さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHAT'S UP SMAP(2007/2/16)パート2

うーーん。今回ねぇ、チェッ。今回よかったよ~(何々??何がよかったの??まだグラミー???)でも、マジで・・あのージェームスブラウン亡くなったジェームスブラウンのトリビュートコーナーもあったりとかして、そこで出てきた、ライオネルリッチ。相変わらずライオネルリッチでしたよ。(うふふふふふ)歌い上げてるんですけど、何故か不思議なカメラ目線なんですよ。ライオネルリッチは流石でしたねぇ。後、あのー、ホントに?ジェームスブラウンも、ゆっくり休んでくれよ~っていう、意味合いが無言で伝わってきたんですけど、最後マイクスタンドに、ジェームスブラウンがステージの上で、いつも掛けてたガウンをですねえ、マイクスタンドに、フワって掛けて、そこにピンスポットがあたって、そのコーナーが閉まったりとかしたんですけど、もうーーー演出ホントにいいなぁ・・・って思いますねぇ。他にもビヨンセ(手を叩く音)だったり、パフォーマンスみんなよかったですねぇ。本気だからねぇ。どれが一番っていう、順番つけらんないんですよ。なんですけど、自分個人的には、そのキャリーアンダーウッドちゃんが歌、ううう、ウッドちゃんって言っちゃっていいのかな?ウッドちゃんが歌ってた、デスペラードはビックリしましたねぇ。あのイントロ流れはじめた瞬間に、「えっ何?これ繋がってる??」みたいな、これ衛星中継以外でも、どっかで俺繋がってる??っていう、個人的HAPPYに、あの時間を過ごしましたけど、まあーでも、ホントに受取る側というか、中継を結ばして貰った、今回のWOWOWのスタッフさんも、そうですけど、最高だったのが、ロサンゼルスのねぇ、会場の空気を伝えてくれる、小牧ゆかさんがですねぇ、僕らのスタジオとの、架け橋になってくれたんですけど、もう、僕のねぇ、個人的ベストパフォーマンスをあげるとしたら、今回は、小牧ゆかさんです。半端じゃなかったですからねぇ。スタジオと中継繋がってるにも関わらず、何かもう、マイクも持って、ドレスアップもしてるんですよ。なんですけど、もちろん僕らスタジオの人間と話してる最中なんですけど、いろんなアーティストの方が、後ろ通られるじゃないですか?そうすると、僕らと話してるにも関わらず、「あーーーーピンクがいる。ピンク」とか言って、始まって、あのーー小牧さんシカトブッち切りですか??っていうねぇ。ほんで、あのー、レッドホットチリペッパーズのえーーーライブパフォーマンスもあったりなんかして、そん時にねぇ、会場にものすごい量のホント、北島三郎さんか、レッドホットチリペッパーズかっていう、もうその両者しかありえないだろう・・っていうぐいらの量の紙吹雪が、会場に舞ったんですよ。で、「うわーーーいいなぁ・・・」って俺口にはしなかったんだけど、ホントにその映像見てて思ったんですよ。「あーー紙吹雪をねぇ、あの会場にいたら、ちょっと持ち帰ったりとかして、個人的にねえ、メモリアルになるんだろうな??」って(へーーー拓哉でもそういう風に思うんだねぇ・・私達のライブの時のテープみたいに??うふふふ)思ってたら、小牧ゆかさんがねぇ、「木村さーん。これお土産で持って帰りますねぇ・・・」って言ってくれて、でも、言ってくれてる、言いながらですよ。言いながら、そこで撒いてんですよ。(うふふふふ。ぷっ)いやーそれ持って帰ってくんじゃねぇの??って思ったんですけど、あーの人、かなりベストパフォーンス。僕ん中では大きいですねぇ。えー因みになんですけども、えーーグラミー賞の会場は受賞者観客はもちろんの事、ステージを進行するスタッフから、映像中継のカメラマンまで、すべてがフォーマルなえー服装らしいねぇ言ってましたねぇ。黒木さんが、いろいろ話してくれましたけども、男性はタキシード、女性はドレスっていう事らしいんですけども、WOWOWはねぇ、割りとカジュアルでしたよ。スタッフ後あのー、70人ぐらいあのー、要は僕らと同じ目線の視聴者の方たちっていうのは、ひな壇みたいなとこに座ってたんですけど、『あれ?みんな正装しねぇの?』って、聞きたくなるぐらいのふふふふ、割りと普通な、感じでしたねぇ。僕はまあー一応あのー、ネクタイはしませんでしたけど、えー一応まあースーツは着さして頂いて、でも、ジョンカビラさんは素敵なタキシードでしたよ。流石に、蝶タイです。蝶タイ。まあーあの先週グラミー賞にねぇ毎年行ってる、スマスマのプロデューサー黒木さんが、グラミー賞のフロアーディレクターは恐い、感極まって、言葉に詰まってる受賞者とかに、「もう、早くやれ」みたいに言ってるっていう風にねぇ、裏話を教えてくれましたけど、でも、あのー、黒木さんが言ってた、相当ねぇ、責任を担わされてるフロアーディレクターの圧力は、なんとなく見てて感じましたけどねぇ。中継で送られてくる映像を見てたりとかすると、受賞者の人が、まだコメント話してんですよ。で、メモ用紙にこの人にありがとう、って言いたい、っていうの、すっごいいい続けてんですけど、無理矢理音だしちゃってんの。もう、これでCM行け!!みたいな感じで、一生懸命受賞者がねぇ、こう、メモ用紙を見ながら「あのーー、こいつもホントに感謝してる。ありがとう、ありがとう」って「誰々もありがとう。最高だった」って話してんだけど、ふふふ、音流れちゃってんの。ふふふふふふ。もうねぇ、きっとあのー黒木さんが言ってた、フロアーディレクターの仕業だなぁ?って僕は何気に見てて思ったんですけど。まあーそんな中で、えーーー今からちょっと1曲かけようかな?と思うんですけど、あれ???っていうぐらい、えーー???(大)こんなにノミネートされてるのに、えーーー???っていう、まあーあの実際彼、パフォーマンスもしたんですけど、まあーパフォーマンス以外にも違った形でねぇ、ステージにねぇ上がって欲しかったなぁ・・っていうねぇ、まあーちょっと賞が受賞できなかったので、僕もちょっと見ていてねぇ、だったら俺のラジオではかけよって思ったんで、かけさして貰おうと思います。俺がワッツ賞をあげます。


YOU'RE BEAUTIFUL / ジェームス・ブラント


ジェームスブラウントさんの、席の隣にとっても綺麗な女性が座ってたんで、この歌はこの人の為に作った歌なのかな?とか、変な勝手な、想像をめぐらせながらも、いつか、いつかと待ってたんですけど、受賞できましせんでしたねぇ。ちょっとビックリしましたねぇ。そう、もと軍人さんで、その兵舎の中で、曲を作っていたという、人らしいですよ。ちょっとねぇ、受賞はできなかったという事で、俺がかけさして頂きました。ジェームスブラウントでYOU'RE BEAUTIFUL でした。


えーーグラミー賞の前に、ちょっと前に、やってました、こちらアメリカンフットボールのスーパーボウルこれもあのー、僕は割りと見るようにはしてるんですけど、見るようにしてるっていうか、「お前もう見たか?」っていうメールが毎年入ってくるので、さんまさんの方から。今年見れてないんですよ俺。噂によるとプリンスでめちゃくちゃハーフタイムショーとか盛り上がったらしいんですけど、でも、グラミー賞もすごかったですよ。ビヨンセの事を、紹介するプリンス。あれもうねぇ、3本指に入ると思います。超~~~かっこよかったよ。何にも(大)言わねぇの。出てきて、普通何かこう、挨拶みたいなのあるじゃん!「どうも、どうも」っていう。一切なしですからねぇ。グラサンかけっぱなしで、もう、ずーーーっと立ちつくして、「えっ何言うの?何言うの?何か喋んの??」って思ったら、一言ですよ。両手広げて。「ビヨンセ」そしたらビヨンセ歌い始めましたからねえ。何なんだよ??っていう、今回プリンスその一言だけじゃないですか?グラミー賞ん中で・・「ビヨンセ」って、ふふふふ一言、言って、えーおしまい。っていう、もうこーんなクールな奴どこにいるよ?他に。って思いますけど・・さあーグラミーが終わった後は、今度は26日ありますねぇ。アカデミー賞の中継。またまた、これもWOWOWなんですけども、まあーグラミー賞って言うのは音楽の祭典だったんですけど、パフォーマンスを今回誰がするか、とかどの曲を歌うのか、っていうのはすごいライブの要素があって、見所のひとつになるじゃないですか?でも、アカデミー賞っていうのは、映画の祭典なので、どの映画がねぇそれこそ、賞を受賞するのかとか、どの人がどんなアクトレスが、どんなアクターが賞を受賞するのか、っていうのも、すごく大きな話題の一つではないかな?とは思うんですけど、僕は個人的にはですねぇ、どの映画がどの賞をとるとか、どんな女優さんどんな役者さんがこの賞をとったっていう事よりも、その賞を受賞されたアクターやアクトレスの方たちが、どんな事を言うのかな?っていう、僕はそこ~ですねぇ。一番注目したいのは・・・

行者にんにくを食べて毎晩ビンビンになりたいという方は、是非応募してください。毎晩ビンビンしたいあなたは、今すぐどうぞ行者にんにくはねぇ、少子化日本を救うと思いますよ。僕ねぇ。お勧めです。是非ハイえーー来週のこの時間までWHAT’S UP という事で木村拓哉でした。



今回はグリミー賞の事について、話してくれましたねぇ。本館の方でもちょっと触れましたが、自分がアカデミー出ないのに、何の違和感もなく語れるっていのが、よくわかりませんでした。私達も拓哉がどんなコメントをしてくるのか聞きたかったなぁ・・と思ってます。
いやーーしかし、まだ、今の段階ではグラミーの受賞のWOWOWを見れてないですが、すっごくニコニコご機嫌の拓哉がきたいできますねぇ・・・楽しみ
行事にんにくってそんなに効き目があるんですか??あの発言でまた、余計な事を考えてしまいました


さっちん


読まれた方、コメント残して頂けてる嬉しいです。
せめて拍手だけでもお願いします。
@@WEB拍手@@

WEB拍手お礼
たくさんの拍手ありがとうございます。みなさんの拍手が励みになります。

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。