さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2008/7/4

大ヒットおめでとうございます。(ん??自分で「CHANGE」を大ヒットって言う??)公開からそろそろ1ヶ月たちますねえ。大ヒット御礼状態らしい、この映画についてのメッセージが来てますので、まずは、こちらからご紹介したいと思います。(何々??)


大阪府 ○○ 23歳会社員「拓哉キャプテンこんばんワッツ。三谷幸喜さんの映画「マジック・アワー」を(あー、マジック・アワーの話かぁ・・)見てきました。慎吾君がチラッと出ていると聞いて、見てきたんですが、エンドロールで、宇都宮いくこさんの名前を発見しました。宇都宮さんってぇ、スマスマとか、結構SMAPの衣装をやってる方ですよねぇ~。「マジック・アワー」の衣装も、宇都宮さんでした。その話を友達にしたら、「「マジック・アワー」には、宇都宮いくこさん自身も出演してるんだよぉ~」って言われました。(えっそうなの??)お顔を拝見した事がなかったので、私は全く気づきませんでした。慎吾君が出てる部分は、ちゃんと発見できたんですが・・キャプテンはこの間のワッツで、「「マジック・アワー」見たい」って言ってましたけど、見ましたか?宇都宮いくこさんが映画に出ている事を知っていましたか?」


ってありますけども、いくちゃん出てんの?知らなかった慎吾は「参加した。」って聞いてるんですけど、いくちゃん見つけてぇ~なぁ~。ホントに出てんのかな?出てたとしたら、俺絶対わかるはずだよ。あんな特徴のある人いないもん。だって・・特徴あるよぉ~。いい教えないこの子にも教えない


映画「マジック・アワー」の話をしたんで、今日のワッツは、こんな曲でスタートです。1982年のヒット。


風のマジック/アメリカ


さっきから、いくちゃん、いくちゃんって言わして貰ってるんですけど、この宇都宮いくこさん、スタイリストさんで、うちらは、かなり前からお世話になってますねぇ~。紅白歌合戦の時期になると、必ずいくちゃんに会います。で、いくちゃんが「木村さん、生地どうしよう??」(←いくちゃん風?)って言ってきます。声はこんな感じです。(かなり高音)うーーんっていう、声してる人です。スマスマは、時々ですねぇ~。最近は少ないですけど、僕が出演さしてもらってる、コマーシャルFMVとか、その辺は、ずーーっといくちゃんですねぇ。スタイリストって、ほら、いろんな服を組み合わせてくれる人もいるけど、いくちゃんっていうのは、作っちゃう人なんですよ。全部。そういう人ですねっ。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


スタイリストさんつながりで、こんな話していいですか?あの今、やらせて貰っている、ドラマ「CHANGE」のスタイリストさんは、大久保さんっていう方なんですけども、この方はですねぇ、僕あの、いろんなスタイリストさんに、ファッション雑誌だったりとか、コマーシャルだったりとか、で、その都度、協力をして貰ってるんですけど、よくお世話になってるスタイリストさんで、野口つよしさんっていう、人がいるんですけど、大久保さんっていうのは、その人の師匠です。一番最初に大久保さんとやらして貰ったのは、プライドなんですよ。ホッケーをやった時に、是非、大久保さんにお願いできないかな?っていう事で、面識はあったんですけど、まー脚本が、特殊な脚本だったし、それを、どんだけカジュアルにどんだけ普通目線に、ビジュアルとして持っていけるかな??と思って、そういう温度?温度調節を、任せるとしたら、やっぱり、大久保さんかな??っていう事で、大久保さんに、あの時、お願いしましたねぇ~。ほんで、その後に「華麗なる一族」っていう、これまた、特殊なねぇ、世界観の話だったんで、そういう時はねぇ、大久保さんっていう、何か、もうそれこそねぇ、大船です。僕から、勝手にこう思わせて貰ってるんですけど、大船ですねっ。いやっ、今回「CHANGE」は、だって、総理大臣っていうさあー、その自分を、どこに乗せればいいんだろう?と思って、そんで、もう、あーーー、もう、これ絶対大船しかねぇ~。っていう事で、大久保さん。で、またねぇ、大久保さんもねぇ、ノリがねぇ、すっごくいいんですよ。「だったら、これ着ちゃうでしょうほんで、タイはこの辺ねっ。」っつって、生身のドラえもんみたいに、「頼むよぉ~」っていう、気持ちでこっちが、若干不安だったりとか、HELP ME!な状態で、こう投げかけると、デデデデッデデ~♪っつって、もうホントに、何を振っても、このシーンで、履いておくべき物は何っすかねぇ「これでしょう」みたいな、こう、次から次へと出てくんですよ。脚本に書かれている、例えば今回で言ったら、「パジャマ姿の啓太」って例えばト書きに書いてありますよねぇそしたら、「チェッ、パジャマっつったら、やっぱ、これを、ねっ、ガンガンにウォッシュかけて、乾燥機かけちゃうから、そしたらもう、生地感変わるから、もう、これいっちゃおうよ。」っていう、すっごいもういっちゃうんですよ。「いっちゃおうよ。」「オイっす」っていう感じの、もう、最高っすよ。


今回もねぇ、その「華麗なる・・」の時も着たけど、あの時とは、またちょっとこう、テイストを変えて、スーツ着る事になると思うから、もうバッチリ作っちゃおうよ。って言って、それこそ、6話から、6話から着てるスーツは、フルオーダーです。あれ・・・で、よーーーく見ると分かると思うんですけど、Yシャツもフルオーダーです。「CHANGE」を見てて、「あれ??なんかYシャツについてねぇ」って思う人がいるかもしれませんけど、よーーーーーーーく目を凝らして見ると、左っ腹のところに、「か」って書いてあります。(か???)「か」って・・・K・Aって入ってます。(あっ、KAねっ。何か見たことあるような気がする・・・)ほんでねぇ、また、凄い、ハートフルな人で、そんなところも、すっごく僕は、好きなんですけど、8話のねぇ、ラストシーンに近い、もう、ちゅてきなシーン(ふふふふ、可愛い。ホントあのシーンは素敵だよねっ)があったでしょ啓太の胸に、顔をうずめて、理香が涙、ねっ、嗚咽して、涙する。その涙がもし、スーツに染み込んでしまった場合、ちゃんと分かるように、って言って、その生地とか、色とか、理香の涙が服に残っても、それがいいものとして、残るように、って言って、「ここはさっ、絶対グレーでしょ」とかって言って、「啓太が紺、ブルー系で来てるけど、やっぱここグレーでしょ」って言って、大久保さんがもう、凄いドラえもんでしたよ。(だから、あのシーン、グレーだったのかぁ~。逆に染み込んで大丈夫?って思っちゃった。狙いだったんだぁ~)今回、そう言えば、いっつもさあー、僕がドラマのお仕事をするたんびに、このワッツで恒例でやってるあの企画は、まだやってなかったですねぇ~。スタッフの裏話ってやつを・・・(またやるの???拓哉の大事なスタッフさん達だもんねっ)って事で、今日のワッツは、これやりたいと思います。ドラマ「CHANGE」スタッフ列伝朝倉内閣を影で支えた、野郎達!!トヒョ~(自ら効果音?)まあー、朝倉内閣はいろんな人に、支えて貰ってきたんですけど、(支えてもらってきた???)あーー危ねぇ~今、「けどねっ」って言っちゃいけないのかっまだ、残り2話あるんですよねっ。だから、そのー、「けどねっ」とか、って事はその後に、違った展開に話がひっくり返るって事だもんねぇ~(って余計にドツボにはまってる??)で、何だ???ゆったぞ今でも・・・「けどねっ」って・・・うふふふふ、朝倉内閣は、一体どうなるのか、残り2回、好ご期待っていうねっ。まさかあんな事になるとはねぇ・・・【ゴーン】ってい事をだから、言っちゃいけないんですよねっ。まあー、朝倉内閣を支えてくれたスタッフとして、まず欠かせないのは、この間もチラッとご紹介しましたけど、メイクのウッチー。内野しょうこさんですねっ。(内で、ウッチーなんだぁ~。ウッチーって言われる度に、ちょっと嬉しかったりして・・)メイクさんなのに、裏監督みたいな事してますからねぇ~。これ、今回、ウッチーと話して、面白いねぇ~っていう風に、思ったんですけど、よーーく考えたら、ウッチーさんと僕って、年齢は違うんですけど、同期なんですよ。はい、業界同期なんですよ。僕より上ですけど・・・初めてお仕事で一緒にさして貰ったのが、「若者のすべて」っていう作品で、それからですねっ。何かいろいろ、タイミングがあえば、その都度、ウッチーさんを僕は求めるんですけど、(うんうん。撮影の時も仲よさそうだったもんねぇ~)ウッチーさんも、お仕事をされてるので、そのスケジュールが合わなかったりとかすると、うん、一緒には・・っていう事もあるんですけどねっ出演者の自分が、今回の中で言う、総理大臣だとしたら、間違いなくウッチーは官房長官ですねっ。まさに、女房役というか、いやっ、本当の仕事っていうのは、髪の毛を整えたり、メイクをしたり、なんだけど、この人は、それだけじゃないんですよねぇ~。だから・・・他にもねぇ、そのコマーシャルとかで、お世話になってるいろんなメイクさん?そういう人達みんな共通して、言える事が、やっぱ、その見た目だけじゃないんですよねっ。作るのが・・・仕上げてくれるのが、見た目だけじゃない。っていうか、吹き出物をカバーするとか、上っ面じゃないんですよ。今さあー、化粧って漢字で書くと、化けるじゃん一番最初の字が・・・でも、昔ってこれ、違ったんですよ。気持ちの「気」だったんですよ。(へーーそうだったんだぁ~)気粧。なんか、僕がうわーー、っていう風に思えるメイクさんって、みんなそっちの気粧ですねっ。気持ちの「気」と書いて、「気粧」化けてんじゃなくて、気持ちをフィジカルなところからちゃんと、こう、メイクしてくれてるっていう、俺が思うメイクさんの仕事ってそういう仕事だと思いますよ。だから、究極というか、あのーそうあって欲しいこれから、メイク、私は、進みたい!!とか、思ってるような人が、今、このラジオ、もし聞いてくれていたら、そうなって欲しい今回のドラマ「CHANGE」は、何かをCHANGEする、きっかけになりましたかねぇそんなドラマになっていたら、僕は嬉しいです。世界を変えるなんて大層な事じゃなくて、ちょっとでも、何かが変われば・・・って事で、こんな曲。


Change The World / エリック・クラプトン


朝倉内閣を支えてくれた、ドラマ「CHANGE」のスタッフ達、あのねぇ、撮影部の雰囲気が凄くいいんですよ。カメラマンの人達。今回、大野さんっていう方と、岸本さんっていう二人が主軸になって、撮影っていうのは、楽しいことやってるんだっていう風に、ホントに思わせてくれる、カメラマン。ただ撮るだけじゃなくて、だから、その人が納得いかなかったら、「あっ、すいませんもう1回お願いします。」って言ってくれたりもするし、まだカットかかってないんだけど、カメラ横でもう、俺に「すいませんもう一回お願いします。」っていう感じで、またねぇ、その二人の関係性もいいんですよ。お互いがお互いをちゃんと認めてるし、ちゃんとお互いがお互いに頼ってんですよねっ。「俺、こっちからいくから、頼むわ。」っていう・・・だからカメラ前に立ってて、凄くなんか、心地いいっすよねぇ。実際にカメラを操る人達が、そういう人間どうしの、関係がある上での、撮影だから、そんな前に立たせて貰うのは、超―――特等席ですよ。


次はねぇ、スチールっていう人がいるんですよ。どの現場、どのシーンにもその写真で、向き合うっていう。要は、僕らは、動く映像を造りに行ってるじゃないですかなんだけど、その人は、ただ一人、静止画でそのドラマと向かい合ってる。青ジーって言って、まあー、今、ねっ、若干年齢も想像できたと思いますけど、(ちょっと年配?)ふふふ、青ジーなんですよ。青ジーが撮った写真っていうのは、TV誌に配布されたりとか、各そのー、ねっ媒体の記者の方が、朝から夜中の3時までとかさあー、付き合いきれないじゃないですか?僕らの撮影に・・・だ、そことの架け橋になってんのが、素材として写真を残すって事で、仕事をしているのが、そのスチールの青ジーですねっ。だから、戦場カメラマンみたいな感じですよ。だ、うちらの現場に張り付いて、雨んなったら、一緒に雨を待って、雨がやむのを待って、いやっ、必ずいますよ。時々あのー、遅刻してきますけど・・・「おはようございます。」って言って、なんか後で言われて、「今朝、半端じゃないシーンあったよ。」とかって言ったら、「いいシーンだからっつって、いい写真っていうわけじゃねぇから・・」【ゴーン】ふふふふっててててて(高笑)「いいシーンだからと言って、いい写真が撮れるっていうねっ、そういう保証はねぇから・・・」って、まっ、一利あるなぁ~って思うんですけど、よくそういう事言ってますねぇ~。で、続いて、続いて誰にしようかな?あーー、照明さん?照明さんは、もうサトル君をはじめとした、FLTの照明チームが凄いっすよ。スタジオの日は、必ず足袋履いて、(足袋??)雪駄なんですよ。いやっ、そのサトルさんが・・・チーフ、照明のチーフなんだけど、粋なのよ。「わかってんのよ。わかってんのよ。もう、こうじゃねぇってわかってんだけど・・・」って言いながら、いっつもスタジオの日はねぇ、綺麗――な足袋に、その雪駄履いて、照明さんに限っての話ではないと思うんだけど、前はよくいたよ。足袋はいて、雪駄で、うん、動いてる美術さんとか、いっぱいいましたよ。最近は、そうだねぇ、やっぱり、なんだっけ?あのサンダル、クロックスだっけ?みんなあれですねっ。(みんなあれなの??)でも、あのー、今日、ちょっと何人か前に紹介した、撮影チームの、(何人か前???さっきじゃんカットされてる??)大野さんと岸本さんの、二人のコンビがふふふ、買ってきたクロックスは、偽物らしくて、【ゴーン】凄い硬いっつってました。(はははは)ふふふふふ、あれなんですよ。これはちょっと、またまた裏話になっちゃうんですけど、美術的に、セットとして首相官邸の執務室だったりとか、そう、総理が仕事する、総理の椅子がある部屋(ふふふ、総理の椅子がある部屋って・・(爆))うん、ドラマん中に出てくるねっ、そのお部屋だったりとか、官僚のみなさんが座ってるセットん中とか、あと、国会議事堂の廊下のセットとか、あそこって、スタッフは、土禁なんですよ。靴で上がっちゃいけないんですよ。汚れちゃうから・・・だから、みんなあのー、出演部以外は、セット用の履物を自分達で用意して、それでみんな撮影してるんですけど、靴を脱いで、執務室なんかに、入って、ずーっと撮影してると、要は直にこう、床踏んでカメラ動かしてないといけないから、凄い足の裏が、痛くなるんですって・・・「ほんで、俺、買ったんっすよ。」とかって言って、ふふふ、クロックスのその偽物?をふふふふふ、買って来たらしいんだけど、偽物だから、凄い硬いんだって。「だから、床、これ直と変わんねぇ~っすけど・・」とかって言って、暇さえあれば、その、偽物のクロックスをこう、グニャグニャ曲げてますねっ。(はははは、柔らかくする為に??)そう、二人揃って偽物なの。仲良く偽物なの。同じとこで買ったらしいんですよ。素敵!!でしょまあー、あの、履物の話で、脱線しちゃったけど、サトルさんもねぇ、だから、照明のサトルさんも、本気なんだよねっ。7話の最後で、啓太がボロボロんなって、家の中で、どうしようもない状態になるっていう、だから、部屋の明かりを一切点けないっていう、(うんうん。すごい雰囲気出てたよねぇ~)1シーンがあったと思うんですけど、要は、部屋の明かりを点けないってなったら、光が存在しないじゃないですか?光源が・・・セットの中に・・明かりが点いてないという状態を、光を作って、伝えるっていう。凄くないっすか??これ・・俺、結構、あれ、感動したんですよ。あん時のねぇ、今回のFLTの動きは半端じゃなかったですねぇ。


では、ここで1曲。この曲はドラマ「CHANGE」のスタッフに、捧げたいと思います。ホントにホントに、みなさんありがとうございました。(もう完全に過去形だもんなぁ・・・)感謝しております。お陰で楽しかったです。(ほら、またぁ・・・)


KANSHAして/SMAP


この人達を忘れちゃいけないって思うのが、車輌部。車輌部のねぇ、ドライバー達の、ふふ、あのたむろった感じ大好きです。俺・・・ふふふふふふ、マジで・・・ロケんなると、70人編成ぐらいの、1チームになるんですけど、後、照明は照明機材、撮影は撮影機材、で、美術は美術の美トラ(美トラって言うの??)で、スタッフが乗るスタッフ車、本体??諸々いろいろ、あるんですけど、もうあの人たちがいなかったら、だから撮影できてないですねっ。ロケからロケに、移動しますよっていう、スケジュールになってるとするじゃないですか?そうすると、車輌部が、そろそろこの現場終わるかもなっ次の現場にいくかもなっってなってる時の、あの車輌部の集合のミーティング?どこ使う??みたいな、ルート。第三??いやっ、第三、この週末の、この時間帯だったら、あそこら辺って絶対混んでっから、いやっ、あそこで降りて、逆にあそこから、どこどこに乗っちゃった方が、絶対いいぜっとか、だって、時間が凄く高価なものだから、ドラマの現場って・・・だ、その時間をハンドリングするっていうのが、車輌部だから、だ、別にねっ、そのスッ飛ばすとかそういう事ではなくて、いかにスムーズに安全運転で、この人達を次に?移すかっていうのは、その人たちにかかってますからねっ。今回のあれ、いいよねぇ~。あの、照明車。照明機材ねぇ積んでるトラックがねぇ、またいいんですよ。「プライド」の時の、ブルースコーピオンズのなんか一員に、凄いいそうなふふふ、感じで、ギアーは、水中花なんですよ。(水中花??今でもそんなのあるの??)車のギアーが・・・ふふふははははは(高笑)先っぽどこらじゃないよ。こんなだよ。(こんなって言われても・・・)美術の、女の子でザッキーって言われてる女の子がいるんだけど、帰国子女の美術の女の子がいるんだけど、その女の子は趣味が車と釣りなんだって。で、その噂を聞きつけた、その照明車のふふふ、ドライバーのふふふふ、人が、「これ、おめえにやるよ。」って言って、ふふふふ、水中花のふふふふ、ギアヘッドを、ザッキーに「これ、やるよ。お前車好きなんだろ??」って、プレゼントしたらしいんですけど、この間ザッキーが、ロケ先で、「木村さーん、これ貰っちゃったんですけど、どうしましょう???」って、俺に見せた姿が、どーう見ても、大人のおもちゃにしか見えなくて【ゴーン】(どうして大人のおもちゃ??)ふふふふ、「ザッキーお前、その持ち方やめた方がいいよ。」とかって言ったら、「車に付けようと思うんですけど、絶対無理ですよぉ~」とかって、ふふふふ言って・・・現場最高でしょ


まだいける??後ねぇ、3時間いける。俺・・・(3時間??)スタッフ話で、3時間はいけますよ。演出部の田中とか(この前メガホン持ってた人だよねっ)ねぇ、金井とか、金井とかどうしようもないんっすよ。後やっぱその、欠かせないのは監督ですねっ。これだけ最後に、言わして欲しいんですけども、今回澤田さんと、平野さんっていう二名の監督がいるんですけど、ホントにねぇ、スペードとクローバーっていう感じですねっ。トランプで言ったら・・・1冊の台本っていうものが、同じ台本なんだけど、その人によって、これだけその物の捉え方が、大事にする部分が違うんだなっていうぐらい、違うんですよ。二人とも・・・なんだけど、またこれが凄いいいなぁ~って思うのが、自分が作ったものを「どうだ、ほら」っていう、ではなくて、お互い?の、4話なら4話、平野さんがやった、それを見た、澤田監督が、「いやぁ~、この出来高は半端じゃない」っていうその、台本における、こういうものが、できるんじゃないか?っていうものを、相手はそれをちゃんと超えてきたとか、で、逆に、平野さんは、「鎌の話、おもしろい。」っていう、あの、一番ねぇ、俺、不安になるぐらい、平野さんって一番視聴者なんですよ。撮ってる最中もそうなの。「ハイ。カット、チェック」って言ってOKを出すだけではなくて、普通に「面白い。」って、その現場で言う人なんですよ。だ、俺、その温度が、時々不安になって、大丈夫?この温度・・・っていう風に確認はするんですけど、空回りに見えちゃうんですよ。そう、一人で凄い、なんか楽しんでますよ。


って事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


みんなうちらの業界ってさあー、夜でも、その日会ったら「おはようございます。」って言うじゃん。平野さんは、ふふふ、そこがねぇ、また不安になるんですけど、お昼過ぎると、「こんにちは」って言うんですよ。(ふふふふ)絶対に・・・ふふふふ、「木村さんこんにちは」で夜になると、ちゃんと「こんばんは」って言うの。ふふふふふはははは。そこがねぇ、また、ふふふ不安になる、要素のねぇ。そうそうそう、江角さんの旦那さんですけど・・・凄い普通な感じですよ。ふふふふふふふふふ。ホントに・・・もう入らない?っていうか、俺、今ちょっとビックリしたんだけど、喋り過ぎて、今、指つった((爆)(爆)喋り過ぎて、指つるの???)親指のここが、つったふふふふふ。






感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

COMMENT

●さっちんさんのいうとおりカットされてたのかな??

さっちんさんのコメの、(何人か前???さっきじゃんカットされてる??)←を読んで、そう言われれば・・・って思いました。実際、拓哉くんは何時間くらいしゃべっていたんでしょうね??「あと3時間はいける」と言ってたということは・・・・ひょっとしてすでに1時間くらいは、しゃべってたりして??カットされてますね。。。せっかくだから全部、聞きたいですよね~v-54
それから、「ギアの水中花」ひらめきましたv-237たぶん、ギアはとりはずしできるはずだから、すり棒みたいな形をしているんですよ。それで水中花というのは、そのすり棒が透明でなかに造花が入っているのではないかなぁ・・・と思いました。たぶんですが・・・・。
つった指、親指だったんですね笑。うちのラジオも音がクリアではないので、時々聞き取れないことが・・
。さっちんさんのレポ助かりますe-420(ちなみに「喋りすぎて指がつる」に医学的根拠は全くないと思います笑。喋りすぎてエキサイトしすぎちゃったから指がつったのではないでしょうかね笑。)

じっくり読み返してみても・・・過去形ありありで

掲示BANG!はすべての感想はなまるで、スタッフ話たのしかった。もっと聴きたい
拓哉くん素敵なスタッフに囲まれてしあわせ

などなど・・・満載でした。

そのとうりだよ私だって、よかったね~☆☆お疲れ様残り2話はそんなところもきをつけて楽しんでみます・・・・といいたい。


でもでも、このタイミングはちょっと、ちょっと今でなくてもって悲しくなっちゃいました

終わったって、テンション高めな感じ
がかえって寂しいというか・・・


ねぇ~さっちん?心が狭いのかなぁ(=_=;) しょんぼり(-_-)

●リーさんへ

実際、拓哉はどれぐらい喋ってたのかな??
きっと1時間以上は喋ってたんじゃない!?
前にも、前後おかしかった時があったりするから、編集されてるのかな?って思います。
すり棒みたいな形かぁ・・・水中花は大体想像つくよ。アクリルの中にお花が・・

もしかしたら、リーさんと同じ足の親指だったかも・・だねっ!?

●ハル308さんへ

まっ、掲示BANG!にはそんな反対意見は乗らないからねぇ・・

ハル308さんの気持ちも凄くよか分かるよぉ~

このタイミングじゃなくても良かったかな?って思うねっ。
「CHANGE」が終わってからでも良かったんじゃないかな???

それとも、この後に、どうしても話さないといけない内容が待ってるとか???
なーんて、ちょっと上向きに考えて、後2話なんとか楽しみたいねっ。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。