さっちんのワッツレポの部屋

木村拓哉さんのワッツレポをほそぼそとやっております。本館【海賊団の隠れ家】もよろしくお願いします。こちらの記事の、無断転記、転用をお断りいたします。リンクを貼られる場合は、ご連絡ください。コメントはさっちんの判断によりUPされない事もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2009/5/22

ついに、明日、「MR.BRAIN」がスタート致しますが、今日のワッツ、ディレクター席にねぇ、風景が、いやっ、だから、いつものワッツの風景じゃないんですよ。いやっ、聞こえますか??じゃなくて、(ふふふ)そういう変な事すんの辞めてください。そこのディレクターさん。トークバックのボタン押して、変な事をい、言わないで下さい。あの、本番もう始まってるんで、(ん???誰がいるの??)聞こえますか??とかそういう、わかりましたっていう返事もいらないです。(ふふふふ)(ジングルが鳴る)♪今、な、何を押した??今・・・(ふふふふ)(あはははは)あはははは、ジングル押すなぁ~まだ・・・いやっ、間違えたのは、もうわかってるから、いちいち言わなくていいです。すいません。ラジオ聞いてるみなさんすいませんm(__)m分からないと思うんで、ご説明しますが、ディレクター、いつもは、くりりんが、ふふふやってるんですけど、実はですねぇ、今日、ディレクターがねぇ、変更になってるんですよ。(ん??だから、誰??)っていうよりも、勝手に乗っ取られてるというか、ディレクター席をあのー、占領してるのは、太田っていう男なんですけども、(あーー、キズナ食堂の途中??)ふふははははオープニングいきますよ。じゃなくて、もう始まってるんですよ。♪~~♪だ、ジングル流さないで下さい。(あはははははは)(手を叩く音)あのー、ふふふふふ、ハイジャックですよねぇ。あ、(あはははは)爆笑問題の太田のいい点を10個とか、今、ここで、いきなり言われても、ちょっとまことちゃんに似てるとか、そういう事、あのー、♪~~♪だ、ジングル押すなもう・・・いい加減に・・・ホントやりにくいなぁ~ホント・・・(あははははは。面白い。大爆笑だよぉ~太田さん(爆)(爆))そろそろ曲いきますけど、ちゃんと音出せますか??1曲目は、「MR.BRAIN」の主題歌を流すんで、♪キャ、キャんストップ♪(Can't Stop!!が流れる)いやっ、Can't Stop!!じゃないですよ。(あははは)はははは。全然違いますから・・・大丈夫??ディレクター経験はあるんですか??今日初めて・・・Can't Stop!!じゃなくて、1曲目は、主題歌の「ジャ・・・」いやいや、持っていきますっておかしいでしょもう、セッティングされてないと、バーヘーレンのJump。いやっ、TUTAYAはこの辺に、ふふふはははは、相当行かないとないですから・・・FM局なんで、ディレクターさんと、出演者の呼吸が大事なんで、わかります??ある意味S○Xと同じですからねっ。やりますっておかしいでしょふふふふ。気持ちいいタイミングで出すんですよ。Can't Stop!!はいいですから・・・普通にやってください。(あはははは)CDセット大丈夫ですか??完了してますか??OKですか??オープニングのジングル出して、続いて曲ですからねっ。どのボタンかわかってますねっ。(あははは。完全に拓哉がディレクターみたいだよぉ~(笑))大丈夫ですねっ。じゃあ、えーーーー、新人ディレクターのピーちゃんのデビューです。ジングルスタート


♪ジングル♪(こんなに、ジングルがちゃんと流れるの??って思って聞いた事ないよっ(笑)あれ???いつもより、ちょっと間があるよっ)

ちょっと待って、これ・・・この、この、変な間は何なんですか??(ふふふふ)ふふふ、ねぇ、この・・・♪キャ、キャんストップ♪いやいや、Can't Stop!!じゃないから違うでしょ(あはははは)ねぇ、デビュー戦から早速のミスですか??これ・・・ラジオ局最大の全国38局ネットなんですよ。全国ネット。いやいやいや、これ、Can't Stop!!じゃなくて、バンヘーレン「Jump」(あはははは)グーじゃなくて、これ、始まっちゃうよ。これ・・・うわーーーあり得ねえ(ふふふふ)あり得ねぇ~。これどうすんの???(ありゃーあ、始まっちゃったよぉ~)


Can't Stop!!-LOVING- / SMAP


ノッてる場合じゃない。あんた・・・ねぇ。(うふふふふふ)ははははは。歌って下さいって。おかしい。(手を叩いて喜んでる風)ははははは。だから、これは、「MR.BRAIN」の主題歌を一曲目にしないと、話持ってきようにも、なんか、ちょっとキツイんで、(ふふふふ)TUTAYAが間に合わないじゃなくて、ふふふふ、うわーー、オープニングにCan't Stop!!って、何年ぶり??これ・・(そうそう)そこで、ちょっと頭振ってノッてる場合じゃないんですけど、やっぱ太田さん、ピーちゃんちょっと、ディレクター無理だと思うんで、これ、全国38局ネットで聞いてるリスナーにお詫びと、今の流れをちゃんと、自分の口から説明してください。じゃあー、入りまーす。じゃなくて、早く

太田:あーー、どうもどうも、いやーー、いい放送でしたよぉ~
拓哉:いや、いい放送じゃないですよ。これ・・
太田:今日はいいですよ。
拓哉:よくない。よくない。だって、Can't Stop!!から始まる。あっ、逆です。
太田:ふふふふふふ
拓哉:ヘッドフォン
太田:お詫び??
拓哉:ええ、まず、まずは・・・
太田:あっ、大変あのー、いつもの事ですけども、大変あの、ふふふ、みなさん御迷惑をおかけしまして、
拓哉:はい。
太田:えーー、すいません。あのー、わたくし爆笑問題の太田光と申します。SMAPの一員として、今は、やっぱ、謝罪しときたい時期なんで・・・ふふふ
拓哉:え?????
太田:いやいやいや、まー、いいんですけど・・・
拓哉:そういう事じゃなくて・・
太田:そういう事じゃないんですよねっ。
拓哉:はい。
太田:ちょっと、今日はですねぇ、あのー、うちのたっくんが、いろいろ何かちょっと、ミスっちゃったみたいで・・・拓哉:ミスっちゃった??俺はミスってないですよ。ちょっとここで、提供クレジットを言っておかないと・・
太田:提クレってやつですねっ。いわゆる・・・
拓哉:放送事故んなっちゃいますんで・・・
太田:あっ、そうですねっ
拓哉:言わして下さい。木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!
太田:よっ
拓哉:サポーテッドバイNikon
太田:流石ぁ・・・
拓哉:この番組は・・・


太田:楽しいですねぇ。
拓哉:楽しいですねって・・・だって、全然できてないですよ。
太田:だって今、あのー、くりりんの指示通りやってたら、そうなっちゃった
拓哉:くりりんの指示通りじゃないですよ。だって、VAN HALEN流れるはずでしょほらもう、CDもあるじゃないですか??
太田:だから、たぶん中身変えちゃうやついるじゃん
拓哉:いるじゃんって・・・いないですよ。普通は・・・
太田:あれ、ほら、エロ本のさあー、表紙??をさあー、
拓哉:はい
太田:参考書にして、本屋で買うやつとかいるじゃんたぶんそのたぐいだと思う。
拓哉:そんな事、FM局でやるやついないですよ。
太田:そっかぁ・・ふふふ。いやーー、おかしいなぁ~
拓哉:ちゃんといつもの、ディレクターに戻った上で、
太田:はいはい。
拓哉:せっかくなんで、ちょっと僕のラジオに付き合って貰っても、よろしいでしょうか??お願いします。
太田:来週もよろしく(あははは。来週もよろしくって・・・まだだよぉ~(爆))拓哉:来週????
太田:あはははははははは
拓哉:鼻をすする音


拓哉:東京FMをキーステーションに全国38局ネットで、お送りしてます。木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!今日は何故か、僕意外にもブースに、人がいます。
太田:はい。
拓哉:こちら・・・
太田:太田光でーーす。
拓哉:さて、なんで、このスタジオに、太田さんがいるのかと言いますと。
太田:はい
拓哉:実はですねぇ、今、スタジオのサブには、TBSさんの、キズナ食堂の・・・
太田:そうなの・・
拓哉:スタッフの方がたくさん、いらっしゃって下さって・・・
太田:これが、パッとしない番組なんでねぇ・・・
拓哉:これが、あのーーホントロケ中なんですよねっ。(ロケ中なの??)
太田:そうなんですよ。ロケ中で・・・
拓哉:ちょっと質問なんですけど、ロケ中にラジオをやるっていう、のは・・・
太田:いやー、僕も初めてですよ。
拓哉:僕も・・・ですけど・・・
太田:あははは。そうですか??
拓哉:はい。
太田:いいもんですねっ。結構やってみると・・・
拓哉:キズナ食堂さん的にも、こういうロケをされた事ってあるんですかねぇ??
太田:僕はロケ出たの初めてなんですよ。キズナ食堂始まって以来。もう、かれこれ3-4回は放送してるとふふふ、思うんですけど・・・ああはははははは。
拓哉:3-4回???ふふふふ
太田:その中でも初めてですねっ。
拓哉:じゃあー、僕1回目の、記念すべき・・・
太田:もちろんですよ。
拓哉:ありがとうございます。
太田:いえいえ、こちらこそ・・・まさか、木村君が出て頂けるなんて事は、
拓哉:いやいやいやいや
太田:思ってなかったもんですから・・・
拓哉:いやっ、ワッツに太田さんがこう、ぴーちゃんが来てくれるっていう、のも、ちょっと信じがたい。
太田:いやっ、僕は出たかったですよ。What’s that smile(ん??ここはいい加減っぽく・・・あってるか定かじゃない)拓哉:何んっっ??何っっったんですか??今・・・
太田:え???WHAT’S YOUR NAME?って??
拓哉:いやっ、いやっ、それ・・・ふふふふ。
太田:あはははははは
拓哉:少年隊ですし・・・
太田:そっかWHAT’S UP SMAP!でしょこれは、もう、長寿番組だねぇ。
拓哉:15年目ぐらいになります。
太田:15年目でしょずーーっと出たかった番組ですよ。僕は・・・
拓哉:だって、
太田:あのー、
拓哉:出たら大変じゃないですか??
太田:何が大変ですか??
拓哉:爆笑で済むんだったらいいですよ。
太田:ふふふふ
拓哉:爆笑で済むんだったらいいんですけど、必ず問題になるじゃないですか??
太田:そっちの方が多いんですよねぇ~。
拓哉:はい。ふふふはははは。
太田:はははは
拓哉:一応あのー、このラジオ全国ネットなので、全国のリスナーのみなさんに、
太田:おらあ~全国ねっと出んの初めてだぁ~(あははは。なまり風に・・・)
拓哉:ははははは、もう、やめろ、そういうの・・このキズナ食道っていうTV番組はどんな番組か、紹介して頂けますか??
太田:これは、番組の紹介とかって、ホントやった事ないからぁ・・・大抵田中がやんですよ。この番組はどういうもので・・・って、
拓哉:はい。
太田:俺は、なんか、横でニヤニヤしてるだけなんですよ。だって・・・
拓哉:ふふふふふ
太田:ははは。だ、どういう番組って言われるとねぇ、わかんないんだよねぇ。俺、別に遊んでるだけだから・・・黒柳ってババアがいて、
拓哉:はい
太田:あれが、何か、ペラペラ喋って、俺と、黒柳さんとで、こう自由に喋って、それで、田中が修正するみたいな、だから、だいたいそういう流れなんですよ。
拓哉:僕のーー、あっ、あの、豆知識というか、頭ん中に入ってるのは、この4月から、新しくスタートした、
太田:そうです。流石、分かってるよねっ。
拓哉:あのー番組ですよねっ。
太田:そういう事ですよ。なんとか、あのー、ここでねっ、もうちょっと、こう、てこ入れしたいという。早くも・・・拓哉:毎週土曜日これは、ビックリだったんですけど、「MR.BRAIN」の、前の番組なんですよねっ。
太田:前です。前です。「MR.BRAIN」話題作じゃないですか??
拓哉:いやいやいや
太田:TBS社運をかけてますよ。
拓哉:明日から、始まるんです。
太田:でしょ
拓哉:はい。
太田:で、これによって、TBSここんところ、傾きかけた、TBSが、ふふふふこれで、こう、もう1回、昔のドラマのTBSに戻れるかどうかの、一番のポイントは、「MR.BRAIN」ですよ。今、業界、全部が注目してますよ。「MR.BRAIN」
拓哉:そうなんですか??
太田:だけど言っときますけど、
拓哉:はい
太田:うちが前ですから、クッて上げて頂いて、
拓哉:キズナ食堂が終わって、60秒後には、「MR.BRAIN」
太田:そうでしょだから、その落差がねぇ、どれぐらいに出るのか??っつうのが、楽しみなとこなんですよ。
拓哉:そんなキズナ食堂が、押しかけてきてる、今日のワッツなんですけども、今、撮ってるこれは、明日の放送なんですか??
太田:あっ、これ、もう明日放送??
拓哉:いつもは、このブースには、まあー、僕一人、もしくは、鈴木おさむが、
太田:うーん。
拓哉:時々、気分が向いたら来てくれるってい感じなんですげと、
太田:あー、そういう自由な感じなの??
拓哉:うん
太田:一人で喋んの大変でしょでも・・・
拓哉:慣れましたねぇ。15年やってると・・・
太田:あんまり、人と会話するの、得意じゃなさそうだもんねっ。どっちかっつうと・・・(うんうん)
拓哉:俺、全然普通ですよ。
太田:あははははは。そう??一人でなんか、自分の
拓哉:そんな勝手に、人をイメージングしないでくださいよ。
太田:ちょっと、何かこう、ストイックな感じあるじゃない
拓哉:そんな事ないですよ。僕、あのー、ドラマの現場でも、いろんな人と話してますよ。
太田:とっつき難い感じあるよねっ。ちょっと、木村君って・・・
拓哉:えっそれは、とっつき難いっていうのは、その、たぶん、
太田:俺???
拓哉:はい
太田:俺は、どっちかっつぅと、木村君の前だと、いつもこう、笑顔で、(あははは。恋する乙女な感じ)あーー、みたいな感じで行くと、木村君がなんか、ちょっと、おいっすみたいな、怒ってんのかな??とか、
拓哉:そんな事ないじゃないですか??
太田:ちょっとした言葉のこう、はしはしが、ちょっと気になっちゃって、家帰ってから、あれ、失敗したかな??とかって、後悔したりして、
拓哉:なんで、爆笑問題の太田さんが、そんな家帰って、反省してるんですか??
太田:好きです(きゃははははは。完全に乙女だぁ~私も好きです)
拓哉:うふふふふふ
太田:あははははははは。恋ってそういうもんでしょみなさん。(うんうん。そうそう)リスナーのみなさん。
拓哉:きゃはははははは(高笑)
太田:拓哉に会ってごらんよ。お前、何も言えないぞ。(うんうん。その気持、めっちゃわかるぅ~)拓哉:ふふふふふ。割りと東京FMでは、あのー、僕、エレベーターボーイをするぐらい、普通ですよ。
太田:どういう事??エレベーターボーイって・・・
拓哉:いやっ、あのー、エレベーター2基しかないんで、各階で乗って来られる方、降りられる方、いて、
太田:それまで、わざとやるんだろう??
拓哉:わざとじゃないっすよ。乗ってすぐのところがボタンだから・・
太田:俺が押してやったらドキドキするだろう?っての、わかっててやってんだろう??絶対そういうとこあるよ木村くんって・・・
拓哉:そんな事ないよ。ないないない。
太田:ずーーっとなんか、じーっと見つめたりするじゃん。たまに・・・(きゃははは。そんな事されたら、失神するよぉ~)
拓哉:ふふふふ。バカじゃないの??(笑)
太田:ははははは
拓哉:勝手なイメージングやめてくださいよ。
太田:それで、みんなコロっといっちゃうんだよ。
拓哉:いかないって・・・(いやっ、いくって・・・)太田さんはSMAPの曲が好きってホントなんですか??
太田:大好きですよ。僕は・・・
拓哉:ホントに聞いてるんですか??
太田:聞いてますよぉ~そりゃぁ~
拓哉:買ってるんですか??
太田:買ってはないですけどねぇ・・・ふふふ
拓哉:ふふふふ
太田:あのーーふふふふ。これ、いろんなところから貰えるじゃないですか??
拓哉:はい。
太田:放送局。カラオケで歌ったりなんか・・・
拓哉:でも、このラジオって、SMAPの曲が、日によっては1曲もかからないで終わったりする番組なんですけど・・・太田:え??最低、それ・・・
拓哉:でも、オープニングで、Can't Stop!!流してるんですよ。
太田:いやいや、まだまだ名曲あるじゃないですか??SMAPは・・・
拓哉:うーーーん。じゃあ今日は太田さんがいるんで、SMAPの曲の中から、特別に1曲決めてください。
太田:はい。僕はねぇー、ホントにあのーー、感動した、僕、太田総理始めた頃かな??ちょっと悩んでた時期にこの曲にあって、救われたという・・・Triangle / SMAP
拓哉:おーーー凄い何か、今、俺、一応本人のつもりなんだけど、(つもりって・・・(笑))鳥肌来ましたねぇ~今の曲紹介で・・・


Triangle / SMAP


太田:SMAPと我々は同期ですから、88年でしょ
拓哉:そうです。結成はそうです。
太田:俺ら結成88年だから・・・
拓哉:そうなんですか??
太田:そうですよ。だから、もしかしたら、メンバー違ってたかもしんないんだから・・(あははは)
拓哉:逆に稲垣吾郎が爆笑に入ってたかもしれない。
太田:入ってたかもしんない。
拓哉:まっ、ぼっ、ふふふふ
太田:あははははははは
拓哉:でも、頭数がまず違うじゃないですか??
太田:ああ、そうだよねっ。
拓哉:うちら五人ですし、まっ、元は6人でしたけど、
太田:ふふははははは
拓哉:で、5人になり、でも、爆笑さんは、
太田:僕らも、2人ですけど、元は、2人と4玉だったんですよ。
拓哉:あっ、それが3玉になり
太田:3玉にさんたまチックになって、
拓哉:はい。
太田:そろそろ2個玉んなるんじゃないか?という・・・うわさもあるぐらいで・・・
拓哉:ふふふふふ
太田:ははははははは

拓哉:キズナ食堂が押し掛けて来てる、今日のワッツなんですけども、
太田:そうなんです。
拓哉:このワッツのスタジオにCCDカメラとかを、何個も付けんのやめてくれますか??
太田:ふふふふふ。どっきりかな??これ、
拓哉:いつもより、だって、ブースん中、明るいですもん。
太田:照明入ってっから、明るい
拓哉:はい。
太田:なんか狭い感じのとこだよねぇ~
拓哉:狭いですよ。もう、ずーーっとこれで、やってきてますけど・・・
太田:あーー、そう・・何喋ってんの??普段。
拓哉:リスナーが聞きたい事とか、言っちゃいけない事とか、
太田:言っちゃいけない事って??
拓哉:なんでもありですよ。(あっ、そんな事言っちゃったぁ~(笑))
太田:下ネタもあるんですか??
拓哉:下ネタの下って、な、なんだか知ってますか??
太田:下ネタ、下半身の下じゃない??
拓哉:そうですよ。
太田:でしょ
拓哉:ネタって、じゃあー何から来てるか知ってますか??
太田:ネタ??ネタは、何だろう??ネタって・・・
拓哉:話の種です。話の種で、それをひっくり返して、ネタって言うんです。
太田:知らなかったぁ~
拓哉:だから、オ○ーンコ様が
太田:ん???
拓哉: オ○ーンコ様がバキューして
太田:あははははははは
拓哉: オ○ーンコ様がバキューして
太田:おー、おー、
拓哉:キャメが、胸のあたりまで来た時の、そのキャメの状態の話は、上なのか、下なのか??っていう、話をしたりとか・・・
太田:俺もまあー、そーねー、巨こんの方だから、
拓哉:そうなんですか??(おっ、くいついたっ(笑))
太田:頭越しちゃう時あるから・・・たまに・・・
拓哉:一緒じゃないですか??
太田:一緒だよ。普段どうしてる??俺、ケツの穴に入れて、隠してんだけど、ふふふ
拓哉:ふふふ。普段ですか??
太田:あははは
拓哉:普段??
太田:普段だって、隠しきれないでしょ隠しきれないろくでなしでしょ
拓哉:そうですねぇ~。
太田:どうやってんの??今、全然目立たないじゃん(めっちゃ、するどいツッコミぃ~(笑))
拓哉:取り外してます。(あははは。そう来たかぁ~(笑))太田:あはははははははははは。え???じゃあ偽物なわけだ。
拓哉:偽物じゃないですよ。取り外しですよ。
太田:取り外しできんのは、おかしいよ。絶対
拓哉:おかしくないですよ。
太田:それ、大人のおもちゃやで買ったやつだろう??(あはははは)拓哉:違います。俺の分身です。
太田:あはははは
拓哉:ふふふふふ
太田:あっそう??そんな話してんの??木村拓哉がぁ??
拓哉:はい。時々、このラジオでは・・・
太田:えっ??じゃあ、ちょっと、俺も、相談乗って貰えますか??
拓哉:いやっ、いいですよ。
太田:最近ねぇ、
拓哉:はい。
太田:尿道がかゆいんですよ。ふふふはははは
拓哉:はははははは。(それって、膀胱炎じゃないの??)太田:あはははははは。これ、何なんだろう??って思うんだけど・・・
拓哉:かゆいんですか??
太田:尿道かゆいんですよ。尿が近いんですよねぇ。
拓哉:頻尿なの??
太田:頻尿と言うかねぇ、近いんだよねっ。
拓哉:その割には、だって、いっつもあのー、あれ持ってるじゃないですか??キンキンに冷えたお茶。
太田:そうなんですよ。だからかな??あれ、水なんですけど、氷水。だから、それはいいんですけど、近くてもいいんですけど、とにかく、その、尿道がかゆくて、ションベンする時に、あのー、ションベンが尿道を通るじゃないですか??あの時、唯一、かゆみが、ふふ、治まるんですよ。要するにそれは、かいてくれてるんですよ。ションベンが・・・
拓哉:尿道を??
太田:尿道を・・・ふふ。
拓哉:それ、医者行った方がいいんじゃないですか??
太田:でもねぇ、あんまりねぇ、身に覚えがないんですよ。
拓哉:身に覚え??
太田:あのー、そういう変な病気のねぇ、
拓哉:はい。
太田:あのー、になるような原因の事は、やった覚えがないし、最近、そういう事も、ご無沙汰ですんでぇ・・・
拓哉:うん。
太田:あっ、どうですか??ちなみに・・・(え??拓哉にフル???)木村さんの方は・・・
拓哉:何がですか???
太田:あっ、そっちの、あっちの、
拓哉:尿道は、かゆくないです。
太田:いやいや、その、いわゆるその、プレイと言うか・・・
拓哉:プレイですか??
太田:あはははは
拓哉:プレイは、
太田:これは、流石に、ダメか???
拓哉:いやっ、プレイはだから、時々デーゲームだったり、ナイトゲームだったり・・・
太田:あーーーー、はははは。ちょっと今度呼んで下さいよ。(呼んでくださって・・・(笑))
拓哉:ふはははは。なんで、呼ばないといけないんですか??
太田:ちょっと、見せてください。
拓哉:おかしいじゃないですか??そんなの・・・
太田:観覧観覧
拓哉:観覧とか・・・
太田:あははは
拓哉:ラジオまで、殴り込んどいて、何でそんなナイトゲーム、デーゲームに殴り込むんですか??
太田:あーーー、勉強になりました。(勉強になりました??あははは)拓哉:話は、かなりそれましたけど、
太田:えー、一言もTBSの宣伝・・・
拓哉:明日、明日から「MR.BRAIN」が、始まるという事で、
太田:あの、マリックの友達っていうねっ。
拓哉:超魔術とか、は、使いません。
太田:あはははは。使わないですねっ。
拓哉:脳科学です。
太田:あー、脳科学。
拓哉:超魔術ではなくて、脳科学を使って、はい。
太田:うちの田中も、なんか、お世話になってるみたいで、
拓哉:そうですよ。田中さん、一緒に出て頂いて、
太田:ちょっとねぇー、あんま調子乗せないで貰いたいんですよ。うちの田中を・・・
拓哉:いやっ、全然もうー、あれですよ。
太田:木村君と共演してるっていうだけで、もう、ウキウキなんだから・・・あいつ。
拓哉:そうですか??
太田:そうですよ。
拓哉:現場ではシトっとした感じで、落ち着かれた、こうー、はい。
太田:木村君が結構、喜ばすような事を言ってくれるみたいで、田中がやってる、なんか、昼間のくだらない生放送の番組を見たとか言ったでしょ
拓哉:サカスですか??
太田:サカスさあー、
拓哉:はい。
太田:あれを、見たって言ったでしょ
拓哉:見ました。
太田:ああいうの言わないでください。田中喜んじゃって・・
拓哉:何でですか??
太田:俺もあいつが、生放送やってる時暇だからさあー、あの番組見てるわけですよ。
拓哉:はい。
太田:ムカついてるわけですよ。一人で仕事やりやがって、
拓哉:ふははははは
太田:しかも、爆笑問題と言えば、一応ねっ、政治を斬るとかさあー、
拓哉:あはははは
太田:ちょっと、こうブラックだとか、そういうイメージあるわけじゃない??
拓哉:はい。
太田:それがさあー、ベストテンの昔の歌手ねっ、別に今も見たくもねえような歌手呼んで、歌謡わせて、
拓哉:はい。
太田:すごーーい。懐かしいなんて言って、後半スイーツ食べて、甘――いなんて言ってるわけよ。
拓哉:はい。
太田:ぶけんなばかやろうって俺、思ってるわけ。
拓哉:あはははははは
太田:それをあくる日、ダメだししてやろうと思って、
拓哉:はい。
太田:楽屋入って、お前の番組なんであんなゆるい番組しやがってっつってねぇ、満面の笑みで、「いやっ、木村君にも言われちゃってさあー」っつって、ちっともなんか、響かないんだよぉ~あいつ。
拓哉:ふはははははは。俺、ホントに見てましたからねぇ。
太田:要するに、田中は、本番で、木村にこう言われたっていう事によって、俺、木村と話してんだぜみたいな、事が、一番言いたい事だから、
拓哉:ふふふふふ、ふふふふ。
太田:いやでしょ(あはははは。めちゃくちゃ嫉妬してるぅ~)田中の友達と思われたら・・・
拓哉:嫌ではないですけど・・・
太田:嫌でいて
拓哉:い、いやー、
太田:あははははははは
拓哉:じゃあー、嫌でいます。
太田:嫌でいて
拓哉:はい
太田:だから、気をつけて下さい。ホント・・・そういう意味じゃ。
拓哉:はい
太田:ふふふふふ
拓哉:そろそろ時間らしいので、
太田:うっ、早いねぇ~
拓哉:なんか太田さんだけ、お先に・・・
太田:い、いいですよ。最後までお付き合いします。
拓哉:きゃははははは。
太田:時間まだあるんで・・・あははははは。
拓哉:あははははは。見てください。あのー、ディレクターのリアクションを・・・
太田:ジュルスケー表見てくれる??
拓哉:ジュルスケー表は、もう、だから、
太田:あのー、パイオツカイデーしか入ってないと思うから・・・
拓哉:パイオツカイデーは、いいんですけど、
太田:えええ
拓哉:東京FMの甘味処に、太田さんは移動らしいですよ。
太田:俺一人で甘味喰ったってしょうがないだ。木村君いいんですか??
拓哉:僕、あのー、これ終わったら、すぐにそちらに・・・
太田:テイクレやんなくていいの??
拓哉:はい??
太田:テイクレは・・・
拓哉:テイクレまだまだ先なんで、
太田:あー、まだまだ先??
拓哉:はい。
太田:あー、そう??メール読んだりなんか、しないんですか??
拓哉:メール・・・・・・今日は来てないですねぇ。
太田:ふはははは。
拓哉:今日は来てないです。ふふふふ。
太田:じゃあー、ちょっとお邪魔しましたぁ~どうも~なんか・・・
拓哉:はい。ありがとうございました。
太田:じゃあ、また後ほど・・・
拓哉:はい。お願いします。
太田:失礼します。
拓哉:はい。


えーーー、っとなぜか、爆笑問題の太田さんとここまでお送りしてきたワッツなんですが、これ、今日のオープニングで流すつもりだったんですけども、なんか不思議な流れんなっちゃって、かけられなかったんで、ここで、お届します。これが、明日から始まるドラマ「MR.BRAIN」の主題歌んなっております。1984年のヒットナンバー。


JUMP / VAN HALEN


明日は、ドラマ「MR.BRAIN」は、夜の7時56分から、TBSテレビで、初回100分スペシャルですよ。その前にも、いろんなところに僕、出させて頂きますねえ。ところで、キズナ食堂っていうのは、このワッツの現場のシーンをちゃんと使うのかな??(うっ、それ微妙・・・)これ、カットになる、可能性が、かなり多いよねぇ(うんうん。)っていうか、俺、基本やっぱ、カットされる人間なんで、スマスマもそうだし、(ふふふふふ)同学年なんて、あれ、あり得ないぐらいのカットですからねぇ。(しょうがないよ。)しょうがないよじゃないよ。だって・・・自分の時はさあー、えっおさむん時は、見事なまでに、なんか、すっげぇ、フルで使ってんの。(フルじゃないよ。ふふふふふ)マジで・・・たぶんねぇ、こいつ編集権持ってると思う。「ここはいらねぇ」とか、「俺長めにして」とか、いうの、結構言ってると思うよ。たぶん。ほんでねぇ、ビックリしたのか、自分の番が来る前までは、放送作家一スタッフみたいな感じで、裏方さんみたいな感じで、ずーっといてくれるんだけど、いざ、自分の番になったら、メガネをはずし、なんか、どこで買って来たかわかんねぇ帽子をかぶり、TV仕様のおさむに変身して、最近ねぇ、CMもやってるし、司会もやるし・・・(うふふふ)来週のキミハブレイクは何を??(来週のキミハブレイクはですねぇ、) 「MR.BRAIN」スペシャルとかやんないんですか??( 「MR.BRAIN」スペシャルそれはもう、やらして頂けんだったら、)あー、やる気ない顔してる。(あはははは。やる気ある)すっげーあっ、そうか、「MR.BRAIN」の裏やってるもんねっ。そういうねっ、流れもあるしねっ。(そんな事ないです。)今日の敵は、明日の敵っていう、両方敵じゃねえかよ??っていう話になっちゃいますけど、エンディングなんで、ここで白状します。僕は、正直な男なんで、実はですねぇ、今、俺TVに出てます。(そうそう。TVやってるよねぇ~)ふふふふふははははは(高笑)(ふふふふふ)A-Studioっていうねぇ、鶴瓶さんの番組に、俺、今、出てんですよ。(そうなのよぉ~みんなどうしてんだろう??)正直な話、このラジオの現場に来て、裏のTVとかぶってるっていう風にねっ、わかったんで、TVの木村拓哉に負けるなっていう事で、(ふふふふふ)急遽爆笑問題の太田さんを巻き込んでのラジオをお送りしました。ラジオの木村は、TVの木村に勝てたんでしょうかねぇ??っていうか、何の勝負をしてるんですかねぇ??(ふふふふ)これは・・・今日は朝から、TBSに、出まくってたんで、うっかりこの時間も、かぶっちゃいましたねぇ~ごめんなさい。ちなみにA- Studioの裏話、もう一つ、しておくとですねぇ、あの番組の構成は、鈴木おさむなんです。って事は、出演者の僕だけじゃなく、スタッフもかぶってるんですよ。ふふふふふふふははは。


木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


おさむちゃんと言っといて、カットしないように・・・って。(無理、俺、関係ないから・・キズナ食堂)え???(知らない)めちゃイケは??(え??めちゃイケ関係あるよ。)あーはー。A- Studioは??( A- Studioはやってる。チーフ作家。)チーフなんだ??(あははは。ここ被ってるあははは。)






感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2009/5/15

今日は、こんなメッセージから行きましょうか


長崎県 ○○ 29歳会社員「キャプテンこんばんわっチュ。スマスマの特別編の同学年見ました。(ありがとうございやす。)キャプテンと様々な職種の方との対談は、見ごたえがありました。そこで質問があります。あれって、かなりの時間カメラを回してますよねぇ~。かなり編集されてますよねぇ~。もっと見たかったのに、もったいな~い。ワッツで、この間の同学年の裏話をお願いします。」


この間の月曜日に放送なったスマスマのあの、スペシャルのお話ですねっ。これは・・・僕が一人でやらせて頂きました。「木村拓哉の同学年」今回で、3回目になりますかねぇ~この企画は・・・僕が同学年の人達と、いろんな会話をするっていう、内容だったんですけども、前の2回はですねぇ、同学年、タイトルどおり、全く自分とねっ、同じ学年の人だけに来て貰ってやってきたんですが、今回はちょっと、3回目という事で、おない年の人達だけではなくて、同じ干支つまりは、僕は同じ子年の人に集まって貰ったんですねっ。今、メッセージに、裏話して下さいって書いてあったんで、早速ひとついきたいと思うんですが、あの収録、実はですねぇ、10時間以上【ゴーン】かかってます。(え???そんなに???)この間はねっ、テレビ朝日50周年記念番組で、全力坂っていのうをねっ、やらして貰った時も、10時間以上かけてロケをやって、ほぼ走りっぱなし、走ったりぃ~、移動してりぃ~、走ったりぃ~、移動したりぃ~、で、まあー、足腰にきた僕なんですけども、今回はもねぇ、結構来ましたねぇ~走りっぱなしもキツいですけど、座りっぱなしっていうのもねぇ、腰によくないかもしれませんねぇ~。まあー、なんて話をしたんで、ここでひとつおもしろい話をしておきましょうか??下ネタって言うでしょこの下ってみなさん何の事だか、わかってますかねぇ??ちゃんと・・・(下半身の事でしょ??)下ネタの下っていうのは、下半身の事なんですよ。腰から下の下品の話、が、本来の意味の、下ネタですねっ。だから、おっぱいバレー♪ナイスおっぱい。ってなーーんて言うのは、実は正しい意味では、下ネタじゃないんです。全然。上半身の話になるんで・・・って事は、凄く立派なおチ○こ様を持ってる男の人が、バキューして、そのキャメが、胸の前ぐらいまで来てる時のそのキャメの話は、これは、下ネタなのか??【ゴーン】同学年の話から、転がり過ぎ??いやっ、だって今日は、この後、キャメの話もしようと思ってるからさあー、ここで、ちょっと、チラッとねっ、フッておこうかな??と思って、「MR.BRAIN」の第三話はですねぇ、キャメが出てますからねぇ~。俺の、キャメが出てるんじゃないですよっ。うちのキャメが出てるんですよ。えっその不思議な英語みたいな喋り方はなんだ??って??おチ○こ様とか、武器-とか、キャメ。この事ですか??これは、僕が最近開発した、新しい言語です。イングリッシュに似てますけど、ちょっと違いますねっ。男だけがわかる、ちょっとイングリッシュに似た言葉なんですねっ。男だけがわかる、ちょっとイングリッシュに似た言葉。という事で、名付けて、MANグリッシュ【ゴーン】って、結局、下じゃねえか(笑)

今日のワッツは僕の産まれた年、1972年のナンバーでスタートします。つまり、僕と同学年な曲。


School's Out / アリス・クーパー




(この曲のレコードってねぇ、発売当時はなんと、パンティーに包まれて、店に並んでたらしいです。流石、俺の産まれた年。素敵です。また結局下じゃねえか(笑))


さっきから、下ネタ下ネタなんて話をしてますが、この下ネタの、ネタは何の事だか知ってますか??ネタっていう言葉は、種なんです。種を逆さにしたものが、ネタって言う事で、話の種って事で、ネタになってるんですねっ。作り話の事じゃないんですよ。ネタって言うのは・・・本来はねっ。だから、お寿司のネタも同じですよ。いいネタ使ってますよぉ~なんて、言ったりしますけど、これも、お寿司の種だから、ネタなんです。あー、最近さあー、あのー、お寿司屋さんて言えば、女性が板さんのお店なんかも、結構ありますけど、まあー、そんなお店に入った時に、お勧めの注文の仕方があるんで、ここで教えておきましょうか??これは、男性限定での注文の仕方なんですけども、お店に入って、板さんが女性だった時には、こんな風に言ってみてください。「まず、そうだなぁ~、おいなりから握ってくれる」【ゴーン】(あはははは。おいなりからねっ(笑))また、下だねっ(笑)


って事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


この間の月曜に放送された、「同学年」なんですけども、放送自体は1時間だったんですけど、スタジオには僕、13時間ぐらいいたのかな??(13時間も???)僕あのー、リアルタイムで見さして貰ったんですけど、圧巻でしたねっ。(うんうん)よくこの、収録時間を1時間に・・・流石だなっ、ていうぐらい、ズッバズバいってましたねぇ~。グラビアアイドルの子いたじゃないですか?杉原かなちゃん。黄色のチューブトップで、もう、今、俺が我慢してんだよっていう、思わず言わしてもらっちゃった子いたじゃないですか?あの後ねぇ、実はあのー、「私を撮ってください。」っていうなんかメッセージも来て、そこはもう、サポーテッドby Nikonですよ。Nikonのデジカメもって、マジックミラーのセットの中で、撮影までしたんですよ。(え???マジで撮影したの??)そこも、ズバッとカットです。いい写真撮れたのになぁ~あれ・・・かなちゃんが、木村さん寝てくださいっていうわけ、で、寝る??って言って、俺がこう仰向けに寝たら、(それの上にまたぐんだねっきっと・・・)そこに、あーー、そういう手があんのかぁ~グラビアには・・・って思ったんですけど、寝転がる俺の上に、杉原かなちゃんがこう、覆いかぶさって、私を撮ってみたいな、お前、このシチュエーションだって、カメラマンと被写体のシチュエーションじゃねえだろうっていうぐらい、「ナイスおっぱい」って感じでしたねっ。


さあー、この間放送になったスマスマ特別編「同学年」の裏話なんですが、確か今回は、15人かな??15人ぐらいとの対談だったと思うんですけども、今回の収録で、僕、あのー、一人ねぇ、楽しみにしていた奴がいたんですよ。まあー、あの前の同学年でも、出演してくれたんですけども、それは誰かと言うと(あの主婦の人とか言わないよねっ)履物職人のなかと君なんですけども、会ったのはだから、7年ぶりじゃないですかねぇ??前回の同学年以来だったんで、で、前は、履物の一部分だけをこう、ねっ、任されていた彼だったんですけども、お前はまだこの塙の部分だけだぞ。みたいな感じだったんだけど、でも、今は、すべてをねぇ、任せられる人になってましたよ。実際に僕に雪駄をその日の朝、全部行程を終わらせた、新品の雪駄を、できたてホヤホヤを持って来てくれて、プレゼントしてくださったんですけども、あの、収録以来、使わせて頂いてますねっ。東宝スタジオの、「MR.BRAIN」の、収録の時には、僕あのー、雪駄で、割りと衣装部鳥居ちゃんとかが、「ビーサンよりやっぱ、しまりますねぇ~」っていう風に言ってくれるんですけど、まあー、あのー、僕、結構いろんなところで、職人気質な人が好き、って言う風に言ってるんですけども、なんかねぇ、黙ってても伝わってくるじゃないですか??職人さんって・・その作業をしてる時って・・・行動で示すというか、だから、セールストークではなくて、そんなのがいらない。存在そのものがセールスんなってる、っていう・・セールスっていう言い方もちょっと変ですけど、その人の延長が作品になってる感じが凄い僕好きですねっ。仕事でも、プライベートでも、僕はそういう人に、惹かれますねぇ。仕事で言うと、最近はですねぇ、今回新たに、知り合ったカメラマンの唐沢さん?今、撮影に励んでいるドラマの「MR.BRAIN」のチーフカメラマンなんですけども、彼はーーー、凄いですよ。撮ってもらえるっていう感覚になりますねっ。この人に撮って頂けるんだっていう、そういう感じになりますよ。誰一人、気づいてないのに、唐沢さんが「今のダメです。すいません、もう一回やらして下さい。」って言って、『なんでなんだろう??今のダメなんっすか??』ってなったら、「今ねぇ~、向こうに人がいたんっすよ。遠―――くに人がいたんっすよ。」ってなって、ホントですか??ってなって、あのVTRをチェックしてみると、人らしき影が、40m先ぐらいにいるんですよ。ホントに・・人らしいものが・・・ほんで、ひょっとしたら、その辺に制作部の誰々立ってなかったか??ってトランシーバーで確認したら、「すいません。立ってました。」っていう答えが返ってきて、『うわっホントにいたんだ』って・・・どんな動体視力してんのかしんないんですけど、で、あとあのー、職人っていう事で、まだ、ワッツで話してなかった人がいるんで、今日ここで話してみんなに伝えたい人がいるんですけども、バッグ。吉田カバンって、あるじゃないですか??ポーターとかねっ、ラゲッジケーベルとか、あそこのチーフデザイナーなのかな??カツさんって・・・吉田かつゆきさんって人がいるんですけど、吉田カバンを創業した人の息子さんなんで、いくつなんだろう??62-3歳かな??まあー、ひょんなことから、あのー、僕知り合いまして、以来、かつさんかつさんって呼ばして貰ってるんですけど、あれですよ、イラストレーターの吉田かつさんとは別人ですよ。吉田かつゆきさんですからねっ。もちろん、物を作ってるっていうモチベーションは、常にあるんですけど、なんかねぇ、物に対する愛情が、まず、完全にありすまねっ。職人さんって、みんな・・・自分の作ったものだけではなくて、職人さんって、職人さんが作った物をちゃんと、愛せるっていうか、かつさんもねぇ、凄っいギターテクニックがもう、とんでもなく素晴らしい人ではないんですけど、なんだけど、それこそマーティンのアコースティクギターをこよなく愛していたりとか、カメラを愛していたりとか、アロハシャツ、どこどこのアロハシャツをこよなく愛していたりとか、人がホントに気持ちを込めて、作った物を、ホントに愛しちゃってんですよ。ああいう人たちって・・・ホントだよ。これ・・・愛しちゃってるこう、物に囲まれて、自分も物を作ってるっていう、なんかそういう人が多いですねぇ。僕の知り合いの職人さんって・・・そんなかつさんなんですけども、この曲大好きなんですよ。お酒飲んでる時に、僕が、こそっとこうCDを変えて、この曲流すと、必ずお酒を飲みながら、泣くんです。(ふふふふ)1967年のふふふ、えー、ヒットナンバーですねぇ。


花のサンフランシスコ / スコット・マッケンジー


人が、愛をこめて作ったものをそのまま愛するっていう話を先ほどさして貰ったんですけども、お酒に関しても、かつさんねぇ、愛し過ぎちゃってねぇ、時々ねぇ、あまりお酒がこう、入り過ぎて「ちょっと拓哉君、拓哉君、見て見て見て」って言って、Tシャツをペラッてこう、めくるんですよ。お腹のところに、シミがこうー、あって、「見て、これ、ハワイ諸島」とかって言って、あのー、ふふふふ、僕に、言ってくるんですけど、なんて答えりゃいいのかなぁ?と思って、愛すべき、職人です。


さて、いよいよ来週の土曜日から放送が始まります。僕が今、日々撮影に励んでいます、ドラマ「MR.BRAIN」只今ですねぇ、第3話を撮影してるところなんですけども、いろんなところに行って、ロケをしてるんで、結構目撃されてますねぇ。ホントこのワッツに目撃情報がジャンジャン届きます。こちら・・・


群馬県 ○○ 17歳高校生「キャプテンこんばんワッツ。毎週楽しく聞いてます。(ありがとうございます。)キャプテンはこの間群馬に来たみたいですねぇ。「MR.BRAIN」の撮影で群馬の病院に来たでしょうそして、なんと、KAT-TUNの亀梨君と一緒だったって聞きました。亀梨君は、白衣を着て、メガネをかけてた(ほおーー)その日はずっと学校がその話でもちきりでした。「MR.BRAIN」の第三話のゲストは亀梨君なんですねぇ~。キャプテンと亀梨君の接点って、あんまりない気がするんですけど、実際のところどうなんですか??今日のワッツで、亀梨君の話をしちゃって下さい。」


って書いてありすまけど、見られてますねぇ~。っていうかねぇ、あの時は、見られてたなっ。すげぇ~たくさんの人に見られた。すげぇ~来てた。そりゃ~来るよなぁ~。だって、僕が、ねっ、群馬の病院に行った時点で、そこにまず、相部さきちゃんと亀梨君がいて、その横に水嶋ヒロが立ってんだよ。俺も見てぇ~よ。っていうぐらいの、シチュエーションが、あって、もう、すっげえ~人がいたんですよ。で、そこに僕、後乗りして、「おっはよぉ~」って入ってたんですけど、そしたらもう、とんでもねぇ、人に見られましたねぇ。そりゃあー、目撃情報来るだろうなって、ホント思うんですけども、そうなんですよ。うちのキャメと、ロケをさして頂きまして、共演も初めてなんで、台本上にある、ねえ、僕は九十九なので、人当たりも変だし、間も悪いし、空気も読めない人間なんで、まあー、そういうキャラクターとして、一緒に「はい。本番」っていうと、やるじゃないですか??なーんかテレくさいっすよねぇ。キャメはねぇ、お医者さんの役なんですけど、格好いいんですよ。キャメ格好いいんですよ。メガネかけちゃって・・・「はい。カットぉ~」ってなったとたんに、まあー、普段に戻るんですけど、本番中はもうー、超―――カッコイイっすよ。メッセージに、亀梨君と僕の接点があんまり見当たらないみたいな事を書いてありましたけど、実際仕事――は、僕、今回初めてさして貰うんですけど、接点的にはねぇ、多い方なんじゃないですか?事務所ん中で言うと・・・あれよ、近藤さんと、堂本剛君と、キャメは、携帯に入ってますよ。だから、あのー、接点が全くないっていう、あれではないんですけど、うちのメンバーのやつは全員入ってないんですけどねっ。全員分は入ってないんですけど、入ってますよ。キャメのアドレスとか・・・あっ、この話って、まだー、どこでもしてないのかな??僕がですねぇ、街で偶然キャメを発見したんですよ。ある通りで・・僕、車乗ってたんですけど、あれ??あそこで、立ってなんかこう、グラサンして歩いてるやつどう考えても、あれ、キャメだろう??と思って、その歩いてるキャメのとろこに、グーって横づけして、「おい」っつって、声かけたら、一瞬向こうは、ビクッとなって、でもさあー、男性の声で、「おい」って言われたから、キャメも血気盛んなKAT-TUNなんで、「あ??」みたいな感じで、こっち向いたんですよ。そしたら僕だったんで、「あっおはようございます。」ってあのー、別に現場じゃないのに、おはようございます。ってこう、ふふふ、言ってくれて、「でも、何やってんの??」って言ったら、「服買いに、行くんっすけど・・・」って歩いてお前服買いに行くんだぁ~と思って、「いやっ、俺も今から服買いに行くんだけど、じゃあ一緒に行く??」っつって、車に乗っけて、ホントに行ったわ。でも、「これ、買うんだったら、いいよいいよ俺払うよ」とか、そういうのはないです。お前のレジはあっちなみたいな感じで確か、ふふふふははは、たぶんねぇ、全額とかではなかったような、気がするんでけど・・・電話・・・しますよ。近藤さんも時々ひょんなタイミングで、「お前、大丈夫か??体調」っとか何かいろいろ聞いて下さったりとか、割りと僕だから、あるんですよ。交流。ジャニーズ的にも、あのー、交流ホントないような感じで思われてるかもしれないんですけど、割りとあるんですよ。まあー、そんな後輩カメとの共演はですねぇ、第三話に、なってますねぇ。来週から始まる、ドラマ「MR.BRAIN」是非待ってて欲しいと思います。

KAT-TUNは僕らSMAPの曲をちょこちょこカバーして歌ってくれたりしてるみたいですねぇ。ライブとかで・・・カメはこの曲も歌ってくれた事があるらしいです。今、思えばなんとこの曲、作詞作曲が、トータス松本さんなんですよねっ。今回は、「MR.BRAIN」の中で、科警研のメンバーとして、役者さんとして、共演させて貰ってますが、2003年のアルバムMIJに入ってる僕のソロの曲ですねぇ。


Easy Go Lucky! / 木村拓哉


「MR.BRAIN」にちなんで? 「MR.BRAIN脳トレパン」なんていうパンが今度発売になるらしいですねぇ。脳の形をイメージしたパンらしいので、ワッツのリスナーのみなさんは、略して、こう呼んじゃってください。脳パン(あははは。言うと思った(笑))だから、あのー、会社とかで、ランチの前に「今日、お昼どうする??」って会話ん時には、「うーーん、私、今日脳パンかな??」っとか、オフィスでこういう話して欲しいですねぇ。たぶん部長とか、超―――ビックリすると思いますよ。「今日は、あいつはノーパンなのか??」って、部長熱くなりますねぇ~。そしたら・・・また結局下じゃねえから・・・ふふふふふ。


昨日、発表にされました、が、うちの草ナギ剛が、再来週5月28日から活動を再開する事になりました。みなさん、本当にご迷惑とそして、ご心配をおかけしました。スマスマの収録からなんでしょ528からなんでしょもう、来た際には、どうしてやろうか??って感じですよねぇ。まあー、無言で、拳と拳をこうカツーンとねぇ、軽くぶつけあったり、するんじゃないかな??と思いますけども・・・でも、実際に会ったらねぇ、そんな事もしないですねぇ。きっと・・・なんもしないと思いますよ。みんな特に・・・スタッフは割りと、ようやくこれで、元のSMAP×SMAPに戻れるみたいなこう、番組的にも?サタスマのロケ行かなくて、済むみたいな、ふふはははは感じになると思いますけども・・・


っていう事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


あー、そうだ、えーー、僕ですねぇ、明日TBSの王様のブランチに出ますなんと中継ですよ。ロケ現場から、中継です。そして来週もいろいろと、【ゴーン】あー、その話はまだしちゃいけないんですか??でも、もう言っちゃったじゃん来週もいろいろと・・・って・・・え??じゃあ、何??今日のワッツは来週もいろいろと・・・で終わりとさせていただきます。来週もいろいろあるねぇ。あるんだよ。うーん。






感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2009/5/8

ドラマ「MR.BRAIN」の放送開始まで、あと、2週間になりました。撮影は、結構順調で、毎日楽しい日々を送らして頂いております。先週さあー、この番組のエンディングで、「偶然車の中で聞いているお父さんもメッセージ下さい。」なんて、呼びかけをしたんですけども、意外にねぇ、ふふ、結構リアクションが来たんですよ。「今度のドラマ楽しみにしてますよ。」なーんて、メッセージもあったりして、お父さんもラジオ聞いちゃってくれてんだなぁ~、ドラマの事も気にしてくれちゃってんだなぁ~、なーんて思ったら、ちょっと嬉しくなっちゃったんで、今日はこんな企画で、いかせて貰います。「お父さんの為の「MR.BRAIN」講座」裏話その①これ、まだ、発表してない、主題歌からいきましょうか?(おーー、主題歌??何々??)まずは・・・これ、まだー、あの、曲名をズバリ言う事は、できないんで、お父さん達に、ヒントだけを言います。ロック好きだったら凄い助かるんですけどねぇ~。お父さん達が・・・もしロック好きだとしたら、ドラマ「MR.BRAIN」の主題歌は、おそらく、お父さんの青春時代の思い出の一曲じゃないかなぁ~??楽しめると思いますよ。(昔の曲って事???何???)

このバンド、よく考えたらMR.B・・まで同じですねぇ。「MR.BRAIN」と・・・こちら


Daddy,Brother,Lover,Little Boy / MR.BIG(1991年のアルバムのオープニングを飾っているかっこいい曲です。お父さんも腰を振りながら、いやっ、首を振りながらどうぞ・・・)


「MR.BRAIN」の主題歌ねぇ~。この曲じゃあー、もちろんないんですけども、曲名を今、ここでは言えないんですけど、お父さん好みだと思いますよ。お父さん世代だと、ギンギン来ちゃうロックです。あっ、ギンギンって言うより、ピョンピョンかな??【ゴーン】(ピョンピョン???)ふふ。あっ、でも、TOM CAT じゃないですよ。アラジンでもないです。きっとつい、飛び跳ねたくなっちゃうやつ。【ゴーン】何??え??これ、時間切れ??何の時間切れなんですか??


という事で、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!えっ何の時間切れ??


お父さん達はあのー、僕が、出演させて貰った、武士の一分っていう映画は見てくれましたかねぇ??もし、見てくれたんなら、こんな裏話も楽しんで貰えるんじゃないかな??と思って、お伝えするんですが、ドラマ「MR.BRAIN」はですねぇ、僕が脳科学者の役をやらして貰ってます。警察の一機関である科学捜査研究所、通称科警研に務めている脳科学者が通常の捜査では、解明困難な何事件の真相に挑んでいくっていうそんな話なんですけども、その科警研のセット、これがまた、とんでもなく豪華なセットなんですが、なんとそのセットは、武士の一分のあの、お家のセットがあった場所、あの全く同じ場所に立ってます。スタジオが全く同じなんですねっ。東宝スタジオの、9スタっていうところなんですけど・・・


東京FMをキーステーションに全国38局ネットで、「お父さんの為の「MR.BRAIN」講座」なーんて企画をお送りしてます、木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!なんですけども、なんか意外にもこのラジオがお父さん達にも聞かれてるっぽいって事で、感謝の意を込めて、今日、このラジオを聞いて、奥さんとの会話、娘さんとの会話、はたまた、会社での女子社員との会話に花を咲かせて欲しいそんな思いで今日は、喋ってます。えーー、今から2週間後、5月23日から始まるTBSドラマ「MR.BRAIN」の裏話をお父さんにこっそり、教えちゃいます。(ささやき声)新入社員とのねぇ、飲み会での会話のネタにしたりとか、自慢しちゃって欲しいと思います。ふふふ。怖いだろうねぇ~。会社の上司にいきなり、「お前知ってっか?? 「MR.BRAIN」のお前、あれ、セットどこに立ってるか。」って言われたら・・・ふふふふふ。まあーねぇーね今回の「MR.BRAIN」っていう作品、まあー、いろんな場所で撮影はさして貰ってるんですけども、ロケとTBSが、所有している緑山スタジオっていうところのセットと、そして、東宝スタジオのセットと・・・3パターンの撮影場所があるんですけども、最初にクランクインしてから、まあー、しばらくは、ロケの部分だけを、撮影してたんですけども、ほんで、そのロケの撮影をしてる間に、東宝スタジオにその科警研の見事なセットをこう、美術さんが用意して下さってて、先日できあがって、その科警研のセットの中での撮影が始まったわけなんですけども、科警研のセットはヤバいですねぇ。東宝スタジオっていう、これはあのー、映画会社東宝さんの、スタジオなんですねっ。映画用のスタジオなんですよ。めちゃくちゃデカいんです。しかも9スタってさっき言ったんですけど、9スタって言うのが、東宝スタジオん中で、一番広い、スタジオで、とんでもない、ホントにねぇ、これ、くりりんにも来て欲しいけど、ワクワクしますよ。あのセット・・・日本のTVドラマの中では、こういうセット出てきてないんじゃないかな??っていうセットです。監督が福澤さんという事で、通称ジャイさんなんですけども、華麗なる一族という、ドラマを撮影させて貰った時に、ずーっと監督をやってくれた方なんですけど、体もデカいんだけど、スケールもデカいんですよ。発想がデカいんです。全部・・・これはねぇ、そのジャイさんの、発注が普通だったら、「いやーー、そんなん無理っすよ。」って言われて、「無理かぁ・・・じゃあしょうがないなぁ~」ってなるところを、ジャイさんは「やだやだやだやだやだ。やだ」って言って、あのー、ふふふふふふ、美術さんとか、プロデューさんさんが、「いやっ、これ、無理だよ。」って言っても、ジャイさんが、「「やだやだやだやだやだ。やだ」って言って、ふふふふふふ、ホントにデカい子供みたいな、マジで2mぐらい近くあんですよ。身長。そんな人が、「やだやだやだやだやだ。」って言って「デカいのじゃないとやだ」って言って、そしたらねぇ、できちゃったんですよ。あそこまでこうー、体格が大きい人が、駄々をこねると凄い結果んなる、なるんだなぁ~っていう事が、今回わかったんですけど、そこで、務めている、科警研のメンバーが、一斉にこう、一同に集まった状況もあったりとかして、トータスさんがねぇー、厳しいDNA系の、だから、生物学の分野の学者さんなんですけど、九十九に対しては、相当厳しいスタンスの人なんですよ。普通科警研で働いている科学者の人達って、事件を起こして容疑者に面会とか絶対しない、らしいんですよ。なんですけど、あのー、九十九的には、普通にあのー、面会とかしてまして、(おーー、久利生くんみたーい。)科警研のセットの中に、入ってきて、戻ってきて、「ただーいま」って感じで帰ってきた時に、トータスさんが、演じる難波っていうねぇ、キャラクターがいるんですけど、難波さんが、九十九の前に立ちはだかり、「お前容疑者に会ってきたらしいなぁ・・・お前科警研の仕事じゃねえぞそんな事・・・」って、僕をちょっとこうー、睨みながら、こう、立ち去るっていうシーンがあったんですけど、そのシーンを撮って、OKが出た後に、トータスさんが、「いやー、木村拓哉にこんな事を言うとは、俺、人生で思ってなかったわぁ~」って、凄い盛り上がってましたけどねぇ。


僕が今回やらせて貰う役の名前は、九十九。きゅうじゅうきゅうと書いて九十九なんで、これどうでしょうか??お父さん的には、かなり懐かしい曲でしょ??これ・・・別にこれが主題歌なわけじゃないんですけども、1984年のヒットです。1984年のヒットには、いい曲がたくさんありますねぇ~。1984年はいい(って事は、1984年の曲??)あんな曲やこんな曲が流行りましたからねぇ~。って事で、これ聞いて下さい。


ロックバルーンは99 / NENA(邦題ロックバルーンは九十九なわけねえだろ)


トータス松本さんとは、待ち時間に、ずーーっと波乗りの話をしてます。(へえーー、波乗りするんだぁ・・・)トータスさんねぇ、始めたらしくて、この間、東宝の食道で、僕と、はるかちゃん二人で飯食ってたんですよ。そしたら、何か、テラスで、サーフボード抱えて取材受けてる人がいて、『あれ、誰??』って思ったら、トータスさんで、自慢の板をですねぇ、こう、立て掛けて、喋ってるわけですよ。ふふふ。それを俺は、食堂のガラス越しに、納豆すすりながら、「喋ってるぅ~、喋ってるぅ~」(めちゃくちゃ嬉しそう・・(笑))みたいな感じで、見てたら、すっごい嫌そうな顔してました。もう、辞めといてやぁ~(大阪弁)みたいな。はるかちゃんにも怒られましたからねっ。「駄目ですよ。そういうのは・・・トータスさんだって、やりたくなくても、ああやって仕事としてやってるんです。」っていう風に怒られました。流石、おっぱいバレー、ナイスおっぱいって感じなんですけども・・・ふふふふ。


スタッフも、ホントあのねぇ、もうこれ(手を叩く音)素晴らしいんです。これは言ったっけ??カメラマンとか照明さんとか、もう、今回ヤバいんですよ。ジャイさんがまず、あれでしょもう、だから、2m近い巨体が「やだやだやだ」って言ってる、監督がいて、カメラマンの人がですねぇ、もう今回、初対面だったんですけど、今後またなんかチャンスがあったら、是非またお仕事を一緒にさして貰いたいなっていう。今の段階で、そこにいっちゃってますからねぇ。池田屋っていうねぇ、TV技術の会社なんですけど、唐澤さんって方なんですけど、凄いですよぉ~もう・・・お酒飲まない。たばこ吸わない。結婚してるから、ねぇ、女の子がどうたらこうたらじゃない。気晴らしになる物って何なんですか??って言ったら、じっと眼を見据えられて、「撮影です。」ってふふふふふ、言われました。ふふふふふ。撮影が始まったら、もう凄いんですよ。撮影という名の、宴ですねっ。「休憩しまーす」って言って、「何時再開でーーす」って休憩してる時のあの静けさ。休憩はホントに休憩なんですよ。ふふふふふふふふ。カメラマンの人がさあー、段ボールの開き具合を調整したりとかしないじゃん普通・・・美術さんがやるじゃんそういうの。そうじゃなくて、唐沢さんは、覗いてて、ファインダー覗いてて、これ、段ボールのこの開き方違うよってなったら、「カッター、カッター、カッター貸して」って言って、段ボールを削り始め、「こんなんどうでしょうか??監督・・・」って言うと、監督がベースで、「OKでーーーす」っていう声を言うんですよ。ふふふふふ。ほんで、ジャイさんが、こういう画角でこういうシーンを撮りたいんだっていう事を監督として言うじゃないですか??そうすると「あーー、わかりました。」って言って、それにはもう100%で答えんですよ。なんですねっ、そのシーンを撮影してる間に、ちょっと待てよ。こいつのこれ、見たくねえ??っていうところを、勝手にこう、カメラ寄っちゃったりするんですよ。こいつ今、こんなリアクションしてる、こんなタイミングでこいつはこんな事をしてるっていうところを監督、何にも言ってないのに、唐沢さんがこう、バッバッバッて切り取ってくれて、(凄―――い)セッションですよねっ。だから・・・毎回。監督は、ベースで見てて、自分がこういう画角で撮ってくれっていうプラスアルファーのものが、バーーンって写し出されるじゃないですか??そうすると、また、そこで、ジャイさんのテンションが上がって、「OKいえーーーーい。あーーはーはーーー。はーーー」(野太い声)って凄い、もう、息荒っ、あのねぇ、猛獣。「お前、よかったぞ今・・・」っていう、監督とカメラマンと照明のチーフはねぇ、プロレスラーみたいな感じですよ。ふふふふ。そのみんなに囲まれた、リングの中で、俺らは、いろんな事をさして貰ってるっていう。TVドラマの撮影になったりとかすると、まー、スタジオで何台かのカメラが、バーーーっとあって、スイッチャーの方がいて、それで、ワンシーンをじゃあー、流れバーーーンと撮ってしまいましょうっていう方式もあるんですけど、今回の「MR.BRAIN」はですねぇ、唐沢さんを筆頭に、多くても2カメです。スタジオなんですけど、スタジオの中でロケをしてるっていう、形ですねっ。だから、映画みたいな撮影の手法なんですけど、まあー、僕らの行程としてねっ、監督が「はい。カットー、OK」って言って、VTRチェックしますって言って、チェックの時間があるんですよ。もし、そこでノイズとかが、入っちゃってたら、撮り直しじゃないですか??もう一回。なんですけど、ふふふ、今回、撮影を担当してくれているスタッフが、そういうねっ、モチベーションの人達っていう事もあってですねぇ、VTRチェックまだやってるんですけど、照明さんも、カメラのスタッフも、次のスタンバイにいっちゃうんですよ。もう、だから、唐沢さん中で、OKなんですよ。ふふふ、チェックして、VTRチェック中なんですけど、「OK」っていう、あのー、「撮れた」っていう、もう、OKなんですよ。チェックの前に、OKっていう。まあー、今回そのー、CGも駆使した状態で、撮影をしてるんですけど、逆にねえー、これCGっ思われたくないよねっていうぐらいの実写を撮ったり、も、してるんですよ。そう、CGと思われちゃうかもしれない実写。まあー、それは、そのー、照明さんと、美術さんと、カメラマンの息がバコッって合った時に、こんな事できちゃうじゃんっていう、そういう撮影もさして貰ってるので、だから、ホントにねぇ、面白と思う。いろんな目で見て・・・あっそうだ。CGの話で思い出したんだけど、(机をコツってやる音)今回、九十九が働いてる研究室の、デスクは、パソコンとか興味ある方??もう、よだれ出ますよ。九十九が今回使ってる、すっげえー、このスタジオのこのテーブルあるじゃないですか??このぐらいのデスクがあるんですけど、これ自体が、タッチパネルのパソコンです。(え???すげえー)欲しいでしょ超―――欲しくねぇ??(欲しい。楽しそう♪)だから、こう普通に話してて、ポンポンってこう机を叩くと、ブーーンってファイルが出てきて、ポンポンてまたクリックすると、ブーーンってファイルが開かれて、そのファイルをこっちに指をこう動かすと、ファイルがブーーって動いて、このファイルはねっポンポンってやると、ブーーーンって大画面に映って、(すげぇーー、でも、拓哉使えるの??)これ、超―――欲しいでしょ机全部が、デスクがタッチパネルのパソコンです。いやっ、CGじゃないですよ。だから・・・ホントにだから、できるんですよ。そこで・・・あれは、たぶん見たことないと思いますよ。だ、コンピューター好きな人とかは、研究室のデスク、欲しくてしょうがないと思う。


僕が今回やらせて貰う、九十九龍介という男は、超―――――が20個ぐらいつく、変わり者です。まあー、よく言えば、超―――が40個ぐらいつく、自然体な男です。行きすぎたLet It Be な男です。っていう事で、こんな曲聞いてください。我々SMAP2000年のシングルです。


Let It Be / SMAP


先日、TVとかホームページの方では、第一話に市川海老蔵さんが出るとか、はたまた、広末涼子ちゃんが出るとかねぇ、発表になったんですけど、海老蔵君とはそうですねぇ、僕あのー、以前それこそ、彼がNHKの、時代劇「ムサシ」をこれから撮影しますよって言った時に、ちょっとねぇ、共通の知りあいのところで、お会いしてて、今回会って思ったのは、たばこもお酒も辞めたっていう風に、聞いて、「え?????????」って思って、で、「何で??」って言ったら、「いやっ、それやってっと、やっぱりねぇ、歌舞伎できないんですよ。」っつって、言ってたんですよ。自分がその、歌舞伎役者であるっていう事に、まず、太い軸をたぶん持ったんじゃないかな??と思って、かっこよかったですよ。久々に会って・・・アスリートな感じがしましたねぇ。でも、僕、あのー、その前の以前の彼を知ってるんで、「なんか俺、信じらんねえんだよなぁ~」って言うと、「いやっ、ホントに俺、変わったんっすよ。」とかって言って、ふふふふふ、話してくれましたけど・・・まあー、僕もねっ、あんまり人の事は言えないんですけども・・・へへへへ、昔のねぇ、自分はもう、ホントにどうしようもなかったんで・・・・


で、2話の方なんかも、GACKTさんが出てくれるっていう、ホントにねぇ、これ残念なのが、僕も香川さんも、ヒロもたぶんないんじゃないかな??絡み・・・他の人との接点がないにも関わらず、重要なポジションとして、竹上っていうねえ、死刑囚の役をやってるんですけど、で、そこに、女性の出演者として、小雪さんが加わってくれたりとか、その場にいる俺も、毎回毎回ドキドキしてますから、これができあがった時にはどんなドキドキをみなさんに、届けられるのかな??っていう、そこはすごい楽しみですねぇ。みんなそれぞれが、「あれ??この人主役だよねっ」って言う人が、ふふふふ、来るんですよ。あのねぇ、3話。ふふふふ、3話も、これ来てます。3話・・・これ、まだ言っちゃいけないのかな??これまたねぇ、面白いゲストがねぇ、スタジオにやってきます。まだ名前は公表できないかも知れないんですけども、ある意味、現場にトータスが二人??(トータスが二人??)一人は、ノートータース??【ゴーン】そんな感じの奴が現れる予定です。


っていう事で木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


放送まで、あと2週間に迫ったドラマ「MR.BRAIN」なんですが、撮影の方は、台本は、今時点で、僕の鞄の中には、3話まで、入ってるんですけども、またねぇ、今回ねぇ、なんでデザイナーの人がそうしたのか、わかんないんですけど、普通台本ってさあー、1話だろうが、2話だろうが、3話だろうがさあー、統一してるじゃないですか??デザインも何も・・・今回、全部違うんです。台本のデザインが・・・最初がねぇ、第1話がねぇ、濃紺なんですよ。で、第2話が、凄いスカイブルーんなってて、で、第3話が、なんと、真っ赤っかだったんですよ。(なんか、その話のヒントじゃないの??深読みし過ぎ??)変でしょ??今回のドラマ「MR.BRAIN」お父さん達に、もう一つ裏話エピソードをお伝えしておくと、さっきから、あのねっ、「やだやだやだ」っていう風に、物凄いが体のいい子供、のような、福澤監督、通称ジャイさんなんですけども、これ事実なんですけど、福澤諭吉さんの子孫です。でも、福澤諭吉さんがどういう風にこう、変化してったら、あんなに大っきくなれんだろう??ってぐらい大っきいですねっ。モンスターズインクに出てきそうな感じですよ。ディズニーランドにいそう・・(ふふふふふ)お客さんじゃないですよ。アトラクションの中に出てきそうな感じですねぇ。



拍手お礼
5月3日 15:00 Aさんへ 1日のワッツは聞き逃してしまったら、ショックだったでしょうねっ。お役に立ててよかったです。ホント、見習わないといけない事ばかりですよねっ。ファンとして私達も素敵にならないといけませんねっ。この人に一生ついていこうって思いますよねっ。

5月3日 22:15 Dさんへ はじめまして。コメントありがとうございます。毎週一文字一文字打つ事は、時間と労力を使ってしまいます。が、拓哉の言葉をひとつひとつ噛みしめる事ができる時間ですし、一人でも多くの方に、拓哉の素敵なところが伝われば・・・と思っています。Dさんのように言葉をかけて貰える事が、励みになります。ありがとうございます。

5月3日 23:45 Yさんへ コメントありがとうございます。1日、聞けなかったのはショックでしたねっ。お役に立ててよかったです。

5月4日 14:14 Kさんへ 愛たくさん過ぎて、持てないぐらいです(笑)

5月5日 08:42 Kさんへ 時々、雑音だらけの時ありますよねぇ~。ホント、涙でしたぁ~。ありがとうございます。

5月11日 13:23 nさんへ ホントそうですねっ。





感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!(ワッツ)レポ2009/5/1

(♪柱の傷はおととしの~♪)また、5月がきたねぇ~(あれ??剛の事には触れないの??いつものテンションのまま??)5月が来ると思いだしますねぇ~。怒られた事を・・・(ん??何で怒られたの??)おととし、この時期の放送で、端午の節句ッスっていう企画をやって、怒られたよねぇ~(あーー、あれねっ。)まあー、男子からのメッセージ特集をやって、体育会系っぽく、端午の節句ッスって気合い入れながらやったんだけど、叱られたねぇ~(え??このままエロでいく??今年も??)で、次の年のこの時期の放送では、節句ッスは、ちょっとやり過ぎだったなっていう反省をして、2回目の端午の節句企画という事で、端午の節句トゥ~っていうのをやってたんですよねっ。ただ単に節句に、トゥ~をつけて、節句トゥ~って名付けた企画だったんですけど、また、怒られたんですねっ。(やっぱ、最初の節句ッスが馴染みがあるなぁ~)なので、今回は、もういい加減、普通にやろうと思います。こんな企画タイトルにしたいと思います。もう叱られない。3回目の端午の節句企画という事で、「端午の節句スリー」【ゴーン】節句スリー、節句スリー(一人エコー)ふふふふふふははは。毎年、5月恒例、ワッツ男祭り、今年も開催です。


5月と言えば端午の節句ッス男子の節句ッス世の男子共よデカくなれっていう事で、オープニングはこんな曲から・・・YOUのガンはビッグかい???


BIG GUN / AC/DC


兜はもうみなさん飾りましたかねぇ??(そうそう、忘れてたのぉ~今日献立見て、思い出したまさか、拓哉に言われるとは・・・)お家の方で・・・5月ねっ、男の子がいる家、限定のお話んなっちゃいますけども、端午の節句に向けて、兜の用意を忘れずにして下さいねぇ。(あっはい)因みに、この兜、なんで男の子の節句に兜を飾るのか知ってますか??(やっぱり、強さの象徴なんじゃないの??)えっ知らないんですか??あっ、じゃあ教えておきましょうか??5月5日の端午の節句に、なんで、兜を飾るのか??それはですねぇ、男の子の成長を祈っての事なんです。男の子は、元気に大きく、太く育って欲しい。大きく、太く、カリブトに・・・・育って欲しいっていう【ゴーン】えっ間違ってる??ん??兜は、身を守る防具だから、男の子を守ってくれますように、無事に育ちますように・・・っていう意味がある。それで飾んの??もうちょっと早く言ってくんない??それ・・・カリブトに育ちますように・・って思ってた、俺の立場は、どうなんの??もう、遅、あのねぇ、個人的には、そういう風に育っちゃったんですよ。すでに大きく育っちゃったんです。【ゴーン】あっそういう微妙な自慢は、いらないですか??


っていう事で、えー、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


でもさあー、今、カリブトの話をしてて、ちょっと思ったんだけど、カリブ海ってあるじゃんあそこにさあー、なんで、カリブ島っていう島んいだろうねっ【ゴーン】いやっ、もしだよ、もしあったらさあー、カリブ島っていう島があって、その島から、ムチャクチャ、テクニックのあるサッカー選手が出てきたら、きっとこう呼ばれるんですよ。カリブ島のマラドーナとかさあ・・・【ゴーン】カリブ島のマラドーナの神の手とか、これよくないですか??お後が・・・(うーーん。いまいち理解不能・・・勉強不足ですぅ~)


このワッツでは毎年、この5月の最初の放送で、日本の男子に喝を入れようという事で、この企画をやってます。「ワッツ男祭り。」ドヒョ。最近の日本の男子が、ちょっと、昔に比べて元気がなくなってんじゃねえか??っていうねっ、そういう風に、僕には思えたりするので、端午の節句のこの時期に、男性からのメッセージ、オンリーの企画を勝手にやらせて貰ってます。今年、3回目という事で、今年は普通に、怒られようがない、こんなタイトルです。「ワッツ男祭り。今年で3年目。端午の節句スリー。スリー」【ゴーン】いつまで、この番組は生き残れるのか??ねぇ・・・ふふふふ。まず一つ目。端午の節句スリーメッセージ。まずは高校生から・・・


千葉県 男子 18歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。悩み相談をお願いします。僕は、二人兄弟で、兄貴がいます。兄は勉強がよくできます。それで、親に言われるんです。「お兄ちゃんは、勉強ができるのに・・・」って・・・いつも比べられていて、腹が立ちます。拓哉キャプテンは、人と比べられて、腹が立つことないですか??」


っていうねっ。ふふふ。これ、腹立つよねっ。まっ、僕も兄弟、男兄弟なんですけど、でもあのー、比べられるっていう事は、普通の事なんじゃないですか??SMAP(ん??SMAPってフレーズが出てきたよっ。剛の話になるのかな??)の歌で、「世界に一つだけの花」っていのうが、ありますけども、あの中で歌ってると思うんですよ。♪それなのに、僕ら人間は、どうしてこうも比べたがる~♪ってねっ。(ここで、その部分のCDがかかる。ここのパートは剛)(うわーー、剛のパートだよぉ~わざと??だよねぇ??きっと・・・拓哉の優しさだよねっ。)こうやって、今聞こえてきましたけど、この曲。比べるのが普通な人間の世界だから、こういう歌が成立するわけてなんですよ。でも、よーーーく考えてみてください。この「世界に一つだけの花」っていう歌は、人間は比べたがるもんだけど、比べるのが悪いって歌じゃないでしょ??比べられちゃうけど、比べられる僕ら自身が、それぞれ一つだけの花だと思って、誇りを持って、一生懸命生きてこうぜっていう、歌だとは、僕は解釈してんですけど、まー、だから、そのー、○○は今学生だから、勉強っていう事だけで、比べられてて、しかも、お兄ちゃんの方がねっ、成績が良くて、それをねっ、家で言われて、腹が立つんだと思うんだけども、会社員になるんだとしたら、仕事の成績で、比べられていくんだよ。仮にもし、お医者さんになったとしても、「あの先生は腕がいい」「あの先生は腕がよくない」って、患者さんに言われるんですよ。女の子と付き合うんだってそうでしょ(そうだねぇ~確かに、いろいろ比べられてるねっ)「付き合ってください」って告白して、女の子が「はい」とか「いいえ」って○○の事を、選ぶんですよ。これもある意味比べられるの一種でしょ選択をしていく、人生の上で、生きていく上で、いろんな選択をしていくっていうのって、比べないと選択できないじゃないですか??相手にも自分は選択されるし、自分も人を選択していくだろうし、自分の意志とは関係のないところで、いろんな人の気持ちだったりとか、評価だったり??いろんなものありますからねぇ~。まあーー、僕もねっ、常に、ふふふふ、比べられてる。まあー、そういう仕事してますからねっ。僕ねぇ。好きで・・・ふふふふふふ。選ばれたりぃ~、選ばれなかったりぃ~、っていう事を好きでやってますから、まっ、その比べられるっていうのが、前提の社会をどうしたら、楽しめるか??そこを考えていったら、腹も立たなくなるんじゃないかな??とは思いますけども、○○君も例えばねぇ、携帯電話買う時に、ねっこう、デザインだけで選ぶわけじゃないでしょ機能とか、色とか、ホント、いろんな事比べて、選んでるでしょだから、勉強で比べられて悔しいと思ったならば、勉強以外のところで、ぜってぇ~俺負けねぇ~ぞっていう何かを、持てばいいんじゃないかな??人に対する優しさだったりとか、礼儀正しさだったりとか、意志の強さだったりとか、それは何でもいいんじゃないですか??人として正しい方向のものだったら、俺ここでは、ぜってぇ~引かねぇ~ぞっていう部分を、持てたらかっこいいと思いますけどねぇ。で、もしですよ、それが、他人に認めてもらえなかったとしても、自分が納得できてれば、それは自信につながってくると思います。結果だから、折れない男になっていけると思いますよ。(ん??エロにいく??)男はねぇ~ホントねぇ、その、折れない硬さが必要なんですよねっ。っていう事で、この○○君には、こんな言葉を贈りたいと思います。人は、全員が全員違う個性だから、こそ比べられます。大きさで負けてもいいんですよ。テクニックで勝てば・・・長さで負けててもいいんです。硬さで勝てば・・・人は個性で勝負ですから・・・(ふふふふ)因みに今、目の前にいるディレクターのくりりんは、昔彼女に、「棒は今までで一番小さかったけど、玉は一番大きかった」って誉められた事のある、のが、自慢だそうです。(え??それ、自慢??なの??)人はねっ、個性で勝負なんですよ。でもさあー、これってさあー、褒められてんの??その玉の部分はさあー、武器になってないと思うんだけど、俺・・・(うんうん)ふふふふふふふ。


すいませんねぇ~。くりりんのあまり、気持ち良くないゴールデンボールの話をしたところで、こんな曲いきましょう。ゴールデンウィークなんで、これもいいんじゃないかな??


GOLDEN LADY / スティーヴィー・ワンダー


東京FMをキーステーションに全国38局ネットでお送りしてます、木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!今日はですねぇ、毎年この時期恒例の、この企画の第3回目なんで、こんなタイトルでやってます。「ワッツ男祭り。今年で3年目。端午の節句スリー。」男子限定の人生お悩み相談。続いてはこちらです。こちらは働いてる男子からのメッセージですねっ。


埼玉県 男子 18歳会社員(18歳で会社員なんだ、やってんなぁ~こいつ。頑張ってんなぁ~)「拓哉キャプテンこんばんワッツ。僕は、ダンスチームに入ってます。今は会社に通ってますが、最終的には、ダンスで飯を喰いたいと思ってます。僕が入っているチームは、結構本格的で、ダンスの大会とかにも出てます。そこで先輩に、言われた事があるので、キャプテンに意見を聞きたいです。先輩は「会社員なんかやってて、ダンサーになれっか??辞めねぇと、プロになんかなれねえよ」って言ったんです。でも、僕は会社員を続けながら、オーディションへのチャレンジを続けたいと思います。僕は、ダンスは本気です。こんな僕をキャプテンはどう思いますか?」(おーー、いいじゃん2つともやってる方が、いいよぉ~)


おーー、なるほどぉ~僕に意見を聞いてくれるのなら、僕は○○に賛成です。だってさあー、会社員をやりながら、ダンサーを目指すってさあー、これ難しいでしょその難しい事に、あえてチャレンジしたいっていうのであれば、僕は、おーー、やればっていう風に、思いますねっ。ことわざで「二兎を追うものは、 一兎をも得ず」みたいな、よく言いますよねぇ~。このことわざ間違ってるとは言わないですけど、僕なら、こういう風に、解釈したいなっていうのがあるんですよ。「二兎追って、二兎を得るのは難しいけども、二兎を得た方が、凄くねえ??」っていう・・ふふふふふ。本当のこのことわざの意味は、凄くねえ??っていう事だと思うんですよ。難しいから、お前無理だよっていうことではなくて、その裏の意味があって、二兎をねっ、追って一兎も得ず、これ当たり前。だから、やめときなっていう事ではなくて、二兎を追って、確かに二兎を得るのは難しいけど、もしですよ、二兎得たら、これ、半端じゃなくねぇ??っていう、そういうふふふふ、僕はとらえたいなぁ~っていう風に思うんですけども、だから、凄い事にチャレンジしたいって言ってる男を否定する気は、僕は全くありませんねぇ。まあー、あのー、なので、この○○君には、こんな言葉を贈りましょうか??無理っていう言葉を壁と思うか、バネと思うか、その感覚ひとつで、人生は、大きく変わると思います。ムチだって痛いと思うか、あーー気持ちいいって思うかそれだけで大違いでしょだ、無理を壁だと思ってぶち当たると、痛いけど、バネだと思って、踏んづけてみると、実は意外と高く飛べるっていう・・・片手に花より、両手に花の方がいいし、両手に花より、両手に穴の方がもっていいでしょ意味分かんない??これ・・・ふふふふふふふふ。これくらいはわかる男んなった方がねぇ、人生楽しいぞ


静岡県 ○○ 24歳会社員「拓哉キャプテン、ワッツの悩み相談の回が僕は好きです。人の悩みなのに、何故か聞き入ってしまいます。今日は、僕の悩みを送ります。僕は会社に入って3年目のプログラマー(へえーー、どんな仕事なんだろう???プログラマーって・・・)後輩も入ってきて、少し先輩になってます。(ふふ)でも、悔しい事に、僕は失敗が多いんです。いつも周りに迷惑をかけてしまっています。ホローして貰ってばっかりで、いつも申し訳けなく思ってます。後輩にも格好がつかないなあ~と思ってます。あまり、失敗が多いなら、この仕事は辞めた方がいいんでしょうか??この仕事は好きなんです。でも、周りに迷惑をかけ過ぎている気がして悩んでいるんです。」


ミスが多い自分は、周りに迷惑をかけてばかりだと、だったら、辞めた方がいいんじゃないか??っていう相談なんですけども、(うーーん、なんか、この話剛につながりそう・・・・)そのミス毎にちゃんと、前に進めているのであれば、僕は続けるべきだと思いますねっ。だって好きなんだもん。この仕事が好きで、やっていて、そのミスっていうのは、俺ねぇ、悪いことでは、ないと思うんですよ。なんの失敗もしないで、10まで辿り着いた人と、失敗を重ねて10まで、辿り着いた人がいたとしたら、失敗を重ねて辿り着いた人の方が、ただの10じゃないと思うんですよねっ。あのねぇ、太字だと思う。濃くて太くてなんかこう、消えねえの(なんか、凄く力入ってるねぇ~)やっと俺、10にいったぜって、なったやつって、その10の凄さが、誰よりも分かってると思うし、でも、一つ、重要なのは、失敗を重ねた末に、4にしか辿り着きませんでした。っていう人は、残念かもしれませんけども、会社でも「あいついらねえんじゃねえの??」っていう風に、言われる事になると思いますよ。だから、失敗を重ねてもいいから、必ず、10を目指す目指すほんで、誰よりも、そのーー、失敗を経験したっていう、他の人が持ってない武器を片手に、それこそ後輩を育てて欲しいなぁ~と思いますねっ。失敗っていう話が、ねぇ、あまりにも出てきたんで、ここで、少し話からそれてもいいでしょうか???(あっ、やっぱここで言う??)よろしいですか??(なんか、超―――ドキドキするよっ。)誰もがねぇ、あのーー、我がSMAPのメンバーの剛の先日の件は、ご存じだと思います。本人の記者会見もこの間ありましたけども、僕の口からも、今ラジオを聴いているみなさんに、一言、お詫びしておきます。ホントにうちのメンバーが、お騒がせして申し訳けありませんでした。もうー、今、ドラマで共演しているねぇ、綾瀬はるかちゃんのねぇ、お母さんがどんだけ心配してたか??はるかちゃんとお母さんが、電話で2時間ぐらい、夜話したらしいです。ふふふふ、ホントに、ねぇ、いろんな方に心配をして貰って、このワッツへも、たくさんのメッセージを貰ったんですけども、その中にですねぇ、「キャプテンは、怒ってますよねぇ~」っていうメッセージが、意外に多くて、ビックリしたんですけど、はっきり言わして貰えば、怒ってませんっていうか、あのー、このタイミングで怒るタイミングじゃないでしょまっ、自分の周りの友達とか、チームメイトだったりとか、グループのメンバーが何か失敗をした。さあー、どうする??ってなったら、次にする事って、怒る事じゃない。迷惑をかけてしまった、心配をかけてしまった、みなさんに、まず、各方面へのお詫びと、ホローと、それが、絶対的に、俺、最優先だと思うんですけど・・・なので、今は、そういう段階ですねっ。まあー、幸いにも、ここに送られてきてるメッセージには、「剛君が早く戻ってきてくれる事を願ってます。」っていうのが、凄く多かったので、まっ、僕もあのー、そういうみなさんと同じ気持ちなんで、(拓哉も待ってるんだねっ。優しいねっ拓哉。)えー、それに向けて今、突っ走ってます。突っ走ってるっていうか、とりあえず、そのー、何ていうの??元のSMAPの形になれるまでは、それぞれがそれぞれの事をきちんと5つ頭のSMAP(5つ頭のSMAPかぁ・・・)っていうのをねぇ、待ってくれてる人達の為にも、自分らに今できる事はそういう事かな??と思いますので、今、しばらくなんですけどねっ、みなさんには、待ってて欲しいと思いますねっ。なんて、ちょっと話がそれたんで、イヤらしい事言いにくくなっちゃったなぁ~悩み相談は、イヤらしくまとめるっていうねっ、エロ厳しいをモットーにしているワッツなんですが、ちょっとうまくまとめられなくて申し訳けないですねぇ~○○君。エロ厳しいのを期待してメッセージくれたんだったら、ごめんなさいm(__)m○○君に、無理やり一言じゃあー、贈っとこうかな??あのーー、失敗と、成功っていうのは、別のものではありません。つながってます。失敗から始まる成功っていうのは、意外と普通なものです。おっぱいから始まる性○為がごく普通なのと同じように、失敗から始まる成功。これ、あのー語呂――を合わせたんですけど、お後がヤラしく、いや、よろしくなかったですかねっ??すいませんm(__)m


では、ここで、こんな曲。聞きやがれぇ~(ここで、BEST FRIEND????うわぁ~泣けるぅ~マジで拓哉優しぃ~なぁ・・・)

BEST FRIEND / SMAP


茨城県 男子 17歳高校生「拓哉キャプテンこんばんワッツ。ワッツをよく聞かせて貰ってます。(ありがとうございやす。)僕は今、高校三年で、卒業したら就職する予定です。でも、どんな仕事をしたいとか、今ないんです。というか、何に対しても、あまりやる気が出ません。(やる気がでない??)高校でも、部活とかしないで、ここまで、来てしまいました。やる気はどうやったら、出ますか??」


ちょっと、このー、茨城の○○には、厳しくいこうと思うんですけども、やる気が出ないって書いてあるんですけど、これ、やる気は出るんじゃなくて、出すんです


やる気は、自然にこうー、わぁーーーって出ちゃう人もいる事はいると思うんですけど、出ないんだったら、出す出す努力をして下さい。今、努力って言いましたけど、出す努力は、そんな辛くないと思うんですよねぇ~。だって男っていうのは、気持ちよくなると、出ちゃうもんですからねっ。だから、気持ちよくなる努力をして下さい。スポーツするのが気持ちいいなら、そっちに進んでいけばいいし、ゲーム好きだったら、そっちに進んでいけばいいと思うし、だ、好きな方向に進み続けると、あまりの気持ちの良さに、こうー自然に出ちゃうんですよ。男は・・・この○○君に、こんなメッセージを贈りましょう。やる気でも、何でも男なら自然に出ないなら、自分で出そう出るまで、自分をしごけあの手この手を使って、出して下さい。あの手、この手がダメだったらねぇ、左手右手、手シビれさせてみたりとかねっ、マニキュア塗ってみたりとか・・・【ゴーン】何の話をしてるんですか??やる気の話ですよ。


っていう事で木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!


あの気持ちよさ、早く覚え欲しいなぁ~。ピュッてねっ。出た時の気持ちよさ。やる気が出る時って、ホントにねぇ、体内を伝わるぐらいの、音がしますからねっ。ピュッていう。ふふふふはははホントに。






感想は、海賊団の隠れ家の方に書いてるので、省略します。


読まれた方、コメントくれると嬉しいです。
↓をポチッと押してくれると嬉しいです。

テーマ : 木村拓哉 - ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

さっちん

Author:さっちん
拓哉君大好きなさっちんが少しでも、拓哉君の言葉が届けば・・と思ってやっています。少し時間がかかりますが、雰囲気が伝われば嬉しいです。 コメント残してくれると嬉しいです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

色分け

赤字・・・拓哉
青字・・・おさむさん
水色・・・福ちゃん
きみどり・・・さっちん

カテゴリー
FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

拍手お礼

拍手ありがとうございますm(__)m
とても励みになります。
非公開コメントは記事中で後日、記事上でお返事させていただきます(携帯からはここが読めないという事で・・・)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
友達申請フォーム
ブログパーツ

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。