さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHAT'S UP SMAP(12/8)パート1

先週公開になりました、映画「武士の一分」えーーみんなからすごくたくさんの感想を頂いて、ホントに嬉しいです。ちょっと言い方を変えさして頂きまして、ありがとうでがんすえっあのー正直何というのかな?みんなからの感想を読んで、えーホッとしたというか、やっとあのー手渡す事ができたんだろうな?と、いう実感がしてるんですけども、あのーー「ワッツ的な感想を送ろうと思ったけども、そんなところ見つけられませんでした」っていう感想が大半を占めるなか、やっぱりいましたね。リスナーの中には・・・無理やり突っ込みどころを見つけてくれちゃった方が、いいですよ受けて立ちますよいきましょうか。


掲示BANGに入ってたメッセージですね。
タイトル「キャプテンの笑い方って・・・」っていう、
千葉県 22歳 「武士の一分を受け取って、感じた事。恋愛って、昔も今も変わらないなぁ・・って、思いました。時代劇で泣いたの初めてだし、真剣に楽しく見れてよかったです。恋愛っていいなぁ・・時代劇もいいかな?と思いました。今度は一人で見たいです。(誰と見たんすかねぇ?)あと、ここは?ってちょっと思ったのが、えーキャプテンの笑い方って、特徴あって好きなんですが、時代劇という物語に、入ってる時、ははははっていつもの笑い声を聞いた時、「おっ木村拓哉になってる」っと思いました。キャプテン笑い方変えた欲しかったですよ。途中からは気にならなくなりましたけど、新之丞になりきってましたからねぇ~ワッツだから、正直に言っちゃいました。


っていう、来てますねぇ。そうですねぇ。あのーー笑い方で、まあーでも、これはそうだなぁ・・・うん。言われてみれば、反省すべきとこなのかな?っていう風に思うんですけど、でも、こう、笑い方っていうのは、わ、わかるんですよ。突っ込みどころだっていうのは。「お前ちょっと何かその瞬間だけ、素になってねぇ」みたいな、えーー突込みが来るのも納得できるんですけど、逆にさぁー、笑うところで、変にアクションしちゃうと、すごく冷めると思うんですよ。何か、笑いってホントの笑いじゃないと、根っから笑ってないと、笑う声っていうのが、自分でなんかすごく、弁明してるのがすごく嫌なんですけど、あのーー普通の笑い声には、一応ねぇ、僕なりの考えがあるというか、プランニングがありまして、まあーどんな考えがあっての事か、っていうのは、曲の後で・・・っていうか、曲の間に言い訳を考えます。(ぷはははは。)【ゴーン】ハイ曲いきます。

笑い声の話から始まった今日のワッツ、オープニングはイントロの笑い声の印象的なこの曲から


アナーキー・イン・ザ・UK /セックス・ピストルズ


まずー、リスナーのみんなにひとつ聞いていいっすか?笑う事って、本能的な事だと思います?それとも言葉みたいに、生まれてから学習する?覚える?後天的なものだと思いますか?どっちだと思いますか?僕はねぇ、基本笑うって事は、先天的なものなんじゃないかな?と思うんですよ。だって、赤ちゃんってさぁ、結構すぐに笑うじゃないですか?あれって笑い方を覚えて笑うわけじゃないでしょ学習して笑うわけじゃないじゃないですか?本能的に教えてないのに、笑いますよねぇだから、僕個人的な結論なんですけども、江戸時代も今も、笑い方はきっと変わってないんじゃないかな?って事なんです。あのー時代劇の中に、よく見られる、独特な笑い方ってあるじゃないですか?「ハ・ハ・ハ・ハ・ハ・」とかさぁ、あのお姫様が「ほほほほほ」とかさぁ、あれって、間違ってはいないと思うんですよ。でも、お殿様とか、お姫様っていうのは、お上品に個人の笑いっていうのは、あったにも係わらず、その上でこうしないと上品じゃないですよ。っていう、産まれてから教わった笑い方?なんかこう、しつけられた笑いなんじゃないかな?と思うんですけど、どうですかねぇだから、そういう笑い方をするのは、江戸時代においては、上流階級の人たちの笑い方?今回僕がやらしてもらった「武士の一分」の三村新之丞っていうのは、サラリーマン的に言ったら、もう平社員みたいな、下級武士だったので、そんな教育はきっとねぇ、あんまないんじゃないかな?と思うんですけど、っていうか、プライベートな時間じゃないですか?あのー笑う部分って・・そのプライベートな、パーソナルな時間でしつけられた笑いは、きっと、しないだろうし、それこそ加世さんっていう、好きな人との会話の上での笑いだから、今の僕の笑い方とそう変わらないんじゃないかな?と思うんですけども、どうですか?このセックス・ピストルズを聞きながら、よく考えられたと思いません?この言い訳【ゴーン】結構よくできてるでしょ(ぶははははは)だから、付け・たす・なーらですねぇ、思うのは、もし田原としひこさんが、江戸時代に生まれていたら(えっ!?笑い声真似してくれんの???きゃははは)きっとその時代でも、「うはははは。ぼく、バ○だよ(←トシちゃん風)(すっごい似てる!!!!でも、先輩にそんな事言って大丈夫?)【ゴーン】っていうあのー、笑ってたんじゃないかな?っていう。うん。これは間違いかもしれないなっ失礼しました


東京都 21歳 大学生「キャプテンこんばんワッツ。武士の一分無事公開&大好評おめでとうございます。(ありがとうございます。)えーこの間のスマステーション6見ました。「俳優木村拓哉特集」なーんてかっこいいテーマでしたねぇ。これまでの、共演者の人たちとか、TVドラマのスタッフの人たちから、すごい量のコメントがきてましたねぇ。拓哉君エンディングで「話したりない」って言ってましたけど、拓哉君自身のトークが少なくて残念でした。(うんうん。ホントだよ~もっと聞きたかった(^^ゞ)俳優木村拓哉という事について?もう少し、聞きたいので、スマステの続きトークをワッツでお願いします。「話したりない」って言ってたでしょ(ぶははは。それいい!!)拓哉君にとって、演じるって何ですか?」


っていうねぇ、ホントに拾うよねぇ(うんうん。聞いたよ)このリスナーは・・・ワッツの・・下手な事言えないですねぇ生番組で・・・「話したりない」ってまーあ番組の流れ的にもちょっとこう、「慎吾もうちょっと話さない?」っていう感じにはなってたので、あっ後さぁ、特集ねぇ、タイトルも俳優木村拓哉っていう風になってたし、俺別に俳優って何か慎吾の前で言われても何か、すごく照れるというか、困るというか、(きゃははは可愛い)まあーでも、確かに、VTRはオニ、オニのように、長かったですねぇ(うんうん。永遠VTRだったもんね)あれ、予定では、もっと長かったらしいんですよ。(えーーーもっと長いの??じゃあどこからどこまで、流れる予定なんだ??最後のちょこっと話したのもなし?)VTRが・・・あまりにも長いので、9分カットしたらしいんですけど、(えーー9分もカットして、あれ??)でもーーねぇ、高畠さんを含め、スマステーション6のスタッフがホントにたくさんコメントを集めてくれた結果じゃないですか?だから、まあーVTRとしては、見ごたえあったじゃないかな?と思うんですけど、でも、俺にとってこう、演じるって何ですか?っていう、すごいデカいテーマじゃないですか?これ。何ですか?って言われても、「いや、こうこうこうです。」っていうものではないから、まず、自分のこの、演じるっていう事に、当たってのルーツ的な事を思い返してみると、一番最初この間スマステーションのコメントの方も頂いた、(蜷川さん?)演出家の蜷川ゆきおさん、っていうねぇ、方がいらっしゃるんですけど、(すっごい厳しくて有名だもんね)その方が演出をされていた、えー舞台「盲導犬」っていう、1989年。今でも覚えてるんですけど、その舞台の稽古中に僕17歳になったんですよ。演技というか、そのー、台詞を喋って、動いて、感情を表現するっていうのは、初めての作業だったので、何かいきなりねぇ、青山かなんかの喫茶店で蜷川さんが待ってるからじゃあそこに行こうって事になって、で、僕もほら、蜷川ゆきおさんっていう方をそん時理解してなかったし、(え—-理解してなかったの???)その世界的に有名な演出家っていう事も、全然知らなかったし、誰だろう?この人・・ってい感じで、「あ~どうも・・こんちわ」みたいな、感じで会ったら、「何だこの生意気なガキは」っていう事で、それが採用理由だったらしいんですけども、(きゃははは、それが採用理由??でも、それで、運命を変えたんだもんねぇ・・・)うん。俺も正直、あのーその時はですよ、初見の時は、「いやな親父だなっ」ってちょっと思ってました。「あっ何?」っていう、「初対面じゃん」っていう感じでえへへへへ、僕も何かすごいツンケンしてたし、で、そのふふふツンケンが、功を奏したというか、それが結果となり、「あのーーじゃあーお前出てみるか・・」っていう事になったらしいですけども、なんとなーーく、僕、正直ですよ、自分で履歴書を送って、ジャニーズに入って、っていう経緯じゃなかったので、勝手に親戚が履歴書送っちゃって、ホントに何となく、この世界に入っちゃったっていう、その延長と言ったら変ですけど、演技も?自分で始めた分けじゃないし、「俺こうなりてぇー」っていうので、やった分けじゃなかったから、(でも、そう考えたら、やっぱり天性なんだよねぇ。。。運命というか・・・)振り返ると思うんですけど、ただ単に負けず嫌いで、最初稽古始まって1週間ぐらいは、演出家の蜷川ゆきおさんが、目の前にいるんですけど、一切見ないんですよ「ハイ」って言って、手叩いて、「ハイもう一回」「ハイもう一回」「ハイもう一回」って言ってるんですけど、「あーこの人絶対、見てねぇーなあ・・」って思ってて、ふふふふ、すんごい何か、自分の中で、コンチキショウっていう気持ちにもなり、それこそあのー、スマステーションのVTRで言ってましたけど、悔しくて、ゴミ箱とか、ガガーーーンっつって、蹴っ飛ばして帰ったりとかしてましたよ。ほんでね、舞台の設定が新宿のコインロッカーが舞台なんですよ。なんだけど、僕はそのー教え上げの稽古場から、その時住んでた家に帰るのに、新宿駅を通るんですけど、全くその、設定のままのコインロッカーの前を通らないと家に帰れなかったんですよ。嫌でしたねぇあのコインロッカーの前を通るのが・・・でも、その厳しさっていうのを体感した、経験できた自分が正直いたので、その後いろんなキツイ事とか、うわーーーって思うことがあっても、「あれができたんだから、お前こんなとこで、何凹んでんだよ」っていう風に思える自分はいましたねぇ。だから正直演じる事が、おもしろいっていう風には、思えてなかったと思うんですよ。負けず嫌いから、ただスタートして、で、そういう稽古を経た上で、まあー本番を迎えさして頂いて、初めて人前で客席に座るお客さんの前で自分が演じる?って言ったら変ですけど、を経験して、表現してで、その、作品が終わった時に、その客席からうわーーーという拍手を頂いた時に、「うわっこれヤベぇなっ」っていう風には、思ったのすごく覚えてますねぇ。あのー日比谷の日生劇場で頂いた、受けた?拍手が俺の事をハメたような、気は・・だから、スタートはそこじゃないかな?と思いますよ。そっから、「あーーおもしれぇかもしんない。こういう事・・」っていう風に、思えたのが、だから、泣くとか笑うとかそういう事をねぇ、表現するという事に対して、楽しいっていう風に、稽古中は思えてなかったから、言い方変えたら、拍手が好きなのかもしんないっすね((爆)うふふふふ。そりゃあーー嬉しいよね)「なんだおめえ?」っていう事かもしれませんけど、演技は嫌いかな?毎日毎日、ドラマの現場に行って、してる事なんでしょうけど、難しいなぁ・・何て言えばいいんだろう・・表現と言えばいいのか、どう、まあー配達が好きなのかもしれませんねぇ。配達業(私達のところに届けてくれるね)言い方変ですけどねぇ。うん。自分は配達業に向いてるんじゃないかな?ふふふふと思いますけど・・・いかがでしょうかじゃあ一曲いきましょうえーー今までこの曲好きってよく言ってきましたけど、えー今日ここで、初めて言います。あの蜷川さんにかなりコテンパンにされていた頃、僕実はですねぇ、地下鉄の中で、これを聞いていたんです。


STAY GOLD/スティービー・ワンダー

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。