さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/8/20

いやぁ~、昨日から、福岡公演ですよっ。SMAPの全国ツアー「We are SMAP!ツアー2010」が、ただいま、福岡中です。そんな、今日のワッツですが、まずはこんなメッセージからいきたいと思います。

北海道 ○○ 20歳大学生「キャプテン、WHAT’S UP!一体北海道ライブの話は、いつしてくれるんですか??毎週ワッツを聴いて待ってるんですよぉ~。ちなみに、私は、北海道の2日目に参加しましたぁ~。懐かしい曲やってくれてありがとでしたぁ~。」


そうだねぇ~。北海道の話、いつしようか??と思ってたら、福岡始まっちゃったねっ。福岡はまだ、明日、明後日と残ってるんで、今日福岡の話をしちゃうのもなんだから、今日のワッツは、福岡ライブの最中なのに、札幌ライブの裏話をたっぷり話しちゃいますスペシャルまず、一つ目の裏話として、これは、1日目のMCでも、言わして貰ったんですが、北海道のねっ、当日の朝まで、僕ら、リハーサルをしてたんですよ。前ノリさせて頂きまして、16時ぐらいに札幌ドームについて、リハやってって、気付いたら、夜の11時ぐらいだったんですよ。ちょっと待てよと・・・いろいろリハをやったけど、まだ衣装着て通してねえんじゃねぇって事になり、(え???夜の11時から??)で、現地で・・・って言うか、衣装がなかったから、これ、衣装着ないで、本番、明日やんの、ヤバくねぇって事になり、そこでまた、ふと気付いたんですけど、今回、ふふふふふ、3時間半以上ねぇ俺ら・・・今から、スタートして、通したら、これ、4時ぐらいじゃねぇふふふふ、マジで・・・でもねぇ、スタッフも、全部協力してくれて、やったんですけど、だから、北海道初日の当日は、寝たのはですねぇ、結局、7時頃かな??さっきまで、札幌ドームのステージの上で、耳にイヤモニブッ込んで、身体動かしてたから、頭ガンガン冴えてるんですよ。ヤッベェ~寝れねえなぁ~って思いながら、10時半ぐらいには会場入ったんじゃないかな??(寝れてないよっ)寝た瞬間に起きた??みたいな感じ・・・ふふふふふかな??(え???大丈夫??)札幌の街に出られたのは、初日が終わった後に、やっとでしたねっ。

ライブ・・・と言えば、この人達、11月に、来日公演しますねっ。去年プロモーション来日の時、スマスマで、僕、一緒に歌わせて貰いましたけども、あの時、スタジオで、彼らを紹介する時に、この歌の題名のフレーズを使わせて貰いました。そんな、思い出の曲です。1992年のヒット。


Keep The Faith / Bon Jovi


今回のねぇ、SMAPライブのリハ??一番最初はねぇ、あのー、矢沢永吉さんのスタジオでやったんですけど、まあー、矢沢さんが経営してるっていう事もあって、そのスタジオに、矢沢さんちゃんといらっしゃるらしいんですよ。コンサートスタッフが、「何スタなんですけど、コーヒーお願いしたいので、よろしくお願いしまーす。」って言ったら、ふふふ、なんと、矢沢永吉さん本人が「ここ、置いとくんで、よろしく」みたいな感じで、(え??ご本人がコーヒー持ってきてくれるの???)置いてったっていうのを聴いて、それ、凄くないっすか??矢沢さんがコーヒー持ってきてくれたんっすか??みたいな、そんなスタジオでねっ、リハやらして貰いましたねっ。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


今度、もし、あのスタジオに行けたとしたら、俺、まずコーヒーをお願いしようかな??と思ってます。ふふふふふ。俺、会えなかったんっすよ


ただいま、福岡公演まっただ中の僕、木村拓哉なのに、なぜか、今日の企画は、札幌ライブの裏話をたっぷり話しちゃいますスペシャル北海道のライブ初日、これが、ツアー全体の初日だったんですけども、当日起きて、会場に入って、リハをやっとくべきポイントが、やっぱ、結構あったので、最終のリハをやって、ギリギリの部分とか、上がるはずのステージが上がらなかったり、下りるはずのステージがおりなかったり、結構、あったんですよ。だから、実際にギリギリまで、リハーサルができてよかったんですけども、本番はねぇ、やった甲斐がありましたねぇ。リハーサル。ほんで、まあー、最後のリハーサルが終わってから、本番までっていうのは、もう、なんか臨戦態勢というか、1時間前ぐらいになってきたとこぐらいで、あっ、そろそろちょっと、やっといた方がいいなっていう感じで、テーピングをトレーナーの人に、足にやってもらったりとかして、あの瞬間がたまんないんっすよねぇ。あのー、衣装teamが、コスチュームteamが、オープニングの衣装を、楽屋に、ガラガラガラガラ~って、ラックで持ってくる瞬間があるんですけど、あん時、ちょっと緊張しますねっ。ふふふふ。で、気分盛り上がってるから、一回、衣装着ちゃったりとかするんですけど、(ふふふ。可愛い)サウンドクルーが、「木村さん、まだ、イヤモニしてないっすよ」ってツッコマれて、「あっ、そうだよねっ。ごめんごめんm(__)m」って言って、着こんだ衣装を、もう一回脱いで、イヤモニを最終的に、一番内っ側に着けて、その上から衣装を、着て、今回、あのーちょっとですねぇ、独特な演出をやらせて頂いてるんで、ちょっと早めに、バンドメンバーと、ダンサーメンバーと、みんなで、気合い入れをさせて貰って、あの気合い入れは、ちょっと、気合い入りましたねっ。「オリヤぁ~」って感じになりましたねっ。勝どきをあげると言うか、まだ、勝つか負けるかわかんないんですけど、ぜってぇ~勝ちにいくぞみたいな感じで、アクセル踏み過ぎて、ヤベぇ~喉いったかもしんねぇ~とか、ふふふふ、本番前なのに、ヤッべぇ~今、結構やったなぁ~みたいな感じで、それぐらいの声出しましたね。で、セット裏に、移動する時にはもう、結構MAX来たぞ来たぞ来たぞっていうところで、もう、もうあれですよねっ、後戻りいかない感じ、「オープニング映像5分前です」っていう言葉が、バーーンと入ってきて、3分前になって、1分前ってなった時に、襟元に下がってたイヤモニをグッグッと、耳にブチ込んで、オーディエンスマイクっていうのが、会場に設置されてて、会場の声がねぇ、俺のイヤモニから、鼓膜に直に伝わってくるわけですよ。なんか、いろいろみんながこう、ガヤガヤガヤガヤいろんな事を話して、いろんな気持ちでいるって言うのが、鼓膜に直に伝わってくんの。よっしゃぁ~~みたいな感じで、いったるぞぉ~~みたいな感じの時に、客電がボーーーンと落ちて、ウワァーーーーーっていう、その、オーディエンスの・・・・ステージに出る前までが、すっげぇ~~なんか、バクバクしてたんだけど、ステージに出てって、「そうそうこれこれ・・・」って感じありましたねっ。ふふふふ。「そうそうそうこれこれ」って思ったら、すごい落ち着いたの覚えてますねっ。人が集まった時の、生み出すものっていうのがあるんですよ。確実的に・・・その力って、やっぱ凄くて、「できっかな??できっかな??いけっかな??」みたいな感じはあったんだけど、正直・・・これ無理なんじゃないかな??っていう、動きだったりとか、本番はできるんですよねっ。あんなに足あがんのおかしいよっていうぐらいに、あがったりとか、なんだこれ??っていう、ふふふふふははは。本番の魔法ですねっ。
では、ここで、今回のアルバムで、僕のソロナンバーを作ってくれた、敏腕音楽プロデューサー、デビットフォスターの作品を聴いて貰いましょう。1984年のヒットです。


Through The Fire / チャカ・カーン


デビットフォスターさんも、この秋に、来日するんですよねぇヤバいなぁ~俺、見つからないようにしないとなっ(ふふふふふ)ふふふふふははは。なんと、来日コンサートは、16年ぶり。そんなデビットフォスターが作ってくれた、今回の僕のソロ曲もですねぇ、北海道初日で、初めて、みなさんの前で、披露しました。気持ちよかったっすねぇ。楽しかったし・・・まあー、他のナンバーでもそうなんですけど、うちらメンバーとも、一緒にやってて思う事なんですけど、やっぱ、こう、ステージ、自分以外の存在が、凄く笑顔で楽しそうにやってくれてるのを見たりとかすると、より一層上がりますねっ。気持ちが・・・凄かったよ。初日終わった後の、俺らの盛り上がり・・・ダンサーのメンバーも、ハイタッチで迎えてくれて、振付けとか担当してくれた、テツハルなんかも、なんか、イエィイェーイみたいな感じで、ホントにだから、partyの後の、partyみたいな感じでしたねっ。スタンドインで、俺らに、振り写しをしてくれた、team??まあー、僕担当は、おけい姉さんなんですけど、みんなもう、ワンワン泣いちゃってて、感極まる感じぃ~みたいな、ホント感じでしたよっ。


そんな、札幌の初日、つまりは、今回のツアー全体の初日を終えて、その日はですねぇ、夜、寿司喰いました。寿司。すすきのにあるお寿司屋さんで、前から、お世話になってるところがあるんですけど、スマスマのスタッフ??が、来てくれてて、「お寿司屋さんもうすでに座って食べてるらしいよっ。ゴローお前どうする??」って言ったら「じゃあ、行きたい」って話になって、みんな、どうすんのかな??と思ったんですよ。そしたらなんか、結局、そのお寿司屋さんに行ったの、俺と、ゴローだけで、メンバー的には・・・ホント美味かったっすねぇ。腹もむちゃくちゃ減ってたんで、本番前ねぇ、喰おうと思ったんだけど、前の日もさあー、寝てないし、緊張もあるし、俺ねぇ、本番前に、お腹に入れてたのねって、スマスマのスタッフがねぇ、納豆の差し入れをしてくれたんですよ。その納豆を、そばに乗せて喰って、その後なんにも喰えなくて、ヤベェ本番じゃんなんか、腹に入れとかないと、これ本番もたねぇなぁと思って、で、楽屋にあった、バナナ。だから、初日は、朝から、本番を迎える前までは、納豆そばとバナナ1本。(え???それだけ???)で、本番を、思いっきりやって、身体に残ってるカロリーゼロじゃんって感じにふふふなって、ヤッベェ~これ、喰わねえと、ホント、ルフィーじゃねえけど、何もできねぇ、みたいな感じになっちゃって、で、寿司屋行って、スマスマのスタッフに、ライブの感想とかは、いいです。みたいな、とりあえず、喰わしてくださいって感じで、ホントに・・・スタッフはみんな、なんか、いやぁ~、今回はねぇ~、みたいな・・・木村さんのソロも、ゴローさんのソロも、・・・みたいな感じで、こう、話す気満々で、みんな前に、前体重になって、いてくれるんですけど、はっきり僕言いまして「ちょっと、俺、喰うんで、ふふふふ、みんなの気持ちブッチ切っていいっすか??」って言ったら、大爆笑してくれて、感想とか一切聞かず、受け付けず、ふふふふ、ゴローも腹減ってたから、二人でとにかく喰って、ある程度ふふふ、お腹が満たされた時に、みんなこっち見てるなんですか??みたいな。話をしたら、みんな、うわぁーーーーーって感じで、感想だったりとか言ってくれて、夜遅くまでいましたねぇ~。寝てなかったのにねぇ、結構、え??何時ぐらいまでいたっけ??2時???ふふふふふ、(え???そんな遅くまで???)2時まで??すんなり、寝れましたねぇ。やっぱ、前の日寝てなかったんで、パックリ落ちました。ふふふふふははは。パックリ喰った後は、パックリ落ちましたねっ。で、二日目も、午前中に会場に入って、無事に終える事ができたんですけど、そんな北海道ライブで、目立っていたお客さんと言えば、結構、いろんな人いましたねぇ~。お姉さまチックな??女の人が、僕が近づいてくとあのー、迷彩柄のブラジャーでねぇ、水着じゃないんですよ。だから・・・(水着じゃないのわかるの??)あなたは、その位置から僕に、何をしかけてるんですか??それ、ブラっすよねぇ??歌ってる最中なんで、「それ、ブラッすよねぇ」とは、言えないんですけど、フフフフフフフ、歌いながらも、「それ、ブラッすよねぇ」っていう、人もいましたねぇ。二日目・・・でねぇ、あの、ノリにノリまくっちゃった、女子二人組がですねぇ、何をあいつら、話してんのかな??って思ったら、「どうする??イク??イク??しちゃおっか??」みたいな感じで、バーーーンみたいな・・・見事に4パイ(ははははははは)ふふふふふははは。4パイは初日。(すげぇ~~(笑))

では、ここで、先週このワッツで話題になった、このナンバー行きましょう。「後半、子供が英語で歌ってるコーラスの歌詞が、歌詞カードに載っていないので、教えてください」っていう、メッセージが凄く多かったですねぇ。その歌詞、調べがつきましたので、この後、お伝えします。爆笑問題の太田光さんが作詞、久石譲さん作曲。


We are SMAP! / SMAP


子供が、英語で歌ってくれてる、この英語のコーラス。この部分はですねぇ、ビクターさんによると、歌詞カードにはなくて、レコーディングの現場で、その流れで、作られたらしいんですよ。一体、なんて歌ってるのかと言うと、発表しますねっ。口で言うので、知りたかったみなさんは、書き取ってください。いきます。「The sky is connected with the world sine and counter sine we are SMAP!」この繰り返しになってます。(どういう意味だ??)「The sky is connected with the world sine and counter sine we are SMAP!」まあー、間に、「Here we are」って入ったりしますけども、基本は、この繰り返しです。「タンタンサイ」ってふふふふ、「タンタンサイ」って、ふふふふ、聴こえる部分はなんて言ってるんですか??っていう質問が、多いんですけども、ふふふふ、これ面白いですねぇ「タンタンサイン」ってねぇ。ふふふふ「タンタンサイン」って聴こえる部分は、「counter sine」ですねっ。じゃあ、その部分だけ、もう一回聞いて貰いましょうか♪~~~~♪「Here we are」入ってますねっ。♪~~~~~♪「counter sine we are SMAP!」ですねっ。いかがでしょうかモヤモヤは晴れて、スッキリしましたでしょうかこれで歌いたい人は、ライブで、声を合わせて歌えると・・・いいねぇ~、親切なラジオってねっ。ビクターさん脅して、調べさせただけですけどねっ。


ライブが終わった瞬間に、僕のその日のミスを送るのは、辞めろとは言いませんが、少しは気を使ってくれてもいいんですよ。4時間近くあるライブですからねぇ。少しくらいは、なんか、こう、起きるもんですよ。起きるだろ逆ギレしちゃいけませんねっ。あっ、こういう風に言えばいいんだ。ミスがあった方が、会場が盛り上がったりするから、演出です。(ふふふふふふ)より盛り上がって欲しいから、いろいろねぇ、やってんだよこっちだって・・・【ゴーン】(ふふふふ)あっ、逆ギレんなっちゃいましたねっ。すいませんm(__)m


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


最後にさあー、一言ちょっと、言わして貰ってよろしいでしょうかステージ上から見てて、「おいおい危ねえよ」って、あのー、思ってしまうsceneに出くわす事があるんですよ。自分の席から、ワーーーって離れて、メンバーの方に走ってきちゃったりするとねぇ、前の人がねぇ、つぶされそうになってたりしててねぇ、そういう風に、なってしまった場合、残念なんですけど、それ以上、僕らも近づく事ができなくなっちゃうんですよ。近づいたら、余計に危なくなるじゃないですか??火に油をそそぐ的な??感じになってしまうので、そういう場所からは、スーーーって感じで離れます。スーーーって離れます。後ねぇ、ワッツ海賊団に、ゴミは持ち帰ろうよって、言うねぇ、書き込みが結構あるんですけど、「ゴミと危険は、partyにはねぇ、いりません







ツイッター始めました。よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/8/13

13日の金曜日ですねぇ。そうですねっ。(いいとも風に・・・)怖い話をしてもいいかな??いいともって事で、今夜、まず、こんなメッセージをご紹介させてください。


東京都 ○○ 15歳高校生「SMAPのニューシングル「This is Love」買いました。曲はかっこいいし、ジャケットはSMAPの写真だし、最高です。私は、初回限定盤のSBversionを買いました。なんとなく、気分で、それを選んでしまいました。でも、気付いてしまった事があるんです。それは、私が買ったのではない、初回限定の、SSversionという方には、そのCDにしか入っていない曲があったんです。衝撃でした。キャプテンワッツで、SSversionにしか入っていない曲、「secret summer」を聴かせてください。本当は買いたいんですけど、限定盤なので、来月のおこづかいまでに、売り切れてしまうかもしれないじゃないですか??本当に、本当に、お願いします。」


怖いですねぇ~。怖いメッセージですねぇ~。キャーーーー、って、これ、ふざけてちゃいけませんねっ。今回ですねぇ、シングルを3種類のパッケージとして、出しちゃって、ごめんなさいm(__)mそうだよねっ。小学生も、中学生も、高校生も、おこづかい中のさあー、人達っていうのはさあー、その中から、使い道をいろいろ考えて「どうしようかな??うーーーん、まあー、来月まで、頑張って・・・」とか、いろいろやりくりして、くれた上で、CDを買ってくれるわけだから、一度にさあー、3種類もこう、出してたら、どうしよう??って事んなりますよねっ。SMAPの今回のニューシングル「This is Love」はですねぇ、通常盤以外に、2種類の初回限定盤、SBversionとSSversionって言うのが、出たんですよねっ。まあー、通常盤っていうのは、普通のシングルで、「This is Love」と、カップリングに「グラマラス」っていう、小室哲哉さんが作ってくれた曲が、入ってるんですけども、限定盤ですよっ、限定っていう言葉がねぇ、うちのウルトラマネージャー、大好きで、その限定盤のSBversionっていうやつには、その2曲に加えて、「Love&peace inside?」っていう曲とですねぇ、その映像が入ってんですよ。その「Love&peace inside?」っていうのは、曲としては、7月に発売されたアルバムにも入ってるものですから、もし、アルバムを手に入れていれば、聴く事ができてたわけなんですよ。それに対して、もう一方の限定盤、SSversionっていうやつは、通常盤の2曲に加えて「secret summer」っていう曲とですねぇ、「This is Love」の映像が入ってますねっ。で、この「secret summer」がくせもんで、これがねぇ、アルバムにも入ってないんですよ。このSSversionっていうCDを手に入れなければ、聴けないという、これ、売り切れたら、もう、消滅ですよねっ。存在が・・・中高生、そして、もっともっと下の小学生とかには、これはねぇ、酷ですよっ。おこづかいなくなっちゃうでしょだって・・・だからねぇ、あえて言います。ワッツのこの場ではいいますねっ。正直に、僕言います。無理してねぇ、買わなくていいです。ホントに・・・(あはははは。言っちゃったよぉ~(笑))だって、今日、俺、かけるから・・・「secret summer」(おーーーー、太っ腹ぁ~~)今ねっ、ビクターの人が、サブで、「お前、なんて事言ってくれるんだ??」っていう顔してますけど、いろいろ考えて、限定盤を作りましょうとか、やってるのは、わかります。いやっ、わかるけど、俺が、そのCDを「あっ、欲しいなぁ~」って思ってる人だったら、嫌だもん。正直・・・嫌でしょあはははは、だって・・・なんで、限定にすんの??ってい風に思うもんだ、俺は、どちらかと言うと、みんな寄りだから、ワッツで、この「secret summer」を聴いて、あっ、これ買おっかな??とか、これはいいっか??って判断して貰えれば、それでいいんじゃないかな??と俺は思うんで、かけます。しかも、フルコーラス、流します。ふふふふふふ。ねっ(おおーーーー、すげぇ~~~)


では、早速、先程から話題になってるですねぇ、SMAPのニューシングル「This is Love」の、初回限定盤の、SSversionにだけ入ってるというねっ、アルバムにも入ってないんですよ。フルコーラスで流すって言ったでしょって、よくさあー、ラジオ番組って、イントロに乗っかって、曲紹介とかするじゃないですか??ひょっとしたら、俺の声、とかコメントが邪魔になるじゃんイントロから、曲、フルコーラス、綺麗に聴いて貰いたいんで、この曲に限っては・・・イントロにこう、俺のコメント乗せません。いいですか??じゃあ、みなさん、おこづかいを、大事に使っている、みんなに贈ります。SMAPで、せーの、「secret summer」(この曲いいよねぇ~夏らしくて・・・)


secret summer / SMAP


(すげぇ~~~綺麗に、最後まで流れたぁ~~、トーク短くなっちゃったよっ)これが、初回限定盤SSversionにしか入ってない、カップリング曲の、「secret summer」って言うねっ。今回の、ツアーでも、いい感じのところでねぇ、やるんですけども、どうですかねぇ??ちょっと、ふと思ったんだけどさあー、○○ちゃんってさあー、SBversionしか買えなかったわけだから、通常盤の特典の方も、手に入れられてないって事ですよねっ。通常盤の初回プレス分特典っていうのがあって、うちらメンバーの着信メッセージがダウンロードできるんですよ。(おーー、これは私も手に入れたないんだよぉ~)どんな内容かをここで言ってしまうのは、ちょっとねぇ、そちらを購入してくれた人に、申し訳ないので、やめておこうかな??と思うんですけども、きっと、○○は、そのメッセージは、ダウンロードできてないと思うので、僕がですねぇ、ここで、オリジナルの着信メッセージを、プレゼントします。急いで、録音の準備を・・・・(おーーー、嬉しい録音はもうしてあるよん♪)


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


どうですか??録音の準備はいいですかねぇ??○○・・・いきますよ。「電話がなってるよぉ~。電話が鳴ってるよぉ~」丁寧に言うと「お電話がなってるよぉ~」(ん???危なくなってきたぁ~~(笑))もっと丁寧に言うと、「お電話が、お鳴ってるよっ」(おいおい(笑))これどうですか??着信メッセージ【ゴーン】あっ、ダメだなっ。これ、たまたま交番の前で、携帯がなっちゃったら、ちょっと、捕まるよねっ。ごめん。これねぇ、使用禁止にします。もし、使ったら、僕が逮捕します。(キャーーー、拓哉が逮捕してくれるなら、使うぅ~~~)まあー、今日1曲目から、超―――フルコーラスで流しちゃったんで、トーク短いかもしんねぇなっ。これ・・・掛け過ぎたねっ。曲ねっ。CD3種類発売と併せて、そちらも、ごめんなさいm(__)m


先程から話してますが、今回のニューシングル「This is Love」はですねぇ、ご迷惑に、3種類のパッケージが、発売されましたねっ。通常盤っていう、普通の以外にも、初回限定版が2種類、SSversionとSBversionって言うのがあって、その初回限定版には、おのおのDVDが、付いていて、映像が観られるんですねぇ。そんなDVDの映像について「撮影裏話をしてください。」っていう、メッセージが結構、来てるんで、そんな話をしてみたいと思うんですが、もう、買って頂いた方には、裏話を楽しんで貰えると思うし、おこづかいの都合で、全部買えてない中高生なんかには、この話を聴いて、見なくても、この話でいいっか??みたいな、感じになって頂ければなあ~と思いますねっ。観た気分になっちゃえばさあー、いいじゃん買わなくて・・・ふふふふふ。だって、大事だよっ。お金って・・・限りあるからねっ。(うんうん。ごもっともですが・・・)っていう事で、まずは、SSversionに付いているDVDの方からいきましょうか??こちらに付いてるのはですねぇ、ニューシングル「This is Love」の、まっ、PVっつってもねぇ、PVまではいかないんですけども、(あれって、PVじゃないの??)的な、映像ですねっ。的な映像です。だから、そんなに観なくても、ふふふ、いいんじゃないかな??っていう、まっ、見てくれた方は、もしかしたら、気付いたかもしれませんが、映像が、始まってすぐのところに「This is Love/SMAP」ってところの下に、SMAP×SMAPリミックスってなんか、書いてなかった??別にねっ、曲としてのリミックスではないんですけど、なんで、そんな一行が載っているのかと言うと、あの映像は、スマスマスタッフが、スマスマのスタジオで、撮影してくれたっていうものだからですねっ。ズバリ言いますと、撮影場所はですねぇ、湾スタです。(そうだと思ったぁ~(笑))フジテレビの・・・・湾岸スタジオのいろーんなところを使って、撮ったと・・・スマスマの内輪のスタッフが、自分ちで撮ったみたいな、凄いお手軽な、PV的な、映像です。僕が歌ってた屋上とかねぇ、湾スタの屋上ですから。そこで、なんとですよ、ここをねぇ、よーく聴いてほしいんですけど、PVの撮影ってなると、ものすごい、デカイスピーカーで、大音量で、曲を流して、シューティングをするんですけど、今回のこのねぇ、撮影に関してはねぇ、凄いよっ。なんとですよっ、手のひら二つ分ぐらいのラジカセを使って、CDをですねぇ、曲を流して、スタッフが、一応、スマスマのADさんが、こう持ってくれて、カメラに写らないところで、音を流してくれてるんですけど、動きもあったんですよ。僕いろいろと・・・そしたら、ADさんも動かないといけないじゃないですか??ADさんが動くと、ラジカセがあまりにも軽量で、ちっちゃいもんだから・・・・・・CDが飛ぶわけですよっ。(あはははははは)そうするとねっ、ははははは、音が止まるわけですよ。(すげぇ~、アナログぅ~(笑))飛ぶ度に、あーーー、もう一回かぁ~って感じで、やりましたねぇ。うちら5人が、並んでダンスレッスンしてる風な??映像もあったと思うけど、あれはねぇ、フジテレビのリハ室ですねっ。いつもあのスマスマの振付けをしてる部屋です。PV用のリハーサルではなく、リアルにうちらが、収録用のリハーサルをしてたら、そこをスタッフが撮ってたって言うねぇ、知り合いが撮ってる、盗撮です。ふふふふふふ(あははははは)では、ここで、こちら、Softbankの、CMソングになってます。


Love&peace inside? / SMAP


続いては、「This is Love」初回限定盤、SBversionに付いてる、DVDの裏話行きましょうかねぇこれ、SBversionにはこちら、「Love&peace inside?」マッキーが、作ってくれた楽曲のPV的な映像が付いてますねっ。こちらは、スマスマスタッフの撮影ではなく、東北新社制作で、谷口さんって言うねぇ、「どうも、おはようございます。」って言うねぇ、人がいるんですけど、昔っから、お世話になってる人で、結構、物事はっきり言う人でねぇ、「あの映画は見なくていいです。」とかねぇ、はっきり言うんですよ。僕に・・・怖いんですよねっ。だから・・・僕の映画とかを、他で、どういう風に言ってるのか、全然わからない人なんですけど、「REDLINE」とかの制作をしてくれた人ですねっ。東北新社制作で、公園でSMAPの5人が、グローブジャングルで、遊んでる風な映像がメインになってますよねっ。あの地球みたいな形の、回るジャングルジムみたいなやつねっ。グローブジャングルって・・・Softbankのコマーシャルでも、映ってると思うんですけども、基本的に、その、Softbankのコマーシャルを制作した、時の、オフショットみたいな感じの映像が多いんじゃないですかねぇ??この曲自体が、Softbankさんの、コマーシャルと連動してますからねっ。「Love&peace inside?」の、後半の方にですねぇ、ちょっと、珍しい映像が、あったと思うんですけども、(え??何々??)あっ、でも、これは、みんなにとっては、珍しいって感じでもないのかな??僕にとっては、結構、レアな感じだったんですけども、何の事を言ってるのかと言いますと、SMAPの5人が並んで、(あーーー)ラーメンを食べてる映像のところですねっ。うちら5人が、一緒に並んで、屋台でラーメン食べてるって言うのは、僕の記憶にある限り、すっごい前じゃないですかねぇ??恐ろしく前だと思いますよ。まあー、でも、あの映像??みんなどっかで見た事ないっすか??うちらSoftbankのコマーシャルでも、ラーメン食べてますよねっ。だ、あれねぇ、「Love&peace inside?」のPV的な映像の部分は、Softbankの撮影の、おこぼれみたいな感じだと思いますよ。いかがですかねぇ??こんな話を聴いて、まだ、DVDを見てない方の方も、見た気分になれたんじゃないですかねぇ??で、今日のワッツを聴いてねっ、もし、おこづかいを大切にしようと、そういう気分になったんだったら、その大事なおこづかいはですねぇ、ちゃんと、とっといて、水着とか、チューブトップとか、買う資金にあてて頂ければなぁ~と思いますよっ。それを着て、ライブ会場で盛り上がってくれると、楽しいと・・・ふふふふふ。ねっ


みなさん、知ってました??小室さんって、今までジャニーズのタレントに、曲書いた事がなかったって、凄くないSMAP初なんですって・・・今回、7月発売のアルバムと、8月発売のシングルのカップリングと、2曲もうちらSMAPのために作ってくれたんですけども、そんな小室さんなんですが、今度月曜放送になります、スマスマに来てくれました。で、いろんな話をして、その後、なんとですねぇ、グラマラスをですねぇ、一緒に収録させて頂きました。いやぁ~そん時のねぇ、シンセサイザーのこう、機材に囲まれてる、小室さんって、来たって感じしましたねっ。来たよぉ~~TKみたいなっ。いろいろ、その歌収録の最中に、小室さんに、ダベリな感じで、お話したんですけど、「ぶっちゃけ、小室さんって、もう、鍵盤大好きっすか??」って話をしたら、「うーん、やっぱり好きだねぇ~」って言って、で、でも、その鍵盤っていう事よりかは、シンセサイザーっていう、そのシステムが、もうたまんないって言ってましたねっ。「じゃあ、あれっすか??小室さん、あのー、この辺、ピカピカ光ってるパイロットランプとか、もう、この赤いピカピカたまんないっすか??」って言ったら、「たまんないねぇ~」って言ってましたねっ。ふふふはははははは。僕にとっての、ビキニとか、チューブトップみたいな、それぐらい、だから、小室さんは、シンセサイザーが好きなんですねっ。おもしろくない「どうっすか??このピカピカとかたまんないっすか??」って言ったら、「たまんないねっ」って、言いながら、弾いてたよ。何か・・・月曜のスマスマで、チェックして欲しいと思います。

今日は、ここまで、「This is Love」のカップリングばかり、かけて来たんで、ここではこれ行きましょう通常盤にも、初回限定盤のSSversionにも、SBversionにも、すべてに収録されてますねっ。小室哲哉さんが作ってくれました。


グラマラス / SMAP


今、海賊団って言った瞬間に、ちょっと思い出したましたけども、(え??何々??ワンピース??出たよねぇ~~)59巻楽しみですねぇ~。僕、持ってるんですけど、まだ、読んでないんですよねぇ~。ためてるんです。


「SMAPのニューアルバムに入ってる曲「We are SMAP」の子供が歌ってる、コーラスの英語の歌詞、教えてください。歌詞カードに載ってないんです。」っていう、えー、メッセージは、いりませんすでに、ビクターさんに調べさせてますんで・・・


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


これ、「We are SMAP」の、子供のコーラスの歌詞さあー、さっき、ビクターさんに聴いたらさあー、それ、ビクターでも、わからないんですよって言いやがったんですよっ。ビクターで作ってるにも関わらず、わからないはねえだろって思うんですけども、これ、なん、なんで、わかんないの??調べさせます



テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/8/6

大変遅くなってすみませんm(__)m



いやぁ~~~~~札幌のライブ盛り上がりましたねぇ~。この間の土曜日、7月の31日から、僕らSMAPの全国ツアー「We are SMAP!ツアー2010」がスタートしましたぁ~()1年振りのライブっていう事でねぇ、僕自身が、もちろん、僕らだけではなく、客席のみんなも凄かったっすね~。盛り上がり過ぎだよっていう感じでねぇ、YOU達信じられないよっていう感じで、ステージの上からも見える、みんなの笑顔とか表情を観てるとねぇ、去年できなくて、申し訳なかったなぁ~っていう、正直そんな気分になりましたねぇ~。(うんうん。ありがとう♪その分、今年はやっちゃってぇ~)さあーー、そんな札幌のライブの裏話、早速、喋りま――す。と、いきたいところなんですが、こころのところ、こんなメッセージが、このワッツに大量に来てるので、まず、読みますねっ。


静岡家の(え???)静岡家じゃねえ、静岡県 ○○ 19歳大学生「なんで、キャプテンは、ワッツで、「月の恋人」の打ち上げ話してくれないんですか??ずっと、楽しみに待ってるのに・・もしかして、打ち上げ盛り上がらなかったんですか??「月の恋人」打ち上げの真相をお願いします。」


そうなんですよねぇ~。実は、このワッツでドラマ「月の恋人」の打ち上げ話って、全然してなかったですねっ。今日、スタジオに来て、このメッセージを読んで、気付きました。全くスルーしてましたねっ、打ち上げ話を・・・「もしかして、打ち上げ盛り上がらなかったんですか??」なんて書かれてますけども、これ、ちょっと、悔しいっすねぇ~。○○、ちょっと待って~みたいな・・・team「月の恋人」を代表して、僕が真実をお伝えさせて頂きますとですねぇ、「月の恋人」の打ち上げは、実は・・・・・・・・・これまでのドラマで、一番って言って過言ではないほど、素敵な打ち上げでした。期待してくれてたみんなにはですねぇ、ちょっと申し訳ないんですけども、札幌ドーム裏話は、次回以降に、まあー、近いうちにさせて頂くという事で、今日は、こっちをやらせて下さい。話すのが遅くなっちゃって、ごめんねっm(__)m「月の恋人」打ち上げ話スペシャル早速、裏話、一つ目。今回の、「月の恋人」の打ち上げで、次々に出演者が挨拶をしたんですが、こんな事初めてなんですけど、ポスターに写ってる5人いるじゃないですか??全員、ウルッちゃいました全員という事は、僕も入ってんですけど、何でだろうねぇ??ふふふ。


って事で、今日は、「月の恋人」の主題歌から、聴いて貰いましょう。実はねぇ、打ち上げには、この人も来てくれたんですよぉ~。


Love Rain~恋の雨~/ 久保田利伸


今回の「月の恋人」の打ち上げなんですが、実はですねぇ、2次会までしかなかったんですよぉ~。普通、ドラマの打ち上げって言うと、3次会とか、4次会みたいなところまで、続いて、うわーー、もう朝だよぜ~みたいな、事んなるんですけども、今回は、2次会まで・・・じゃあ、意外と早く終わっちゃったの??って思うでしょ違うんですよ。それが・・・「月の恋人」の打ち上げはですねぇ、これまでのものとは、ホントにちょっと一味違いまして、なんと2次会までしかやらなかったのに、終わったのは、朝の5時過ぎですよ。(え???2次会で、朝までやってたの???)2次会で、朝の5時って、おかしくないっすか??(おかしいぃ~(笑))もう2次会を、1.2.3.4.5.6.7.8時間ぐらいやってたって事になりますねっ。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


普通さあー、夜遅くなってくるとさあー、人が減ってくじゃん「この辺で、失礼させて頂きます。ホントに今回、ありがとうございました」って言って、人が減ってくのを見て、「え??何時??今・・・」って感じで、時計を見る機会があると思うんですけど、今回、それがなかったから、マジで、時計を見なかったんですよ。お店の方が「そろそろ・・・」っていう話になって、そん時に時計を、初めてみたら、5時を過ぎてたんですねぇ~。1次会が何時から始まったのかと言うと、6時半です。ふふふふふははは。


そんな、「月の恋人」の打ち上げなんですが、1次会の会場はですねぇ、ドラマの中で、蓮介が定宿にしていた、シャングリラホテルさんで、やらして貰ったんですよ。これ、ゾクッとしたんですけど、前までは撮影で、「お邪魔しまーす」みたいな、感じで、入らして貰ってたんですけど、打ち上げに行ったんですよ。そしたら、なんとですよぉ、ホテルの人が、一言「おかえりなさいませ」って言ってくれたんですよ。俺、そん時に、鳥肌立っちゃって、ホテルマンさんが、「葉月蓮介さんとして、定宿にして頂いてたホテルなので、「おかえりなさいませ」という気持ちで、今日は、スタンバイしております」って言ってくれて、そっからもう、なんかジーーーンときちゃって、ほんで、まあー、打ち上げ恒例の、打ち上げでしか見られない、NG集「月の恋人」名場面、珍場面、みたいなスタッフが作ってくれてて、キャナイが作ってくれて、これ、言ってなかったっけ??ワッツで・・・ツグツグのBirthdayドッキリ。(え??言ってないよぉ~)言ってないっけ??ツグツグが、最終回の撮影に、ちょっと遅れて来たんですよ。現場に・・・で、少々、現場の、ちょっとこうねっ、撮影が滞ったりしちゃったんですよ。その日がたまたま、ツグツグの、本当の誕生日だったらしくて、スタッフもタイミングを見計らって、Birthdayケーキをバーーンと出して、誕生日をお祝いしようみたいな空気になってたんですけど、あいつ来た時、気まずいよなぁ~って話になって、これ、ドッキリやんねぇって話をして、ふふふふはは、いやっ、全然怒ってないですよっ。マネージャーさんが連絡がつかないって言ってっから、俺、ホント、心配になっちゃって、なんかあったらやだなぁ~と思って、怒ってないんだけど、全然・・・ドッキリしたら、まあー、これは、funnyになるかな??みたいな、現場の空気が一気に、元に戻るなぁ~と思って、ドッキリやらして貰ったんですよ。全スタッフ、西谷監督まで、協力した上で・・・それがですねぇ、もうーー、大成功に終わりまして、ツグツグこと、浜田学君が、現場に到着して、撮影を始めたんですけども、それはホントの撮影ではなくて、撮影のフリをしてたんですねっ。撮影手順として、まず、ドライってやるじゃないですか??そのドライをやる時にじゃあ、ドッキリ仕掛けようって事で、一回ドライをやったわけですよ。普通に・・・「じゃあ、もう一回返しまーす。」って、あのーー、大抵、西谷監督が返すんで、2回目返すってなった時に、僕が、まず、仕掛け人として、口火を切って、「2回目返すのはいいんですけど、その前に、ツグオお前、全スタッフに言う事あんだろう??(あくまで、ドッキリでねっ!?)って言ったら、すぐに彼が、被ってる帽子をはずして「ホント、すいませんでしたm(__)m自分が遅刻したせいで、みなさんにご迷惑をおかけしてすみませんでした。」っつって、それに対して、僕が、まだ引っ張って、「ゆうべだって、スタッフ、2時ぐらいまで、やってんだよ。撮影・・・それでも、朝、みんなこうやって集まって、撮影してんだよ」彼を追い込むわけですよ。そこに、涼子が「なんで、そう言う事言うの??自分はないわけ??今まで、そう言う事、一度も・・・」みたいな事をいい、もう、最悪の空気になるわけですよ。「こんな空気じゃ、ドライも撮影もできねえから、一回、ちょっと、休憩入れようぜ」とかっつって、僕が言いだして、西谷監督は「いやあー、ちょっと、もう一回だけ返そうよ」とか言うんだけど、「やってらんねぇ~」みたいな感じで、俺が、そのセットから出てくわけですよ。柚月の別荘の作業場のセットだったんですけど…俺と真絵美が、俺と真絵美って言うのも変ですねっ、蓮介と真絵美が、作業場で、こう、口論をするsceneがあったじゃないですか??「うっせー、うっせー、お前、何年やってんだよ。一緒に・・・」みたいな。「短パンなんかアイデアねぇ??」みたいな感じのsceneあったじゃないですか?あそこです。ほんで、俺が、「もう、やってらんねぇ」みたいな感じで、セットから出てくと、それを、また、涼子が、追っかけてくるわけですよ。「ちょっと、待ちなよ」みたいな感じで・・・ほんで、セットの裏で、わざと聴こえるように「なんだよさっきからよぉ~うっせぇーんだよっ」とかって言うと、涼子が「もう、やってらんない」とかっつって、「私帰ります」みたいな感じで、超―――大声で叫ぶわけですよ。もう、最悪の空気なの。なんだけど、俺が、あのー、手書きで書いた、ドッキリ大成功っていうプラカードの裏に、そのプラカードひっくり返すと、「Birthdayツグツグ」って言う、看板を手に持ちながら、二人で・・・・・・・・・イェーーーーイっつって、肩組んで出てって、(あははははは、もう、ツグツグ、それまで、ドキドキだよぉ~)ふふふふふははは。ドッキリ大成功って、ツグツグに見せたら、ツグツグが、「もう、勘弁して下さいよぉ~」みたいな、感じで、ふふふふふ、で、その模様を、スタッフに言っておいたんで、全部収録してあるわけですよ。で、そのドッキリを編集されたものを、1次会のそのNG集と一緒に、見て、超―――――盛り上がって、その、VTRをこう、見た後に、各出演者が壇上に呼ばれて、挨拶っていう形になったんですけども・・・・ホントに予想もしなかった北川景子ちゃんの涙で始まり、チェリーなんかは、もう、打ち上げのVTR見てる時からもう、涙してて、で、挨拶も涙で終わり、その次、翔太が呼ばれて、翔太も目、真っ赤にして、こう、話してくれて、で、涼子も、凄く温っかい挨拶してくれて、最後、じゃあ、お願いします。って言われたんで、自分も、壇上に上がって挨拶したんですけど、話してるうちに、だんだん何かねぇ、あのー、一緒に過ごしてきた時間っていうのが、ザーーーーっと頭ん中に、いろんな映像が流れてきて、挨拶してる最中は、なんか、俺も、なんとか持ち堪えたんですけど、「みなさんには、現場部隊、そして編集部隊には、あのー、感謝してます。ありがとうございました。」って言って、頭を下げたんですけど、頭を下げた瞬間にもうーー、堪えられなくなってきて、あーーー、もう、ヤバいヤバいって感じになったんで、そのまんま、もう、マイク、フッて置いて、すぐに自分の席に戻った瞬間に、涼子が、「これ、早く拭いて」みたいな感じで、こう渡してくれて、それで、おさまったかな??みたいな感じですねっ。まあー、こんな打ち上げでしたからねぇ、ホント、忘れられないものんなりましたねぇ~。っていう事で、ここで、こんな感動の裏話に、ピッタリの曲を聴いて貰おうと思うんですけども、ここのところ、ワッツで恒例の、デビットフォスタープロデュースのナンバーです。ナタリー・コールと、ナット・キング・コールのデュエットです。ホントねぇ、そんな感じの打ち上げでしたねっ。


アンフォゲッタブル /ナタリー・コール&ナット・キング・コール


2次会はねぇ、シャングリラホテルから移動して、結婚式の2次会とかで使われる感じの??ホールでしたねっ。結構広い場所で、今回ねぇ、あのー、スタッフが、練りに練っていたという出し物が、めちゃくちゃあって、もうイベントを越してましたねっ。ホントに・・・オープニング何から始まったと思う??・・・・・・・・「この方達に来て頂きましょう。どうぞ・・・」って言って、♪~~♪矢島美容室の格好をした、スタッフが出て来て、ネバダから来ましたっていう歌あるじゃないですか?替え歌を、全部その「月の恋人」のドラマの撮影現場の、こうモチーフにした替え歌を、それを見事に振り付きで(すげぇ~~。ドラマ撮影中に考えてたんだねぇ~(笑))そっから始まって、オーーーーっと思ったら、ずーーーーっと、出し物でしたよっ。(え????そんなに???)

ビックリした。あと、あれ、あれ、なんて言うの??あのー、女の子たちで、割りと下ネタ系で、盛り上げる「あっ、ソレソレソレソレ♪」とかって言うやつ。あやまんjapanって言うんだっけ??♪~~~~♪あれを、ふふふ、ADさんとか、ウッチーの助手をやってくれてた、マッスー。マッスーがよかったなぁ~。マッスー。ヤバかったねっ。もう、笑うどころじゃないんですよ。あれは、見せたいなぁ~みんなに・・・・あと、急に、無表情で、いろんなセクションから、の人が、スタッフが参加して、みんなリコーダーを持ってるわけですよ。小学校で、使ったような・・・15人ぐらいで、moon riverっていう曲あるじゃないですか??たて笛で演奏するんですよ。ふふふふふふはははは。みんなで・・・はははははは。それを、ホントに、無表情でみんなやって、無表情のままはけてくんですよ。みんな・・・凄いシュールでしょかと思ったら、いきなり、ジャガジャガジャガジャガ♪っつっ言って、あのー、ギャツビーのテーマに、のって、俺と同じような格好して出て来て、俺の物まねなのかな??と思ったら、そうではなくて、なぞかけ??「整いました」Wコロンで・・・それも、あのー、全部ドラマの撮影現場ネタ??盛り上がりましたよぉ~。みんな・・・・1次会で、顔を出してくれた、久保田の兄貴がいるわけですよ。2次会の会場に・・・実はですねぇ、シャングリラホテルの1次会で、もうすでに、この「Love rain」主題歌をですねぇ、兄貴は一回歌ってくれてるわけです。それは段取りとしてやってくれたんですけども、まあー、アンコールをですねぇ、僕が筆頭になって、やったらですねぇ、しょうがねえなぁ~って事で、歌ってくれたわけです。で、「Love rain」が、終わりました。「いやぁ~なぁ~、ホントにみなさまお疲れ様でした。」みたいな感じで、ステージを下りようとしたから、「いやっ、兄貴ちょっと待ってください。実は久保田利伸さんが、もうあのー、自分の中で、みんなの前で歌うっていう事は、封印した1曲があるんですけども、その曲を是非、封印の扉を、ふたを開けて欲しいなぁ~と思います。ホントにみなさん、心して聴いてください。「missing」」イントロ出しちゃって、そしたら、兄貴が、「マジかよぉ~。よしやったる」みたいな感じで、ふふふふふふ、本域で歌ってくれました。封印してんですよ。なんだけど、歌ってくれて・・・泣いてる人いましたよ。女の子とか泣いてましたよ。三人ぐらい・・・ほんで、「missing」が終わり、~~♪フェイクで終わって、そしたら、あのー、久保田兄貴の粋な計らいで、「せっかくの二次会が、ちょっと、湿っぽくなっちゃったんで、上げて、僕はこのステージから下りたいと思います。」って言って、♪~~~~♪自らですねぇ、もう一曲「La La La Love Song」を、いってくれました。その「La La La Love Song」に関しては、僕も参加させて貰って、二人で歌わせて頂いて、凄いでしょこの、イベント・・・時間、気付かないのわかるでしょそんでですよ、それが終わって、ワーーーーって盛り上がったと思ったら、翔太がですねえ「俺もいきますよ」みたいな感じで、火点けたばっかりのタバコをこう、指にはさんだまま、彼がその日してきたレイバンをフッてかけたわけですよ。なんだこれ??って思ったら、なんと、優作さんの歌をですねえ、熱唱して、ウオーーーーーっつって、また盛り上がり、そんで、その後、スタッフが、また入れるわけですよ。SMAPのナンバーとかを・・・で、自分も上がって、スタッフが好きな曲で、「オレンジ」とか歌ったりとかして、その流れで「夜空のムコウ」になり、で、「夜空のムコウ」気持ちよく歌いたいなぁ~と思って、まだ、会場にいた、兄貴とまた目があったんですよ。で、ふふふふ、余ってるマイクを、一本、フッて差し出したら、タッタッタッタッて来てくれて、「夜空のムコウ」をまた二人で歌って、久保田の兄貴に関しては、打ち上げに来てくれたっていうより、ギャラを払ってもいいんじゃないか??っていう、ぐらいの、内容をですねぇ、その場に残してってくれましたねぇ。ずーーーっとそんな感じですよ。だ、気付いたら5時。うん。次の日早かったねっ。スマスマでしたねっ。いやっ、全然ダメでした。サザエさん一家を相手に料理作ってんだけど、なんかドックンドックンしちゃってて、(え??大丈夫??)ふふふふふふふ。ダメだったもう・・・・ホント、これぞ、愛って感じの、集いでしたねっ。マジで・・・SMAPのニューシングルを聴いて貰いましょう。


This is Love/ SMAP


まあー、打ち上げのその2次会で、話をスタッフともさせて貰ったんですけども、カメラマンの河村アキさんがですねぇ、実は、まだ、うちらが、スニャップだった時に、取材のインタビューのVTRを撮りに行ってたっていうのを、話してくれて、ひどかったらしいですねぇ~。昔のSMAP・・・レポーターがねぇ、質問をしたら、6人一気に答えるんですって・・・だから、あのー、カメラが寄れないんですって・・・「どいつの顔を撮っていいのかわかんないんだよぉ~」っていう風に、アキさんが言ってましたねっ。あとねぇ、あのー、凄い印象的だったのが、スタジオ収録の時に、カメラが6台7台あるじゃないですか??で、そのー、カメラの映像を、スイッチングと言いまして、パンパンパンパンって、ボタンを押して、いろんなアングルからの映像を選択してくれる人がいるんですけど、浅野さんって言って、もともとカメラマンで、僕あのー、渋スタに行ってる時なんかはよく、撮影をしてくれていた人だったんですけども、最終回の撮影になって、あまりにもそのー、スケジュールがタイトな中??撮影しなきゃならないってなった時に、カメラマンのその、人数、足らなくなるじゃないですか??急遽、そのスイッチャーをやっていた、浅野さんが助っ人で撮影をしてくれていたんですけど、打ち上げのその2次会の席で、「これは、いい事、いいって言ったら変な話かもしれないんだけど、こういうスケジュールになってしまったから、自分がもう一回カメラのファインダーを覗く事ができたし、木村君の事を撮影ができて、すげぇ~嬉しかったっす」っていう風に言ってくれて、そん時もまた、感動しちゃいましたねぇ~。今回、ホントに大変だったけど、凄い楽しかったなぁ~ってみんなが言ってくれて、team「月の恋人」には感謝したいですねっ。


ただいまですねぇ、この番組のサイトでは、うちワングランプリという企画をやってます。SMAPのparty会場と言えば、うちわがつきものですが、自作で凄いのを作ってくれる人がねぇ、ホントいるんですよ。そんな、自慢の画像を、このワッツに送って下さい。あなたの力作を全世界に自慢して欲しいと思います。抽選で、SMAPの新曲グッズか、ニューアルバムグッズをプレゼントします。ビクターさん今、作ってる最中なんですけど、大量にゲットしておきます。ちょっと、怖い顔をしてですねぇ、まあー、奪い取る形に近いんですけども、50名ぐらいはいきたいかな??と思っています。


はい、と言う事で木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


今日、メールが来ました。翔太から・・・「波乗り行く事があったら、いつでもスタンバってますんで、連絡ください」っていう。ふふふふふふ。ははははは。あー、早く行きてぇ~。万が一、翔太が、黒くなってるような事があったら、たぶん、それ海です。ふふふふふ。






ツイッター始めました。よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


拍手お礼
08/13 18:19 Kさんへ
コメントありがとうございます。
お返事がないので、こちらにも・・・
読んで、ビックリしましたぁ~。
ここでは、なかなかお話しにくいですし、お役に立てると思いますので、パソコンならこちらメール頂くか、ここに同じように、シークレットでコメントして頂いて、アドレスを載せてもらえれば、こちらから連絡します。

連絡お待ちしております。


テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2010/7/30

埼玉県 ○○ 18歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。「月の恋人」が終わっちゃって、寂しいなぁ~と思っていたら、キャプテン、秋に、「REDLINE」って、アニメ映画の声優をやるんですねっ。この話って、ワッツでしてくれてないですよねぇなんでしてくれないんですか??「REDLINE」の話も聴きたいでーす」


っていう、メッセージが来てますが、そう言えば、全く触れてなかったですねぇ「REDLINE」の話・・・ワクワクしますよっ。車自体がですねぇ、今現在走っている四輪ではなく、エアーカーっていうのに、変わってしまったですねぇ、未来のお話。まあー、とにかく未来なんですよっ。そんな時代に、四輪に、拘り続ける一人の男がいまして、JPっていうやつなんですけども、そのJPというキャラクターを、僕が今回、やらして頂きまして、宇宙最高峰のレースと言われる、まあー、いろいろねぇ、イエローラインとかいろいろあるんですよ。レベルがいろいろあるんですけども、そん中で、一番ヤバいと言われるレースがREDLINE。そのJPがREDLINEっていう、その最高峰のレースに召集されて、そこでいろんな事が起こっていくという、これは、激しいアフレコでしたねっ。「レースの最中のシーンは、木村さんの喉が心配なので、これは、最後にまわさしてください。」って言われるぐらい、強烈な、ホントに・・・劇場では、今後??10月から、上映されると思うんですけども、その上映されるであろう、完成品というか、映像はですねぇ、僕、もうすでに、見させて貰ったんですけど、何と、CGを使わずに、すべて、手描きでアニメーションを作りあげたという。やっぱねぇ、気持ちが込められてるというか、後ろの背景、めちゃくちゃ細かいんですけど、あれ、全部手描きでやってんだっていうねぇ、手描き感が伝わってくるんですよねっ。もう5回以上見たんじゃないかな??(もう、そんなに見たの??)蒼ゆうちゃんが素晴らしいです。ヒロイン役で出てくるんですけど、もう、蒼ゆうちゃんのねぇ、声やられちゃいますよっ。たまんないです。

では、まず1曲。夏っぽく、こんなナンバーから行きましょう。


Got To Be Real / シェリル・リン


アニメ映画「REDLINE」原作はですねぇ、なんと、あの石井克人さんなんですねっ。僕がやらして頂きました、FMVのCMをずーーーっと、担当してくれてた人なんですけども、古くはですねぇ、我々SMAP、「Fly」っていう曲の、PVも監督してくれましたし、結構前だけど、「世にも奇妙な物語」の僕がやらして貰った「ブラックルーム」っていうお話では、自ら脚本も書いて、監督もしてくれてましたねっ。こんな事をねぇ、自分のラジオで、言うのもちょっと照れくさいんですが、石井克人さんは、大好きな監督の一人ですねっ。独特なボキャブラリーもあるし、お笑いのねぇ、センスが気持ちいいんですよねっ。「ブラックルーム」の時なんて、もう、秀逸でしたよっ。あれ変な話だけど、今見ても、面白いからねっ。DVDになってると思うんで、是非是非、チェックしてください。(面白いよねぇ~。うちの息子が大好きなんだっ(笑))あれはねぇ、ホントに面白いです(笑)


はい。という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


絵が凄くねぇ、上手で、いっつもあのー、CMの絵コンテなんかも、石井さんが自分でイラストを書いて、演技指導を受けなくても、その絵コントのイラストを見るだけで、テンションとかすごくわかるんですよっ。こういうテンションなんだろうなぁ~って・・・凄い分かりやすい、漫画チックな、イラストが描かれてて、いっつもそれを見ながら、アクションはこういう感じなのかな??って感じで、こう、やるんですけど、そうすっと、石井監督が現場で、「いいですねぇ~、いいですねぇ~、いいですねぇ~。じゃあもう一回お願いします」っていう、いいですねぇ~、なんだけど、もう一回なんだぁ~みたいななんだけど、いい感じにねぇ、自分らをねぇ誘導してくれるんですよねぇ。常に笑顔だし、うっうっうっうっうっ(引き笑い)って、笑って「いいですねぇ~、いいですねぇ~、いいですねぇ~。じゃあもう一回お願いします」って言って、楽しくやらして貰うんですけども、元々は、CMディレクターが本業だったらしいんですけども、多才過ぎて、映画とか、ドラマとか、いろんな事をやってる人ですねぇ。そんな彼が、今回は、アニメ映画の原作という事で、僕がですねぇ、まだ、FMVのCMをやらして頂いてた頃に、撮影に行ったんですよ。「ちょっと今、時間いいっすか??」って言われて、何だろうなぁ~??と思ったら、「REDLINE」のトレーラーみたいなものを見せてくれたんですよ。「何これ??かっけぇじゃん」みたいな。「これ、何っすか??」って言ったら「実は、ずーーーーっと作ってる、アニメの映画なんですけど・・・」って言われて・・・・・・・・・そっからスタートした話なんですよねっ。


東京FMをキーステーションに、全国38局ネットで、お送りしてます「木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!」北海道のみんなも聴いてくれてるかな??いよいよ、明日スタートですねっ。札幌ドームで、SMAPのライブツアーが、スタートします。「We are SMAP!ツアー」SMAPのライブはですねぇ、毎回オープニングで、みんなを驚かせる演出をさせて貰ってるんですけども、今回も期待してください。楽しいです。今回も楽しいです。僕、個人的に言わせて頂くと、ソロのナンバーも、是非、一緒に楽しんでほしいなぁ~と思うんですけども、何と言ってもですねぇ、あのデビットフォスターさんっていうねぇ、プロデューサーが作ってくれた曲なので、驚きなんですよ。まあー、幾度となく、この番組で、僕のソロ曲なんですが、デビットフォスターさんが作ってくれたんです。って話して来たんですけども、そしたらあのー、正直なところ、「そんな凄いの??」っていう、声が、届いてるんですよ。特に、中学生、高校生みたいな、若いリスナーが、そういうリアクションを送ってくれてるんですけども、ちょっと残念な気持ちになる僕なので、今日は、ここでですねぇ、そのデビットフォスターさんが、どれぐらい凄い人なのかを、今一度、勉強していこうではないか・・・と、これを知って、頂いておくと、明日からのライブで、僕のソロパートもちょっと、見方が変わってくるんじゃないかな??と、思うので、デビットフォスターをマスターしちゃってください。

デビットフォスターさんって言うのはですねぇ、カナダ出身の音楽プロデューサーで、ホント、たくさんの名曲を世に送り出してきた人なんですねぇ~。年齢的には、60歳を超えてる方なので、活躍のピークは、80年代ぐらいだったんですけども、そのねぇ、活躍っぷりっつうのは、半端ないっすねっ。なんと、グラミー賞を15回とってます。この間あのー、スマスマの黒木サイコーに、聴いたんですけど、ほら、黒木サイコーってさあー、毎年、毎年さあー、グラミー賞見に行ってるじゃないですか??おもしろい光景を目にしたらしいんですけども、ポールマッカートニーが会場に入って来たらしいんですよ。そうすとる、すべてのアーティストがポールマッカートニーに、立って、挨拶をするんですって。そのポールマッカートニーが、唯一、立って挨拶をした人がいるらしいんですよ。その人が、ポールマッカートニーの後ろに座っていた、デビットフォスターらしいです。(すげぇ~)あははははははははは。ちょっと、凄さわかるでしょそんな人なの。映画音楽も多く手掛けてるんで、アカデミー賞とか、何度もノミネートされてますねっ。今、あのー、バックで流れてるのは、映画「セント・エルモスファイヤー」の、テーマなんですが、こちらも、デビットフォスターが作ってるんです。曲を聴いてくれたら、リスナーのみんなも、ラジオの前で、あーー、この曲もデビットフォスターだったの??って思って貰えると思うので、ここで、何曲か紹介しましょうか。♪~~~~~~♪どうですか??今、ちょっと、イントロ聴いて、ゾクっとした人いるんじゃないですか??シカゴの「素直になれなくて」、1982年のヒットなんですけども、これ、もう、シカゴなんて、時代遅れだろう??って、みんなに言われちゃってた、このバンドを、見事にこの1曲で、復活させたと言う、デビットフォスターが作った曲ですねぇ。俺の、中学の、英語の先生、中川先生が、英語の授業が始まる前に、この歌詞を配って、これを聴いた後に、英語の授業をやったっていうぐらいの、名曲ですねぇ。ちょっと、じゃあ、次は、新し目なんですが、ビックリどころでいきましょうか??こちら・・・♪~~~~~~~~♪1995年のマイケルジャクソンのナンバー「アースソング」こちらは、マイケルジャクソンの作詞作曲ですが、プロデュースは、マイケル本人と、デビットフォスターが、共同でやったんですよねっ。このレコーディングの時に、マイケルジャクソンのスタジオに行ったら、そこの卓の上になんと、6メートルぐらいのヘビがいて、思わずデビットフォスターは、近づけなかったらしいんですけども、これにも関わってんですよねぇ~。あと、あのー、実はですねぇ、さっき、オープニングでかけたこの曲もそうなんです。♪~~~~~~♪ディスコクラシックの名曲ですねぇ。1978年のこのナンバーも、デビットフォスターの作品という事で、シレーーーーっと、先程、オープニングで、僕は、かけていたんですねぇ。シレーっとかけといたんですねぇ。どうですか??みなさん。♪~~~~~♪今バックで流れてきたこの曲、先日、ワッツで紹介しましたけども、EW&Fの「After The Love Has Gone」がデビットフォスターが初めて、グラミー賞をとった曲ですねっ。1979年の事だったんですけども、いやぁ~~~、これ、名曲です。では、続いてこちら・・・・♪~~~~~~~♪(え???これも???えーーーーー、鳥肌ぁ~~~)♪~~~~~~~~~~♪1992年の映画「ボディーガード」のサントラで、大ヒットした、ホイットニー・ヒューストンで、「I Will Always Love You」この曲はカバーで、曲を作ったのは、彼ではないし、選曲したのも、その「ボディーガード」の主演のケビンコスナ―なんですけども、この大ヒットしたサントラをプロデュースしたのが、また、あのおっちゃんなんですよねっ。デビットフォスター。まあー、映画のシーンでも、すっごい重要なsceneに、いいsceneで、流して、で、この曲を、歌って、わかってくれるのは、彼だけじゃないか??という事で、歌う彼女が、自分のボディーガードをしてくれているケビンコスナ―だけに、歌う、名曲なんですけど、(そうそう、いいsceneなんだよねぇ~)あの映画自体が、この曲がないと、成立してないもんねっ。サビの、まあー、この後、まだまだ、後半に、あのー、盛り上がる瞬間があるんですけど、あの瞬間ですよねぇ。やっぱねぇ(そうそう)映画の、クライマックスが、ここです。きますよ。みなさん・・・・♪~~~~~~~~~♪(何度聴いてもいいよねえ~)キターーーーーーーーこんなアレンジ、普通無理ですよ。あんなカントリーの歌から・・・元々、この「I Will Always Love You」って言うのは、オリジナルは、カントリーのナンバーですからねっ。そのナンバーを、こんなアレンジにして、ホイットニー・ヒューストンに、「これ、歌って」っていう、おじちゃんです。何なんだろうね??デビットフォスターって・・・口説ける曲ばっかり考えてる人ですよねぇ。そんな口説きたいのかな??「シカゴ」もそうですけど、これ普通口説かれちゃうでしょっていう、そういう音楽ばっかですよねぇ。こんな超―――有名、音楽プロデューサーのデビットフォスターですからねぇ。(ホント、凄い人に書いてもらったよねぇ~)聴こえてくる逸話が凄いですねっ。まあー、ひとつ、凄いのをお伝えしますと、デビットフォスターが、スティービーワンダーとは、仕事をした事がないらしいんですよ。それには、ある訳がありまして、ある時、スティービーワンダーに会ったんだそうです。で、スティービーワンダーに聴かれたんだそうです。「僕の今回の新作、聴いてくれたかい??で、どう思った??」って・・・そのスティービーからの問いへのデビットフォスターの答えが・・・・・・・・「今回の、アルバムは、ダメだよ。僕と組めば、もっといいアルバムできるのに・・・」って言ったらしいです。まあー、デビットフォスターの方が、年上ではあるんですけど、そん事を言っちゃったせいか、彼のところに、スティービーからのオファーは、未だにないそうです。ちなみに、今回の僕のソロ曲なんですが、このデビットフォスターさんの作品だっていう事をですねえ、あの久保田利伸兄貴に、報告したら、久保田利伸兄貴が、一回飲んでた飲み物をテーブルに置きました。ふふふふふふふふ。「ん???」って言いました。「今、何っつった??デビットフォスター????すげぇ~なぁ~、SMAPって、何でも手に入んだなぁ~」って言われました。


ついに、ライブが明日からなんですけども、前日っていうことで、僕のソロコーナーの話をいち早く、お話しちゃおうかなぁ~と思っております。僕のソロ曲なんですが、今回何度も言わせて貰ってますけども、デビットフォスターさんの作品でですねぇ、素晴らしいバラードなんですけども、ここで、ホントに、ここだけの話をしてしまいますと、デビットフォスターから送られてきた曲なんですが、実は、最初っから、最後まで、綺麗なバラードで終わってたんですけど、日本で、ライブ用に、曲の途中から、ビート入れちゃいました。ホント、オリジナルの、バージョンでは、そうではなかったんですけども、バラードはライブで、まあー、やった事もあるんですけども、今回の、この「We are SMAP!」で、ツアーでねっ、素敵なダンサーの仲間とかも、たくさんいるし、途中から、ふふ、リズムを入れちゃわないと、踊れないし、入れちゃおっか??っていう感じで、まあー、スタッフがねっ、アレンジしちゃったっていう、感じふふふふなんですけど、少々、少々と言うかねっ、ふふふふ、ライブでは、別物になってますねっ。はい。みなさんこれ、絶対に、デビットフォスターには、言わないで下さい。ねっ。内緒です。まあー、ライブで盛り上がったらいいなぁ~っていう風に思って、変えちゃったんで、内緒で、ライブで、盛り上がりたいなっと思います。その成果も、ありまして、今回の僕のソロなんですが、バラード、あーー、始まったなぁ~と思ったら、その後ですねぇ、ありえないぐらい、踊ります。あははははははは。パフォーマンスさせて頂きます。一緒に、やってくれるダンサーのみんなと、両膝が真っ青になるぐらいまで、リハーサルを重ねてきましたので、デビットフォスターが作ってくれた、バラードなのに、なんか、身体にあざできてんな??っていう、オマージュじゃないですけど、亡くなったマイケルジャクソンって、ねぇ、僕らが、いろいろ影響受けてきた人なので、たぶん、他のメンバーも、若干そう言う、ニュアンスを込めてる人もいるんじゃないかな??じゃあ、ちょっと、僕も、実際にアルバムに存在しない、音を、ライブ用に、付けたしてですねぇ、明日からパフォーマンスをさして頂くと思いますので、楽しみにして欲しいなぁ~と思いますねっ。改めて思いましたねっ。マイケルのねっ、足の筋肉って、凄いなぁ~と思いました。それらしい、ステップだったり、パフォーマンスをしてみるんですけど、ソロのリハーサルをしてると、3回に1回は足、痙攣しますからねっ。そんな、僕のソロの衣装の話をしようかな??と思うんですけど、僕らの現場の、スタイリングを担当してくれてる、栗田君っていう、スタイリストの人がいて、栗ちゃんが今回、僕のソロコーナーに関しては、ダンサーのみなさんの分まで、スタイリングを担ってくれて、あっと驚く衣装になってると思いますよっ。あの、ワンコーラスに関しては、バラードじゃないで、バラードなんで、僕自身のパフォーマンスはないんですけど、僕が歌ってる横でですねぇ、女性のダンサーに、自由に、歌詞を感じたままだったり、音を感じたまま踊ってくださいって。振付けないんですよ。だから・・・前半のだから、ワンコーラス、僕がだから、デビットフォスターさんどおりの、バラードを歌ってる最中って言うのは、振付けなしの、パフォーマンスを女性ダンサーにして貰うんですけど、その時のねぇ、ちょっと、衣装がですねぇ、今までSMAPのライブにあんまりなかったような、スタイリングになってるんじゃないかな??と・・・普通、やっぱり、バラードでさあー、歌ってる人の横で、女性ダンサーが踊るってなると、ドレスが多いじゃないですか??ドレッシーな、ファーーっとした、ねっ。なんだけど、今回は、オーバーサイズのワイシャツ1枚(おーー、さんちゃんが好きそうなやつねっ。)その変わり、振付けは一切ない。そのバラード部分・・・感じたまま、踊ってくださいっていう風に、僕はオーダーしてあるんで、だから、毎回違うと思いますよ。日によって、パフォーマンスしてくれる人も、変わります。踊りの内容も変わりますし、そんなんか、ライブな、その日限りっていうのも変ですけど、その日、そのタイミングで生まれてくる、パフォーマンスをしてくれればいいっていう風に、僕は言ってあるので、そういったところもちょっと、楽しめるポイントになってるんじゃないかな??と思いますけどねっ。

では、そんな僕のソロ曲、デビットフォスターが作ってくれた、このナンバーを、改めて聴いて貰いましょう。途中からビート入ってますけどねっ。すいませんm(__)m木村拓哉で、「君のままで・・・」ふふふふ。なんで入れちゃったんだろうなぁ??


君のままで・・・/ 木村拓哉


僕はねぇ、ラフと言うか、栗ちゃんがイメージする僕らしいんですけど、「木村さん、やっぱ、こういう感じいって欲しいんですよねぇ~」っていう風に言ってくれて、ステージ衣装って、やっぱ、難しくて、自分のステージ衣装を自分で決めるって、やっぱなんか、ちょっとねぇ、照れるんですよ。正直・・・だ、栗ちゃんを、信じて、すべてを預けてみたんですけど、このナンバーでこのスタイリングはしないだろな?俺だったらねっ。でも、栗ちゃんは、「いやっ、この集合体のパワーって、絶対あると思うんですよ」って言って、選んでくれたんで、まあー、あえて、そのスタイリングでいきたいと思います。


さあー、ついに明日、ツアーの初日、札幌ドームですねぇ。っていう事で、今日はSMAP8月4日発売のニューシングル「This is love」を聴きながらの、お別れです。


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


この曲は、まあー、我々の次のシングルという事もありまして、今回のツアーの顔にもなってんじゃないですかねぇ??なので、この曲の始まった時には、遅れないで付いてきて欲しいなぁ~っていう感じはありますねっ。





ツイッター始めました。よかったら、フォローしてください。
takumin1113をフォローしましょう


感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。