さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/11/19

先日、11月13日の誕生日をもちまして、わたくし木村拓哉、年齢と言う、ポイントをまた一つゲット致しましたぁ~~~~(おめでとう♪)HAPPY BIRTHDAY俺(ふふふふ)まあー、よくねぇ、ある年齢になると、「もう、誕生日なんて、嬉しくないっすよぉ~」みたいに言う人がいますけど、僕は、毎回、喜ばしい限りですねぇ。年齢と言うものを、僕はですねぇ、ポイントだと思ってますからねぇ。誕生日がくるたんびに、おいぃ~またワンポイント獲得したぜぇ~。っていう気分になりますねぇ。(おーー、言い事言うねぇ~)自分というポイントカードに、またひとつハンコが増えたみたいな、こういう風に考えると、歳を重ねるっていう事が、楽しくて仕方ないっすねっ。50ポイントたまったら、一体何が起こるのか??みたいな、100ポイントたまったら、もしかして、え??3000円引き??みたいなねぇ、ふふふふふ、ポイントカード、いろんなお店のポイントカードっていうのが存在してると思うんですが、ちゃんと財布に入ってますねぇ。(おーー、拓哉でも集めるんだぁ~)でも・・・・僕はですねぇ、あまりポイントは、使いませんよくほら、「結構、ポイントたまってきたんで、このポイント使っちゃいますか??」っていう風に、勧めてくれる店員さんがいるんですけど、僕はですねぇ、使いません(最近は、自動的に、あるポイントになったら、割引券とか勝手にくれるよねっ。)ポイントためるのが好きなんで、「今現在このポイント使うと、36000円が、21000円になりますが、いかが致しますか??」って言われるんですが、(もう、それでも相当ポイントたまったるじゃん)・・・・・使いませんもっと、ドカンと使いたいんです。ふふふはははは。(もっと???)

このワッツの現場では、全く祝って貰えない、僕、木村拓哉なんで、今日のオープニングは、こんな手前みそな選曲でいいでしょうかだって、誰にも祝って貰えないからさあー、HAPPY BIRTHDAY俺っていう事で、オルタード・イメージで、1981年のヒットです。その名も「HAPPY BIRTHDAYオレ」いやいやいや、タイトルは、HAPPY BIRTHDAYだけです。つい、俺まで言っちゃったごめんごめん。


HAPPY BIRTHDAY / オルタード・イメージ


岡山県 ○○ 18歳高校生「拓哉キャプテン、お誕生日おめでとうございました。(ありがとうございます。)早速ですが、今年の、おめでとうメールの一番乗りは、誰でしたか??去年は、弟さんが一番乗りだったと言ってましたよねぇ今年も、発表、お願いしマップ。」


このワッツでは、毎年、恒例の話題ですねぇ~。俺ねぇ、ひょっとしたら、このラジオの、毎年、発表している、この話を、やつは、凄く気にしてたんじゃないかな??っていうぐらいの、メールが来たんですよねぇ。(うんうん。きっと、彼は気にしてると思うよ。毎年だもの・・・)今年の、お誕生日おめでとうメール、第一号はですねぇ、時間、こちら、あれ??ちょっと待って、ごめんねっ。えーー、時間はこちら、0時1分(おーー、私も0時にBANG!に送ったんだけどなぁ~。メールしたかったなぁ~)山本耕史(やっぱりねぇ~毎年頑張ってるねぇ~(笑))しばらくちょっと、会う事はできてないんですけど、時報を聴いて、メールをしてくれたらしいです。11月12日??13日??え??どっちだっけ??みたいな感じで、凄い迷ったらしく、実は、12日の、0時1分にもメールが来てたんですよっ。(ふふふ。山本君らしい(笑))「おめでとうございます」みたいな・・・でも、「俺、まだだよぉ~」みたいな返信をしたら、「すいません。早とちりましたぁ~」っていう事で、で、改めて、13日の0時1分に、時報を聴いて、送ってくれてますねぇ。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


12日の、11月12日の、夜11時34分に、ヤマト監督の、山崎貴さんから、「まだ、早いか??」っていうメールが来てます。フライングなんですけども、山本耕史君に関しては、面白いんですけども、0時47分に、もう一度メールが来て、「僕のメールは、何番目でしたか??」確認メール(ふふふふ)が、ふふふふ、「競ってるわけじゃないですが、他のやつには、負けたくないんで・・・」っていうメールが、ふふふふ、来てます。(嬉しいねぇ~)ふふふふ。ありがたい限りですねぇ~。山崎貴監督からの、「お誕生日おめでとう。あっ、でも、早いか??」っていうメールが、お誕生日メールだと思って、「何番目でしたか??」っていう問いに対しては、耕史に「2番目だったよ」っていうメールをしちゃったんですよ。(え??そんな事言ったら、凹むよぉ~)でも、よーーく考えたら、13日の、当日は、一番じゃないですか??これはいけないと思って、改めて、「俺、ちゃんと、確認したら、13日当日の、誕生日当日の、一番は、耕史だったよ」っていう「ありがとうねっ」っていうメールを送ったんですけど、そしたら、満足したのか、返信はなかったです。ふふふふははふふふははは。


今年もたくさんの方が、誕生日おめでとうっていうねぇ、メールを送ってくれまして、(メールしたいなあ~マジで・・・)笹野さん。笹野さんと、これがねぇ、また、おかしい、面白いんですけど、11月13日の、午後15時57分、「こんにちは。お元気ですか??ドラマからずいぶん時間がたってしまいましたねぇ~。もうちょっとで、本格的に冬が来ますねぇ~。」っていう、あれ?これ、誕生日メールじゃねえな??でも、何だろう??と思ったら、松田翔太君から、普通にあのー、海のお誘いがありまして、ふふふふふ、「いやっ、ちなみに、俺、誕生日だったんだよねぇ~」って言ったら「なんか、不意にメールしたいなぁ~と思ってしまったんですよねぇ~感じたっぽいっすねぇ~」っていうメールが来てます。(ふふふふ。女の子みたーい(笑))あとは、水嶋ヒロ君とか、あっ、14日に、「おめでとうございました」っていう、ヒデです。ふふふふふ。なんで過去形で送ってくんだろう??と思って、「過去形かよ??」ってメールを送ったら、普通に、それのまた返信で、「だって、13日でしょ」っていう、凄い、くったくない感じですよねぇ~。同じく14日に、「一日遅れですいませんm(__)mお誕生日おめでとうございました」っていう、EXILEのヒロさんから、同じく「1日遅れでごめんなさいm(__)m」亀梨君から、メールが来てます。ふふふふははは。だ、お誕生日メールとしては、あっ、違います。もっと、新手がいました。11月の16日。「ゾロへ、3日遅れの誕生日おめでとう♪(え??ゾロ??サンジだってばぁ~)鷹の目より」さんまさんからのメールが、ふふふふ、来てます。はははは。だから、誕生日メール、最下位は、さんまさんだったんです。さんまさん自分の事を、鷹の目まあー、だから、ミフォークになりきって、ゾロへというメールを送ってくるんですよねぇ~。

まあー、以上のような感じだったんですけども、ホント、嬉しいですねぇ。このホームページにもたくさん、「誕生日おめでとうございます」のおめでとうコメント、略して、おめコメ、ありがとうございました。こういう気分になれますねえ~。エアロ・スミス、1975年のナンバーです。これ、あのー、大ヒット映画「アルマゲドン」で、挿入歌としても、使われてましたねぇ。


SWEET EMOTION / エアロスミス


長野県 ○○ 21歳会社員「拓哉キャプテン、こんビンビン。メンズnon-no買いました。キャプテンが質問に答えている、100問100答が、興味深かったです。中でも、私がひっかかったのは、「サーフィン以外の趣味は??」って問いに、「土いじり」って答えてるところです。これは、なんですか??畑とか始めたんですか??もし、そうなら、私が、教えましょうか??実家が農家なんです。PS.この土いじりは、乳いじりの間違いじゃないですよねっ(あはははは。いい事言うねぇ~(笑))キャプテンなら、あり得そうなんで・・・」

この○○、ずいぶんうまい占めをするねえ~。土いじりは、乳いじりの間違いじゃないですか??ってねぇ。これは、niceですよぉ。ヒット、ヒット。一塁進んでいいです。乳いじりが趣味だったら、これ、逆に、言えないよねぇ「サーフィン以外の趣味は??」「そうですねぇ~。乳・・・いじる事ですか??」(あははははは(爆)(爆)(爆))ふふふははは。インタビュアーの人、女性ですし、確実に、セクハラですよねぇあはははは。


こちら、話題になっているのは、僕が表紙をやらして貰っている、メンズnon-no12月号。いろいろねぇ、ファッションページで、目玉焼きを焼いちゃったりしてるカットとか、あるんですけども、これねえ、都内某所にあります、誰かの部屋なんですよ。(え??誰かの部屋なの???)「これ、何??スタジオ??」ってスタッフに聴いたら、「いやっ、あの、誰かんちらしいんですよねぇ~」っつって言って、ふふふふ、「その人、どうしたの??」って言ったら、「いやっ、今いないっす」って話で、どういう状況で、これ、写真撮ってんだろう??って思ったんですけど、でも、綺麗なロケーションだったんで、(凄いよねぇ~撮影に使われるぐらいの部屋って・・・)東京タワーと、六本木ヒルズの、間に存在するような、バリバリ都会ですよ。なんですけど、屋上のペントハウスみたいなところで、芝生が植わってて、『へえーーー』と思って、俺、最初ホント、てっきり、ハウススタジオみたいなところに、来たのかな??と思ったんですよ。喉乾いたんで、何か飲もうかな??と思ったんですよ。冷蔵庫あるし・・・ハウススタジオだと思い込んでる俺がいたから、冷蔵庫開けちゃったんですけど、そうしたら、普通に、マヨネーズとか、カラシとか入ってて、『あれ??ハウススタジオに、調味料入ってねえよなぁ』と思って、ほんで、スタッフに聴いたら、「いやっ、人んちです」っていう。ふふふはははは。まあー、でも、楽しい撮影で、スケザネさんとも、「久しぶりぃ~~」みたいな、感じで、一緒に撮影しましたねぇ~。その、メンズnon-noにある、100問100答なんて言う、100問質問を受けて、100問答え撮ると・・・その中の、「サーフィン以外の趣味」っていうところで、「土いじり」って応えてますねぇ。「それはガーデニングですか??」って、いう風に、かぶせて質問されてるんですが、それに対しても「いやっ、土いじりです」ってい風に答えてますねぇ。まあー、今、手元に、メンズnon-no12月号がある方は、一緒に観て貰えるとわかりやすいと思うんですけども、クエスチョンの5と6のとろこですねっ。この土いじり、一体、なんの事かと言うと、その実態はですねぇ、土をですねぇ、買ってきてですねぇ、プランターだったりとかに、こう、入れて、種があるものだったり、球根だったり、あと、面白いのがですねぇ、あのー、ニンニクあるじゃないですか??ニンニクばらして、これ、出るんじゃねえの??みたいな感じで、植えたんですよ。そしたら、バリバリ生えやがって、生えてきたやつを、ハサミで、チョッキンチョッキン切ったやつを、水洗いして、フライパンに入れると、ニンニクの芽として、調理ができて、超――ーうまいんですよ。ネギなんて、よく、根っこ付きのネギ売ってるじゃないですか??(ネギはよくやるよねぇ~あと、バジルとかもすごい増えるよぉ~パセリとか・・・)一番下のところが、あのー、白くなってて、根っこが付いてるやつ。束になってるやつ。あれ買ってくんじゃんあれねぇ、面白れぇ~よっ。根っこの部分、みんな捨てちゃうでしょ切ったら・・・あれねぇ、ザクッて切ったら、捨てないで、コップに水入れて、つけといてみっ。1週間ぐらい・・・根っこ生えてくっから・・・ブワーーっつって。これ、いけんじゃねえの??と思って、土入れた、プランターのところに、そのネギぶっさしたんですよ。(どんどん生えてくるでしょ)そしたら、2週間ぐらいたったら、もう、ボウボウ。ネギ・・・(うちも、家庭菜園するから、わかるよぉ~無農薬美味しいしねっ。)家で、飯食える時とかは、納豆を絶対喰うんで、そこに入れるネギは、そっから・・・自給自足、プチやってます。そういう意味での土いじり。「ガーデニングですか??」っていう、いう事に対して、「いやっ、土いじりです」って言いたかったのは、喰ってるんで、そこを僕あのー、土いじりっていう風に、言いたかったんですよねぇ~。鑑賞ではない、美しさを楽しんで、「あっ、花だぁ~」とかさあー、「つぼみが・・・」とか、言うのも、楽しいかもしんないけど、「おっ、出てきたよぉ~」っていう次に、「うめぇ~」っていうのがねぇ、楽しくてですねぇ、生活のHOW TOのひとつに入ってますねぇ。だって、ネギ買わなくていいんだよ。生えてくっからさあー、フルーツトマトは、買わなくていいんですよ。なってっから・・・それ、捥いできて、水洗いして、喰えば・・・観て、あーー、美しいっていうのも、確かにいいと思うけど、観て、うまいっていうのがねぇ、ふふふふふ。ツボですねぇ。実は、今年の夏は、僕、波乗りの回数が、もうゼロと言っていいほど、っていうか、行かなかったですねぇ。夏・・・波乗りには・・・海には行ってますけど・・・何故、海には行ってたかと言うと、(釣り???)これもですねぇ、だから、さっきの土いじりと一緒なんです。何故、海に行ったか、これは漁です。(ふふふふ。釣りじゃなくて、漁なんだ(笑))釣りって言われちゃうと、「いやっ、釣りじゃないですよねぇ~」って言いたくなっちゃうんですよねぇ。食べるんで、ふふふははは。漁じゃないですか。食べられるものを、海に、獲りに行ってんです。僕は・・・だから、釣りじゃないんですよ。漁なんです。ふはははは。喰うために、海に行くんです。僕・・・他の喰いたくなったら、どうする??ってなったら、僕は、じゃあ、海で獲ってくるっていう、だから、魚と野菜、だ、肉以外は、自給自足まではいけてないですけど、自分が関わってます。あははははは。自分が関わってるって面白くないですか?食事に・・・楽しいですよ。お子さんとか、いらっしゃるみなさんに、お勧めしたいと思うんですけど、(ねっ。自分でとったら好き嫌いもなくなるっていうけどねぇ・・・うちの子達はダメだっ)食事に、自分が関わってる、関係してるっていうのが、割りと盛り上がりますよっ。魚だって、ただ釣ってきました。はい、じゃあ、食べましょうって、できないでしょうろこも全部とらないといけないし、さばかないといけないし、(そうなんだよぉ~釣ったはいいけど、後が大変なんだよねぇ~)何??アジって、こんなところに、こんなトゲがあって、こんな痛てえの??とかさあー、(とらなきゃいけないもんねっ。)ああ言うのは、関係してないと、食に関係してないと、なかなか経験できない事だったり、すると思うんで、俺は、ありだと思うんですけどねっ。かなり楽しんでます。僕は・・・まあー、この、メンズnon-noの100問100答に関しては、こんな質問も来てるので、紹介しましょうか??


新潟県 ○○ 17歳高校生「キャプテンが表紙のメンズnon-no観ました。「新しくペットを飼うとしたら??」って質問のところで「犬。まだうちに来てないけど、ペットショップにいる」って応えてますねぇ。新しいワンちゃん飼ったんですか??ワッツで、詳しく教えてくだパイ。」

これは、Q26の事ですねっ。そうなんですよぉ、新たにですねぇ、犬という、家族がですねぇ、新顔なんですが、来ました。そんな彼の事を、話す前に、一旦、曲を聴いてもらいしまょうか??彼の事を思い出すとですねぇ、結構、こういう気分になれますねぇ。


This is LOVE / SMAP


新しい、犬がですねぇ、我が家に来まして、まあー、メンズnon-noの方では、まだ、うちの家族になっていなくて、ペットショップにいるって答えてたんですけども、現在、家の中を、ポテポテ歩いていたりとか、(ポテポテって可愛い)人の足を噛んだりとか、してますねぇ。(何犬なんだろう??)名前は、メンズnon-noの中には、ゴルゴって、表記されてるんですけど、変えました。ゴルゴ、ボツになりまして、本名、ベアーです。(クマ??)で、ニックネームが、ベベです。なぜ、ベアーなのか??後ろ姿がですねぇ、クマそっくりなんですよ。犬なんですけども・・・後ろ姿をですねぇ、写メで撮ったんですよ。その写メを、スマスマの収録の時に、スタッフに見せて、「俺、最近、小熊飼ったんだよねぇ~」って言ったら「え?いいんっすか??飼っていいんっすか??」って、言われて「いやっ、売ってたから、いいんじゃない??飼って・・」って言って、「えっ、マジっすか??もう一回、観してくださいよ」って言うから、「ホラ、これ・・・」って言って、写メを見せたら「うわーー、マジだ、小熊いるし・・・」とかって言われて、完全に信じ込んでました。あのー、僕が発表するまで・・・「いやいや、犬だって・・・」って、言うまでは、完全にクマだと思い込んで、もう、みんないろいろ心配してましたよ。「散歩とかどうすんっすか??クマ本気出したら、40kmぐらいで、走りますよぉ~」って言うから、「いやっ、スクーターで、行きゃーいいんじゃない??」って言ったら、「マジっすか??」とかって言って、「川とか連れてったから、これ、やっちゃいますよ。魚とか、ガンガン獲っちゃいますよぉ~」って言うから、「でも、シャケはあんまいないから、やってもいいんじゃない??」って言ったら「えーー、でも、危ないっすよぉ~」とかっつって、結構、盛り上がりましたねぇ。(ふふふふふ。だましちゃったんだぁ~(笑))それぐらい、盛り上がれるぐらい・・・クマに似てるんです。笑えますよぉ~。床に、仰向けになって、じゃあ、腹筋でもやるかぁ~と思って、カクカクやってるじゃないですか??そうすっとねぇ、なんか、その、俺が、腹筋やる時に、フッていう声がでるでしょその、フッていうのに、すげぇ~、反応して、奇襲をかけてくるんですよ。俺に・・・(ふふふふ。可愛いねっ)その奇襲がねぇ、割りとハードで、こいつ、ホントに、ちょっとクマ入ってんじゃねえかな??っていうぐらい、まあー、でも、誰がねっ、リーダーなのかは、もう、やつには教えましたけどねっ。ふふふははは。


今回、ヤマトのプロモーションで、かなりの数、ゲスト出演させて貰いますねぇ~。今度の火曜日には、テレビ日系列の、「よゐこの無人島0円生活」ってあるじゃないですか??あれにねぇ、参加します。僕は、無人島生活してませんけどねっ。(無人島生活はしてないんだぁ~)スタジオに来てくださいって言われて、「あー、じゃあ、六本木のテレビ朝日に行くのかな??」と思ったら、行く場所、全然違って、漁船??漁船に乗せられたんですよ。なんで、釣り船に俺、乗ってんだろう??と思ったんですけど、まあー、一体どんな事になっているやら、楽しみにしてて欲しいと思います。非常―――――に寒かった。ふふふはははは。


という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


実はですねぇ、ここだけの話、ちょっと、ホントに俺、ふふふここだけの話なんですけど、(ここで言っちゃったら、全国に広まるんだよぉ~(笑))僕あのー、「月の恋人」っていうドラマ出演させて貰った時に、蓮介ブログってやらせて貰ったじゃないですか??(え???何々何々???何を言い出すの??)あれ、かなり楽しかったんですよ。なので、今回あのー、ヤマトにも出演させて貰ってるという事で、たぶん俺、やると思います。(え???ヤマトブログやってくれるの???進ブログ??古代ブログ???)ふふふはははは。(え???めっちゃ嬉しいすでにドキドキしてるぅ~)いやっ、書くよ。俺、この間、言われたんだもん。TV誌の人に・・・「木村さんって、友達にメール送る時も、あんな絵文字多いんですか??」なんかブログを観たらしくて、そのライターの方が・・・「よくないですか??」って言ったら、「木村さんのイメージではなかったんで・・・」ってすげぇ、普通に言われちゃって・・・・・いやっ、艦長代理、絵文字使いまくりですよ。ふふははははは。あの、拳とか、あはははははは。






よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/11/12

先週の月曜日、11月1日に「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の完成披露試写会を、無事に終える事ができました。ありがとうございました。()その感想がですねぇ、結構な数、このワッツに届いてます。しかも、読んでて嬉しくなるような物が多いですねぇ。まことに、ありがたい限りです。これもひとえに、僕を支えてくれてるスタッフのお陰ですねぇ。僕の周りには、くりりんみたいなスタッフばかりではありませんからねっ。自慢できるスタッフたくさんいますよ。だから、僕は素敵な作品に、出会えてきたんです。でも、先週のワッツでは、そんな「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の感想や質問を、全然、紹介できませんでした。僕がですねぇ、完成披露試写会の、裏話を、喋りすぎたせいで、時間なくなって、メッセージまでいけなかったっていう、あとねぇ、うちの番組のディレクターのくりりんが、3回も観てて、とにかくだから、俺に言ってくんのは、「アナライザーヤベェ~」っていう、それしか言わなくて、なんか、ちょっと、こう、カチーンと来て、なんかそれに対して、コメントしてたらもう、「終わりの時間だよ」って言われて、何言ってんの??4回目観たって・・・何枚持ってんの??試写状。4回でもう打ち止めなの??打ち止めっていう回数じゃないと思うよ。ふふふふ。4回観て、もう一回言ってます。「アナライザーがかっこよかった」って言う。古代進役の、僕をですねぇ、目の前にして、「アナライザーがかっこいい」っていう感想しか言えない大人ですからねっ。わっけわかんないんですけど、なので今日は、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開まで20日を切ったよ。完成披露試写会で、一足早く、観てくれた方からの質問に、なんでも応えますスペシャル略して、ヤマトの質問。短けぇ~なぁ~。ふふふはははは。この、無意味に長い企画タイトルにも、言いたい事は山ほどありますが、無駄話をしてると、紹介できるメッセージの数が、減るんで、無視して、先に、進みます。はい。無視します。でも、注意深く進まないと、普通の番組のスタッフだったら、公開前に、これは読ませねえだろう~っていうメッセージを、このワッツに限っては、忍ばせますからねっ。平気で・・・今日も、油断できません。

みんなからのメッセージを読んでて思ったんですけど、ヤマトって意外と、戦争の話だって、思って貰えてないんですよねぇ。ヤマトはおおざっぱに分けると、SFなんですが、戦争のお話ですからねっ。古代進自身も、地球防衛軍の、軍人ですから・・・っていう事で、今日のオープニングはこんな曲。武装準備完了っていう意味のタイトルですから・・・1980年です。


ARMED AND READY / マイケル・シェンカー・グループ


埼玉県 ○○ 19歳大学生「先日、ヤマトの完成披露試写会に、運よく参加することができました。ホントにすばらしい作品でした。(ありがとうございます。)実は、私は、アニメ版を観た事がなく、どんな話なのか、全く知りませんでした。そして、ぶっちゃけ、『あんま、興味わかないかなぁ~』と思っていました。しかし、試写会を観て、アニメがどうとか関係なく、1本の映画として、作品として、本当に、観て良かったです。あの大迫力と、繊細な人物描写を、両立させた山崎貴監督は、凄いです。何度も涙しました。ラストは、大号泣。エンドロールが終わるまで、涙が止まらなかったです。こんな経験は初めてでした。ところで、キャプテンに質問です。泣きながら観た、エンドロールに慣れ親しんだ名前を発見しました。そうです。ドラマ「HERO」の名台詞「あるよ」の田中要次さんの名前があったんです。(そうそう。でも、どこで出てたかわかんなかったあ~)でも、私は、本編で全く気付きませんでした。(ふははははは)一体、どこに出演されていたのでしょうか??」

前半は、かなり嬉しいメッセージですねっ。ありがとうございます。嬉しいです。でも、田中要次さんがどこにいたのか、分からなかったって言うねぇ、これ、読まなくていい部分じゃないっすか??普通のラジオの番組の、こう、スタッフだったら、ここは、ちょっと割愛しよっか??みたいな、感じで、ボールペンで、囲って、ふふ、斜線を引く部分です。これ、田中さんにも結構、ショックだし、俺もちゃんと観てくれてたのかな??っていうのは、凄い心配になってくるんですけど、このメッセージ・・・(え???そうなの??でも、分からなかったぁ~会場がデカかったせい??)だって、ふふ、今回の作品の、古代進の登場sceneですからねっ。(え???あの部分??じゃあ、あれかぁ~。あれは黒塗りというか、わかりにくいよぉ~)初登場のsceneです。「SPACE BATTLESHIP ヤマト」という映画が始まって、しばらくしたところで、僕が演じる古代進が登場するんですけども、(だって、最初その古代進すらわかりにくかったもん。なーんとなくシルエットでそうかな??と思ったけど・・)僕、いきなり、人を殴るんです。出てきたと思ったら、何にも喋らずに、人を殴るんです。バスっと・・・その・・・・・・殴った相手が田中さんです。(やっぱり・・・)ふふふははは。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


うるせぇ~このやろうみたいな感じで、一発ぶん殴るんですけど、その人です。ふふはははは。かなり、あれ、田中さんわかると思うんだけどなぁ~。わかんねえかな??(分からなかったよぉ~)

まあー、ちなみに、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、田中要次さん以外にも、ホームページとかでは発表になってない、いろんな人が、出演してくれてますからねっ。コードブルーで、山下君と一緒に、お医者さんをやってた、浅利陽介君、も、出てくれてますよっ。(悲しい役なんだよねぇ~)コードブルーの中で、ちょっと落ちこぼれ的な、お医者さんをやってた、慎吾の新撰組にも、出てましたよねっ。「古代さんお久しぶりです」って言ってあのー、僕が、一瞬『えっ??誰だっけ??』みたいな感じで、トラップを仕掛けたら、え???マジっすか??みたいな、感じのふふ、リアクションを、とってくれてた、あれはあのー、その場で何にも言わないで、普通に、「いやっ、知らねぇ~」みたいな感じで、言ったら、すごいビビってたんで、あー、このビビリ感じ、面白れぇ~なぁ~と思って、そのまま続けました。ふはははは。あれは、監督一発OKで、ホントに、「え????」っていう感じで、こう、浅利君ビックリしてくれましたねぇ~。ちょっと、悲しい決断を強いられる、第三環境勤務の、安藤。ねぇ~辛いsceneでしたねっ。あと、関係者スタッフ、美術さんとか、衣装さんとか、やまとの乗組員になりすましてます。制服を着て、廊下を慌ただしく、こう、走りまわっていたりとか、僕のあのー、演説を艦内で聴いてみたりとか、『あれ??大道具の何々ちゃん出てんだぁ~』『あっ、衣装部のおーーー、何々ちゃんもいる』みたいな、俺的には、現場で慣れ親しんだ顔が、スクリーンにも登場するので、結構、楽しいんですけど、みんなには全く顔がわからないと思うんで、無駄な裏話、お届けしました。ふふははは。


東京都 ○○ 22歳会社員「「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観て驚きましたぁ~。すごい迫力の映画に仕上がりましたねぇ~。こんな迫力のある日本のCGは初めてです。戦闘機が飛んで戦うsceneでは、まるで、椅子が動いてるような錯覚に陥りました。遊園地で、ヤマトのアトラクションとか造れるのでは??と思いました。あの戦闘機での、戦闘シーンは、どうやって撮影したんですか??特に、コスモゼロの、飛行sceneは、圧巻でした。戦闘機はCGですよねぇあの揺れとかの、迫力はどうやって出したんでしょうか??裏話をお願いします。」


まあー、確かに、ヤマトをには、戦闘機のscene、結構ありますからねぇ~。まず、いきなり、オープニングがもう宇宙で繰り広げられる戦闘sceneですからねぇ~。古代進は、そん時は、いないんですけども、森雪、大活躍ですからねぇ。で、僕の戦闘機での戦闘sceneは、あれは、一体どういう撮影をしたのかと言いますと、コスモゼロっていうものを、一機造りましてですねぇ、飛ばしまして、(え???な、わけないじゃん)撮影させて頂いたっていう、そんなわけないですねっ。ふふははは。じゃあ、なんで、VFXで描く必要があるんだっていう、事ですよねっ。コックピットは、ちゃんと造りましたよっ。(コックピットは・・・って・・・(笑))実寸大で・・・コックピットは造りましたよ。(コックピットだけ造ったんだねっ(笑))なんですか??その、コックピットは・・・??っていう、聴き返しはなんですか?くりりんのその。くりりんが興味あんのは、アナライザーだけでしょアナライザーは、あれ、全部VFXです。allCGです。で、僕が乗ってた、コスモゼロ。コックピットは、ちゃんと造りましたよ。はね???はねだって、あったら、乗りこむの大変だよ。場所すごいとるだろう??スタジオの・・・キャノピー??キャノピーあったらだって、監督の用意スタートのスタート聴こえないじゃんだって・・・何が聴きたいの??あれは、だから、コックピットをちゃんと造って、そこに乗りこんで、ガーーーンってこう、宇宙空間飛ぶ時には、そのコックピットの回りの、機体を、全部白組が、VFXで描いて、(ふふふふふ)完成してるわけですよ。(だから、実際は、何もないところで、お芝居してるって事だよねっ!?その図を想像したら、可愛いねっ)ふふふはははは。白組そんぐらい凄いんですよ。揺れてる感じ???聴きたいですか??細かい揺れとかあるじゃないですか??ガタガタガタガタガタガタとか、あれはですねぇ、(そのコックピットを揺らすの??)カメラを揺らすんです。(カメラを揺らすんだぁ~)僕も若干、揺れてるかもしれませんが、全体をこう、揺らすよりも、カメラ、撮るもの自体を、揺らせば、絵って揺れるでしょねっその手法を使って、コックピットの中の、僕、自身も、たとえば、Gがかかるであろう瞬間だったりっていうのは、自分自身で、そのー、まあー、僕、実際にGをふふふ、経験した人間なので、こんなだったぜぇ~みたいな、Gって、割りとキツイんだよぉ~~っていう表現を、ふふふ、しながら、撮影さして貰いましたねっ。僕、ブルーインパルスに同乗させて貰ったじゃないですか??(あれって、凄い参考になったでしょってか、ヤマトのために、あれに乗った??)そん時の、定点カメラの映像、正面からの映像を、さんタクとか、スマスマのディレクターをやってくれる、デグが、「これノーカットで、木村さんのノー編集のやつを、焼いたんで、もしよかったら、観てください」っつって、くれたんですよ。フジテレビのさんタクで撮ったやつ。そのVTRを貰った後だったんで、そのヤマトの戦闘機のscene。で、それを何回も何回も見直して、さんタクのあのー、ブルーインパルスの僕の体験は、かなりヤマトの撮影の、パワーになりましたねっ。監督にも、「こういう素材あるけど、観る??」って言ったら、「観たい。観たい。観たい」って言って、「あっ、光って、こういう風に、反射するんだ」とか、「あっ、なるほどねっ。交点が、ここにある場合は、キャノピーにここに、反射が映って、ゴーグルにこうなるんだ」とか、俺が観てたのは、人物の揺れとか、目線とか、あれだったんですけど、山崎監督は、全然違うところを観てましたけどねっ。ふふはははは。

ちなみに、さきほど、チラリと話した、僕が初めてヤマトに登場するscene、古代は、映画の最初の方では、軍人ではないんです。民間人として、デアメタルを拾い集める、仕事をしてるんです。田中要次さんと一緒にいるんですけども、いきなり、古代がぶん殴るんですねぇ~。荒くれ者ですねぇ~。っていう事で、ここでこんなナンバーいきましょうか??1979年のナンバーです。この曲も、あのデビットフォスターが、制作に関わってますねぇ~。名曲です。


IN THE STONE / アース・ウインド&ファイアー


埼玉県 ○○ 18歳大学生「キャプテン、ヤマトの完成披露試写会参加できてよかったです。正直、観る前は、CGの映画だし、どうなんだろう??って気持ちがありました。キャプテンが出てるし、ストーリーが良ければいいなぁ~って、感じで参加しました。でも、観終わった後の、私は、一味違います。ヤマトのCG最高って、友達の言いまくってます。キャプテンは、完成品を観て、どう思いましたか??撮影の時は、グリーンバックばかりで、完成品がどうなるかわからなかったって言ってたじゃないですかCGで一番ビックリしたsceneはどこですか??私は、ガミラスの戦艦に、ぶったまげましたっ。(ふふふ)コスモゼロが自由落下で落ちていくsceneも、日本の映画とは思えない、と思いました。」

僕が完成品を観て、一番ビックリしたsceneは、・・・・「地上からヤマト出てくる」のsceneです。(確かに大迫力だよねぇ~)ふふふはははは。

あそこ、すごかったねって、後から監督と話したら、やっぱねぇ、あそこ一番気合い入ったらしいです。全編の中で・・・宇宙は、俺に任せとけって感じで、思ってたらしいんですよ。なんだけど、ヤマトって確かに、宇宙の話だけど、元々地上にあるもんじゃないですか??それは原作のストーリーにもそういう場面があるんですけど、その地上からヤマトが、ババババって姿を現すっていうところに、作業が進んだ時に、白組のスタッフが、「こんな感じでできあがりました」って言うので、持ってきた映像を観た瞬間に、監督が愕然としたんだって・・・「俺のイメージ、全然こんなんじゃないし、こんなクオリティーで、ヤマトができるわけない。なんでお前らできないの??」って言って、一喝したらしいんですよ。「お前らができねえんだったら、俺がやる」っつって、実際に、監督がもう、造ったらしいんですけど、監督がやっても、できなかったんですって・・・手元にある、白組が所有している、ソフトでは、要はできないっていう事が、その時、わかったらしくて、(そんなにソフトで違うんだぁ~)ソフトに限界があって、残り一カ月で締め切り、やっべぇ~~って話になって、どうしても、あのsceneだけは、監督の意向として、予告に入れたかったんですって・・・だから、本編に間に合わせるっていう事ではなく、期限が全然手前だったんだって・・・どうしても入れたいんだけど、今、あるソフトで、造ったら、人に見せらんないものになっちゃうから、これ、ヤバいっていう風になって、一か月前になって、新しいソフトを教えて貰えるまず人から探して、ずーーっと一カ月間、あのsceneに費やしたって言ってましたねぇ。あのscene、ホント凄いと思ったもん。俺・・・ほんでねぇ、CG繋がりで、また違う裏話を、お伝えすると、僕自身が、実は、CGになってるパートもあるんですよ。(え???拓哉がCGなの???どこ??全然わからないよぉ~あっ、もしかして、あのポスターはCG???)ある撮影の日に、白組のスタッフに、「CG用のデータを、取りたいので、こちらにお願いします。」って言われて、四方八方からデジタルカメラで撮影して、口の形も、何パターンか、「あ」「い・う・え・お」とかいろいろ撮られて、ヘルメットをかぶった状態のも撮ったし、だから、完成品を観た時に、いましたねっ。スクリーンの中に・・・(え???どれ??)『俺、ここ撮影してねえなっ』って思ったんだけど、ふはははは。古代いましたねぇ~。


このメッセージは読んで大丈夫なんですか??しゃべりすぎにならない??これ・・・あっ、でもいっか。ワッツだしねっ。確か、このラジオって3人ぐらいしか聴いてないんだもんねっねっ(え??????)それぐらいだもんねっ。でも、その三人の中に、山崎貴監督入ってるからねっ。それだけふふふふ、気をつけといてねっ。で、一応読みます。
東京都 ○○ 14歳中学生「拓哉キャプテン「SPACE BATTLESHIP ヤマト」一足先に、楽しませて頂いて、ありがとうございました。実は私、映画を初めて観ました。TVドラマは、キャプテンの毎回観てますけど、スクリーンは初めてだったんです。それで、初めてだったのに、泣いちゃいました。初めての私を、泣かせた責任をとって質問に答えてください。今回、古代と森雪の○○scene、あれって一体、どうやって撮ったんですか??(ふふふふ。うまいぐあいに隠したねぇ~(笑))○○をした後に、二人で倒れてましたよねぇ~。痛くなかったですか??(そりゃあー、下にマットでしょ撮影、裏話を教えてくだパイ」

だって、初めてって知らなかったからさぁ・・・(ふふふふ。読んでる時から、言うと思ったぁ~)あっ、そういうメッセージじゃないのねっ。ごめんごめん。あははははははは(高笑)でも、大丈夫でしょ俺、あの、いい感じで、読んだでしょ○○sceneって言っておけばさあー、観てない人にわからないでしょまあー、あのsceneは、確かに、そうですねっ。古代と森雪が二人で一緒に倒れ込んでましたねぇ~。あそこは、CGでは、ないですからねっ。非常に大変な撮影でしたよっ。二人で倒れ込むという事で、しかも、森雪が下になって倒れ込むんですよ。かなりあのまま、倒れたら、メイサちゃん、超―――痛いじゃないですか??だから、一応、下には、安全マットをひいて撮影したんですけど、最後まで倒れちゃうと、なんなんで、床に着くか着かねえかのところで、僕が支えました。(え???????大変じゃん拓哉らしいけど・・・)ふふふはははは。支えました。あれやった、次の日、もう、超―――筋肉痛で、あはははははは、でも、○○のsceneの最中にワープするんですよ。すごいでしょ「せっかくヤマトなんだから、○○scene、ワープっちゃったりすんのどうっすか??」みたいな感じで、話したら、「あーー、それも、面白いねぇ~」つっつって、ほんで、ああいうsceneになったんですよ。こんなんで大丈夫だったかな??(うんうん)まだ、観てない人に、一体なんのsceneの事だか、大丈夫だよねっ気付かれてないよねっ今のトークだったらねっ。すごくチュウーーーーして、喋ったんで、ふふふふ、かなり、チュウーーーーいして、話したんで、問題ないんじゃないかな??今のが問題??(うんうん)ふふふ、ホント??ヤバい??じゃあ、逃げの曲行こうぜ逃げの曲・・・こんなトークの後は、もちろんこの曲です。映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の主題歌になってます。チュウーーーもくのナンバーですねっ。ふふふふふ。


Love Lives / スティーヴン・タイラー


この曲にも、面白いエピソード、実はあるんですよ。これはですねぇ、監督の山崎貴さんが、是非、彼に歌って欲しいっていう事で、実現した主題歌なんですけど、監督が、オファーとともに、台本を、英訳して送ったらしいんですよ。「こういう映画なんですけど、主題歌、造っていただけませんか??」っていう事で・・・その時に、僕の資料も一緒に届けてあったんですねっ。その劇中の写真とかを添えてあったらしいんです。そしたら、なんと、このスティーヴン・タイラーが・・・・・・「俺、こいつ知ってんぞ」って言ったらしいんですよっ。ふふふふふ(え???なんで??スマスマでは一緒になってないよね??)まあー、間に入ってくれた人が、「そんなわけないですよ。こいつ日本の俳優ですよ。」って応えたらしいんですけど、スティーヴンは、「いやっ、絶対、俺、こいつ知ってるって・・・っていうか、俺、こいつに昔会ってるもん。」って、あのー、(え??昔会ってるの??)言い張ったんですって・・・そうなんですよ。あのー、スティーヴン・タイラーは、僕が一緒に、フォトセッションさせてもらった、雑誌の「CUT」っていう、撮影の事をですねぇ、あれって、1998年の、ことなんで、もう12年も前の事なんですけど、覚えててくれたんですよねっ。(すごーーーい。)ちょっと、ドキドキしますよねっ。「げっ、俺、スティーヴン・タイラーの記憶の一部だ。」スティーヴン・タイラーの脳みその海馬の中に俺がいるんですよ。ふふふふふ


くりりんにさあー、ひとつ面白い事、教えてあげようか??俺さあー、明日さあー、誕生日。(ふふふふ。自分から言ってるよぉ~(笑)オメデトウ♪)今、何っつった???「あっ、そうなんだぁ~」って言ったよねっ。俺、おめでとう♪


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


「だっけ??」じゃないよ。「11月13日だっけ??」って、確認もいらないでしょ普通だったら・・・16年付き合ってて、これねぇ、夫婦だったら、離婚だよっ。ふふふふ。よかったねぇ~。俺ら夫婦じゃなくて・・・





よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/11/5

ここで、早速なんですが、うちの、このワッツのディレクターのくりりんの腹立たしい話していいですか??(おーー、相当怒ってるねぇ~)先日、僕、個人のために、東宝さんが開いてくれた、僕個人の0号試写会に、くりりんを誘って、一緒に観たっていう、話をこのワッツで、したじゃないですか??ワッツ、長年やってきてるし??ヤマト世代だし、まあー、ヤマトできたし、完成品を観て貰おうかな??っていう事で、観て貰ったんですけど、なんとねぇ、もう3回観たらしいんですよねっ【ゴーン】(え??そんなに??)いやっ、何???グーーって・・・親指突き出してる場合じゃないですよ。なんですか、その3回っていう、回数。12月1日公開なんですよ。公開前に、なんで3回観てんですか??いやいやいや、グーじゃないですよ。僕、個人の0号試写会が、1回目で??その後に??マスコミ試写会に潜り込んで1回と、そして、この間の完成披露試写会で、また1回。(え??この前の披露試写会で観てたの??)グーじゃねえっつっうの。だから・・・あんた出演もしてないのに、ちょっと、観過ぎだよっ。ホントに・・・ふふふふ。ほんでねっ、なぜ、これほどまでに、ヤマトを観てんのか、聴いたらですねぇ、その理由が、ますますもって、腹立たしいんですよ。アナライザーがかっこいいから・・・(え???そんな理由なの??確かに、あれはかっこよかったけど・・(笑))ふざけんなよっ【ゴーン】僕ともう、16年も一緒にラジオをやっていて、今度年を越せば、17年目に突入する付き合いなわけなんですけども、まあー、普通だったら、気つかってねぇ、古代進のできとかさあー、ない??会話の中で・・・(ふふふふ)山崎監督とも、0号試写会で会ってるわけだからさあー、話もしてるわけだから、しかも、ワッツ超―――聴いてんのよっ。あれ以来・・・そういう間柄もあんのにさあー、そういう事に、対してのコメント一切なしで、それがなんですか??めちゃくちゃ素直な瞳をしやがって、「アナライザーかっこいい」しかも一番泣けたsceneが、ふふ、エンドロールに出てくる、アナライザーの敬礼って言いやがるんですよ。(ふふふふ)【ゴーン】僕が今こうやって、マイクの前で喋ってて、ねっ「アナライザーの敬礼」って言った瞬間に、俺のヘッドフォンに向って、「あれねぇ、本編には出てこねえんだよっ」って言う、こんなディレクターをねぇ、みなさんどう思いますか??アナライザーが好きって言うのは、100歩譲って、いいかな??とは思うんですよ。ヤマトっていう作品の中に、アナライザーは欠かせませんし、凄い重要じゃないですか??そのアナライザーに対して、愛を持ってくれたっていうのは、まあー、100歩譲っていいんですけど、でもねっ、ビックリしたのがねぇ、くりりんってねぇ、コスモクリーナーの今回でいう、放射能除去装置ですよ。放射能除去装置の(ふふふふふ。言いにくそう(笑))正体に3回目で、やっと気付いたらしいです。【ゴーン】普通は1回でわかるし、1回目でわかんなくても、2回観れば、なるほどねと・・・だから、なんとしても、地球にこの人だけは、送り届けないといけないんだっていう、それ3回目ですからねっ。(え??すっごい重要なとこじゃん)いやっ、難しかったねっ、じゃなくて、あのー、今回の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の一番大切なところだからねっ。それ・・・(うんうんうんうんうん)アナライザーの敬礼じゃないから・・・大切なのねぇ、ふふふ、それねぇ、13番目ぐらい。ふふふ、アナライザーの敬礼は・・・そろそろワッツメンバーチェンジした方がいいんすかねぇ??まあー、16年間、メンバーチェンジなしに、ここまできた、このワッツなんですけど、そろそろ代え時かな??っていう、まあー、代えるべきかいなか、みなさんの意見を、是非、掲示板まで、送ってください。

映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、ズバリ地球を救うお話っていう事で、まず1曲。1981年のデュラン・デュランのデビュー曲です。


PLANET EARTH / デュラン・デュラン


って言うかねぇ、俺、古代進をやらせてもらってる俺自身も、まだ、2回しか観てないんですけど、いやっ、俺3回とかいう、そういうツッコミはいらないの。わかる??俺は、2回しか観てないんだよっていう、こう・・・それでも、プチ自慢しようかな??と思ったら、ヘッドフォンに言うの辞めてくれる??俺、3回って・・・1回目は、五反田のイマジカの第一試写室で、観させて頂いて、2回目は、これねぇ、そう、報告したいなぁ~と思ったんでけど、僕らがヤマトを撮影していた東宝スタジオってあるじゃないですか??僕らがヤマトを撮影していた時に、ずーーっと、工事をしていた建物があったんですよ。スタジオの目の前に・・・それ、これ何造るんだろう??と思ってたら、それがなんと、試写室なんですよ。まさに、そのヤマトを撮影していた、スタジオの目の前の、つい最近できたらしくて、音、めちゃくちゃいいんですよ。そこ・・・ヤマトがこう、被弾した時も、音が、ガキンガキンって、痛い感じがするんですよねっ。俺、今回、割りと観ると思う。ふふふふははは。ヤマト・・・


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


なんか、ヤマトをいろんな人に観て貰って、その場で、直にその人のリアクションを感じたいっていうのが、凄くありますねぇ。今回・・・


ついに、先日、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」をみなさんに観て頂く事ができました(テンション高い(笑))あーーー、いやーーーー、ちょっと、今、喜びのあまり、つい、皆さんにって言ってしまったんですけども、正確には、完成披露試写会に当選した方たちだけに、観て貰えました。ですねっ。凄い倍率だったらしいですねぇ。応募が10万通以上、その中の、3800名が、参加してくれたと、期待してくれていた人達が、こんなにいたんだぁ~って、あのー、ホント、ありがたく、感じましたねぇ。(だって、めっちゃ待ってたも~ん)そのみなさんの期待に、応えられたのかどうかっていう、部分が、観終わったみなさんの表情を目の当たりにして、観させて頂いて、温度を感じましたねっ。(うんうん。めっちゃよかったよぉ~)試写の後に、ステージに登場させて貰ったんですよ。舞台挨拶付きの試写会ってあのー、本編上映の前に登場するっていうパターンが、結構多いと思うんですが、(そうかな????)今回、ちょっと僕、観た後の、ステージに上がってみたいなぁ~っていう、気持ちが起こったんですよ。自分が観た時に・・・正直、そのー、山崎監督とも、舞台裏で、「どうします??俺ら、出てく時に、客席の表情と、温度が、超―――、ドッチラケで、俺らが出てっても、『とりあえず、目そらしとこうぜ』みたいな、そういう、ふふふふ空気だったら、かなりウケますねぇ~」って話をしてたんですよ。すぐ、扉1枚のところに、僕、スタンバってまして、ホント、あのー、ちょっと、前に食べた、弁当が、『あれ??これ、あがってくんじゃねえかな??』っていうぐらいの、ふふふふ(そんなに??確かに、相当緊張してたけど・・・)緊張しましたねぇ~。まあー、でもー、今回、僕が古代進を担当させて貰ったわけですから、どんな事からも、逃げたり、隠れたりしないと、言う事で、その会場にも・・・ホントにねぇ、僕あのー、スタッフに言いましたからねぇ。その扉を行く時に・・・「発進します」って言って、一言言って、ふふふふふ、出てきましたからねっ。(テンション高――い)映画でも、ドラマでも、物を造るっていう作業は、造り上げるまでが、完成ではないと、いつも思ってんですよ。その完成品を、みんなに届けて、そのリアクションを、貰うまでが、物造りの過程じゃないかな??と、オ○ニーじゃないですからねっ。物造りっていうのは・・・オ○ニーじゃ駄目なんですよ。S○Xしないとダメなんですよ。ちゃんと、相手を気持ちよくした上で、自分のDNAを世に残すそこまでが、物造りじゃないかな??と・・・え???これは、子作りですか???【ゴーン】ふふふふふふふ。ふざけた話をしてるフリをしつつも、ヤマトの深い部分を、今ここで、ちょっと、お伝えしたわけなんですよ。(ふふふふ。確かにそうだけど・・・(笑))深――い部分ですよ。これヤマトの・・・ふはははははは。観た人しか、まあー、わからないと思うんですけどねぇ、まあー、今、3800人の方達は、あー、言ってるよって思ってると思う。(うんうん)ふふ、当日はですねぇ、午後一かな???(え???)あっ、違うよ、午前中から、国際ファーラムの方に、入らせて頂きまして、そこから、上映後の舞台挨拶まで、結構ブッ通しで、もう、ご飯を食べる時間が、だから、着替えの15分ぐらいしかないので、(そんなに忙しかったんだぁ~)着替えを5分で終わらせて、5分で飯喰って、で、5分、次の??取材のいろんなものをチェックして進む、みたいな、結構かっこいいでしょ5分で着替えて、5分で飯っていう、ふふふはははは。その上映中もだから、あのー、インタビュー撮影とか、裏でやってまして、作品自体は観られなかったんですけども、(やっぱり、一緒には観られなかったんだぁ~)なんだけど、うちのくりりんは、だから、呑気に3回目をそん時、観てたんですよねっ。しかもいい席で・・・嫌ですねぇ。(ふふふふ)楽屋に、着替えに戻ったりとか、ねっ、さっきの着替え5分、食事5分の時間に、戻るんですよ。そうすると、あの、国際ファーラムって、アーティストの方が、コンサートもできるぐらいの会場なので、楽屋に、会場モニターが設置されてるわけですよ。(映し出されてるんだぁ~会場の模様が・・・音は流れないけど・・・)ヤマトのsceneが、まあー、音声は出てないですけど、モニターにちっちゃく出るわけですよ。「あーー、ここのsceneだぁ~」みたいな感じで、言ってると、僕のスタッフで参加してくれた、スタイリストの大久保さんと、ヘアメイクの、まあー、ワッツではお馴染みの、キンちゃんがですねぇ、一同に、そのモニターから、視線を、フッてこう、はずして、ふふふふ、「ふふふふ、ヤバいヤバいヤバい。観えちゃう、観えちゃう、観えちゃう観えちゃう。まだ観ねえぞ」っていう。音も聴こえてないのに、観たくないみたいな感じで、変な楽屋になってましたねっ。僕以外、誰もモニターを見ないっていう・・・そのモニターが鏡に向って、置いてあるので、(鏡も映っちゃうじゃん)鏡の方を向いても、鏡の映り込みで、若干、流れてるわけですよ。そうすると、みんなねぇ、何をするかって言うと、下を向くんですねっ。ふふふ。楽屋でずっと、僕のスタッフが下向いてて、(ふふふふ。仕事になんないじゃん(笑))携帯をいじるフリしちゃって、「大久保さんモバゲーですか???」って聴きたくなっちゃったんですけど、モバゲーではなく、モニターを観ないために、携帯をいじくってましたねっ。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、地球を救うお話っていう事で、ここでまた、こんな曲です。earth繋がりですねっ。1987年のヒット。


HEAVEN IS A PLACE ON EARTH / ベリンダ・カーライル


そうそうそうさっきもちらーっと言ったんですけども、このワッツでお話したとおり、今回の完成披露試写会での、ヘアメイクも僕が、いつもお世話になってる、キンちゃんだったんです。でもです。やっぱり、今回も、本編は観られなかったんですねぇ~。もう、前々から、「観たいですぅ~」って凄い言ってくれてるんですけども、元をたどれば、僕のあのー、個人的0号試写に、誘ったんだけど、ゴローの現場が入ってて来れなくて、で、2回目の、僕が東宝試写室で観る事が出来るっていう時も、一応誘ったんですよ。(いいなぁ~)「俺、見に行くけど、どうする??」みたいな感じで・・・(私なら、行く行く行く)そしたら、その日ですねぇ、キンちゃんが働いてる、ヘアサロン、結婚披露宴のお客さんが物凄い数の予約が入っていて、「それはちょっと、ブッち切れません」っていう話になって、(え????)また観れないっていう。ふふふはははは。


この間の月曜日11月の1日に映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の完成披露試写会を、無事に終える事ができましたぁ~()ありがとうございました。会場の方は、東京駅と有楽町駅の間ぐらいにあります、国際ファーラム。その上映中、11月27日頃にTBSで放送されると言う、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開直前の、特別番組用の、山崎監督との、対談をその間にやったりとかも、してましたねぇ。(そんな事もしてたんだねぇ~)そん時に、キンちゃんも、僕の現場だから、来てくれるわけですよ。そしたら、ふふふ、このワッツをめちゃくちゃ聴いてくれてると言う、山崎監督が、「ひょっとして、キンちゃんですか??」って・・・ふふふ。キンちゃんに聴いて(ふふふふ)ははは、そしたら、キンちゃんが「は、はい。」って答えたら、監督が「うわーーー、すげぇ~、生キンちゃん観ちゃったぁ~」(ふふふふ。生キンちゃんって・・・(笑))生キンちゃんって、ちょっとやらしい響きなんですけど、ふふふ、監督が言ってましたねぇ。他のキャストのみなさんも、大勢、集まっていたじゃないですか??だからねぇ、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のメイクを総括していた、あのー、みちよさんの姿も現場にあって、「うわーー、元気???」みたいな感じで、僕、再開したんですけど、そしたら、あのーふふふ、あのー、みちよさんからも、「ラジオであのー、お話して頂いたみたいで、あのー、うちの両親から、電話がかかってきました」っていう風に、ふふふはは、言ってました。このワッツ、いろんなところに、ハピネスを、産んでます。(うんうん(笑))ここで、一つメッセージをご紹介したいと思います。


東京都 ○○ 19歳大学生「キャプテン、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」最高でした。完成披露試写会に、参加させてもらって、よかったと心から思いました。(ありがとうございます。)日本の映画もここまでできるんだぁ~って感動しました。ストーリーも映像も、観なければ絶対に、損って、人に言いたくなるぐらいの、クオリティーでした。(おーー、すげぇ~)舞台挨拶の時の事です。キャプテンは、凄く緊張してたように観えましたけど、真相はどうですか??あと、舞台から、去る時に、誰かに向って、ガッツポーズをしてましたけど、あれは誰にしたんですか??(え??誰にしたの???ドキドキ)


まっ、さっきから、何度も言ってますが、今回の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」完成披露試写会は、上映後にステージで、挨拶をさせて頂きました。みんなが観終わるぐらいのタイミングで、それぞれキャストはですねぇ、登場口に、スタンバイしまして、で、僕だけ一人、違う扉に連れてかれまして、『おー、俺、一人かよぉ~』と思って、すっげぇ~、うわー、どうしよう、どうしようどうしようって思ってたんですよ。ステージ袖からではなくて、会場を歩かせてもらって、ステージに上がるっていうstyleをとらせて貰ったんですよ。バーーンと客席横のドアから、登場させて貰って、(これが観えなかったんだよねぇ~)客席の中を歩いたんですけども、うわーってビックリした事があったんですよ。ふふははは。客席に、オレンジ色のネクタイをした、ものすごい大きい男性が、凄い顔をして、僕に拍手をおくってくれてるわけですよ。『あーーー』と思ったら、(誰誰??)タマホームのタマちゃんでし。(え??タマちゃん来てたのぉ~??)ふはははは。ジュニアなんですけどねっ。奥さんと一緒に・・・って言うか、奥さんめちゃくちゃお腹おっきいんですよ。波動砲で出ちゃうぞっていうぐらいのタイミングなんですけど、観に来てくれてて、このメッセージにもねっ、「凄く緊張してたように観えました」って書いてありますけども、若干、そのステージまでの、動線が、ブルーのカーペットをひいてくれたんですけど、割りと急で、斜面が・・・完成披露試写会で、滑るわけにはいかねえなと思って、縁起悪過ぎて、ふふふははは、それだけはやめようと思って、(え??それだけ??)だから、かなり緊張してたように、観えたんじゃないですかねぇ??力んで歩いてましたねっ。ふふははは。中には、かなりコアなファンの方達もいらっしゃって、あのー、ふふ、ヤマトのあのー、制服のような、カラーリングをしたTシャツを着た人達も、中にはいたり(キャーーー、古代君Tシャツの話してくれたぁ~ありがとう♪別にコアだから、着てる訳じゃないよっ(笑))結構、男性が多いのに、ビックリしましたねぇ~(うんうん。ホント多かったよねぇ~)ヤマトの実写版だから、俺、来たんだぞっキムタクだからじゃねえぞっっ感じが伝わって来て、(そうそう、凄いヤマトのファンって感じの人が多かったのにはビックリしたぁ~)逆に、それが嬉しかったですねぇ。舞台挨拶っさあー、実際映画が終わっちゃったりとかすると、そこ、別に求めてねえよっていう人も、実際、正直、いらっしゃる時、あるんですよ。ホントに、あのー、舞台挨拶出てって、その映画が、『いやっ、面白かったねぇ~』っていう、後だったらいいんですけど、そうではなく、『割りと、なんか難しかったなぁ~この映画・・・』みたない、リアクションを、凄いあからさまにして下さるお客さんもいたりもするし(え??そんなお客さんいたりするの??拓哉の舞台挨拶で??)空気ガラッと変わるんですよ。上映中と、舞台挨拶の瞬間って・・・だから、「あっ、これどうなのかな??」と思ったんですけど、舞台挨拶中も、割りとなんかこう、椅子に浅――く座ってる人いませんでしたねっ。あんまり・・・(え??浅く座ったらよくないの??結構、浅めに座ってしまうんですけど・・)そういう気分じゃない時って、大体ねぇ、みんなねぇ、こうやって座るんですよ。こうやって・・・(実際にやってる風)浅く・・・「何喋んの??」って感じで、ふふふふふ(浅く座って、背もたれにもたれるって感じなのかな??私みたいに前のめりじゃなく・・・)座ってらっしゃる時が多いんですけど、今回、あんまなかったような気はしましたし、みなさんから頂いた拍手っていうものに、リアリティの温度を感じましたねっ。と言う事で、映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の主題歌で、11月24日発売。


Love Lives / スティーヴン・タイラー


会場を去る時にしていたガッツポーズは、いったい誰に向けてしたものだったのか???(うんうん。気になるぅ~)あれはですねぇ、会場を後に、舞台を後にする時に、もう一回、客席のお客さんたちから物凄い拍手を頂いたんですよ。(うんうん)それに、対して、何か、応えたいなぁ~って気持ちもあったんですけど、手を振り返すっていう事でもないし、うわー、どうしようかな??って思いながらも、引っ込もうとしていた時に、客席に、全然知ってる方ではないんですけど、ある男性の方が、僕に向って、拳をガーーーって高く、突き上げてくれたわけですよ。(どこにいたんだろう??こっち側だもんねぇ~)その表現があったかって思って、やっちまいましたねっ。(ブー・ブー)(ん??私の携帯が鳴ってる??ん??違う拓哉の???)だから、あのー、誰にむけてしていたっていう事ではなく、(ブー・ブー)ガッツポーズってヒントを頂いて、客席全体に・・・はい。ガッツポーズをさせて頂きました。・・・・・・ふふふ。さんまさんからメールが入って、(拓哉の携帯だったんだぁ~(笑))「ヤマト面白いらしいなぁ~」っていう、ふふふふメールが来ましたよ。今・・・はははははなんのタイミングだか、わからないんですけど・・・(笑)


何ですかねぇ??今、いきなり、さんまさんからのメールで「ヤマト面白いらしいなぁ~」っていう。これはなぜか、ワンピースのデコメが添付されてますねぇ。ふふふふふはははは。そうですねぇ。是非、さんまさんにも観て貰いたいですねぇ~。ヤマト・・・まだ誘ってないって言うよりも、あの人一番忙しい人だからねっ。「明日、暇っすか??時間ありません??」みたいな感じで、メール送らせて貰う事が多いんですけど、「あのなぁ~、俺、結構、売れてんねやっ」っていう、ふふふ、あのー、はははは、メールが返ってきます。はははは。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


「SPACE BATTLESHIP ヤマト」公開までに、プロモーションは・・・・(どうなの??どうなの??来てくれる??)TVゲストで、かなり出ると思います。(おーー、TVねっ。)この間、もうすでに、収録させて頂いたのが、「世界で一番受けたい授業」その日のうちに、あの学校閉めました。その収録中、番長って呼ばれてました。ふふははははは。あと、そうですねぇ、あれ、「世界ふしぎ発見」(おーー、世界ふしぎ発見にも出るの??)なんと、明日収録します。俺、スーパー仁君使っちゃうよぉ~。あとあのー、TV朝日系列、「お試しか」帰れまTENに参加します。(なんの帰れまTENだろう??めっちゃ食べたりする??)「世界ふしぎ発見」も「お試しか」も、俺、ホントとりに行くかんねっ。(頑張ってねぇ~)ふはははは。空気は読みませんとりに行きます。ふはははは。楽しみにみなさん、してて欲しいと思います。あっ、あのー、ごめんねっ。完成披露試写会に来てくれた人からのメッセージ、すげぇ~あんじゃん今日、全然読めなかったから、来週、連打で行く。連打。






よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/10/30

わたくし、後輩に、「普通」と言われた男、木村拓哉です。え??一体、なんの事を言ってるのかわかりませんか??あっ、そうかぁ~。スマスマ観てない人もいるもんねぇ~。いやっ、実はねぇ、この間の月曜に放送になったスマスマにねぇ、ジャニーズ事務所のV6というグループのねぇ、岡田君が、来てくれたんですよ。明日から、映画の「SP」が公開になるじゅないですか??そんなタイミングなんで、来てくれたわけなんですよ。ビストロのコーナーという事で、ウィームッシュって感じで、丹精込めて、料理を作って、もてなしたわけなんですよ。「もう一皿食べたい料理ぃ~」みたいな、ちょっと、わかり辛いオーダーだったんですけども、僕はですねぇ、小龍包を選んだわけなんですよ。小龍包って、一番、厨房で働いてるその料理人のクオリティーが求められる料理なんですって。一番腕が問われる料理なんですって・・・まあー、僕に、いつもビストロ、そうですねぇ、ここ16年、ずーっと、指導してくれてるサカイ先生と一緒に、個人戦になっても、僕、担当で、サカイ先生がやってくださっていて、「小龍包ってねぇ、これ、ホントにあのー、腕を問われる料理なんだけど、どう??」って言われて、「あー、おもしろいじゃないですか??そういう、ハードルの高さ、俺、好きっすよ。」って言って、やったんですよ。小龍包、俺も猫舌なんで、あんまり食べる機会ないんですけど、食べるにあたっての醍醐味と言われる、そのスープの出加減とか、そのスープの味ですよねっ。小龍包の皮の中に、何を詰めるかによって、めちゃくちゃ変わってくるらしくて、そのサジ加減もすっげぇ~、考えてやったんですよ。小龍包の皮自体も、すごく食べやすいものにしようという事で、素材も考えて、よしじゃあ、そこ、あえて、もう、高いハードルで、いってやろうと思って、小龍包作って、出したんですよ。そしたらねぇ、岡田君からの評価はですねぇ・・・・・・・・「普通」っていう、ふふふふふ【ゴーン】あはははは。(ふふふふふ)このワッツだから言うんですけど、僕ねぇ、「普通」っていう言葉が、好きじゃないんです。ふはははは。あえて、正直に言いますけど、「普通」って言われるぐらいだったら、「ダメ」って言われる方がいい僕は・・・言われたい逆に・・・このラジオを聴いてる、世の奥さん達はどう思いますかねぇ??これ・・・自分が作ったねぇ、料理を旦那さんが、「普通」っていう風に、表現したら・・・「YES」「NO」枕を毎日、「NO」にしてやりたくなるでしょそっから約―――、1カ月半ぐらいは、毎晩「NO」ですよねぇ(いやぁ~別にそれじゃなくても「NO」だし・・・(笑))俺が、もし奥さんだったら、貞操帯着けますよねぇ。【ゴーン】あー、そういう話はいいんですよねぇ脱線するなっていう。ごめんごめん。まあー、よりによって、同じ事務所の後輩がねぇ、「普通」と言ってくれて、まあー、居残りですよねぇ。居残りで皿洗いって言うねっ。ふふふはははは。一人で・・・


って事で、今日のオープニングは、こんなナンバーから・・・なんでこんな曲から始めんのか??って・・・それはほら、♪いーのこりだ♪って歌ってるからですよ。クインシー・ジョーンズ、1981年のヒット。


愛のコリーダ / クインシー・ジョーンズ


毎週スマスマを観てくれてる人は、もう気づいてると思いますが、ビストロはですねぇ、9月半ばの有吉君がゲストの回から、team制ではなくて、4人が、1対1対1対1で、争うようになってるんですよ。まあー、V6の岡田君がゲストに来てくれて、そのジャッジで、見事、最階位4位というねぇ、結果を頂きまして、居残って、皿洗いをさせて貰ったんですけど、またねぇー、微妙なのが、「あー撮る分は、撮れましたぁ~」って感じで、スタッフが、途中で皿洗い、「はい。以上でーす」みたいな感じで、止めるんですよ。こっちとしては、チキショーと思って、『だったら、洗ってやるよぉ~』と思って、真剣にごしごし洗ったわけなんですけど、「はい。以上でーす」みたいな明るい感じで、止めやがって、『何、途中で止めてんだよ洗ってんだから、放っとけよ帰りてえやつは、帰りゃいいだろ』みたいな感じに、ちょっと、なってしまい、僕は、最後まで洗いました。(おーーー、すげぇ~最後まで洗ったの??)ふふふははは


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


だから、たぶん、途中でパッとあのー、場面は終わったと思いますけど、僕あのー、最後まで洗いました。これさあー、今度、中居とかにもやってもらった方がいいんじゃないかな??あいつ、ほら、ずっと、司会ねぇ、やってるだけだから、このままだとこの、居残りの気分とか味わえないじゃんで、どう??こういう台詞を言って貰うっていう・・・「私は、最階位(貝)になりたい」【ゴーン】(え??????古っ)ふふふふはははは。ちょっと、ネタが古いかな??(うんうん。古いよぉ~(笑))

でもさあー、普通って言われたら、怒り湧いてくるよねぇふつうふつと・・・(あはははは)【ゴーン】っていう、ダジャレはいいですか?そうですか??東京FMをキーステーションに、全国38局ネットで、季節感にあわせたトークをお届けしているこのラジオ、「木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!」ふつうふつと怒りがってねっ今の寒さを表現するために言ったんですよ。先週ぐらいから、急に、寒くなってきて、え??何着たらいいんだろう??っていう風に、思う、思うでしょあくまでも季節感ですよ。これ・・・トークでも季節を感じて貰わないと、もったいないって言うかねぇ、世界にも珍しい、四季のある国ですからねっ。日本って言うのは・・・まあー、一応、僕も、考えて寒さを、お届けしようかなぁ~と思ったんですけど・・・ふふふふ。風邪はひかないでください。ふふふふふ(拓哉、風邪気味なのにぃ~(笑))ラジオの前もシラけて来てるんで、先へ進みます。


和歌山県 ○○ 18歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。この間の、キャプテンのヤマト一人試写会の話、面白かったです。キャプテンでも、『一人で観んの緊張すんなぁ~』なんて思うんですねっ。ちょっと親近感です。その時に誘った、人の名前の中に、ヘアメイクの金ちゃんが上がってましたねぇ。でも、ゴローさんの現場があるから・・・って言われて、断られたんですよねぇそれで疑問に思ったんですけど、金ちゃんって、キャプテン専属のヘアメイクさんではないんですか??ゴローさんとかSMAPみんなの担当なんですか??ちなみに金ちゃんの本名も知らないので、ワッツで金ちゃんについて教えてください。」


そうですねぇ~。このワッツの中では、幾度となく名前に上がっている(ん??名前に???名前が??)金ちゃんなんですけども、金田順子だから、俺は、金ちゃんってずっと呼んでんですよ。金田の金(カネ)が、きんなので、キンちゃんって、俺は、ずーーっと呼んでんですねっ。ヘアメイクを何年か前から、ずっと担当してくれてて、まあー、簡単に言えば、そうですねぇ、髪の毛をセットしたりとか、顔にぼつぼつがあったりとかしたら、隠してくれたりとか、する大変な人なんですよ。でも、まだ、キャリアで言ったら、10年とか、じゃないですかねぇあっ、6年なの??へぇ~~~。俺は、10年ぐらいあるんじゃないかな??っていう印象だったんですけど、そうなんですか??20代後半の女性なんですねぇ。普段はあのー、ヘアーサロンで働いてるんですよ。僕とのお仕事で言うと、スマスマのあのー、歌のコーナーとか、ライブとかでも、お世話になってますねぇ~。雑誌で言ったらあのー、Myoujyoでやらしてもらってます、解放区の時は、必ずキンちゃんですねぇ。あと、あのー、TV誌の取材だったりとか、この間も、一日、10社。映画雑誌とか、ヤマト関連で、取材を受けたんですよ。そん時も、全部、キンちゃんでしたねぇ。メッセージに、「キャプテン専属のヘアメイクさんじゃないんですか??」っていう部分あるじゃないですか??ここ、凄い微妙なところで、ゴローの普段メイクをしてくれてる、菊池君っていう人がいるんですよ。その菊池君が、(ふふふふ。拓哉の菊池君の言い方可愛い)働いてるサロンに勤めてるのがキンちゃんなんですよ。(ほおーー、菊池君と同じサロンなのねっ。)ほんで、菊池君が、(ふふふ。菊池君って言う度に、笑ってしまうんですけど・・・(笑))ゴローの現場に行けなかったから、キンちゃんが代行として、行ったんです。だから、「その日は、ゴローさんの現場に行かないといけないので、せっかく誘って貰ったんですけど、行けなくて、すいませんm(__)m」っていうメールが、返ってきたんですよ。「スマスマ」と言うか、そのSMAPに、今現在は、3っつのサロンから、ヘアメイクさんが来てるんですよ。菊池君のサロンから、菊池君とキンちゃんが、俺とゴローのところに来てくれたりしてるんですよ。ホントに勉強熱心だし、いろんなアイデアも出してくれるし、俺、基本あのー、どうでもいいんっすよ。髪・・・(え??どうでもいいの??)ふふはははは。ヘアメイクさんの話さして貰ってんのに、普段、どうでもいいんですよ。だから、キンちゃんにいっつも言われるんです「今日、どうしましょうか??」すごいノリノリな感じで、聴いて貰うんですけど、「う~~ん、お任せ・・・」ふふふふって、そればっかりなんですよねぇ。そうするとキンちゃんが「そうですねぇ~。今日衣装が、こういう感じですし、歌も、バラードっていう感じなので、ちょっとこういうアレンジどうですか??」って言われると、「それでお願いします。」こっちからの要求ないですねぇ。ある意味、すっごい俺、負担かけてんなぁ~って思うんですけど、キンちゃんに・・・それに、ちゃんと答えてくれる人なので、任せる事ができるなぁ~と思うんですよ。女の子なのに、腕の力半端ないんですよ。凄い小柄な女性なんですけど、「え??なんで、そんな腕力あんの??」って言ったら、「恥ずかしくも、高校の時に、フェンシングで、全国で3位になりまして・・」って言って、すっげえ~なぁ~とか思って、ホント、半端ないんですよ。軽くちょっと、頭やる前に、マッサージしてもいいですか??って言うから、「あー、お願いしま~す」とかって言うと、もうねぇ、へえーーーーってなるぐらいの、力で、ふふふ、なんかちょっと、こう朝の、早い撮影だったりとかすると、「イテテテ、おーーー、ワオーー」みたいな感じを、2-3分、やって頂いた後に、もう、一発で、目覚めますねぇ。ヘアメイクさんっていう風に、さっきから言っちゃってますけど、キンちゃんで言うなれば、ヘアメイクさんだけじゃ済まないですねぇ。ヘアメイクマッサージ担当って言っても、過言じゃないぐらい、のマッサージをしてくれます。

っていう事で、ここで1曲。映画「SEX AND THE CITY2」のサントラックから・・・


Empire State Of Mind(PartⅡ)Broken Down / アリシア・キーズ


僕のために、催してくれたという試写会、今回誘った中で、女性はキンちゃんだけだったんですけど、なんで、キンちゃんを誘ったかと言うと、自分が携わってる仕事に、キンちゃんすごい敏感に、アンテナをはってくれていて、だからねぇ、あのー、すっごい身近な視聴者なんですよねぇ。「俺、試写行くんだ」って言ったら、「めちゃくちゃ観たいでーす」とかって、言ってくれたから、きっと、このねぇ、先、そのー、いろんな雑誌のインタビューの現場でも、キンちゃんにお世話になるだろうし、観て貰おうかな??と思って、誘ったんですよ。まあー、でも、ねっ、ゴローの現場に行かなきゃいけないって事で、キンちゃんが来られなかったので、スマスマ制作陣から、男5人と、このワッツのディレクターくりりんの、計6人。結果、野郎だけですよ。(ふふふふ)正直むさいよねっふははは。お互いがお互いに、みんながむさい顔をしてたよねぇ

でもねぇ、ドラマとか映画ではキンちゃんと、一緒になった事はないですねぇ。なんかねぇ、ゴローは、「本当にあった怖い話」とかで、担当して貰ってるらしいんですけど、僕はそういうのはないですねぇ。ドラマの時は、ドラマのメイクさんに、お願いするし、まあー、映画になると、そのきっと、映画の現場のメイクさんがいらっしゃるだろうから、そのメイクさんにお願い「あー、どうも、初めまして、よろしくお願いしまーす」って感じで(え??初めまして・・の方もいるの??大変だよねぇ~気使わないのかな??)お世話になるんですけど、でも、フジテレビのドラマだと、近年で言うと、ウッチー(きゃははは、ウッチーと言われると、ドキドキする)こと、内野さんって言う、僕と同期のメイクさんなんですけど、ふふふふ、同期なんですよ。僕らが、あぶない少年っていう、あのー、TV東京の番組の参加させて貰った時に、ウッチーは新人として、TV東京の山田カツラで、働いてたんで、同期なんです。全くの・・・(でも、同じ年って事じゃないんだよねぇ)それを、時々、思い出して、お互いに言い合うと、現場があったかくなるんです。ふふふふ、あと、あのー、CMとか、ファッション雑誌の撮影とかだと、佐藤富田さんが多いですねっ。僕は・・・映像っぽいの??とかいう、なんかそういう、ジャンル分けではないんですけどねっ。ドラマの現場を、たくさん、経験して来てる人って言うのは、そのドラマの台本も、読みこんで、やってくれるし、佐藤富田さんなんかは、やっぱこう、ご自分でも、写真を撮られる人なので、撮影も、ヘアメイクも、富田さんっていう時ありますからねぇ。(すごーい。両方すんの??)フォトグラファーネームとして、ローズマリーっていう名前があるので、クレジット、紙面が発売される時に、クレジットで「Photo by ローズマリー」「ヘアーメイキャップ 佐藤富田」っていう時もあるし、それ同一人物なんですよ。写真も撮られる方なので、そう言った面に、関しては、その日のコーディネートにあった、今の自分にできる、おもしろいスタイリングをしてくれたりとか、富田さんの前に座ったら、もうそれこそ、お任せすねぇ。一回も要望言った事ない鏡見ないっすねぇ。どんな強風が吹いてる中での写真撮影でも、コマーシャル撮影でも、富田さんが観ててくれっから、大丈夫だろう??みたいな、ふははははははは。ほんで、キンちゃんの時も見ない。ウッチーの時も、見ない。鏡観るのは、「痛ってぇ~」っつって、目に何か入ったっていう時だけ。(ふふふふ)マジで・・・あと、時々、ウッチーに言われるふふふふ、すげぇ~小声で言われんだけど、「拓哉さん拓哉さん、左の鼻の穴」って言われた時に、「マジで??」とかっつって、ふふふ、こうやって観て、「あっホントだぁ~」とかっつって、チョキンって切る時とか・・・(ふふふふ。拓哉がそんな事をバラしちゃっていいの??(笑))鼻毛は切らせたくないし、メイクさんに・・・そこは自己処理でしょやっぱ・・・あと、目に入ったゴミも、「すいません。取って貰っていいですか??」っておかしいでしょ(でも、どうしても取れない時ってあるよねぇ~)ふふふふ。だから、それは、自己処理で、鏡を観てやる事は、ありますけど、髪型とかそういう事に関しては、ないっすねっ。この間も、現場で、超―――爆笑だったんだけど、ウッチーに、「ちょっと、ごめん。ウッチー。痛ってぇ~。目になんか入ったぁ~鏡見してもらっていい??」っつって、あのー、ふふふふ、珍しく言ったんですよ。ウッチーに・・・そしたら、ウッチーが、「えーーっと、えーーー、あれ??あれ??あー、あった。でも、これしかない」って言って、出された鏡が、ふふふふはははは、あの、何っつっうの??腕時計のレンズぐらいのちっちゃーーい手鏡「ごめん。拓哉さん。これしかない。だって、普段見ないじゃん」とか言われて、ふふふふ、そのすっげぇ~ちっちゃい鏡で、目ん玉こんなひん剥いて、どのゴミだ??痛てぇ~の??とか思って、そんなの観てましたねぇ。それぐらい僕、使わないですよ。それは、みなさんがいてくれるお陰だと思いますし、みなさんに感謝したいと思います。

感謝します。って言ったところで、まあーこの曲に行くしかないですねぇこの曲の頃の僕はねぇ、髪、超――長くてねぇ、「女かよ」ってよく言われました。ヘアメイクさんに・・・SMAP、1995年のシングルですねぇ。まあー、よく顔射してって言いましたねぇ~。こん時ねぇ~。怒られたねぇ~(笑)


KANSHAして / SMAP


さて、今度の月曜日、11月の1日は、「SPACE BATTLESHIPヤマト」のプレミア試写会です月曜日に、国際フォーラムでお会いしたいと思います。(私も会いたいよぉ~)どういい格好で行こうかな??髪型??髪型はお任せだもん。だって・・・ふふふふふ。プレミア試写会もキンちゃんです。だから、そん時に、キンちゃんヤマト観れんのかな??と思ったんですけど、やる事がいっぱいあるらしくて、なんか、無理みたいですねぇ。僕らが、挨拶しに出させて頂くタイミングが、観た後らしいっすふふふふはは。だから、みんなが本編を、楽しんでる間は、あのー、集合写真とか、撮らなきゃいけないので、キンちゃん的には、(一番忙しいんだあ~)おお忙しい。ふふふははは。また、たぶん観られないんじゃないかな??と思うんですよねぇ。


今日は、ヘアメイクさんの話をたくさんしたので、ここで、ヤマトのヘアメイクさんに触れておきますと、宮内みちよさんというねぇ方で、僕ねぇ、宮内みちよさんの、師匠、お師匠さんとは、昔、映画で一緒にやらして頂いてて、で、その師匠から、僕の噂はかねがね聴いてましたよ。みたいな感じで、すごいやりやすかったっすねぇ。職人気質な方で、女性なんですけど、古代進が、船内にいる時とかは、これぐらいのテカリは、身体動かした後だからいいんじゃないですかねぇ??みたいな感じで、わざと演出として、美術からのプロデュースとして、テカリを残してくれたりだとか、いろいろこう、考えた上で、やって下さって、ヘルメットをかぶるsceneとかあるんですよ。戦闘機乗ったりとかするので、ヘルメットかぶると、前髪が、どれぐらい出てるとか、みちよさんの中で、こだわりがあって、俺は適当に被るんですよ。ガーッっつって、そうすっと、みちよさんが「おいおいおいおい」みたいな感じで、「ちょっと、ちょっと、ちょっと、古代さん??」みたいな感じで、呼びとめられて、「え???」っつって、こう振り向くと、「うーーーーーん、もう一回」っていう、あのー、もう一回をよく出されましたねぇ。「なんで??」とか言うと、「うーん、前髪が・・・観えない。」って言われて、「マジっすか??」って言って、「はーい。」っつって、またこう、ヘルメットはずして、よーし、じゃあ今度は、ちょっと、みちよさんからOK貰おうみたいな感じで、俺も気をつけて、こう、被ってみて、ほら、どうだ??みたいな感じで観ると、「もう一回」って言って、ふふふふ、シビアにやって貰いましたねぇ~。まあー、そんなところも、お楽しみにして欲しいと思います。


11月1日月曜日の、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」プレミア試写会に参加してくれた方は、観終わった瞬間に、観たてホヤホヤの、熱いメッセージを、ぶつけてくれて結構です。どんなものでも、受け止めたいと思いますので、正直に届けてくれていいんですけど、「普通」って言うのだけは、やめてください。あのー、僕、個人的に、「普通」はもう、間に合ってるんで、ふふははははは。間に合ってます。まあー、特に、ヤマト観た後に、「普通」はヤバいかな??俺、たぶんねぇ、2週間ぐらいいなくなると思う。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


ちなみに、僕がやらして貰った、古代進君なんですけど、割りと最初、血だらけです。ふふふははははは。そのねぇ、血の加減とかねぇ、「これぐらい口ん中にも、血を含ませましょう」とか、みちよさん、超―――考えてましたからねぇ。それ、全部みちよさんの仕事ですから・・・みちよさんねぇ、僕の目玉まで、メイクしてくれてますからねっ。目玉。






よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。