さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2008/7/25

最近このワッツでずいぶん続けて、ドラマ「CHANGE」の話をしてきちゃったんで、もうそろそろ、みんな満腹なんじゃないかな?って思ってたんですよ。だから先週の放送で、もう「CHANGE」の話は、終わりにしようって思ってたんです。実は・・・なのに、まだまだたくさん届いてるんですよねぇ~。「CHANGE」にまつわるメッセージが・・・まず、多いのがねっ、打ち上げの話もしやがれちゃんとそっちも聞かせろっていうねっ、何でしねぇ~んだよっていう感じの、メッセージがねぇ、凄い来てるんですねぇ~。有難いですねぇ~。やった甲斐があった。ホントに・・・打ち上げの方は、最終回が7月の14日にOAされたんですけども、最終回の翌日に行われました。まず、1次会は、六本木の全日空ホテル(おーー、凄いところだねぇ~)ちゃんとしたホールみたいなのをひとつお借りして、乾―杯とか、いただきまーす。とかやって、抽選会。(おーー、抽選会だぁ~、何々??拓哉当たった??)で、僕も当たったんですよ。(よかったねぇ~)景品。それが、なんと、i podを差し込むだけで、音を増幅できる、スピーカー(うんうん。うちにもあるよぉ~)すっごい嬉しかったんですけど、i podが付いてなかったんですよ。その賞品・・・で、僕、i pod持ってないので、(え?????拓哉持ってないの???)【ゴーン】いやっ、まだ、袋から出してないです。打ち上げから10日たってますけど、僕の部屋のテーブルの横に、紙袋のまま、置いてあります。そして、僕が、朝倉啓太賞として、出した賞品はですねぇ、今回の作品が作品だっただけに、こういうのありかな??と思って、「ワシントンDC5泊7日の旅」旅行というよりも、どちらかと言うと、視察に近いような景品を出してしまって、(ホントだねぇ・・ふふふ)一応相談したんですよ。マネージャーと・・・「ワシントンDCって、何がある??」って言ったら、「ホワイトハウスありますよ。」【ゴーン】(まあー、確かにねぇ・・)って言われて、ホワイトハウスありますよって言われても、入れる訳でもないし、ホワイトハウスを外から見るっていう、「いやっ、そうかぁ~ホワイトハウスかぁ他になにある??」って言ったら、「FBIの本部ありますよ。」【ゴーン】って、だから、そこも入れねぇ~だろ??っていう話をしたんですよ。(ふふふふ。確かにねっ。何があるんだろう???)当たった人がですねえ、ふふふ、また凄いんですけど、この人だったら、ある意味ちょっと、行く意味あるかな??と思ったのが、ニコラス・ペタス。アメリカ通商代表として、交渉しに来た、K1選手です。ふふふふふふ。みんなその、ワシントンDC5泊7日の旅って、一瞬盛り上がったんですよ。うぉーーーってなったんだけど、『ん??ワシントンDCで、何すんだ??』っていう、空気がちょっと会場に流れて、『ヤバイなぁ~、やっぱちょっと、ミスったなぁ~』と思ったんですけど、ニコラス・ペタスはすっごい喜んでくれて、(良かったねぇ~)ハグまでしてくれて、ハグはちょっと痛いんですけどね、ふふふふふふ。

イケイケん感じで始まった、ドラマ「CHANGE」の打ち上げだったんですが、始まったのは夜の7時ぐらいだったかな?打ち上げっていうより、パーティーみたいな感じでしたねっ。って事で、まず1曲。


Get The Party Started / P!nk


もう2次会行こうかっつって、なんとねぇ、神林さんが、ドラマん中では、あんだけちょっとこう、ダースベーダー的な??いたら空気悪くなるんじゃねえか??っていう感じの、存在だったんですけど、「よーし、じゃあ2次会行こう」みたいな感じで、先陣を切って、2次会にノリノリで・・・因みに2次会は、メキシコ料理になんのかな?凄かったですよ。まっ、もちろんソフトドリンクはありますし、いろんなカクテルもあります。でも一番、手っ取り早いのは、テキーラだろって話になり、(何が手っ取り早いの??酔うのがねっ(笑))いきましたねぇ。ホントに酔った時って、喋れなくなるんだなぁ・・・って思いました。ろれつが回らないってこういう事を言うんだなぁ・・と思って、(へえーー、そんな飲んだの??珍しい)「今回は、いい時間を過ごさせてもらって、みなさんに感謝してます。ありがとうございました。」って、言いたい自分がいるんだけど、「ふぉんとぉにあのー、すぅてぇけぃなぜかんをすぐぉさせてむぉらって・・・」みたいな、うわっ、俺、喋れてねぇよっていう、状態にまで久しぶりに、飲みましたねっ。(そうだよねぇ~そんなろれつが回らないなんて、あんまり聴かないよねっ)

木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


カラオケやってるスタッフいたんですけど、ADさん呼んで、「ルビーの指輪入れて来い入れて来い」って言ったら、「いやっまずいんじゃないですかねぇ??」って言われたんですけど、「いいから、入れて来い」って言って、次の曲「ルビーの指輪」っていう、ほら、モニターに出るじゃないですか?いやっ、出たって思った瞬間に、俺、立ち上がって、ルビーコールを始めたんですよ。(手を叩く音)そしたら会場が、「ルビールビー・・・」ってなったら、ツッチャチャラララ、ダダ♪ツッチャチャラララ、ダダ♪っていうねぇ、イントロが流れて、寺尾さんが白のジャケットを脱いで、歌ってくれました。生ルビーは盛り上がりましたねぇ~。テキーラにあう。(ふふふふ)ワンコーラスは、寺尾聡さんのみの「ルビーの指輪」だったんですけど、2コーラス目から、もう僕耐え切れなくなっちゃって、マイクもう3本ぐらいあったから、1本取って、僕もジョイントして、サビの部分は、ハモらして頂きました。気持ちよかったなぁ~。


東京都 ○○ 22歳大学生「ドラマ「CHANGE」は終わってしまいましたが、まだキャプテンに聞きたい事があります。最終回のあの、朝倉総理の長いスピーチのシーンの事です。この間のフジテレビの「とくダネ!」で、あの22分30秒の裏側という特集をやっていてとても感動しました。(俺、知らないですけど、これ・・・「とくダネ!」一応本人なんですけど、知らないですねっ。)あのシーンは、1回でOKだったとか・・・監督の澤田鎌作さんが、こう言ってました。「たとえ、最後の一行でも、間違えたら、最初から撮り直すつもりだった。」(うーん)もの造りって凄いと感動しました。ワッツでもあの22分30秒ワンカットのスピーチのシーンの事を話して下さい。」


ってねぇ、あのねぇ、未だに言わせるんですよ。「あれカンペ??」って・・・山本耕史君からメールが来たんですけど、海の日ってあったじゃないですか7月の21日って海の日でしょう?海に行かないといけないなぁ~と思って、海行ったんですよ。ほんで、「今、千葉でサーフィンしてません?」ってメールが来てたから、『何でこいつ知ってるんだろう?』と思って、で、電話かけたら、「僕の舞台の関係者も、今同じところで、木村さんと同じところで、海入ってたらしくて、僕ん所に連絡の報告の?連絡がありました。」っていう、内容で「木村さんあれすごかったですねぇ~」って言うから「何が?」って言ったら「最終回のあの、長いシーンすごかったですねぇ~」ってゆってくれて「あー、ありがとう、ありがとう」って、話してたら、耕史の周りでは、「あれ絶対無理でしょうカンペでしょう」っていう風に、噂になってたんですって。そん時に、耕史が「木村さんは、絶対そういう事する人じゃないから・・・」っていう事を言ってくれて、すごい嬉しかったんですけど、あのシーンがねぇ、存在するっていう事を知ったのは、撮影する、1週間ぐらい前かな最終回の台本が、手渡されて、『最終回どうなるんだろう』と思って、こう読んでたら、朝倉総理がしゃべりだす。みたいな、で「皆さんこんにちは、朝倉啓太です。」っていうところから始まって、あれぇこれ、めくっても、あれ終わんねぇぞっていう。大丈夫かなって思ったんですけど、朝倉啓太をやってる以上、そこができなかったら、きっとあの現場が、成立しないなぁ~と思って、台本のあの、スピーチ部分をコピー機で、どんなに、もうだから、水に塗れようが、クシャクシャんなろうが、どうなってもいいやつを、4つぐらい作って(へえーー、そうだったんだぁ~あちこち持ち歩いてたんだねっ。凄いよぉ~)ホッチキスで止めて、風呂入ってる間だったり、「スマスマ」の現場に、持ってったり、常にあれは持ち歩いて、今、自分の言葉で、自分の声で、皆さんに伝えられるのが光栄なんですけど(うんうん。こっちも拓哉の気持ちを拓哉の口から聞くのが光栄だよっ。嬉しいよっ。)台本を読んだ時って、僕、ああゆうシーンになると思わなかったんですよ。もっと何かこう、まっ台本に描かれてる事を、淡々とわかりやすい言葉で、最後まで伝えて、終わるのかなと思ってたら、大同商事疑惑っていう、事に対しての、ねぇ、内閣としての、お詫びをするって言う時に、頭を下げたんですけど、2回目に頭下げてる際中に、すっごい何かねぇ、悔しくなって来たんですよ。(うんうん。分かるよぉ~その気持ち・・完全に拓哉=啓太だねっ。)ものすごく悔しくなってきて、「でも、どうかこれだけは言わせてください。」っていう、そのチーム朝倉、僕自分自身を、支えてくれた、身の回りの人達の、事をこう形容してったんですけど、そん時にねぇ、何かもう、ドライやった時に、喋れなくなっちゃって(え???そんなに???)言葉をどんどん自分は進めたいんだけど、ちょっと、感情的になってしまった自分がいて、監督が、よしこれでOKって言ったものが、OAされたと思うんですけど、個人的に、は、ドライが一番良かったかなっ。(そうなんだぁ・・そのドライ見てみたーい)うん。自分の中に入れた、台詞っていうものを、初めて声に出した瞬間っていう、1回目だったんで、だから、その1回目のドライが自分の中で、一番あれだと思う。その時に、ドライが終わって、助監督さんが「続いて、カメリハ行きますか」って言ったら、監督が「行くわけねぇだろう次は、本番」とかって言って、ドライの段階でもう俺、グシャグシャんなっちゃったんで、(そんなグシャグシャだったんだぁ~じゃあ本番はかなりお抑えた??堪えた??感じかな???)それを1回ちょっと、メイクのウッチーさんに、メイクを直すんじゃなくて、気持ちをリセットさせて貰って、本番に臨みましたねっ。あのスピーチを撮る時には、執務室には、僕と、カメラマンの大野さんっていう、(うんうん。とくダネでやってたねっ。二人だけでしょ?)今回のチーフカメラなんですけど、その2人だけ。照明さんも、音声さんも、誰もいない、あのセットの中に、ホントに、男二人だけで、もうタイマン勝負で、ワンカメで、やったっていう・・・ああゆう経験は、初めてだったなぁ~。

そう言えば、ワッツでこの曲かけてなかったねぇ~。タイトルがまんま「CHANGE」なのに、うっかり忘れてましたドラマ「CHANGE」のお話、今日が最後って事で、ちょっと、こんな悲しげな選曲でいかがでしょうか


CHANGE / リサ・スタンスフィールド


まぁ、振り返ってみると、今までやってきたドラマの撮影の中では、一番長いカットかなぁ~とは、思うんですけど、それをやらせてくれる監督には、すごい感謝してますし、(うんうん。そうだよねぇ~)僕、一度あの、「HERO」のドラマの特別編、撮った時あったじゃないですか中井貴一さんがゲストに出てくれて(あの中井さんとの長いシーンだよねっ。)東京城西支部じゃなくて、山口県の、虹が浦支部に行った時の話で、中井貴一さんと、堤真一さんと、僕と、あと、綾瀬はるかちゃんが、一緒に撮ったシーンがあるんですけど、そん時にねっ、色んなシーンは、途中途中入ってくるんですけど、シチュエーションとしては、一つのシーンがあったんですよ。堤さんと2人で話し合ってたんですけど、「貴一さんだったら、絶対に、こっからここまで、1つのシークエンス?としては、一連で絶対やるはずだよ。」っていう、なんかあったんですよ。予感が・・・「じゃあ、ドライいきます。ドライよーい、ハイ」って言ったら、もう、予感的中その、ワンシークエンスは、頭から最後まで、ノンストップでやったんですよ。そん時に、今回のねぇ、僕のスピーチ部分を監督してくれた、澤田監督が「じゃあこれ、一連で行きます。」って一言で言ってくれて、あのシーンは、まっ、僕一人のシーンではないですけど、26分でしたねっ。1つのシークエンスを、26分の撮影した事があります。そういう事を、できるのは、やっぱり、まあー、出演者がねっ、成立してるって事も、大切な事だけど、それに挑んでくれる、それに挑戦してくれる、スタッフがいてくれるから、できたワンカットだったんじゃないかなぁ?とは思います。(そうだよねぇ~ああいう事に挑戦させて貰えたって事はホント幸せなことだよっ。)ここで改めて、言わせて頂きます。ホントにみんなありがとうございました。「CHANGE」のスタッフは、みんなもう一度どっかで、再会して、もの造りしたい人達ばっかり、ホントにそんな人達ばっかりです。(ん??もう一度再会???映画???)って事で、これにてドラマ「CHANGE」の話は、終了


栃木県 ○○ 16歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。こないだテレビでやっていた、キャプテンと石川遼君との対談見ました。遼君は、私と同じ16歳なのに、ゴルフのプロだし、あんなにしっかりしたお話ができるなんて、本当に尊敬です。遼君との対談の裏話、聞かせてくださ~い。P.S.拓哉キャプテンがゴルフやってる姿も、初めて見れました。結構、上手かったんで、びっくりしました。ゴルフにはよく行ってるんですか?」


っていう、メッセージが来てますけども、最初にこれ、答えておきます。ゴルフコースにはですねぇ、年に5回ぐらいかな?(5回も行ってんの??もっと少ないかと思ってた。)これって、行ってる方なのど、どうなの?少なくはないのまあー、石川遼君と言えば、世の中的には、ハニカミ王子と・・・まあー、だから、ハニカミ王子と国会王子の対談をさせて貰った訳ですけども、まあー、彼現在、16歳の高校2年生なんですけども、今年からプロとして活動を始めたばかりの、プロ1年生。今回は、全英オープンのTHE OPENが、開催されたじゃないですか?で、色々、これホントの裏話になっちゃうんですけど、いい、いいんですかワッツだからいいですよねっ。あのー、THE OPENの、全英の開かれているコースに行って、中継みたいなものも、やってみないか??っていうお話を、僕、頂いたんですけど、頂いた事は嬉しいんですけど、(おーー、現地に行く予定だったんだぁ~)俺だよ年に、行って5回、の、人間が、全英オープンの領域に、足を踏み入れていいのかどうかっていう(まっ、確かにねっ。)青木さんがねっ、その現場で、「いやぁ~風強いねぇ~」とか、「これ曲るよ。曲がる、曲がる。ああ、届かねぇかっ」とか、そういうのって、すごくリアルティがあって、見てても楽しいんですけど、俺がさぁ、その場所に行って「グレッグローマン53才にしてやっぱねぇ、ホワイトシャーク流石ですねっ」とか、お前が何THE OPEN語ってんだよっていう、せめて、ナレーションぐらいだったら、事前に考えて言えたり、ねっ、その場にある原稿で、その映像に合わせて、ナレーションぐらいはできるかな??って事で、ナレーションは、やらせて頂いたんですけど、そのナレーションを見て、まず、メールが来たんですけど、さんまさんが「何でお前が全英、語ってんねん」っていう。(あらぁ~やっぱり来たんだぁ~)やっぱりそういう、ツッコミが来たんですよ。視聴者代表として「お前が、何、全英語ってんねん」っていう、ちょっとお怒りのメールが来て、やっぱりやんなくてよかったなっていう風に、俺は思ったんですけど、まっ、今回、石川遼選手は、全英には出場、残念ながらできなかったんですけども、まっ、その全英オープンを盛り上げる、もしくは日本のゴルフ界を盛り上げるという、立役者じゃないですか?今現在。色んな話をしました。したけど、あんなに完成された16歳は、初めて会ったねっ。(へえーー、そんな凄いんだぁ・・確かに、見ててもそう思ったけど・・・)あどけなさというか、『そこは違うんじゃないねぇの??』って思える部分が、きっとあるのかなぁとは思ったんですけど、ない彼、ホントに、タイムスケジュールとして、あの対談が終わったら、本当だったらお疲れ様でした。で、終わったんですよ。俺は・・・ホントにタイムスケジュールとして、遼君はその後、練習だったんですよ。「じゃあね」って感じで、終わるのかなぁ??と思ったんですけど、何か遼君が、「いやっ、せっかくだから、ちょっと、行きましょうよ」って言われて、行きましょうよって、俺、ジャケット着てるし、ブーツ履いてるし、ゴルフやる格好じゃないんですけど・・・・(うんうん。確かにゴルフやる格好じゃなかったねっ。)って、思ったんだけど、テレビカメラは何台も用意されてるは、スーパースロウのカメラまで、準備されてるわけテレ朝さん、用意周到だなぁ~って思ったんですけど、なんせ、4か月ぶりぐらいに、まあー、ずーっとドラマやってたんで、ゴルフクラブを振るっていう。まあ、でも、とりあえずねっ、遼君が目の前に、プロゴルファーが目の前に居てくれる状況で、俺どういう風になんのかなぁと思って、やってみたんですよ。俺、何か、バカンバカンって、あの後、何球か、打ったんですけど、もの凄い、変化球が飛んでったわけですよ。(変化球ってダメじゃん(笑))で、「何でこうなんだろう??」って言ってたら、遼君が、「ちょっと、もう一回、木村さん振ってください。」って言われて、で、フンって振ったら、「わかりました。頭を、もうちょっとだけ、ちょっとだけ、こういう風にしてください。」って一言、アドバイス頂いて、それで振ってみてくださいっていう風にやって、バチンと振ったら、我ながらびっくりしました。ゴルフ行きたくなりました。(ふふふふふ。そんなに気持ちよかったんだぁ~)その一球だけで・・・ふふふ。今年のお正月の放送の「さんタク」では、あの早乙女太一君にも会ってますけど、彼も、あの時、16歳でしょう最近の若い人は、ちょっとやる気がない、とかいう話を聞いたりもするんですけど、少なくとも、僕の周りの16歳はねぇ、違いますねっ。違うどころかねぇ、ちょっと自分より凄い部分が、凄いっていうかねぇ、年令関係なく、尊敬できる部分がちゃんとある。それは凄く思います。プロゴルファーとしてやってる遼と、太一を会わせたらどうなんだろうねどういう会話すんだろうねっ。同期生だから、で、誕生日も1991年の9月17日生まれでしょう遼は・・・太一が91年の9月24日、同じ月でしょう(誕生日まで知ってるの??凄いねぇ・・・)だから、これ面倒くせぇ~から、2人同時に誕生会とか、そういうのもありかなぁ~とも、思いますけど・・・うーん、ふふふふ。


SMAPの新曲が出まーすとか、発表になったりしてる、今日この頃ですが、今日はこの曲でご勘弁だって、この曲(自分が16歳の頃??)遼君とか太一君と、全く同じ、1991年9月生まれですからねっ。(あっ、違った)SMAPのデビュー曲「Can't Stop!!-LOVING-」あのさぁー、この曲のイントロが流れた瞬間にさぁ、スタジオのサブにいるビクターのスタッフがさぁ、鼻で笑ったんだけど・・・どういうこと?これ・・・何で、笑われるんだろう?まぁいいやっ。


Can't Stop!!-LOVING- / SMAP


対談の終わりのところで、メールアドレスの交換をして、今後、レッスンしてもらおうかなぁ~と思ってるんですけど、明日から、フジテレビの「27時間テレビ」が始まるじゃないですか僕と、さんまさんのコーナーが、昼にあるんですけど(うんうん。「さんタク」ねっ。)日曜日の27日の、昼の1時ぐらいにあるんですけどぉ、そん時に、携帯のメモリー、お互いチェックみたいな、コーナーを作ろうかなぁ??と思って、あっ、そう言えば最近、知り合ったし、遼に電話しようかなぁ??と思って、これホントはスタッフがやる仕事なんですけど、遼君にメールして、「27日の昼間電話しても大丈夫?」って言ったら「かけていただいて結構です。」っていう風に、言ってくれて、「あっ、やったぁ」と思ったんですけど、その後に、またメールが帰ってきて「「27時間テレビ」ってひょっとして、27日ですか」っていうから「そうだよぉ」って言ったら、「すいません、その日試合なんで、【ゴーン】電話に出れないと思います。」っていう、返信が来たんで、それはたぶんなしになると思うんですけど、まぁ、今後、小まめに連絡を取らせて頂いて、彼自身も、僕にメールを送ると、気合いが入ります。っていう事で、練習前には、「木村さんにメールを送らせて頂きます。」っていう、(いいなぁ~私も仕事の前には・・なーんてなぁ~)さっそく次の日「これから練習します。」っていうメールが何か、ふふふふ、来たんで「玉数よりも、ガッツポーズの数を、カウントしといてください。」って言う風に、僕は、返信したんですけど・・・


明日は「27時間テレビ」明後日、日曜日の昼間、僕とさんまさんということで「さんタク」をやらせて貰うんですけども「さんタク」史上初の「生さんタク」ですねっ。「俺達ひょうきん族」を見てた、僕世代としては、是非、さんまさんと2人で「鳥だ飛行機だ。いや、あれは・・・」って言う事も、ちょっとやってみたいなぁ~と思うんですよ。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


あっ、そう言えば、今日話していいのかなぁ?って思ってた、SMAPの新曲の話。入らなくなっちゃったねっ。8月13日にSMAPのニューシングル出ます。ラジオでも、来週ぐらいには、お届けできると思いますので、もう時間ないでしょう?あと10秒あるの?あのねぇ、歌はねぇ、A面はねぇ、もうレコーディング終わりました。でも、あのカップリングがねぇ、えっもう終わり?時間、もう終わり?







感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。