さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHAT'S UP SMAP(2007/3/2)パート1

この間のグラミー賞に引き続き、えーわたくし木村拓哉アカデミー賞のお仕事もしてきましたー!!ハイ(拍手)(えーーー、また、アカデミー賞の話??)って勢いよく始めようかと思った今日のワッツなんですが、本題に行く前に、ひとつよろしいでしょうか?(はいはい??何々?)今週ですねぇ、番組公認HPワッツ海賊団の掲示BANG!を見てて気づいたんですけど、丁度1ヶ月前の放送2月2日の放送がですねぇ、何と、この番組の600回記念だったらしいですねぇ【ゴーン】あのーー、さぁー、割りとそういう時ってさぁー、何かすごい事とかで、何かまあー手前味噌かもしれないけど、やったりとかしませんか??(ふふふふ。やっぱりやったりしたい??)この間の500回記念の時も、確かこういうの全く無視した状態で、まあー僕ねぇ、あんまり好きじゃないんですよ。何周年とか、何回記念とか、そんなに好きではないんですけど、まあーワッツに関して言うと、すごく個人的なスペースじゃないですか?(うんうん。そうそう。)数字的にも、100回200だと、まだーちょっと若いだろうって思うんですけど、500回とか、600んなると、もう、そうも言ってらんないっていうかぁー、何か番組的にももうちょっと何かこうー、盛り上がっていいんじゃないかな?と思うんですけど、振り返ってみたら、今回の600回目、えーー2月2日にやった、OAは何だったかと言うと(ふふふ。豆まきじゃん!!)福島と豆まきしてましたねぇ。あれがー600回記念だったんですか?あれーいつもやってる事じゃないですか・・毎年。でも流石ワッツのリスナーだよねぇこういうのは、普通さあー、ねぇ一応掲示板も用意してある訳だし、来週600回ですねぇとかさぁー何かそういうのあんのかな??って、もうーそういのう全然なくて、(ふふふ。全然なかったんだぁ~)過ぎてたから、この間「あーそう言えば、木村さん、600回目でしたねぇおめでとうございます」みたいな、えーーホントにねぇ、リスナーのお前ら最高です(ふふふふ。それ最高なの??)今後もこのスタンスでよろしくお願いします(はーーい。これでOKなのね!?)えーーという事で、今日はワッツ放送604回記念(ふふふふ。604回記念ね)いいねぇ~。アカデミー賞ふふふ&華麗なる打ち上げトークでテンコ盛りスペシャル略して、赤カレーテンコ盛り


2007年アカデミー賞注目の作品賞はディパーデッドでしたねぇそしてディパーデッドの監督マーティンスコセッシュが、監督賞も手に入れました。えースコセッシュ監督はこれまで、何度もノミネートされながらも、受賞はしてなかったんで、ですよ。あんなに大ベテランな監督が、今回の作品デパーデッドは、要所要所にロックが流れてて、いいんですよねぇ~この曲も使われてました。ということで、今日のオープニングです。ローリングストーンズ1967年のナンバーでいきましょう。


Gimme Shelter / ローリング・ストーンズ


この方はですねぇ、最近では、アビエーターとか、ギャングオブニューヨークとか、ちょっと前のだと、えーー僕の好きなハスラー2、あとレイジングブルーとかねぇ、後もう、ホント有名な作品で、まあーちょっと古いんですけども、僕は好きな映画、ロバートデニーロ主演のタクシードライバーっていうのがあるんですけどねぇ、もう、ホントに名監督の大監督という、なのに、監督賞初受賞というねぇ、WOWOWのねぇ、パーソナリティーをえーーやらして頂いたんですけども、あのーートランシスフォーコッポラーと、スティーブンスピルバーグと、ジョージルーカスが、このマーティンスコティシュを迎え入れるねぇ、あの幻の4ショットが僕はふふふふ大好きでしたねぇ。スティーブンスピルバーグと、フランシスコーコッポラーが「アカデミー賞で監督賞を讃えられるのは最高な事なんだよ」って言ったら、ジョージルーカスが真ん中で、「いやー俺貰ってねぇ~けど・・」って、普通に二人に対して言ってましたねぇ。あれが、もう最高に僕は楽しかったですねぇ。もうー何か、監督達っていいなぁ・・って、クラスメートな感じがすごくしましたねぇ。何か噂によると、アカデミー賞的には、今年こそもうー、そろそろスコティーシュ監督に・・みたいな空気が実はあった・・・なんて、話もあるらしいですけど、みんなねぇ、周りの人いろんな事言い過ぎだよクリントイーストウッドがねぇ、ちょっと貰い過ぎてるから、そろそろもうー、・・・・(ごめんなさい。聞き取れません)不味いんじゃないの?つていう、失礼な事言っちゃいけませんよホントねえ、実力だと思いますよ。地道に努力してきた、功績が讃えられたんじゃないですかねぇアカデミー賞まで、後スコセッシそういう努力をしてきたんじゃないかな??(ふふふ。違う。違う)って僕は、今分かったかな?(うんうん。分かってるよん)もう、もう一回言っとくよ!アカデミー賞まで、オスカーまで、後スコセッシ(ふふふふ。また言ってるよ~)っていう、俺も少しラジオのトークを努力した方がいいですよねえわかってるんですよ。自分でも・・・もうスコセッシ努力したいと思います。


今回のアカデミー賞この間の月曜日2月の26日にえーーお仕事さして頂きました。えーWOWOWの中継だったんですけども、4時間半ぐらいの、生放送やらして頂いたんですが、まあーグラミーの時と同じで、ジョンカビラさんと、小林真央さんの間で、ただただ、すげぇ~すげぇ~って言ってたら、あれ??終わっちゃったっていうぐらい、4時間半??って最初は思ってたんですけど、あーっという間でしたねぇ。まあー今回のアカデミー賞MCの方が、ちょっとそうとう腹座ってないと、こういう事はできねぇ~だろうな・・っていう事は、要所要所でやってましたけど、あれはきっと本番前に、相当考えたんでしょうねぇクリントイーストウッドのところに行って、「ちょっと私と写真撮ってよ~」って言って、こう、普通に・・カメラ、あー誰か撮って、あっそこにいい人いるわ。ちょっとスピルバーグ撮って!って言って、スピルバーグにクリントイーストウッドとの2ショットを撮らしたりとか??(え??スピルバーグに???)あとーあのー、たまたまこう、通りかか、まあーたまたまではないと思うんですけど、マーティンスコセッシの横に行って、「私がちょっと書いてみた、こういう原稿があるんだけど、ちょっとあのー時間があったら、監督読んどいてくんない?」っとか言って、ほんでまたねぇ~シャレてんのがねぇ~、みんなそういう人たちはねぇ、ナイスな感じで、答えるんですよ。もうーノリがいいって言うか、スコセッシさんも、原稿渡されて、いやーちょっと待ってくれよ!っていう事ではなくて、「今日のショーの間に読んどくよ」とかねぇ、ツェ、何かおしゃれなんですよねぇ~、いちいち。そういうとこ大好きなんですよねぇ~僕は。今回のアカデミー賞作品賞はさっきも言ったけど、デパーデッド。で、監督賞は、そのデパーデッドのマーティーンスコセッシ監督が取りました。えーースコセッシ監督の受賞の瞬間っていうのはねぇ、もうーーさっきも言いましたけど、そのプレゼンテーターとして、フランシスフォードコッポラと、スティーブンスピルバーグと、ジョージルーカスっていう、一本のマイクで、その三人が何かこう、漫才トリオのように(漫才トリオって・・・(爆))話してるのがねぇ、プレゼンター誰なの?って、そこだけちょっと不明解だったんですよ。公開されてなくて、で、誰がプレゼンターやるんだろう?って思ったら、三人がこう、タキシード着た三人がうわーーーっと出て来て、うわーーヤベェーBIG3来たぞ~って思って、ほんで、誰だ?誰だ?っていうところで、スコセッシって言われて、スコセッシさんがもう、満面の笑みでステージに上がって、あの三人から、オスカーの像を貰って、何回THANK YOUって言ったかな?すごい言ってましたよ。で、もちろん、会場の?客席も全部(大)がもうーマーティンスコセッシに対して、スタンディングオーベーションで、うわーーーーーー(拍手)ってすごい拍手喝采だったんですよ。その大きな波をあのースコセッシさんっていう小さな、小柄な方が、うわーって大波を抑えつけるような感じに「THANK YOUTHANK YOUTHANK YOU」とか言って、ずーーっと言って、清清しかったですねぇ。何で眉毛だけ黒いんだろう?ってずーっと思ってたんですけど、(ぷっ。そんな事思ってたの??)まあーそんな話はうふふふふふ置いといて。えーー菊池りん子さん、助演女優賞の方はまあー取れませんでしたけど、日本でさあー残念だったって、たくさん報道されてたけど、まあー確かにねぇ、言葉として、どんな言葉が当てはまるのか!?は、まあ、残念っていう言葉はわかり易い表現かもしれないけど、それは本人が、やっぱ言うべき言葉であって、周りが書きたてる事ではないんじゃないかな?と僕は思うんですよ。だって、あそこに、ノミネートされる事自体がすごい事でしょ!?あの空間にいるだけで、とてつもない事だろって僕は思うんですけど、俺がうさぎ男の時には横にいたのになぁ・・ジャージ着て・・この間はシャネルのドレス着て、あはははアカデミー賞の会場に座ってましたからねぇ。うーーーん、俺も頑張ってみようかな??うふふ。あはははははは。その菊池りん子さんが、ねぇ助演女優賞にノミネートされていたんですけども、えーーその同じ枠の中で、強烈なインパクトを与えていたのが、映画ドリームガールズのジェニファーハドソンねぇ。彼女が見事助演女優賞を取ったんですけども、まあー周りの期待?っていうのは、すごく大きかったと思うんですよ。まあーそれに、対して彼女は「私は取れると思ってなかった。」っていうコメントを出してるんですけども、名前を呼ばれた瞬間?彼女震えてましたからねぇ。「え?え?え?」って言って、「え???」もう何かこう顔を、覆い尽くすような、嘘??でも・・・もう・・私なのねぇ!?っていう感じで、胸を張ってステージ上に上がって、ジェニファーハドソンがコメントをずーーっと言ってる時、涙ぐみながら、言ってる時に、最前列に座ってた、ビヨンセも涙ぐんでましたからねぇ。いやーいい瞬間でしたよぉ。あれも、かなり。では、ここで1曲いきたいんですけども、えー今言いました、ドリームガールズのサントラからいきたいと思います。さっきも話した、えー、助演女優賞を受賞した、ジェニファーハドソンが出てる映画ドリームガールズはですねぇ、もうーミュージカルに近い、作品なので、もう歌が半端じゃないんですよ。ビヨンセも本気ですからねぇ。めちゃくちゃ。まあーあの、この曲は映画の最初の方で、ジェニファーハドソンがまだ、まあーアマチュアでコンテストに出た時に、歌ってる曲ですねぇ。ビヨンセも一緒に歌ってます。彼女達のすべてはここから、始まる!みたいな1曲なんで、聴いてもらおうかな?と思います。えーーまだ、ドリームガールズって呼ばれる前の頃の曲ですねぇ。


Move/ドリームメッツ

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。