さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHAT'S UP SMAP(11/17)パート1

今週も早速レポいってみまーす


HAPPY  BIRTHDAY お~れ HAPPY  BIRTHDAY お~れ(うふふふ。いきなりこれ!?(爆)可愛い。)ふふふふふHAPPY  BIRTHDAY DEARお~れHAPPY  BIRTHDAY ふふふふふふふ お~れ【ゴーン】

あーフルでいきましたねぇ。(うふふふ。おめでとう!!みんなにお祝いメッセージについて触れてくれるかな?)寂しく。(えっ!?寂しく??あんなにいっぱいメッセージ来てたのに!!)一人始めてしまいました。今日のワッツ。えーー先日11月の13日に34歳になった僕なんで、たまにはこんなまじめなメッセージでも読んでみたいと思います。(えーー。あの掲示板の事には触れないの?って事は先週と2回撮り??)


38歳 働く主婦「木村君こんBANGBANG(おえっ)ついに34歳ですねぇ。おめでとうございます。(ありがとうございます。)34歳の木村拓哉には新しいドラマ「華麗なる一族」があり、さらにいろいろなお仕事が待ってると思いますが、一年前の自分、5年前の自分、10年前の自分と比べて、今の木村拓哉はどうですか?私は38歳ですが、今の自分が1年前の自分よりも、5年前や、10年前の自分よりも好きなんです。(おーー、すばらしい方ですねぇ。)妻と母親をやりながら仕事も頑張ったし、づーーっとできなかった英語の勉強も始めたし、飽きっぽい性格なのにいつかは、ホノルルマラソンを走りたいという夢の為に、努力してます。そんな今の自分が好きだったりします。木村君は今の自分と過去の自分どちらが好きですか?では、34歳になってもかっこよくて、エロくて、ちょっとお茶目な木村拓哉のいろいろな顔を私達に見せて下さい。期待してます。」


っていうねぇ、○○さんからのメールが届いておりますが、うーーーーん。あんまり考えたことないっすけどねぇ。今の自分と前の自分?どっちが好きって言われてもなぁ・・比べる事があんま好きじゃないなぁ・・(そうだねぇ・・過去の自分があって、今の自分だもんねぇ。)まあー自分の中で今、ホントにこのメールを読んでて、思ったのが、かっこいいと思うものが変わってる。前はきっと、突っ張って意味のない反抗をしてみたりだとか、(へーー、自分でもわかってたんだ。っていうか、自分でやっぱり突っ張ってたんだぁ・・その頃はあんまり知らないんだけど・・前のVTR見たらそうだもんねえ。)ちょっとなんかとげとげした、ところあのー部分がかっこいいって、前は思ってたように思うし、きっと思ってたと思うんですよ。でもねえ、今はねぇ、誰に対してもちゃんとあのー、目上の人?とか、自分に対する人がいたとしても、そのー自分に対する人に、上下をつけたくない。それをつける事はかっこ悪いって思ってる自分はいるんですよ。で、前はなんかそうじゃなかった気がしてて、どっちが好きっていうよりも、これが今自分の中では、やっぱ昔とは変わったような気はするなぁ・・で、割りと昔ありだったものが、今なしになってたりとかしますからねえ。でも、これすごいなぁ。今が一番って思えるっていう事はすごいと思いますよ。これはでも、理想ですねぇ。○○さん。今の自分が好きって言えるのはすごい素敵な事だとは、僕は思います。俺はどうだろうな?思えてるというより、思いたいですねぇ。思えるようにきっと毎日過ごしてるんじゃないかなぁ?とは思います。


僕が生まれた1972年って年は、結構いろんな事があった年で、まあー映画とかにもなってます、連合○軍の浅間山荘事件とか、あとアメリカではウォーターゲート事件とかねぇ、あとたなかかくえいさんが総理になったのもそうだし、そして、ロックンロールというか、ロックミュージック市場もっとも有名な曲と言っても過言ではないこの曲が生まれたのも1972年なんですねえ。この曲さあ、ギター買ったら、とりあえずやるよねぇ俺もやりました。


Smoke On The Water / ディープ・パープル


このガッガッガーっていう、これやりたくなるもんねぇふふふ。ギター持ったら、いやー思い出すなぁ。中学校たぶん三年生とかぐらいですよ。男闘呼組のメンバーが使ってただろうギターが横に置いてあって、『ヤベーこれ触っちゃおうかな?』とかいう時に、ジャッジャッジーとかやってたら、「おい何やってんだ?お前」とか言われて、「すません~」みたいな、感じでしたねえ。ハイえーーー今現在私木村拓哉、撮影中のドラマ「華麗なる一族」っていうものがあるんですけども、えーーその作品はですねぇ、僕が生まれた年の次の年1973年の原作なんですねぇ。ホントに自分が生まれた頃の小説のドラマ化に参加するっていうのは、そういう風に考え直すと、あーーすげぇーーなぁ・・っていうか、自分らが生まれた年、生まれた年からまあー何年後とか、それこそ、自分が生まれる年の何年前、何年後っていうのはホントにこうだったの?っていう不思議な感覚にはなりましたよねぇ。まあーこの「華麗なる一族」っていうのは、1973年におこった、えーっ太陽銀行と、(神戸銀行)神戸銀行の合併っていうあのー、事実というか、現実の話がモデルになった、話なんですけども、みなさん知ってますかねぇ太陽神戸銀行って昔あったんですけど、(うんうん。あったよ)太陽神戸銀行はその後、太陽神戸三井銀行(そうそう、すっごい合併したよね)になって、そのあと(さくら銀行だね!?)さくら銀行になって、(今は三井住友銀行だね)ほんでさらに住友銀行と合併して、三井住友銀行になってますけどねぇ。(関東の方達はあまりわからないよねえ!?きっと・・)まーそこら辺の話もなぁ、正直あんま詳しくない自分ですけど、で、原作では、その銀行の頭取のお父さん?万平大輔って方が、原作の方では主人公なんですけど、今回そのードラマ化するに当たって、その息子の万平鉄平っていうねぇ、まあー僕がやらして頂いてる、キャラクターなんですけど、(キャラクターというのか?)そのキャラクターがちょっとスポットを当てて、違う角度でのえー華麗なる一族をやってみようでは、ないか。という事には今なってますけどねぇ。財界だったりとか、政治の世界だったりとか、財閥家に生まれた自分だったり、兄弟だったり、っていうものが、閨閥というねぇ、ようはコネクションですよ。コネクションをいかに使って、こうやっていくねぇ。結構ねぇ、そうだねぇ、難しい言葉出てくるよねぇ。俺最初何だかわかんなかったからねぇ。台本に閨?何これ?閨閥?閨閥結婚?とかふふふふふ割りと今回辞書引いてますだから。ああああーなるほどねぇ、こういう事かぁ・・っていう、(ふふふ。可愛い)言葉も難しいんですよ。ふふふふふ。

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。