さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's up SMAP(6/16)パート1

今週もワッツレポいってみましょう


こちらラジオネーム ○○ 14歳 「拓哉キャプテンこんばんは。(こんばんは)ワールドカップが始まりましたねぇ。私はこの機会にサッカーの映画を見ようと思って、何とスマップの映画うふふふシュートを今日見ちゃいました。えーーこの映画をワッツの掲示板でしりました。1994年の映画という事で、公開された時は、私がまだ3歳だったので、全く知りませんでした 掲示板サンキュー感想は、キャプテン結構サッカー上手いですねぇ。撮影の前はかなり練習されられたんですか?今だから話せるシュート話お願いします(うふふふふ)っていうねぇ。(えっ?!今頃シュート???恥ずかしいんじゃない??うふふふ)えーーーーーうふふふふふメールが来てますけども、あのねぇ、ワールドカップがこうねぇ、全世界中で盛り上がってる中、○○のメールを読むことは全然ね、恥ずかしくないんですけど、あのー、シュートのねぇ、俺らのそのー映画の(←小声)話をするのかなり恥ずかしいなぁ・・っていう気持ちになるんですけども、いやーワールドカップ的にはテンション上がるよ俺もすんげぇ上がんだけど、映画シュートの話をするっていうのは、割となんか、個人的にはテンション下がるっていう、えーーうふふ微妙なスタジオの空気になってきたんですけども。確かに、そうですねぇ、映画の中では、まぁー僕がやらして頂いたのは、天才ストライカー的な役だったんですけども、サッカーのねぇ、上手いっていう感じで、映画は作られてると思うんですが、あのーー今だから、言える話じゃないかなぁ?と思うんですけど。(うふふふふふ)これワールドカップ今やってますけど、これ見ない??(えへへへへへ)見ないですよねぇ正直ねぇ、DVDソフトをねぇ、くりりんに手渡されたんですけど、取り直したい。(DVDを叩く音?)っていう感じです。(あはははは)はい


ドイツでワールドカップ中という事で、今日はドイツのグループの曲からいきたいと思います。この曲はドイツの曲だって知らない人、意外と多いんじゃないですかねぇ


ジンギスカン/ジンギスカン
(この歌って、スマップもコンサートか何かで歌わなかった??)


これちょっとビックリですよねぇドイツの曲だったっていうのは・・割りとあのー僕らの耳にも慣れ親しんでるような、楽曲じゃないですかっていうかねぇ、うちらねぇ、ライブでこの音源やらしてもらったんですよ(やっぱりね。)改めてこれ、ドイツの曲っていう風に、僕もちょっと「えっ」っていう風に思ったんですけど、ジンギスカン。すごいすねぇ、グループ名がジンギスカンですよ。不思議な曲ですけども、まぁーワールドカップ中になんでねぇ、えーーあえてこの話をしなきゃいけないのか、疑問に思ってしまう、ちょっと語るのが恥ずかしい、映画シュートなんですけども、まあーあれは、たぶん、初映画?じゃないですか?フイルムというだから、撮影形態っていうのは、初体験さしてもらったような気がするんですけど、そのー作品の中で、僕ねぇ、な、なんていう役だったっけなぁ僕先輩の役なんですよ(あははははは)(そうそう、リーゼントみたいな頭してるやつね。)うふふふふ。それがまた変な、微妙なあれなんですけど、死んじゃうんですよ。僕。試合中に。ほんで、そういう役だったんですけど、まあーそういうシーンも撮ったんですけど、11人抜きですよ(ふふふふ)11人抜きのシュートを決めて、まあーサッカーってそもそも、ひとチーム11人いるんですけど、ぜーいん抜くんだっていう、まラドーナの5人抜き以上だな。っていうねぇ、シーンがあったんですけど、結構吹き替え無しですよいや、それはロナウジーニョ的じゃない(あはははは)っていうような、技に関しては、すごく上手いカット割で何とかされてると思うんですけど、でも、そんな、たぶんうちらねぇ、割と普通にやらされてたと思いますよだから、それができなければ、もう一回っていう感じで、やっていたんじゃないかなって今思い返す範囲ですけど・・ちょうど「あすなろ白書」撮りながら、現場に行っていたのはすごく覚えてるんですよねぇまあーそんな映画シュートなんですけどねぇ、このワールドカップ期間中に、TUT○YAさんでレンタルされてるか、かなり気になりますねぇ。是非勇気のある人は、えー調べてきて下さい。そこんとこひとつよろしこあれこのフレーズどっかで、聞いたことありますねぇ。


あっそうそうそう、映画シュートなんですけど、うちのねぇ、ゴローが演じてた役がすごいんですよブラジル帰りのブラジル仕込みのサッカーのテクニックを持った、っていうねぇ、役をやってたんですけど、そのシーンはすごかったですよあれ練習風景が出てくんですけど、っていうか、フリーキックん時に、まあー今はねぇ、ワールドカップ期間中なんで、専門用語っていうか、サッカー用語を使ってもみんな分かるんじゃないかなぁと思いますけど、壁あるじゃないですか?壁。フリーキックの際にね、相手のチームがあの邪魔をしようとして、人がこう横一列に立って壁を作りますよねぇシュートコースを阻もうとして・・その、練習風景で、人形をこうやって立たせ、まぁー実際のサッカーの練習中もそういう練習をされるらしいんですけど、選手のみんな。その人形をババババって立たせて、ほんで、シュートを決めていくっていう、ねぇ、まぁ、ゴローちゃんが実際蹴らないといけないわけなんですけど、設定上ねぇブラジル帰りのすごい、テクニシャンっていう、役じゃないですかそのねぇ、撮影風景はすごかったですねあの風雲たけし城思い出しました(懐かしい!!って今の若い子知らないんじゃない?!)これで分かった人はかなりすごいなって思いますけど、バレーボールの発射機械っていうのがあるんですけど、それ、サッカーボール始めて使ったみたいな、サッカーボールズドンって打ってる感じですね。『あーこれ風雲たけし城で見たことある』っていうのを映画の撮影現場で感じましたけど・・懐かしいっすねぇ。初めての映画。よく怒られてましたからねぇ・・剛なんかは、まぁーこれは割りとみんな知ってる話かもしれないけど、(うんうん。髪切ったやつね。)まだ、やっぱり撮影とか慣れてないじゃないですかだから、普通に髪切ってきちゃったんですよ。ふふふ試合のシーンを撮ってる最中だったんですけど、試合の、一試合あったとしたら、前半後半ありますよねぇサッカーでいう。あの後半部分を先に撮って、そして、スケジュール的に前半を撮りますよっていう時もあるんですよ。そん時はねぇ、後半から先に撮ってたんですよほんで、えーー、次の日になったら、うちの剛が髪の毛を切って来ちゃいまして、「お前何考えてんだ」って言われて、つながんねぇじゃねぇかって、怒られまして、だからよーーく見れば分かると思いますけど、後半になると、剛髪長いんですよすっごい髪伸びてんですよ不思議な映画になってるんですよね。そういう初々しさも、楽しめるふふふ一つのねぇ、見所になってるんじゃないかなぁとは思いますけど。そんな僕の初めての映画の話をした後に、この映画の話をしていいのかどうか分かりませんが、「武士の一分」この間完成版を見てきました。はい一人拍手えー前にですねぇ、ラッシュというまぁ、オールラッシュっていうものを見ようかなぁってこのスタジオで言っちゃってたんで、「見た感想早くお願いしまーす!!」って、怒りのメールを結構沢山貰ってたんですけど、そのラッシュだと完成版じゃないよっていう、ただ繋いだだけだよっていう風に、言われて、完成版のそのー完成を僕はずって待ってたんですよそしたら~関係者のみの、第一回目の完成試写っていうのに、この間ですねぇ、えー六月の頭に、行かして頂いたんですけども、まあーもちろんあのー、山田監督だったり、えー各部署スタッフ、共演者の方も、来てまして、見ましたねぇ。HEROの撮影ももう始まってたので、その日結構朝ブッっとんだ時間に起きて、撮影してたんですよ。そして、その撮影終わった後に、調布の方にあります、東京現像所っていう、場所に行かしてもらって、そこで試写をさしてもらったんですけど、何だろうあのーーー、まあもちろん自分の事を見るっていう事もあるんですけど、やっぱ映画を見れましたね。あのー自分自身がどう写ってるのかとか、そういう事は一切考えずに、もう、最初だけですね。あっ、一番最初自分が出てきたときに、「あっ俺だ」って思ったんですけど、(かわいい。あっ!俺だ!って思うんだ。)その後は、何か、映画を見れたんじゃないかなと思いましたけどねぇ。でも、ホントにあのー、一個一個撮影していったひとつひとつの要素を、丁寧に丁寧に仕上げてくれたなぁ・・っていう風に僕はすごく実感できたんですけど、カメラの動きとかそうだったね。色もそうだし・・だから、フイルムじゃないですかだから、フイルムって、焼き方によっては、いろんな焼き方ができるわけでしょデジタルも、まぁ、もちろんいろんな色の加工はできるのかもしれないけど、写真を焼く事だから、現像って・・、だ、それこそ東京現像所で見るって言われた時に、何かねぇ、ドキっとしたんですよ東宝スタジオの、試写室とか、だから、そういう所じゃないじゃないですか現像所ですよ港で魚を食べる感じですよ(ふふふふふ)漁港で今あがったばかりの魚をその場で食べる感じが、すごくして、独特な空気ありましたけど、ほんで、見終わって、監督だったり、映画会社の人だったり、えー共演者の方だったりが、ちょっとこう、一つのテーブルを囲んで、っていう感じで、集まる時間があったんですけど、まぁ、壇○いさんだったり、笹○さんだったり、小林○持さんだったり、まあーもちろん監督も。そこで、何か、「じゃあ、すいません。一言・・」っていう感じの空気になっちゃって、「えっ」って思ったんですけど、そこで言わして頂いたのが、まぁーこれホントに作りでもなんでもなく、普通に、見終わった後の自分をみなさんに伝えさしてもらったんですけど、撮影してる時は俺ねぇ、ホント、このワッツでも言ってたかも知んないけど、(そんな事ワッツで言ってたっけ?!)ホントに足しびれたんですよもうーーーやっぱ正座をする生活じゃないから、撮影をしてる間はねぇ、やっぱりそういう時代背景を描写する上で、普通に正座しなきゃいけないねぇ、事が多かったんです、ホントに、足をしびれさしてたんですけど、見終わった後の自分はねぇ、なーんかねぇ、手がしびれちゃってねぇ、「撮ってる時は足しびれましたけど、今回はあのー見さして頂いて、ホント手ぇしびれました。」って事を言ったら、そんな場も、盛り上がらず、へーーーーって感じで、空気は、存在してましたけど・・なんで、手ぇしびれたんだろうねぇ力入ってたのかなぁ?見ることに対して・・2時間1分いという、作品らしいんですけど・・・姿勢が悪かったとかそういう?あの、袖周りのきついジャケットを着て行ったからかなぁ??って一瞬思ったんですけど、そうでもないし・・割と大き目のサイズなんですよその日着ていったジャケットは。っていうか、俺がジャケット着てくっておかいくない自分の自分のっていうかさぁ、現場にジャケットを着ていく事なんてあんまないじゃないですか俺ねぇ、そのー朝HEROのロケをやって、調布の東京現像所にその完成版の試写を見に行くっていった時に、何かねぇ、着替える自分がいたんですよ。でも、正直思いましたねぇ。着替えてってよかったなって。そういう場でしてた。(ふふふ。そりゃそうでしょ?!めったに着ないもんね。)ハイまあーあのねぇ、みなさんが劇場で見るのはまだ、先になりますよねぇお正月映画なので12月頃に公開だと思いますが、えーまあーそれまで、えーいろんな、いろんな気持ちというか、胸膨らましていて、欲しいと思います。よろしこあっまた、でちゃいましたねぇ。すいません。

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。