さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2008/10/10

最近、「スマスマ」のあのコーナーに対してリアクションが多いみたいですねぇ。

新潟県 ○○ 19歳「キャプテンこんばんワッツ。「スマスマ」でこないだやっていたコーナー、「ニッポン道場」でのキャプテン達の絵のうまさに、驚きました。いわしの絵をSMAPみんなで描いてましたよねぇ!?ゲストのジョディ・フォスターに選ばれて一番になったのは、慎吾君の絵でしたけど、キャプテンのもよかった。私個人的な感想では、うまさではキャプテンが一番だったと思います。慎吾君のアート性にはかなわないかも知れませんけど・・・キャプテンは小さい頃から、絵が上手だったんですか?」


っていう風に、書いてありますけども、これは先月放送になった「スマスマ」の「ニッポン道場」っていう企画の事ですねっ。そこで、僕らSMAPのメンバーが、いわしの絵を描くっていう、お題で勝負して、ゲストのジョリー・フォスターが、一体、誰の絵を選ぶのか?って言う勝負だったんですけども、まあー、あの、結局、慎吾の絵が選ばれて、見事優勝!みたいな感じになったんですけども、自分でも思うんですけど、アート性がないんですよ。僕って・・・(うんうん。かなりリアリティーがあったねっ。)なんて言うの?その、味を出すとか、そういうんじゃなくて、いかにリアルに、本物がここに存在しているかのように、描きたくなっちゃって、それ、小さい頃からの、きっと癖だと思うんですけど、それでああゆう風になっちゃったですけどねっ。でも、書いている途中は、サーフボードにしか見えませんでしたけどねぇ、いわしが・・・まだ色も何にもつける前に、フォルムを書いたら、『これ、普通のフィッシュテールのボードじゃねえかよ!?』とか、思ったんですけど、ふふふ、まさにフィッシュテールって感じだったんですけど、メッセージに小さい頃から絵がうまかったんですか?って書いてあるんですが、うまいかどうかはわかりません。うまいかどうかは、それは人が決める事だと思うんですけど、一応、ガキの頃は、9年連続賞状貰ってました。(へえーー、そうなんだぁ・・全然知らなかったぁ~春の絵を描く会で・・・・写生が得意なんです。(うっ、拓哉が写生って言ったら、アブなく聞えるぅ~写生だったら負けないと思いますよ。勢いとかねっ。(ほらぁ~、やっぱアブないはい。

魚の絵の話から始めた今日のワッツなんで、オープニングはこんな曲から・・・その名も、リール・ビッグ・フィッシュって言うバンドです。この曲、僕が初めて買ったレコードa-Haの「テイク・オン・ミー」のカバーなんですねぇ。行きましょう。


TAKE ON ME / リール・ビッグ・フィッシュ


先程、オープニングで「スマスマ」のコーナー「ニッポン道場」の話をしましたけども、あのコーナー、最初は、「ろくろの王国」という名前だったんですよ。でも、今では「ニッポン道場」という風に、名前を変えて、やらせて貰ってるんですけども、まあーねぇ、あのコーナー「スマスマ」で見てると、ただのコーナーだから、10分程度のコーナーになってると思うんですけども、実はですねぇ、収録時間はおっそろしく長いですよ。あれ・・・(だろうねぇ・・・ろくろなんて、何日もかかってるわけだし・・・)この間の水墨画の時も、いわしの絵、1枚描き上げんのに、1時間弱ぐらい使ってたんじゃないですかねぇ(そんなに???でも、やり出すと真剣になっちゃうよねっ。)結構ねぇ、やってる間は、無言なんですよ。鶴太郎さんが、いろんな事を言ったり、聞いてくれたりするから、それに対する受け答えはするんだけど、たまたま俺らがしゃべってるところばかりをつないで、テレビのコーナーとして成立させてもらってると思うんですけど、鶴太郎さんが話しかけてくれなかったら、俺らずっと無言ですよ。あのコーナー・・・


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


後ねぇ、あの「ニッポン道場」って言う企画では、この間の水墨画の他にも、書道とか、色々やったんですけど、(華道の話もしてくれないかな??)書道も、すごい時間かかりましたねぇ。(そんなにかかったの??)スタッフが用意した400枚ぐらいの、半紙がなくなりましたからねぇ。(凄い書いたんだねぇ・・・)カウントしてたらしいんですけど、スタッフが・・・俺100枚書いたらいしです。(カウントしてるのも凄い(笑))納得いくまで、何度も、書きまくったって言うか、覚えたての中学生みたいに、書きまくったって感じですねぇ【ゴーン】(おいおい。またアブないアートな話をしてるのに、変な方向にそれちゃいました。すいませんねぇ。でも、僕、思うんですけど、エロとアートは紙一重だと思うんですよ。(まあー、確かに、絵でも、裸像とかあるからねぇ・・・)


え~、「スマスマ」のあの~、企画の中では、陶芸もやったりするんですけども、陶芸の時はねぇ、あれ、ある意味、一番時間かかってんじゃないですかねぇ(うんうん。乾かさないといけなかったりするからねっ。)陶芸って言うのはだって、まず、ろくろひいてから、乾かさないとダメでしょう乾かすまでに、1週間ぐらいかかるでしょうで、乾いた陶器に、絵付けをするでしょうその絵付をしたものを、窯に入れて、焼き上げるわけじゃないっすか??1か月ぐらいかかってんですよ。あれ・・・1回分の放送に・・すっげぇ~時間かかってますけど、OAでは、約10分っていう風に、物凄い、切り詰めたコーナーになってるんですけど、でも、まあー、それを色々経験させて貰う事によって、結構、増えましたよ。実際、自分ん家で使う食器。使ってますよ。俺・・・(使ってるんだぁ~)番組で、その、ろくろって言うのを経験したじゃないですか『あっ、これ面白れぇ~』って思って、俺、結構行ってますよ。(えっ!?実際にろくろ回しに行ってんの??)時間がある時・・・焼き物やってる。いやいやいや、焼き物ってほらねぇ、ろくろをひくだけですけど、それを焼いて貰って、ほんででき上がったら、連絡が来るから、取りに行って、「おー、これ使えんじゃん」っつって言って・・・食器は自分でろくろひいたやつ、すっげぇ~多いっすよ。ご飯茶碗もそうだし、大皿も作ってるし、大皿も作ってるよ。俺・・・後、灰皿作ったりとか、僕の知り合いが、茶道をやってる人がいるから、(へえーー、そんなお付き合いもあるの??)もしかしたらこれ使えんじゃないかなぁ~と思って、「どうっすか?」って言ったら、「うわっ、これ、凄いっすねぇ~」とかって言って、(前の、黒で中がブルーのやつ綺麗だったよねぇ~)茶道で、何かそのお茶碗とか、使って頂いてるらしくて、あのー、だから、お茶会とか俺、時々、参加させて貰って(へえー、初耳。茶道で正座してる姿が想像できないんだけど・・・でも、茶道はかなーり気持ちが落ち着くからいいよねっ。)お茶室でちゃんと、こう正座して、自分のひいたお茶碗で、お茶の先生がこう、入れてくれたお茶を、そういう時間も、僕は、経験してますよ。(自分の作ったお茶碗ってすっごい贅沢。最近お茶会行きたかったんだよねぇ~秋だしねっ。)実は、あの「ニッポン道場」を、発信源として、結構いろんな事をしてますねぇ。あれ、結構、お勧めですよ。出来上がってからも、実際に、ねぇ、役に立つし、なんか、そういうのっていいじゃないですか??自分が作ったものを、生活に入ってくるって・・・だ、やりっ放しじゃなくて、その、自分の生活に、それが入ってくるって、凄く、やりがいがあるし、これお勧め。お勧め。まあー、今日は、珍しくちょっと、アートな話をしてます、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!東京FMをキーステーションに、全国38局ネットで、今宵はみんながあーーっと(うふふふ。アートねっ驚く、真面目な放送をお届けしてます。もう、すっかり寒くなってきたねぇ~。最近ねっ。っていうか、俺の今の発言が、サムいよねっ。(うんうん。)ごめんねっ。まっ、このワッツってねぇ、たまに、僕の学生時代の、昔話とかするんですけども、美術とか図工の話って、あんまりした事なかったですよねぇ。(うんうん。した事ない。)体育とか部活の話はした事、あったかも知れませんが・・・ぶっちゃけ僕はですねぇ、子供の頃、美術とか、図工はねぇ、結構、好きな方でしたねっ。(へえー、そうなんだぁ・・)あー、さっき言った9年連続のやつあれは、春の絵を描く会って言うやつがあったんですよ。だ、小1から、中3まで、義務教育の間は、毎年貰ってました。そう、V9達成です。(凄いねぇ・・全部って・・・私も絵好きだけど、写生は苦手オール写生です。(だから、拓哉が写生っていうとアブないってばぁ・・・写生一筋っていう感じなんですけも・・・描いた絵は、やっぱ覚えてるよねっその春の絵を描く会で、1個、すっげぇ~、自分でも変なことしたなぁ~って、思う絵があるんですけど、「教室から見える風景を描きなさい。」って、言われたと思うんですよ。たぶん・・・お題として・・・「教室からの風景を描きなさい」って言われたにもかかわらず、俺が絵の構図として、一番真ん中にドカーーンって描いたのが、花の絵なんですよ。教室に生けてあった、葱坊主って言ってさあー、あのー、太―い茎に、綿あめみたいに、ボコーンって、花火みたいな、紫の花火みたいな花が咲くような、(あれ、葱坊主じゃなくて、ギガンジウムねっ。)あれが、教室にたまたま生けてあったんですよ。それを絵の中心に、ドカーーンと書いて、その向こっかわに、窓のサッシとか、そのサッシの向こうに見える、一戸建ての瓦屋根とか、下水処理場のビルとか、を描いたんですよ。(それが逆によかったんじゃない!?みんなが書かないような絵で・・・)それでも賞状を頂きましたねっ。幼稚園ぐらいの時から、描いてましたねぇ。絵は・・・物は残ってないし、証拠はないんですけど、めちゃくちゃ覚えてるのが、宇宙戦艦ヤマトが、敵軍の、デスラー率いるデスラー艦隊が、奇襲をかけて来て、宇宙戦艦ヤマトが、ボロボロんなって、煙を吐いてる絵を、幼稚園の時に描いたの、覚えてんですよ。で、それを凄い、個人的には、気に入ってた、記憶があるんですよねっ。クレヨンで力強い絵を描いたような気はするんですけど・・・高校では、美術って言うのは、俺、あのー、定時制だったんで、高校行ったら、もうなかったですねぇ。そういう授業は・・・義務教育の9年間で、そういう美術生活は引退です。


自分で絵を描いたりするミュージシャンって、結構いますけど、ストーンズのギターリストの一人、ローンウッドは、個展を開いたりする程の腕前です。


START ME UP / ローリング・ストーンズ


学生の時は、美術以外に、音楽とかいう授業があったりしたけど、まっ、今でこそ、CDとかねぇ、出させて貰って、全国ツアーだみたいな、事もやらせて貰ってますけども、でもねぇ、音楽の授業は、正直ねぇ、得意ではなかったですねぇ。歌も嫌いだった。(へえー、そうなんだぁ・・確かに、音楽の授業の歌ってあんまり楽しくないのかも・・・)順番こに、歌わなきゃいけない感じとか、すっげぇ、嫌だったまあ、そんな今はねぇ、俺が、全国ツアーとか、ふふふ、やらせて貰ったりとかして、るんですけど、ホント嫌だった


東京FMをキーステーションに、珍しくアートな話を全国38局ネットに乗せて、お届けしてます、今宵の、木村拓哉のワッツなんですが、芸術の秋とも言いますから、たまにはこんなワッツもありかなぁ~って、感じなんですけど、「スマスマ」で今やってる、ちょっと、アートっぽい企画は、「ニッポン道場」っていうねぇ、コーナーがあるんですけども、まっ、その前に、「ろくろの王国」っていう、陶芸の企画をやってたんで、またー、両方合わせると、もう2年近くやってますねぇ。(もう、2年もやってるのかぁ・・・)毎回、司会として、鶴太郎さんをお迎えしてるんですが、「司会を鶴太郎さんにお願いできないかなぁ??」って言い出したのは、実は(ひそひそ声で・・・)俺なんですよ。(そうなんだぁ・・凄い芸術家だもんねぇ~鶴太郎さん。)これは、よくない自慢して・・・・(うんうん。いい)俺の作品とか、そういう事ではなくて、あのコーナーの司会に、「鶴太郎さんどう?」って言い出したのって、マジ、俺なんですよ。あるCMで、筑波の方にあるスタジオに行ったんですよ。そしたらそのスタジオの、廊下に、いろん~な絵が、かかってるんですけど、その絵がねぇ、全部、鶴太郎さんの絵だったんですよ。(素敵だよねぇ~鶴太郎さんの絵。私も見たことある)スタジオ全体が、「鶴太郎絵画展」みたいな。ホント、そんな感じの作りになってる、スタジオがあって、鶴太郎さんってホントにやっぱ、絵、描いてるし、『すげぇ~なぁ~なんだこれ??』と思って、待ち時間長かったんですけど、その廊下に貼られてる?鶴太郎さんの絵をこう、普通に、僕も見たりとかしてて、そんな経験もあって、「アートっぽい、芸術っぽい、企画っていうのは、どうですか?」っていう風に、スタッフに言われた時に、「じゃあ鶴太郎さん、司会にどう?」って、企画として成立するのかどうかは、もうねぇ、よく分かんねえよって思ったんだけど、鶴太郎さんさえいれば、ねっ、その中身がどうなろうと、鶴太郎さんがいたら、間違いないっしょっていう部分が僕ん中にも、あったんで、(うんうん、芸術はできるし、面白いしねっ。)元々ねぇ、あれだけ、もうひょうきん族で、僕らをときめかせてくれた人なので、もうこの人以外ないなって思って、スタッフにお願いしたんですよ。まあ、そんなところから始まって、もう2年くらいやってる企画なんですけども、まぁーあの、本番ってなるとねっ、あーやっていきなり、突拍子もない事を言い出したりとか、物凄い声のトーンで「鶴ちゃんです。」(鶴太郎さんの真似)って感じで、やってくれますけど、本番以外では、ホントに、一芸術家ですから、あの人・・・だから、ゲストの誰々に、俺の作品を選んで貰いたいとか、そういう気持じゃないんですよ。僕の中では・・・まずは、俺らの師匠役をやってくれてる、芸術家の片岡鶴太郎さんが「いやぁ~、木村君、来たねぇ~これ・・・今回、来てるねぇ~」って言う、のが、まず嬉しいんですよ。コントっぽく、師匠とかやってますけど、ある意味、あのコーナーん中では、鶴太郎さんはそのー、いろんな芸術面に関しては、うちらメンバーの、師匠になってくれてると思うし、話し方だったり、声のトーンはふざけてますよ。テレビっぽく・・・なんだけど、実際にやってくれる事が、ホントに凄いから、そっから、いろんな事を感じ取る事ができるし、鶴太郎さんには、ホントに、お世話になってますねぇ。これまでに、いろんな事やらせて貰いましたねぇ。『楽しいなぁ~』って思ったのは、(何々??華道???)書道かなぁ???(確かに、書道も奥が深いよねぇ~)あれ、楽しいなぁ~と思った。あんなに汗かくと、思わなかった。汗かくよ。あれ・・・気合い入れるんですよ。自分の中で、凄い、コンセントレーションが、もう、グアーーーってアクセルが踏まれると言うか、筋肉の汗じゃなくて、もうなんかこう、気持ちの汗が、凄い。だから、あの作務衣の下に着てる、Tシャツとか、割りと汗、吸ってましたよ。あの回は・・・これもちょっと、裏話になっちゃうんですけど、この「ろくろの王国」とか、「ニッポン道場」って企画??一番最初にスタッフが考えた時、選ばれなかったお椀とか、焼き物?は、その場で、壊す。みたいな、(あーー、前の粘土の王国みたいに!?私も、最初壊されるのかな?ってドキドキしたけど、壊されなくてよかったって思った。)前に「粘土の王国」っていう、コーナーやってたじゃないですかで、選ばれなかったら、その場で斉藤洋介さんが、こう、木槌で、その粘土を、クチャって潰すっていうねぇ、(うんうん。そうそうちょっとギリギリな、コーナーをやってたんですけど、陶器も、そういう風な感じで、その場で、割る。みたいな事を言ってたんですけど、ねぇ粘土だったら、ちょっとギリ、セーフかな??と思うんですけど、なんか、焼き物を割るっていう、映像が、違うんじゃないの??っていう、事になり、(うん。あれは、割ったらよくないよぉ~)クニャっといかないからねっ。ちょっと破壊的なイメージになるじゃないですか??「それは違うんじゃねぇの??」って話をして、今の形を、取らせて貰ってんですけどねっ。


ではここで、SMAPのニューアルバムから、こんな曲をいきたいと思います。アートなぁ~んて、感じの話の後には、これかなぁ??と思ったんで、かけます。これねぇ、結構、ライブでは評判いいんですよ。(うんうん。ライブのアベ・マリアめちゃくちゃ好き)


ひとつだけの愛~アベ・マリア/SMAP


聴いてもらってます「ひとつだけの愛~アベ・マリア」なんですけども、ツアーでこうねぇ、やらせて貰ってる、ナンバーなんですが、今回のコンセプトの「super.modern.artistic.performance」っていうのに、挑戦するには、うってつけの曲なんですけど、俺ねぇ、ラッパーじゃないんですよ。(ふふふふ。確かに・・・でも、絶妙なタイミングで入らないといけないもんねっ!?この時の拓哉の顔、凄い厳しいんだよなぁ~)俺ラッパーじゃないのに、とにかくねぇ、リズムの取り方とかねぇ、やたら凄い、もう、絶妙なんですよ。これ・・・そうだから、普段、縄跳びをやってない人間が、「お入んなさい」って感じで、こう「いつ入っていいんだよ」っていう、あの入るタイミングをねぇ、1個でも間違えると、もう、おしまいなんですよ。これ・・・(そんな大変なんだぁ・・・だから、あんな顔つきになるんだねぇ・・・)この曲始まった瞬間に、俺、結構、ホントに、ケツの穴、キュッと閉まってますよ。(ふふふふふ。あれ??いつもならここでCMなのに、CM行く前にイントロ??)


今日は「スマスマ」でチョコチョコ、やらせて貰ってます、アートな企画、「ニッポン道場」とか、裏話をしてきましたけども、あのコーナーの中で、今後チャレンジ、もしくは、対決してみたい、芸術と言われるとやっぱ、そうだなぁ~っていうかさあー、スタジオとかじゃなくてさあー、自然の風景を、目の当たりにして、例えば、こう、みんなで海とかに行って、風景画を描いて、対決とかどうですかねぇ(おーーー、いいねぇ~。海でみんなで絵を描くって・・・)題して「SMAPが海に向かって写生対決」とか・・・【ゴーン】(おーーーい・・・・・)これさぁー、番宣のコピー的にも、イケてんじゃないですか??ちょっとドキっとしない?(いや、めちゃくちゃヤバイって・・・「SMAPが海に向かって写生対決」とかさあー、ついにお前ら、そういう事、やりだしたの?みたいな・・・これダメかな??たぶん鶴太郎さん的には、横で「飛びます。飛びます。」とかっつって、(あははは)超ノリノリで、やってくれると思うんだけど、黒木さんがどうするかだよねっ「すいません。うちファミリー番組なんで・・・」って言われたらおしまいだもんねっ。すいませんねぇ、こんな僕で・・・申し訳ない。こんな男、木村拓哉がお送りしているこのラジオ、WHAT’S UP SMAP!では、みなさんからのメッセージを、待ってます。メッセージは、番組公認HP、その名も「WHAT'S 海賊団」の掲示BANG!に、お願いします。「WHAT'S 海賊団」のアドレスはこちら、httピンコロン、ダメ、httピンとか言っちゃった【ゴーン】


という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


只今、ライブ中の僕らSMAPなんですが、ライブツアーの方は、昨日、大阪公演3DAYSが終わって、次は、福岡ですねぇ。福岡は、11月んなっちゃうんだねぇ~結構、あくんですよ。ここで・・・(そうそう、辛くないのかな??)なので、ちょっと僕はですねぇ、そろそろ海に戻りたいと思います【ゴーン】(うんうん。この間に行くと思ってたよ)戻ります。もうすでに3ミリフルが出来上がってます。(3ミリフル??)ありがとうございます。3ミリフルってわかりずらいよねっまたねぇ~何言ってんの??って感じでしょ0.03㎜じゃないからねっ【ゴーン】(おいおい)同じゴムで、できてるけど、割りとねぇ、全身なんですよ。あの、あっ、あっちも全身だよなっ。いやー、俺は、カラー入れないんで、フルスキンですよ。【ゴーン】(またあー)フルスキンとか言うと、また、わかりずらいよねぇ。だ、正直言うよ。だから、コン○ームじゃない【ゴーン】ウエットスーツの話です。ごめんねっ。コン○―ム、コン○―ム、オーダーしてたら、恐いよねぇ~(笑)「俺、オーダーの使ってんだけどさぁ~」とか言って、怖くねぇそれ・・・・








感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。