さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2008/8/8

ついに始まりましたねぇ~、4年に一度のスポーツの祭典、オリンピ~~ック!ちょうど今、開会式の真っ最中じゃないですかビックリそんな今日、北京オリンピックの開幕の日なんですが、8月8日はこんな日でもあります。こちらも忘れちゃいけません(え??何の日??)8月8日はフジテレビの日(おいおい、新曲TBS系列なのにいいのかい??)木村拓哉的には重要な日ですよねっ。(まあねっ)僕は、あの~、個人的になんですが、フジテレビでのお仕事が、比率としては一番多いですからねっ。だから、この世界で知り合いの方は6割がた、7割がたが、フジテレビの方かな?っていう感じなんですけども、この場を借りて、一言、言わせ頂きます。「フジテレビさんいつもありがとう。」そんな8月8日、フジテレビの日、を、記念して、今日のワッツはこんな企画で行きたいと思います。もうそろそろしゃっぺっちゃってもいいよねっ。今年の「27時間テレビ」の裏側を暴露しちゃおうスペシャル今日はフジテレビさんへの感謝を込めて、いろんな事を、めいいっぱい暴露しちゃおうと思います。えっこれは感謝にはならいですかねぇ??いやいや、そんな事ないですよっ。お礼の意味を込めて、言っちゃいけないところまで話すんです。絶対に喜ぶって、フジテレビは・・・だってフジテレビですよ。そういう人たちのねぇ、集団なんです。あそこは・・・


さんまさんが司会の今回の「27時間テレビ」は、オープニングとエンディングのところで、この曲をテーマソングみたいに使ってましたねぇ。27時間のうち、まぁ~そうですねぇ、8時間ぐらい見た僕は、この曲100回ぐらい聴いちゃったかもしれませんこのサビの部分ねっ。もしかして、今の若い子は、この曲知らなかったりするのかな?と思ったんで、今日、ここでかけます。


Smile / 岡本真夜(1997年のヒットです。)


今年の「27時間テレビ」あれは、先々週でしたっけ??7月の26、27日にかけて、放送されてましたけども、僕、個人的に、フジテレビには、朝の10時半ぐらいの入りだったので(へえー、結構早く入ってたんだぁ・・・)結構早めに入っていたんですよ。それで、「生さんタク」に参加させて貰って、「お疲れ様でした」って言って、お台場の湾岸スタジオを出て、その後ねぇ、僕、ちょっとコマーシャル撮りがありまして、東宝スタジオまで行って、コマーシャル撮ってたんですよ。コマーシャル撮ってる間、全然見えないじゃないですか?でも、コマーシャルの撮影が、3時間ぐらい巻いたんですよ。(結構巻いたねぇ・・・)あっ、これひょっとして、気持ち的には、ホントにあのー、高速乗る時に、小川君と話あったぐらいなんですよ。「このまんま道も空いてるし、お台場まで行っちゃえば、スタッフだったり、それこそ、さんまさんに「お疲れ様」って、普通に生で言いに行けるよねっ?」って言って「あっ、これ、余裕っすねぇ」って、話したんだけど、用賀(字が分からない)から乗って、三軒茶屋辺りで、「やっぱ帰る。」【ゴーン】って言って、帰って、家で見てました。(ふふふ。結局帰ったのかよぉ~(笑))そっから最後までは、見てましたよ。はい。


って事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


ひょうきん世代の僕としては、嬉しい企画がいっぱいありましたねぇ。もう、完全に「世界の北野武」ではなく、今回は「ビートたけし」さんが、ずーっと最初から最後まで存在してくれたなぁ~っていう、(うんうん。私もそう思ってた。完全に世界の北野じゃなかったもんねぇ。)あれ、最高でしたねぇ~。(うんうん。ホント)沖縄のはぶたさんとか、最初っから、水に落ちる用の何か桟橋が、ふふ用意されていて、『絶対落ちるんだろうなっ』『絶対落ちるんだろうなっ』ってもう答えはねぇ、見えてんですよ。答え見えてんですけど、やっぱり落ちてくれた。っていうあの時は、ヤバかったですねぇ。赤ワイン、鼻から出そうになりましたからねぇ。(ふふふふ。赤ワイン鼻からって・・(爆))あと、あのー、花火名人の火薬田どんさん。どこまで爆破させるんだっていうねぇ、ふふふふふふ、(そうそう、めっちゃ爆発してたぁ~(爆))都内某所じゃねぇだろうこれ・・っていう、あれは好きだったなぁ~。特殊効果のねぇ、火薬を仕込んだ人達もねぇ、仕込み甲斐ありますよ。あれだけ、あの時間帯に生放送で爆破ですよ。あと、それにねぇ、ヘキサゴンのコーナーでの、伸介さんとさんまさんの・・・(うんうん。もう大阪時代からのゴールデンコンビだからねっ。)さんまさんが杉本って呼ばれるのってないじゃないですか?少ないじゃないですか?同じ年代、同世代で、同級生で、やってきた人だからぁ、思わず言ってしまう、「さんま」って呼ぶんではなくて、「杉本お前いいかげんにせぇ」っていう、杉本って言うのがねぇ、また、あの空間と、すごい独特だったなぁ~、っていう。あとチョット、個人的には「ショウユウコト」が凄い好きでしたねぇ。(ふふふふふ)「生さんタク」でもやらして貰いましたけど、ショージさんの「ショウユウコト」っていうねぇ、うちポケットからこう、出すに出せないっていう。あれたぶん、ふふふふ、普通に引っかかっちゃったんでしょうねっ。


そんな「27時間テレビ」、僕もねっ、一部、協力させて頂きまして、毎年お正月にやってる、あの企画をやらせて頂きました。真夏に、しかも、初の、生で、あれ生は、危ないのにねっ、やっちゃいました。「生さんタク」この企画を初めて聞いたのは、出口君から、まっ「スマスマ」も、ずっと撮影してくれてるんですけど、最近は「さんタク」もねっ、ディレクターをやってくれてるんですけど、「27時間テレビ」オレ達ひょうきん族の、ディレクターだった三宅さんの、定年ということもありまして、(あー、それで、さんまさんが27時間TVだったのかぁ・・・)さんまさんが司会をやる事になりました。そこで、是非、「さんタク」を「27時間テレビ」の中で、生でやって頂けませんか?って言われて、いやっ、「さんタク」って、基本的に、スタジオでトークで5時間ぐらい回して、そのトークの中で、企画を、じゃあ実際にあのーロケにこれ、行こうかとか、もう、編集に編集を重ねた上で、お届けする番組なんですけど、「生ってありえねぇんじゃねえの?」って話したら、「いやもう、それはもう、いろいろ考えます。」って言って、いろいろじゃあ打ち合わせさせて下さいっていう風に、聞いて、今回はフジテレビの湾岸スタジオの屋上で、その「さんタク」をやらせて頂いたわけなんですけども、時間的には27時間テレビが土曜の夜に始まって、あけて次の日の昼ですよ。一番暑い時間に、一番クタクタになってる男を、前の日の夜、ヘキサゴンでいけすに落ちたさんまを、今度は日干しにするような(ふふふふ。全くだぁ・・)形で、屋上で生放送しました。屋上に向かうエレベーターん中で、丁度、一緒になって、前の日から、司会をやってきた、喋り続けてきた男、に、エレベーターに乗り合わせたわけですよ。そしたら「おー、頼むで~」っていう一言で、『ふふふふ、ホントにきてんなぁ・・・』と思って、(鼻をすする音)「大丈夫ですか?」って言ったら、「いやー、ここがキツいここがキツい」って、言ってましたけど、まぁ、その、「生さんタク」について、こんなメッセージが来てますんで、ご紹介したいと思います。


愛知県 ○○ 19歳大学生「拓哉キャプテンこんばんは。こないだの「27時間テレビ」面白かったです。「生さんタク」のコーナーは、あんなに晴れてるのに、外でやって大丈夫でしたか?心なしか、あの2時間の間で、キャプテン、更に、日焼け度が増したような気がしました。ところで質問です。「生さんタク」でやった、携帯ルーレットでの事です。キャプテンはさんまさんに、「あ行」の7番目と言われたのに、この人はやめておこうと、パスしましたよねぇ。あのキャプテンの携帯のメモリーに入ってる「あ行」の(ふふふ)7番目の芸能人っていったい誰ですか??(ふふふ)えー、私の勘では、芸能界の大御所で有名な、ボスキャラ的な、ちょっと怖そうな女性歌手の方ですか?ギリギリまでしゃべって


って書いてありますけどねぇ。(ほおーー、そうだったのぉ~)まあー、さんまさんと僕とで、実際にプライベートで使用している、携帯のメモリーを「な行」の5番目とか、「ら行」の5番目とか、いろいろ言いながら、その人が、タレントさんだったら、いきなりその場で、その人に電話をかけてしまおうという、これ番組なんですけど、わかるよねぇ。「27時間テレビ」っていうのも、全国放送の生放送の生番組だったんですけど、このねぇ、ワッツって言うのもねぇ、ラジオ局としては最大のネットワークの、全国38局ネットの番組なんですよ。あの生放送でパスしたじゃん(ふふふふ。パスしたじゃんって・・・(笑))俺・・・・で、水かぶりに行ったじゃん「あ行」の7番目のこの人にかけたら、た、大変??みたいな、事・・あのー分かってる??でしょこの○○は・・・その人ですよ。(おおおー当たってたんだぁ・・・)○○の勘で、書いてありますけど、芸能界の大御所で有名な、ボスキャラ的な、ちょっと怖そうな女性歌手の方ですか??って、全然わかってんじゃんねッうん、「あ」は名字じゃないです。ふふふふはははは(高笑)【ゴーン】まあー、正直だから、おまかせな感じな人ですねっ【ゴーン】ふはははははは(高笑)ファーストネームで、僕は、あの実際、ご本人にお会いした時も、そういう風に呼んでるし、携帯のメモリーにも、おまかせな感じで【ゴーン】あのー、俺は、ふふふ、入れてるんで、この人の名前は暴露できないんで、さすがにワッツでも・・・だから、まあー、お詫びに、違う裏側をちょっとここで、お話したいんですけど、さんまさんは、あの「さんタク」のオープニングで、「「27時間テレビ」なのに、この時間によりによって、なんでロケ???」って言ってましたが、そもそもですねぇ、「屋上にしよう」って言ったのは、あの人なんですよ【ゴーン】(え???そうなの??拓哉じゃなかったんだぁ・・・)本人。いや、ずーっとねっ、「27時間テレビ」で、こう、スタジオとまあー、地方局との掛け合いだったり、中継だったりがあって、それで「さんタク」やるってなった時に、スタジオん中だと、絵変りがしないから、やっぱ「さくタク」だからこそできる、そのロケっていう、屋上行っちゃおうよって言ったのは、あの人なんですよ。では、ここで1曲。電話なんて話をしたんで、この曲を・・・夏はやっぱレゲエいいっすねぇ~。


Telephone Love / J.C.ロッジ


ちょっと話が前後するんですけども、あの携帯ルーレットの企画に入る前に、さんまさんが「今このテレビ見てる芸能人の方、メールください」みたいな事を、生放送で言ったじゃないですか実際に、僕らの携帯ですよって事をねぇ、証明したいので、そう呼びかけをしたんですけど、さんまさんのところには、即効何か、いろんな人から、メールが入ってたんだけど、来なかったのよ、僕・・・・なにやってんのよ。みんな・・・見てねぇのかなぁ???って思ったんですよ。そしたら、しばらくして、澤田監督から「見てます」っていうメールが来て、『遅っせぇよ』って思ったんですけど、ふふふふふ、あの瞬間凹んだ(だから、私に教えてくれたら、すぐに送るってばぁ・・・)誰も送ってくんねぇんだなぁっていう、ちょっとさぁ、こういうさぁ、ラジオのさぁ、人とかもさぁ、くりりんとかも、一応こう、10何年やってきてるわけだからさぁ、見てたんだったらメールしろよ文章打ったら送ろうよそれ・・・邪魔しちゃ悪いかな?じゃなくて、送らないと・・・それは・・・何で、知ってる人は、俺にメールしてくんねぇんだろう???って思ったんですけど、その後ねぇ、何通か来たんですよ。メール・・・山本耕史とか、あと懐かしき、プライドの時にホッケーの指導をして下さった新田コーチとか、「お久しぶりでーす。見てますよぉ~遅かったですか?」っていう、遅すぎるっつうの(ふふふふ)生放送が終わった後ですからねぇ、しかも・・・着替えてる時に、なんかメール入ってんなぁ~と思って、見たら、「あれ??もう遅かったっすか?」みたいな、メールが、たくさん来てましたねぇ~。


えー、「生さんタク」で、やっちゃいました。TAKUちゃんマンあの伝説の番組「オレ達ひょうきん族」の、その中でも伝説のコーナー「タケちゃんマン」のパロディをやらせて貰ったわけですが、この企画を最初、ホント聞いた時は、ひょうきん世代としては、「マジで??」っていう、その、両方のマジで、すよっ。『やっていいの?』っていう気持ちと、「いや、いや、いや、いや、いや、たけしさんがいる中で、それ、まあー、さんまさんがねぇ、いくら相手とは言っても、いやっ、それはやっちゃていいの?」っていうあれはあったんですけどぉ、あの生放送の中では、一応そのー、木村拓哉個人的には、タケちゃんマンに扮することを嫌がってるっていう、設定でやったんですが、(絶対、本心はめちゃくちゃやりたかったでしょう!?)実はやりたかったんです【ゴーン】(やっぱりなぁ・・・(笑))「さんタク」の企画でも、僕、言ってるんですよ。以前。「「さんタク」で毎年、対決のをやってるけど、今度「さんタク」やる時は、相手がブラックデビルになって、俺がTAKUちゃんマンになって、それで対決さしてくんねぇ??」って言ったら、「いやっ、ちょっとそれは、「さんタク」なんで・・・」っていう風に言われて、断られました。なんだけど、今回は、「27時間TV」総合演出をされてるのが「オレ達ひょうきん族」をやっていた、ひょうきんディレクターの三宅さん。って事で、是非ともやってくださいって話になって、ふふふふ(めちゃくちゃ嬉しそうだねぁ・・・)へへへへへへ「なんだ、できるのかよ」って、ちょっと思ったんですけど、「わかりました。TAKUちゃんマン、やらせて頂きます。」っていう話をした時に、「スマスマ」の前室に、わざわざ挨拶に来てくれて、「今回、よろしくお願いします。ホントに、楽しみにしてますから、よろしくお願いします。」って言われて、大ディレクターですからねぇ、そんな人に、なんか楽しみにしてます。って言われて、「できる限りやります。よろしくお願いします。」って言ったら、ねぇ、三宅さん、凄い喜んでくれて、「その代り、衣装合わせだけさせてねっ」っていう話をして(ふふふ、事前に衣装合わせねっ(笑))だ、事前に俺、一回あのー、「スマスマ」の前室で、あのTAKUちゃんマンになって、あー、なるほど・・・っていう、まあ、これもちょっとした裏話なんですけども、まあ、僕が、あのー、ねっ、TAKUちゃんマンになって、現われて、で、生放送中だったんですけど、なんかこう、「本番っていう声がないと、気合い入んねぇなぁ・・・と思って、もう、誰でもいいから、スタッフいっぱいいるじゃないですか??だから「本番」っていう事を、言ってくださいって、俺、生放送で言ったんですよ。そしたら三宅さんが、その現場にいらっしゃって、カメラのすぐ横に・・・ウワーーって前に出て来て、三宅さん自ら「本番!!!!!」って声を、言ってくれたんですよ。で、後であのー、出口から聞いたんですけど、本当は「さんタク」の後に、フジテレビの本社の方で、懺悔部屋のコーナーがあったから、三宅さんはもう、そっちに行ってないといけなかったらしいんですよ。一足早く移動して、もう、生放送のスタンバイをしなきゃいけないっていう、流れになってたらしいんですけど、「帰らない。」って言って、「俺はここにいる。」って言って、何か、三宅さんは、ふふふその場にい続けたらしいですよ。最後まで、その、ブラックデビル対TAKUちゃんマンの対決を見届けないと、俺は動けないって言って、27時間TV、ねっ、その今回、やって、要所、要所に凄い、感極まるところはあったけど、湾岸スタジオの屋上で、「本番」って言った時の、気持は、俺は絶対、忘れない。っていう風に、言ってくれてたらしいです。(良かったねぇ~)だ、『凄いやってよかったなぁ~』って、俺は思ってんですけど、だるま落とし的には、僕は、全部制覇して、綺麗に終わりたかったんですけど、何せ、僕ねぇ、ちょっと試しに、実は「スマスマ」の収録の時に、スタッフ乗っけて、「スマスマ」のADさん乗っけて、俺、リハまでやったんですよ。(おー、流石拓哉。リハまでやったんだぁ・・ちゃんと・・・)で、完璧に、全部抜けるところまで、練習してて、「あー、これもう、できるね」って話で、全然いけてたんですよ。なんですけど、やっぱり、あのー、自然の力を甘く見てたというか、あの猛暑の中、だるま落としの一つ一つのブロックの、表面が、あまりの暑さに歪んできてるんですよ。(え???だから、打ちにくそうだったんだぁ・・・)だからねぇ、こう叩いても、抜けにくくなってんのリハでやった時より・・・エアコンでそのー、室温をねっ、一定に保たれたスタジオとはもう、打って変って、あの猛暑の中では、小道具すらも、敵になったって言うかねぇ、いやぁキツかったっすねぇ。そんな楽しいものづくりだった、TAKUちゃんマンなんですけども、ひょうきん世代の僕からしたら、ブラックデビルと戦えて、『俺もここまで来れたんだなっ』ていう、まさに「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」って感じでした。と、話が綺麗にまとまったところで、この曲です。いよいよ来週ですねぇ。8月13日発売です。TBSのオリンピックテーマソングになってます。こないだ、振り付けもしちゃいました。


この瞬間(とき)、きっと夢じゃない/SMAP


ああ、後ねぇ、そうこの間デグに言われたんだけど、「今回作ったTAKUちゃんマンの衣装、木村さんどうします?」って言われて、「えっ持って帰れって事?」っていう、ふふふ、話しをこの間して、しかも持って帰っても俺、日常生活であれ着る場面あんまりないでしょうだから、一応デグの方で、取っといててっていう感じになっています。


やっぱ、ほら、ダルマ落としが成功しないで終わったじゃないですか全部、グタグダな状態で終わったでしょうだから、これは「さんタク」で絶対、リベンジさせてくれっていう風に言って、TAKUちゃんマンの衣装っていうのは、フジテレビが管理した上で、次の「さんタク」の収録の時に、もう一度ダルマ落としで、対決しようじゃないかっていう、(おーー、いいねぇ~また、あのTAKUちゃんマンが見られるんだぁ・・・)で、生放送じゃなければ、いろんな事が出来るじゃん下が水だったりさっ、まっ、水の中に、水着ギャルがいてもいいわけだし、いろんな事がねっ、想定できるんで、あの衣装はフジテレビさんに預かって貰う事にしました。


これ、今、聴こえてるのは、みんながまだ知らない曲じゃないですかこれ・・・そりゃそうですよねぇ。これが新曲のカップリングですから・・・(え???そうなの???)タイトルが「two of us」って言うんですけども、たぶん初公開かな??これ・・・フライングフライングなのこれ・・・ヤバいの???まあー、大きな声でしゃべって、だから、俺が、どういうメロディなの??って全然わからないように、聞えないように、すれば大丈夫でしょうバレたら大変だからぁ・・・(可愛いめちゃくちゃ大きな声で言ってるぅ~)隙間あけないで、さて、こんな番組「木村拓哉のワッツ」では、皆さんからのメッセージを待ってます。ふふふふふ。


こっからがサビなんですけどぉ~~、ワッツのサイトは携帯からもアクセスできますが、って言うか、このBG早く、切ってくんない??俺、ずーっと喋ってないといけないから・・・(ここで曲が切れる)はい、あー、落ち着いた。これフライングなんでしょう??聴こえてないよねっ。


よし、という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


新曲「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」のプロモーションビデオが、来週の「スマスマ」で放送になるらしいですねぇ~。まあー、撮ったんですけどねっ、こないだ・・・後ねぇ、普―――通に、スタジオで、振り付けをしながらやったのも撮った。「スマスマ」で・・・(おー、もうスマスマの収録終わってんだぁ~)振り付けはねぇ、なんかこう、ちょっと、繊細です。今回・・・繊細。







感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●NO TITLE

いつもお世話になってます~
韓国からキャプテンのラジオ聞いてますが、
聞きづらい部分がここで色々解決できていつも感謝してます!
今後もよろしくお願いします~^^

●ヒョンさんへ

コメントありがとうございます。
そう言って貰えると、励みになります。
遅・遅、更新で申し訳ないです

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。