さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHAT’S UP SMAP!(ワッツレポ)(2007/10/5)パート1

こないだの土日、行ってきましたよぉ~、静岡は 富士スピードウェイロケじゃないですよF-1が、日本グランプリが、富士スピードウェイで開催されるのは、何と、30年ぶりということで、行ってきましたHERO IN JAPANっていうのをねぇ、ちょっと、言わして貰ったんですけども、中継になんのかな?あれは・・・レポートんなんのかな?(レポートじゃない??)まあ、お手伝いという形なんですかねっお仕事として、F-1の方に行かして貰ってですね、いやぁ~~、嬉しかったなぁ~あれ、もう僕3枚目なんですよ(ん??パス??)マレーシアとモナコと今回の富士スピードウェイであのー、中に入れるパスが・・・あの赤色のねぇ~、もう、どこ行ってもいいパスは、嬉しいですよぉ~


この曲、最近のF-1の中継の中で、使われてるんですよぉ~。どこでしょう?どのシーンでしょうか?考えながら聴いてみてください


Death Alley Driver / レインボー(え??どこだろう??分からないよぉ~)


静岡 ○○ 18歳高校生「拓哉キャプテン、こんばんワッツF-1のお仕事お疲れ様でしたぁ~。ああゆう現場でのキャプテン新鮮でした。スーツっぽいかっこまでしちゃってたし・・・ところで、質問ですレースの実況のお仕事って、レース中はどこで見てたんですか?放送の中では、特別席とか、言ってた気が・・・あと、レーサーの名前とか、全部覚えてやってたんですか?それとも、カンペとかが、バシバシ出ちゃってたんですか?って、ワッツらしく正直トークお願いします。」


っていうねぇ、結構これ、突っ込んでますねぇ~。カンペとかねぇ。まぁ、あのー、僕は、どこでレース中、見ていたのかと言いますと、決勝の日は、特別席というか、フジTVさんが用意してくれた、この、ラジオと同じような、このヘッドフォンをして、そのヘッドフォンにマイクが、付いてるような物を、僕もちゃんとした上で、森脇さんっていう方と、コメンテーターと、近藤真彦さんと、片山右京さんと、フジテレビアナウンサーの塩原さんっていう方、の、フジテレビブースがあるんですけど、生放送のねそのブースの、ふふ、微妙に、横の部屋なんですよ。立ち上がって、ブースの中で立ち上がって、なんで俺、向こうにいるんだろうなぁ?って、思いながらも、俺は隣の部屋で、でもあのぉ~、その部屋は、海外の、世界配信じゃないですかF-1って・・・だから、いろんな各国の、メディアの人が、座る席を、僕用に、1個ブースを設けて頂いたので、ドメスティックのくせに、ちょっと、あのー、ふふふ、ちょっと、インターナショナルな場所で、僕は見さして頂きましたよ。ま、でも、あのー、ホント沢山のお客さんが、雨にも係わらず、で、これビックリしたのが、女の子が、スゲェ~多いの。(それはさぁー、拓哉見に来てるんじゃないの??)サーキットのその、観客として・・・女の子こんなに来てんだぁ~F-1って思って、だ、レースって言うと、何かこう、男性的なイメージが、僕、強かったんですけどぉ、勝手なイメージとして・・・ちょっと色っぽかった(ん??雨に濡れて???)髪の毛がちょっと濡れちゃってる感じとか【ゴーン】(おいおい、やっぱり・・・どこ見てんだぁ~!!)どこ見てんだって話ですよね(うんうん)木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


予選の日、富士スピードウェイに、僕はですね、なんと、今回企画されてたのは、予定であったのが、ヘリで、新木場からヘリを飛ばして(え???ヘリで行く予定だったの??)富士スピードウェイに、降り立とうかな?と、いう予定だったんですけどぉ、ほんで、うちにマネージャーさんが迎えに来てくれて、俺、個人的には『やっべぇ~ヘリん中、寒みぃかなぁ??』とか『革ジャン着てこうかな??』みたいな、ワクワクしてたの。ほんで、まあー、家の前を出ました新木場に行くんだったら、この高速の乗り口行くんじゃねぇのっていう、乗り口に行かないんですよあれ?っと思って「新木場じゃねぇの?」って、あのぉ~、言ったら「すいませんm(__)m今日飛びません」って一言、言われて「は?嘘でしょう?じゃあどうやって行くの?って言ったら「東名で・・御殿場で・・」ふふ、って・・そして、帰りですよ、帰り。本戦が終わって、帰りぐらいは、ヘリで??って思ってたんですけど、この天気じゃ飛べるわけねぇだろう~っていう、判断で、これ陸路で、あれは衝撃的でしたねっ。


まぁ、今回で、えー、F-1を生で、見させて頂いたのは、マレーシア、モナコ、そして、えー、今回の富士スピードウェイ、3回目なんですね。まあ、実際、僕が入らして貰った場所として、おそらく皆さんは、テレビを通じて、見られない、場所だと思うんですけど、その、パドックとガレージの間の動線があるんですけど、そこがねぇ、割とねぇ、ただの廊下なんですよただの廊下なんだけど、その、パドックからガレージに行くまでの、あの、ホントに20歩強ぐらいの歩幅で済んでしまう、廊下を、ひとつくぐると、いきなり、やっぱり、サーキットがブワンと、目の前に、こう存在してくるんで、まぁ、俺は実際、F-1ドライバーじゃないから、全然、そういうポテンシャルだったり、モチベーションは、全く違うと思うんだけど、俺、個人的にもねぇ、やっぱ、あの廊下がねぇ、すごく印象的でしたあの廊下で、なんか、すべての何かこう、自分の中のスイッチを、切り替えると言うか、実際に、あのぉ~、本線??日曜日の、決勝のスターティンググリッドに、選手がこう、着く前に、たまたまこれねぇ、ほんとに、光栄と言うか、嬉しかったんだけど、僕、留守番電話に、琢磨君から、貰ってたんですよ。メッセージを・・・「もしも~し、琢磨で~す。」っていう、そのー、「週末、富士でスピードウェイで、お会いできることを楽しみにしてま~す。それでは失礼しま~す」っていう、留守番電話を僕、頂いてて、なんで出れなかったんだろう?って、すごい悔やんだんですけど・・そしたら、決勝の、そのぉ~、スターティンググリッドに、それでは、選手がそろそろ入りますよみたいな、ガレージから、車出しますよって言う時に、たまったま、その廊下で、佐藤琢磨さんと、すれ違う事ができて(きゃーー、凄ーい。よかったねぇ~)おおおおお!!」って言って、もう何にも言わず、コメントとか一切なく、無言で、握手して、ハグして、で、もう一回、握手して、うなづきあって、別れた、っていう感じの、瞬間があったんですけど、あの時に、自分の事を、こうグッてこう、抱いた時の、あのF-1ドライバーの力って言うのは、ものすごかった背丈はねっ、僕の方が、身長は高いんだけど、ホントに大きな人に、僕は抱きついているっていう、印象がありましたねっ。まあ、でも、ホントに、雨、の中のレースっていうのは、自分はそう、TVで見てる事はあったんですけど、実際に経験するのはなかったんで、ティームラジオってゆって、要は、そのー、ドライバーとガレージ、ドライバーとピットの、無線が途中で聞けたりするんですけど、やっぱ、みんな予選の時、ゆってましたねっ。「こんなんで無理だぁ~」っていうのを、「何にも見えねぇ」つって「何にも見えねぇ~」って、走りながら、言ってるからねぇ~。そんな事を言いながら、走ってる人達じゃないでしょう?このスピードっと思うんだけど、トゥルーリとか、ホント言ってましたよ。「これでホントにやんのかよレース」っていう、そういう無線でした。まっ、でも、スタートがねっ、ああゆうセーフティカー導入のスタートだったんで、うん、よかったなぁ~って思いましたけど、オープニングで紹介したメッセージにも書いてありましたが、ドライバーの名前とか、チームの名前とか、全部覚えた上で、やってるんですか?っていう風に、指摘がありましたけど、メールで・・・そこまでは、僕、正直、頭に入ってないので、スタッフが用意してくれた、ちゃんとねぇ~、パウチッコでねぇ、きれ~いに、まとめてくれてる、資料を、パンと、モニターの前に、置いて、それで僕は見てました。パウチッコまでしてくれてましたよ。スタッフが・・ホント、あれはもう、有難いですねぇ。自分なんかよりも、そのレースというものに、モータースポーツだったり、僕はねぇ、今回、ホント、思ったのが、ドライバーズスポーツだなぁ~、と思ったんですけど、それに、やっぱり、経験もそうだし、近い存在として?片山右京さんだったり、近藤真彦さんだったり、その森脇さんっていう方だったり、その人達のコメントは、聞いてて、面白いっすね。、右京さんのねぇ、コメントとか、目線がホントに、レーサーだから、「サーキット場にねっ、富士の場合は、特有なんで雨が降ると、場所によっては川が流れるんですよ」とか、「うーん、でも、知ってるドライバー、少ないと思うからなぁ~。これ危険だなぁ~」とか、言ってると「うわっ恐ぇ~」とかねっ。すごいそういう気持にもなるし、で、みんなね、熱い!レース関係者は・・・フジTVの中継スタッフですら、めちゃくちゃ熱いです雨降って、もう~、ヘリ飛ばないし、もう最悪だよぉ~みたいな感じで、予選の日に朝入ったら、ディレクターのねぇ、方がねぇ、もう目を、キラキラさせて「木村さん、30年前と条件は全く一緒です」って言われて、もう、それで一発で、目、覚めましたねっ。「ハイわかりました。ハイ」っていう。その雨が降ってる事で、こんなにも落ちてた俺を、「30年前と木村さん全く一緒ですよ」って、ふふふ凄いキラキラした状態で、ゆってるディレクターさんはねぇ、ヤベェなぁ~と、思いましたねっ。

F-1の話をしたら、これは流しとかないと、マズイっすよね最近のF-1のテーマ使われてる曲の、元の曲がこれです


フラッシュのテーマ / クイーン


スポーツは何でもそうだと思うんですけど、テレビとかでねー、映ってないところでも、戦いがあって、それがねぇ、見えているところ以上に、凄かったりするんだよねF-1は、特にそうかもしんないっすねフィットに、バーーンって入ってきてさぁ、よくタイヤ交換するでしょ。タイヤ交換して、いかにタイヤ交換を早く済ませるか、いかに給油を短い時間で、終わらせるか、いかに損傷したパーツを短い時間に、取り換えるか、っていう、みんなそこばっかりじゃん目が行きがちなのは・・・変えた後のタイヤ、めちゃくちゃ湯気、出てるからねぇ~。あの雨が降ってる気温16℃ぐらいの、富士スピードウェイん中で、バカーーンって変え終わって、ビットクルーが、バーーンって、端に投げるんですよ使い終わったタイヤを・・・めちゃくちゃ湯気出てるよ『うわぁ~、熱いんだろうなぁ~。あれ触ったら・・・』っていう、僕、ホントにあのー、ドラマやってても、だから、撮影をやってても、現場好きなんですけど、俺、やっぱ現場好きですねっだ、特別席で、見さして貰うのは、確かに、恵まれてはいるし、いろんな条件は揃ってるしぃ、いいんだけど、やっぱねぇ、俺ねぇ、行きたくなる(うふふふ。現場で見たくなるのねっ!?)向こう側に・・・だから、ほらあのー、予選の日の方が楽しかったガレージにいられたので・・・

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。