぇ??大脱走っていう映画があるんですけど、スティーブマックインの・・・あれみたいに、トロッコを使うんですよ。トロッコがホントに、ひいてあって、移動できるんですよ。長い距離を・・・直線で・・・だ、それを動かしてくれてるスタッフ(そのスタッフさんは、どうやって移動してるの??)もいるし、だ、床の下、すごいっすよ。ありの巣みたいになってます。マイクを渡してくれる人が、一人につき、一人の担当が決まってるんですよ。うちらメンバー5人いるから、ねっ5人、その担当者がちゃんといて、で、ほら、俺らさあー、シーンによって、マイクを黒くしたり、白くしたりするんですよ。あんた失礼だねぇ。(うふふふ。スタッフに向かって言ってる??)なんだ、その、マイクも演出に入ってんの??って・・・当たり前じゃないそんなの・・・マイクの色変えてるよ。ちゃんと・・・白と黒で・・・何言ってんの??「マイクは全部銀じゃないんだ。」って・・・やめてくれる??ホントその辺は、おしゃれなんですよ。うちのスタッフ・・・あの、僕の担当になってくれてるのが松っていうんですけど、「ここは、黒のマイクから白のマイクに変わるので、俺がスイッチします。」っていう。本番中は、イヤーモニターっていうのを着けてるんですけど、略してイヤモニって言うんですけどねっ、自分の声だったりとか、演奏がダイレクトに耳で聞き取りやすいというか、その広い会場だとさあー、(音に時差があったりするよねっ!?)テンポ感がズレたりするんですよ。反響で・・・だから、それに対応するのに、イヤモニっていうのを着けてやってるんですけど、本番中、僕、二回代えてますからねっ。(2回も代えてる_の???)体中から出るわけですよ。耳の穴の中も、汗かくわけですよ。イヤモニの、中に入り込んじゃったりすると、音を遮断しちゃうんで、音が、こう、途切れちゃうんですよ。それを防ぐのに、松が、ポンポンって背中を叩いてくれて、「これ、イヤモニ変えます」って言って、こういうジェスチャーを、してくれるんですよ。僕に・・・耳の中にかいた汗を、取らないといけないから、綿棒まで出してくれますらかねぇ。(すごいねぇ。そんなに汗かくんだねぇ・・・)舞台監督さんっていうのは、一人、今回も、いらっしゃるってお話をしたけど、その舞監チーム、あれ、チームなんですよ。舞台監督さんのチームの人が、ようは、メンバー5人に、一人ずつ付くわけですよ。僕は、ずーーっと、菊池さんっていう方が、ライフの頭から、ケツまで、僕は菊池さんとずーーっと一緒です。それこそ、ありの巣の中は、真っ暗ですから、道案内みたいな感じで、「こちらです。」って言って、俺らが歩く、足元をペンライトで照らしてくれて、ステージの床の、ねっ、中を動きまわってますけど、床の下がちょっと、想像できるでしょそういう人たちが、全部把握してるわけですよ。中居のソロが始まりました。ってなったら、「V終わりまで、後4分なんで、まだ、大丈夫です。」っていう。結構、ホラ、俺らライブ本番になっちゃうと、テンション上がってるから、どうしてもこう、前に前に、よしいくぜいくぜっていう感じになるんだけど、それをこう「いや、まだ、大丈夫ですよ。座ってて大丈夫です。」って、一小節二小節の世界まで、ちゃんと計算してくれて、それで、僕らを導いてくれますよ。「はい。行ってください。」とか、だ、それができてなかったら、流れが止まっちゃうじゃないですか?どんだけ世話してくれんだ??っていうぐらいちゃんとやってくれてますよ。みんな・・・マジで・・・


先週ヘアメイクの話しをした時に、話題に出ました、今回のライブを手伝ってくれている、ヘアメイクのキンちゃんこと、きんちゃん。ふふふふ、がですねぇ、この曲の時、素敵な事をしてくれてます。そんな話しをこの曲の後に、ご紹介したいと思います。


Style/木村拓哉


ソロの前に、僕は一回、裏の引っ込んで、着替えて、さっき言った菊池さんが「はい。そろそろいきましょう。」みたいな感じで、舞監チームが言ってくれると、菊池さんと、僕と、マイクさんとの松の三人で、僕が登場するところまで、ありの巣をこう、うおーーーって動くんですよ。なんだけど、後から、キンちゃんが、来てくれて、アロマオイルの瓶を、フッてこう、毎回出してくれるんですよ。で、その瓶を僕は受け取って、手首にポンポンポンポンって、オイルを垂らして、「よし、行くか」って感じで、だ、僕は、アロマオイルの香りを、身にまとって、ライブをやってます。これ、キンちゃんお勧めなんですよ。ホントによくって、いい感じなんですよ。CHIHARUさんとか、ETUさんにも言ったら、ETUさん超――――ハマっちゃって、「店教えて」って、この間キンちゃんに聴いてました。(そんなにいいの??)ふふふふ


今回のライブも、来週の北海道2DAYSで、おしまいえ???????もうラストか??って感じですねっ。このラジオを聴いた、上で、北海道のライブに参加してくれるみんなは、今日話ししたねっ、あー、あのステージの中には、たくさん人がいるんだろうなぁ・・・って事を、思いながら、妄想しながら、楽しんでください。黒いステージの中は、ありの巣みてぇ~になってんだろうなぁ??っていうのを想像しながら、楽しんでください。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


さっき、福岡のライブ終わった次の日に、九州で波乗りしてた??な-んて、ある意味、ちょっと都市伝説的なメッセージを読んだんで、ここで、ちょっと、あのー、福岡の話しをしようかな?福岡のねぇ、ライブん時、フォークスの小久保さん、割りと親しくさして頂いてて、「うまいとこ連れて行くから、一回一緒に飯喰いに行こうよ」って、前々から言ってくれてて、この間、骨折しちゃった、あのーー、ふふ、武豊騎手も、そう、も、一緒に、あと、斉藤かずみ選手とか、みんなで、こう、飯喰いに行って、小久保さんが、お店を貸しきってくださいまして、和食やさんなんですけど、これが美味かった。(そんなに美味しいの???)お店の名前、超――――言いたいけど、秘密にします。すっげぇ~美味かった。




感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●yさんへ

いえぇ~まだ、完成できなくて、すみませんm(__)m
頑張って仕上げるので待っていてください。
聞けないのは悲しいですねっ。

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●12/2 eさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。いえいえいつも、遅くて・・・
ついつい、土曜に仕事が入ってしまうと、遅くなってしまって・・・
ホント、ライブも今日、明日で、あっという間でしたねっ~
DVD楽しみですねっ
こちらこそ、いつでも遊びにいらしてくださいね。よろしくお願いします。

●12/2 yさんへ

やっとできましたぁ~お待たせしてしまって・・・

スマスマあっけなかったですよねぇ!?

早く、聞けるようになるといいですねっ。

●NO TITLE

こんにちは^^

質問が遅くなっちゃいました~
もう12月なのに、11月のレポについて...^^;

‘スジ’のところでなんで‘ゴン’と鳴りましたか?
説明お願いします~^^

●ヒョンさんへ

そういう質問が来ると思って緑字で(ん???スジ???)と私も「?」つけてますよね!?

きっとエロかと…

質問したいのはよくわかりますが、そういう質問は悪戯とも取りかねませんので今後お答えできません!!
すみませんm(_ _)m

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●Hさんへ

お返事遅くなって、ごめんなさいm(__)m
決して、Hさんが、そうだと言っているのではないのです。
Hさんの名前で、そのような事を聞いてくれる人が出てきたり、悪戯で書いてきたりするような人が出てきたら困るので、お答えできません。というコメントになりました。
嫌な思いをさせてごめんなさいm(__)m

もし、よければ、http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P35041993からメール貰えれば、お答えしますよ。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。