さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHAT'S UP SMAP(12/1)パート1

いやーーやっとできた
だんだんUPするのが遅くなるんだけど・・でも、今頃UPしても読む人いるのかな??みんなライブDVDに夢中だよねぇ



ちょっとまだドキドキしてるんです。別に恋をしたからじゃないんですけど、映画ふふふ武士の一分が本日公開になりましたハイまたまた一人拍手。えーーやっぱ公開初日っていうのはですねぇ、初日の夜だけに初夜なみのドキドキはホントあるんですけども、まあー、今まで映画に何本か出さして頂きましたが、今回の気持ちはですねぇ、違いますねぇ。なんか、やっぱ。何だろう?まあーでも、スクリーンに映し出された時点でみなさんのものというか、僕あのーー今回の武士の一分での、舞台挨拶とかでは結構言わしてもらってるんですけど、映画館に来てくれた人の、もの?じゃないっすか?もうスクリーンに映った瞬間に。ホントにそう思ってて、スクリーンに映し出された、その映画っていうものは、それを客席で見た人たちそれぞれの思いとか、気持ちが混じって映画館を出るときに完成すると思うんですよ。ホントのクランクアップってそこじゃないかな?と思うんですけども、まあーでもねぇ、こういう人たちからですねぇ、クランクアップしてくれた、えー人たちから(これって試写会見た人たちだよねぇ・・)早速ですねぇ、感想が届いてます。メール読むのもドキドキするんですけども、正直。(そんなドキドキするものなの?やっぱり評判とか気になるもんなんだよねぇ・・・意外とそういう風に見られていないと思うんだけど・・友達も試写会行って、感想送ったみたいなので、読まれるかな?ドキドキ)


福岡県 20歳 女子大生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。武士の一分早速見ました。正直に言います。ワッツだから・・(きましたよ~)私はかっこいい木村君が見たかったので、実は内心『時代劇ってどうなの?ちょんまげでしょ』って思ってました。でも、見たら、かっこよかったです。(ふふふふ。あっよかった。)木村君じゃなくて、三村新之丞になりきってました。ホントに盲目の武士三村新之丞はいる、と感じました。えー木村君が新しい境地に入った気がしましたが、本人的にはどうですか?」

っていうねぇ、メールなんですが、いやっそんな~新しい境地っていう、のは、逆に何ぞや?っていう、感じはしますけど、もし、○○がそういう風に感じてくれたのであれば、そういう新しい境地があったとしてもですねぇ、自分でこう、入れたんじゃなくて、そっちに連れてってもらったというか、お誘いを頂いたというか、僕は入ったんだよ~じゃなくて、連れてってもらったんだっていう、言い方が一番適切ではないかな?とは思いますけどねぇ。ホントに自分一人じゃなんにもできないですからねぇ。あのー周りのスタッフの人が共演者の人がいなかったら、ああいう物はできないと思うんで、感謝してます。

という事で、今日は「武士の一分」公開記念、公開初日のドキドキを紛らわしたいから、みんなの感想メッセージを読みまくるでがんすっていう、タイトル長いでがんす。これ~ちょっと・・・

「武士の一分」公開初日の今日のワッツはこんなナンバーからいきたいと思います。


男が女を愛する時/パーシー・スレッジ


この曲前に、「武士の一分」のテーマ曲として、これいいんじゃないかな?っつって、ワッツでかけた事があるんですけど、見てくれた、クランクアップしてくれた、みんなは僕はこの曲いいんじゃねぇかな?っていう風に思ったその気持ちが、伝わってくれてるんじゃないかな?とは思うんですけども、実はですねぇ、この曲実際に撮影現場でもかけました。監督に「木村君的には映画がすべて終わった時に流れる音っていうのは、どんな感じの音をイメージしてますか?」って言われた時に、「いやーこれです。」って録音部のチーフの方に、お渡ししたら、「あ~あ。いいねぇ・・」とか言ってくれて、ラストシーンに近い、加世さんが戻って来られるような、ところの撮影の前にスタジオのラジカセでこの曲を流したら、監督も「あ~あ、ねぇー、こういう風に考えてるんですねぇ・・」って言ってくれて、これなるんじゃねぇかな?と思ったんですけど、ならなかったです。ふふふふふ。


撮影に入ったのが、去年の12月の半ばぐらいですよねぇ丁度一年ぐらいですよ。撮影を始めてから、みんなの手元に届くまでに、1年ぐらいかかってますからねぇ。普通映画ってあんまり、ここまで寝かせないらしいんですけど、割りと寝かして頂いたというか、煮詰めてくれたんじゃないですかねぇ?きっと・・・

本日12月の1日公開になりました、「武士の一分」えー今日はそれを記念してこんなスペシャルいきたいと思います。 公開初日のドキドキを紛らわしたいから、みんなの感想メッセージを読みまくるでがんす 略して、感想メッセージこれだけでいいんじゃないっすか?タイトルは・・これだけで普通はいいんじゃないかな?と思うんですけども。えーーふふふふでは、早速感想メッセージにいきたいと思います。


奈良県 会社員 22歳「キャプテンこんばんは(こんばんは)武士の一分早くも、拝見さして頂きました。原作を読んでいましたので、ストーリーは知っていましたが、原作よりもいろんな感情が立体的に膨らんでいる素敵な作品になっていると感じました。シビアなところはシビアに、そしてクスッと声を出して笑えるところもあり、流石山田監督とキャプテンのタッグだと、感じました。特に新之丞と加世が離縁するシーンに拓哉キャプテンの迫力は見事でした。見ていて手に力が入りました。拓哉キャプテンが一番力を入れたシーンは、どこでしょうか?是非教えて頂きたいです。」

ワッツに来るメッセージにしては、あれ?俺もっと、何か、どつかれんのかな?(ふふふふ。何でどつかれんの???だいたい、どつくってどういう意味かみんなわかんないんじゃない?)と思ってたら、初日だから、みんな気~使ってくれてんのかな?それもやだなぁ・・・ふふふふふふ。一番力が入ったっていうのはねぇ、何だろうな?まあーもちろん人と人が存在してて、その感情がいきかうシーンっていうのも、とてもやっぱ難しいですし、やっててもドキドキしたんですけど、力が入らないように、力を入れたのが、お庭で一人であのー、木剣を振るワンカットがあるんですけど、あそこは、何か、手に力が入らないように、でも、気は焦ってる、何か複雑な心情にいる状態っていう、何か、そういうシーンがあるんですけど、そこは何かホントに精神統一をしてから、やったような、覚えは今振り返るとありますね。

山梨県 専門学校生 19歳「キャプテンこんばんワッツ。私の武士の一分の感想です。映画館で見て衝撃的でした。(うわ-これ来るんじゃない??)見ていてホントに三村新之丞という、人の映画を見ているような気になりました。新之丞と加世という、いい夫婦がホントにいるような、気分になりました。特に、目が見えなくなってからの演技は、見事でした。(あれ??)(ふふふ。あれ?って・・可愛い)新之丞が加世に離縁を言い渡したところなんかは、私、ホントに恐かったですから・・」

っていうねぇ、○○のメールが来てますけども、あれ?何か、出だしいいなぁ・・・これやーな風潮だなぁ・・(何で??やーな風潮なの??)後になってくるんじゃねぇかなあ?まあーでも、この、目が見えなくなってからの演技は見事でしたっていう風に、○○は言って下さってますが、どうなんっすかねぇ?これはでも、そうだなぁ・・不安だった部分、とても嬉しいというか、ねぇ?開眼状態での盲目だったので、見えてるから、はははは見えてるという現実を、否定しないといけない自分がいて、脳みそでは「見えてない見えてない」っていう、作業があったので、すごい、不思議な時間を過ごしましたねぇ。見えない風に見える、っていう、何か変な言葉ですけど、カメラマンの長沼さんっていう方が、あのーいてくれたんですけど、その人がいろいろアドバイスをして下さいましたねぇ。「いやーそっちに目線を送っちゃうと、ちょっとあれだなぁ・・?」っていうねぇ、長沼さんとの、コラボの結果だと思いますねぇ。見えない風に見えるっていのは。


東京都 女子大1年「拓哉キャプテンこんBANG!BANG!(うえっ)「武士の一分」父と二人で見てきました。時代劇という事で、年配の人ばかりかと思っていたら、若い子も多かったです。(へ—ー)(へーーってみんな拓哉ファンでしょ!?)父は、木村君には全く興味はなく、山田監督の時代劇という事で、一緒に行きましたが、その父が木村君のことをこう言ってました。「もっとチャラチャラした役しか、できねぇー奴かと思ってたけど、(ふふふふふ)」自分の事のように嬉しかったです。キャプテンホントにお疲れ様でした。ってまだ、公開されたばかりですよねぇ寒くなってきたので、体には気をつけて下さい。」


またまた嬉しいメールが来てますねぇ。「もっとチャラチャラしたあれしかできねぇんじゃないの?こいつ」っていう風にねぇ、思ってた○○のお父さんが、もう、嬉しいっすねぇ。こういう、こういう、こういうお父さんの意見、嬉しいです。うーーんどういう人が見る、っていう、予想は僕の中では、立ててません。あのー逆にそういう事考えると、きっと中身もそういう風になってくるんじゃないかな?って思うし、いやーでも、時代劇を割りとその、若い人達も見に来てたっていうのは、やっぱ嬉しいんですけども、まあー時代劇っていう風に、言われちゃうと、そのジャンル分けされると、確かに時代劇だと思うんですけど、ふふふ、ちょんまげのカツラを被っているし、刀は差しているし、まあーいろいろそのー、容姿的にはいろいろな事があるんですけども、時代がたまたま江戸時代だったという、だけで、伝えたい一分というものは、時代は関係なく、あっていいんじゃないかな?とも思っていましたし、そうだねぇ。確かにそうかもしんないねぇ。あのー夫婦生活を長年してきてきた、お父さんからの感想っていうのは、かなり、これ嬉しいですねぇ。何か人を好きになった事のある、人には是非見て貰いたいふふふふふ映画なので、そう言った意味では、えーこういうお父さんからのメール嬉しかったです。ありがとうございました。では、ここで曲にいこうと思うんですけども、「武士の一分」にあう、洋楽をもう一曲俺が勝手にピックアップしてます。えーさっき、離縁っていう、キーワードが何度も出てきましたけども、この離縁の後に、このタイトルの曲を選びました。この曲の意味は、曲を聴いてもらった後に、いこうかな?


REUNITED / ピーチズ&ハーブ


TITLE: what's up smap URL: http://smap--smap.seesaa.net/article/29157751.html BLOG NAME: SMAP DATE: 12/08/2006 00:03:39 what's up smap 関連ブログの紹介です。それぞれのブログにもぜひ訪れてくださいね!

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。