さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2008/9/12

えー、僕らSMAPのライブツアーのスタートまで~、あと2週間~もう、切ってんだ24日スタートだから、もうあと12日ですねぇ。ライブセットなんかも、今までたぶん、SMAPのライブ会場に足を運んでくれた人は、「あれ??どうしたの?」っていう感じで(え???どんな感じなの??めちゃくちゃ気になるよぉ~)ビックリしてくれると思いますよ。セットも違います。その、すべてねぇ、会場に屋根が付いているっていう前提も、凄く大きいんですけど、(え??屋根??何なの??)今回、リハーサルに参加してくれている、サムさんだったり、チハルさんだったり、エツさんが「東京ドームだったり、ドームの会場に、このセットは、SMAP以外ありえないねっ。」っつってましたねっ。「これはすげぇ~セットだよ。」って言ってました。TRFのパフォーマーに、そういう事言われると、凄い嬉しいんですよねぇ。そういうところで、意識的にも??高めて貰いながらも、リハは進んでるんですけども、他のアーティストとかだと、どうなんでしょうねぇ?ライブ2週間前の心境とかって・・・もう一通り、リハが終わって、初日の成功を祈って、ちょっと緊張してる感じの時期なんですかねぇ??そう考えるとSMAPにも、いいとこがあるよねっ。(ふふふ。考えてる間がないもんねっ。(笑))だって、ほら俺らさぁー、いつもこう、ギリギリだから、当日以外は、全く、こう緊張しないっていうか、緊張を感じてる余裕すら、ないじゃないですかこれが、今の段階で、リハが、もしですよ、全部終わってて、ほんで、ライブスタートまで、もう各自で練習して・・・みたいな事言われたら、逆に、もしそういうスケジュールになったら、俺、たぶん、毎日海、行ってますねぇ(緊張をほぐすために???うん。分かる気がするぅ~)【ゴーン】(はははは)ふふふふふははははは緊張しないように・・・


さぁ、今日のオープニングは、みんなの知らない、こんな曲からです(え???アルバムの曲??かけてくれんの???)まだどこでも流れてない、あのパフュームの新曲なんです。(え???パフュームの新曲???)嘘でーーーーす!!!!!SMAPのニューアルバムに、こんな曲が入ってるんですよ。(えええ??このパターン???私あんまり好きじゃないんだぁ・・パフュームでお馴染みの、中田やすたかさんが作ってくれました。SMAPで「ココロパズルリズム」9月24日発売SMAPニューアルバ「super.modern.artistic.performance」ただ今解禁


ココロパズルリズム / SMAP


どうよこれ、パフュームかと思ったでしょう?俺も思った。そのパフュームで、お馴染みの中田やすたかさんが、うちらに曲をふふふ、書いてくれるって事んなって、ニューアルバムに入ってるんですけど、これーーー、今、お聴かせできたって事は、先週レコーディングしたばっかりの、俺のソロの曲も、もう出来上がってるんでしょうか??今日のワッツでお届けできるんでしょうか?(え??ソロ曲かかるの??)早速、アルバム裏話、していいですか?オープニングで「海」なーんて、話したんで、海つながりなんですけども、今回のニューアルバムのレコーディングした時に、スケジュールがねぇ、3時からとか、遅く始まる日があったんですよ。「あっ、3時かじゃあそれまでどうするかな?何してようかな?」って思ったんですよ。で、携帯で波情報チェックしたら、結構よさそうで、よし、じゃあ、海行こうって思って、レコーディング中の1コマとして、海から出勤【ゴーン】(え???そんな事したの???)


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


小川君が海まで来てくれました。(え??お迎えに??)着替え終わった俺が、防波堤のとこから「おおーい」って、手振って、(うわー、なんかめちゃくちゃ想像できるぅ~(笑))「ここだぁ~」って言って、で、その車に乗り込んで、ビクタースタジオまで行きました。(ふふふふ)冗談でこう、俺も半分冗談で、「海まで、来てくんねぇかな??」って言ったら、二つ返事で「はい」って言ったんですよ。いやっ、ちょっと迷ったらしい。「近所までには来てるんですけど、これどこまで奥に入って行くんっすか?」みたいな、「いや、いいから、ずーーっと、道がある限り来て」って言ったら、(ふふふふ)ワイシャツを着た、小川君がふふふふ、「お疲れ様です」って言って、いやっ、お疲れ様を言うのは、こっちだよ。とか思ったんだけど、小川君の口からねぇ、出たコメントが、凄くねぇ、僕の中でよかったんですけど、「こういうところまで来ると、東京と空が違うんですね。」っていう風に、ホントに普通に、言ったんですよ。そういうところを、こう、感じ取ってくれるねっ、マネージャーは必要だと思いましたねぇ。


ちょっと前にこれ話題になってたみたいなんですが、新聞とかに載ったんっすか?これ・・・こんな事も新聞に載る載るんだへえー。面白いねぇ。世の中って・・・(ふふふふ知らなかったんだぁ・・・)


栃木県 ○○ 15歳中学生「拓哉キャプテンはゴルフの石川遼君と、本当にメールしてるんですねぇ。ちょっと前になりますけど、新聞に「キムタクが石川遼君におめでとうメール」って出てました。キャプテンは石川遼君が優勝したのをテレビで見て、お祝いメールしたんですか?普通の人っぽくていいですねぇ。(ふふふふふふ)キャプテンは、結構メールするんですねっ。P.S.中居君がメールをした事がないって本当ですか?」


って書いてありますけど、してんじゃないっすか?(ふふふふ)してるだろう。もう、いい加減てしてるだろうこれネタだろういや、俺??俺???俺と中居???俺はだって、アドレス知らねぇもん。ほんで、えー、そうですねっ、あのー石川遼君に、俺が送ったおめでとうメールって言うのは??あれですか?先月遼君がプロとして初優勝した時の事ですかねぇ?しましたよ。確かに・・・彼と、まっ、初めて?「こんにちは」っつって、ちゃんと会うことができたのが、7月だったかなぁ??全英オープンの関連の特別番組で、対談させてもらって、その現場でねぇ、電話番号とメルアドを交換したんですよ。その対談の中で、出たキーワードがあって、ガッツポーズを、スコアーブックの何打で打ちましたっていうねっ、ゴルファーの人が記入するスコアカードっていうのが、まっ、ゴルフやられる方は、わかると思うんですけど、点数的な結果をこう書いてくカードがあるんだけど、もうひとつ覧を作って、何個ガッツポーズが取れたか、その日1日、コースーを回ってみて、それを増やしてった方が、いいんじゃねぇの?って、話をその時させてもらって、僕も凄く嬉しかったんだけど、彼からのメールで「それを心がけるようになってから、すごいゴルフが楽しくなりました。」って言う風に、返信を頂いたんですよ。(おーー、凄いいい事じゃん)それって凄いいい事だなぁ~と思って、「首位キープ!」みいな感じの、ニュースを見たのかな??夜。家で、スポーツ番組を見てて、その優勝した回のねっ、「えー、明日、いよいよ最終日、このまま首位をキープしたまま、プロ初優勝なるか」みたいな感じの、スポーツ番組がやってたから、すげぇ~じゃん首位って、うわぁ、トップで最終日なんだぁ~、と思って、プロ1年目でねっ、すげぇ~なぁと思って、「明日がんばってねぇ~」みたいな感じの、「またガッツポーズよろしく。」みたいな感じの、メールを送ったら、「めっちゃくっちゃ緊張してます。」っていうふふふ、メールが返ってきたから、「それってねぇ、誰にも、買う事のできない燃料だから、自分しか持てない燃料だから、目いっぱい使って、楽しんで来い」みたいな事を書いたら、「かっこいいこと言いますねぇ~」みたいなメールがきて、最終的に初優勝ってなったからわ、うわっ、すげぇ~なぁと思って、で、「おめでとさん」っていう、「お疲れさ~ん」っていう、メールをしたのは確かにありますねぇ。テレビとかを見て、メールをしたりする事、結構ありますよ。(へえー、結構あるんだぁ・・・)あっ、そう言えば、この人最近連絡取ってないなぁ~って言う感じで、堤真一さんがいきなりコマーシャルで、バンって出てくると、元気かなぁ???と思って、メールしたりとか・・・ふふふ、メンバー?メンバーは・・・でも、そうですねぇ、ゴローズバーとかに、よくグラビア系の女の子とか、多いじゃないですかそういう時ねぇ、もう、あっからさまに、表情に出てんですよねぇ。(あはははははは)ゴローは・・・そういう時は、時々メールします。「いい思いしてんなぁ~」みたいな感じで、メールはしますね。


メールなんて話をしたんで、ここでこんな方たちの曲を、聴いてもらいましょう。


Respectable / メル&キム(まっ、でもあのー、頂いたメールには、大抵返事をして、こののワッツ中にも、曲流してる間に、返信したりとか(え??曲流してる間に返信??どんだけ早いの???)してる時は、ありますねぇ。携帯、来てないね?着信ないよね?着信ないですね?あ、大丈夫です。)


福島県 ○○ 16歳高校生「拓哉キャプテン、こんビンビン。最近、日に焼けて真っ黒ですねっ。テレビ見てていつも、黒っ!って思います。サーフィンにたくさん行ってるんですか?そんなキャプテンにお願いがあります。キャプテンはワッツでよく、サーフィン用語でたとえ話しをしますよねぇ。この間もノーズに行くって言って、正直意味がよくわかりませんでした。トークするときは内容がわかるように話をしてください」(あははははは)
っていう、これはまあ苦情ですねっ。(ふふふふ)


ちょっと、調子にのって意味わからないこと、喋りまくってましたか?そうですか?まぁ、言い訳をさせて貰うと、このワッツは波乗り率が高いんですよ。ディレクターのクリリンもサーファーで、この間おもしろかったのが、何の連絡の取り合いもしてないんですけど、海で、僕、アウトで、(アウト??)波待ちしてたら「拓哉」って言うから、『拓哉?』と思って、振り返ったら、クリリンがふふふ、「うー」って来て、何の連絡も取り合ってないのに、沖の方でなんかこう、二人して、「おー、来たんだぁ・・」みたいな、そういうなんか関係なので、ついつい、お互いだけがわかる共通語というか、内輪話で喋っちゃってたんですねぇ。はい。申し訳ありませんでした。油断してたら、パーリングして巻かれちゃったぁ~みたいな、気分ですねぇ。って、こういうのが、わからないっていう風に、言ってるんでしょ?みんなは・・・ああ、今日はやりましょう、はい、僕のトークに出てくる、言い回しがわからんと、ブーたれていあなたに、こんなのをお送りします。題して、「よくわかるサーフィン用語のクソ知識」今日は徹底的に教えます。今日のワッツで出てきた単語を覚えれば、サーファーの皆さん達の会話が、ばっちり理解できるようになると思います。今宵皆さん、一気にテイクオフしていただきましょう。では、サーファーの皆さんが海に入って帰ってくるところまでを、順番に解説していきますねっ。時系列で説明していきます。えー、大体、あの海についたサーファの皆さん達は、まず、砂浜から沖を見て、波チェックをするんですけど、この沖って言うのは、その海の向こうの事ですよねっ。逆に陸側が岸じゃないですか岸から沖を見て波の感じを眺めて、あー、どこからゲッティングアウトしようかなぁ??って考えるんですよ。この、ゲッティングアウトって言うのは、岸から沖に向かって、出て行く事を、言うんですけど、あの、波の中には、実は沖に出やすい場所があって(へえーー、そんな場所があんの??)それを見つけて、僕らは沖に出て行くんですよ。カレントって言うんですけど、それを・・人によっては、チャンネルとも言いますねっ。カレントとも言いますねっ。(割れ目?)割れ目じゃないです。(あはははははは)ちょっとやらしくしないでください。(ふふふふ)やらしくしないで、潮の流れを、よーく自分で感じ取ると、沖に向かって流れてる部分が一ヶ所見つかるんですよ。(へえー、そんな場所があるんだぁ~)それに乗っていくと、あっという間に、沖まで出れる事ができて、で、よく、あのー初心者の方が、そのカレントに乗り過ぎちゃって、沖の方まで出過ぎちゃって、戻ってこれないというのが、あったりとかして、そういう時はよく、あのー、沿岸警備隊の人がねっ、(ふふふふ)ヘリで、救助に行ったりとかもするんですけど、(あれ??確か、昔拓哉もヘリ乗ったねっ!?)海水浴のみなさんも、気をつけないといけないのが、そのカレントに乗っちゃったりとかすると、あっと言う間に沖まで流されちゃうんで、だから、浮き輪で「ワーイ。ワーイ。海水浴だぁ~」ってやってて、フッて回り見たら、あれ???知ってる人が誰もいない、って言うぐらいの、ところまで流されちゃうんで、まぁ、ローカルのサーファーの皆さんが、沖に向かってバーってこう、パドルしてると時には、ああー、パドルっていうのは漕ぐ事なんですけど、パドルしてるところには、海水浴の皆さんは、行かない方が、いいと思いますねっ。流れが結構急なんで、それで実際、アウトに出て、まぁ、アウトって言うのは沖のことなんですけど、アウトに行ってラインナップに、こう自分も並んで、そこで、波待ちしてて、乗れる波が来たら、波に置いてかれないように、また、その波のうねりに合わせて、その波に乗れるように、パドルするんですよ。また。パドルが遅いと波に置いてかれちゃうんで、乗れないんですけど、うまくスピードが出て、波と同じ速さになって、板がスーーーーっと進み出して、おっ来たぞって言うのが、テイクオフですねっ。波に乗るって言う事に、つながるんですけど、で、うまく立てれば、そのまま波に乗っていく事が、できるんですけどぉ、テイクオフの時に、うまくバランスが取れなくて、前のめりになっちゃってると、自分が乗ってるサーフボードが、水面にささってくるんですねっ。わかるかな?テイクオフの瞬間は、波に板の後ろの方を持ち上げられる訳だから、前加重になってると、板の先っぽが、海に刺さって、そのまんま、巻かれちゃうんですねっ。ドーーーンっと・・・それがパーリングっていう、あれ、一番みっともないんですけど、テイクオフの失敗です。立つ前に刺さるって言う、で、うまくテイクオフできたら、まあー、ロングボードの場合は、ただ乗ってるだけじゃなくて、いろんなスタイルにもよるんですけど、クラシックな乗り方もあるし、今すごい主流なのが、ロングボードなのにも関わらず、ショートボードのように、板を動かすという、乗り方にもいろんな流行とかが、あるらしいんですけど、僕が、個人的にこだわってるのは、シングルフィーっていう、尾ひれが1枚しかない、それはどちらかというと、昔ながらの、60年代ぐらいに生まれた、スタイルなんですけど、クラシックな乗り方が僕は好きなので、技として、テクニックとして、あるのが、板の先っぽまで、タタタタタタって波乗ってる間に、歩いてって、一番、要は先っぽ?だから、一人タイタニックですよ。(あはははは。一人タイタニックって・・・(爆))ノーズまで行くと、自分の前、何もないんですよ。なんだけど、波の上を進んでるっていう、波の上を勝手に飛んでるみたいな感じで、サーフボード見えないですからねぇ、視界に入っていないっすからねぇ、この上ない幸せな時間なんですけど、ノーズライディングは・・・最初は、もう全然できなくて、歩けば歩くほど、どんどんこけてましたけど、ほんで、そんな感じをたっぷり楽しんだら、最後はプルアウトって言って、波から降りて、終わりなんですけど、わかりましたかねぇ?ゲッティングアウトからプルアウトまで、波乗りはこれの繰り返しなんですけど・・・だから、やらない人から考えると、バカじゃねぇのって言うぐらいの、沖に出るのもつらいでしょう疲れるでしょう大変でしょうで、波に乗る時も、一生懸命漕ぐでしょうで、一生懸命漕いで、やっと波に乗れたと思ったら、10秒20秒で、その楽しさが終わって、また、沖に向かってパドルして、(しんどいよねぇ!?)しんどい。で、ホントにやらない人から考えたら、バカじゃねぇのっていう事の、反復なんですけど、はまると、やばいっすよねぇ。そんな海で鍛えた体力を使って、ライブツアーに臨むわけですが、今年は、一体どんな選曲のライブなんでしょうねぇ?懐かし目のが多いのか???と思いきや、何んか、あーそういう感じで、アレンジして、この曲をやるんだっていう部分も結構あるんじゃないっすかねぇこの曲は絶対にやりますよ。(何々???拓哉のソロ???)今日、この番組で解禁になった、SMAPのニューアルバム「super.modern.artistic.performance」から、お待たせしやした。これが先週のワッツでチラッとお話しした、久保田利伸さんが、僕に作ってくれた、僕のソロです。(おーー、拓哉のソロだぁ・・・)先週レコーディングしたばっかりなのに、もう完成してます。流石、ビクター仕事が早い実は、今回、久保田さんは、2曲僕に曲を出してくれたんですけどもぉ、悩んで、悩んで、悩んで、こっちの曲を選ばせていただきました。


Style / 木村拓哉


いかがでしたでしょうかこちら・・・さっき僕、あのー、久保田さんが2曲、出してくれたって言ったでしょうもう1曲もねぇ、すっげぇ~超~~~(大)いいねぇ、曲だったんですよ。ビックリするぐらい。そっちはバラードだったんですけど、(バラードかぁ・・・一昨年がバラードだったもんなぁ・・・)一応、自分が、自分ねぇ、その久保田さん本人が、CD化しようとしてた、次のシングル化しようとしてたものを、「声をかけてくれたんだったら、じゃあ木村君のソロでどう??」っていう風に、プレゼンしてくれたんですけど、もの素晴らしくいいんですよ。分かるものすごいと素晴らしいがくっついて、もの素晴らしいって、言わせて貰いますけど、だって、半端じゃねぇんだよ。バラード・・・そのバラード、「ミッシング」ってあるでしょうあれぐらいいっちゃうんじゃないかな???って言うぐらいの、曲だったんですよ。でも、意外性をとって??踊る方を・・・いろんなねっ、事は言われたんですよ。「あなたソロどんな感じにしたいの?やっぱロック?」みたいな感じを言われたんで『何で、俺イコール、ロックなんですか??』みたいな、で、確かに、ワッツのリスナーも、そろそろあいつロックやるんじゃねぇか??みたいな、声が結構多かったんですけど、ちゃんとパフォーマンスしたいなぁ・・・っていう気持ちにもなり、でも、ロックじゃなく、客席と一緒にこう、うわーーーって盛り上がれる曲を、やりたいなぁ~と思って、(嬉しいねっもう、悩んだ挙句に、こっちにしました。


ニューアルバムも、なんとか形にはなりました。そしてライブのリハも、順調に進んでおります。2週間後にはアルバムもお届けできるし、ライブでも見て貰えます。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


今年は、いやっ、ライブ始まっちゃえば、行けんじゃないですか?また・・海は・・・(え??行くの??まあー、今年は、間があいてたりするからねぇ・・・)いや、行くでしょう???じゃないとだって、キープできねぇもん(うん。精神的にねっ。)逆にライブを、同じ状態で、最後までもってくには、ちゃんと漬かっとかないと・・・でも、この間、は、ちょっと、実際に、ライブ始まる前では、もうこねぇっていう。で、みんな友達も、「来週とかまた来れそう?」とか、いろいろ聴いてくれるんだけど、「いやっ、たぶん、ライブ始まるまでは、今回がちょっと、海納めかな??」とかって言うと、「あー、マジでだぁ」っていう・・・別れ際も、感傷的になったと言うか、いつもだと、パッパンつって、クラクション鳴らして「じゃあねー」っていう感じで、別れるんだけど、なんか、その日だけは、ちゃんと手と手を合わせて、「じゃまた。」っていう。何かいもより、言葉数は少ないんだけど、別れるまでの時間が、ちょっと長かったかな???っていう、そういう感じはありましたねぇ。始まったらいけるでしょう







大変遅くなってすみませんでしたm(__)m何かと忙しくて・・・

感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●aさんへ

こちらこそ、ありがとうございます。
でも、すごい日本語、うまいですねっ。
中国でも聞けるんですか?
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。